動画配信サービス市場の最新動向を調査 ~トップ2はGYAO!とTVer。Disney+が動き出す?

動画配信サービス市場の最新動向を調査 ~トップ2はGYAO!とTVer。Disney+が動き出す?

コロナ影響で在宅時間が増えたことで人気に拍車がかかった動画配信サービス。特に「Amazon prime video」「GYAO!」「TVer」の3サービスのユーザー数が好調だった2022年2月公開の前回調査に引き続き、前回ユーザー数が増加傾向にあった「Disney+」などの最新動向や、動画配信サービス市場全体に見られる傾向について、Web行動ログ分析ツール「Dockpit」を用いて調査します。


動画配信サービス市場のユーザー規模をアップデート!

まずは2022年2月公開の前回調査に引き続き、動画配信サービス業界全体の状況を確認していきましょう。

今回も、Web行動ログ分析ツール「Dockpit」の「カスタム業界」機能を用いて、Netflix、Hulu、Disney+、TVer、GYAO!、dTV、U-NEXT、楽天TV、DAZN、J SPORTSの10サービスのサイトを合算して動画配信サービス全体のユーザー数とします。

動画配信サービスのユーザー数は月間2,000万人

下のグラフが、直近1年間と前年のユーザー数の推移を比較したものです。市場全体のユーザー数は、2022年の1月(年末年始)と3月(春休み)に2,200万人に到達したものの、およそ2,000万人のまま大きな変化は見られませんでした。

2020年〜2021年(青)はコロナ影響による休校やステイホームなどの影響で、全体的にユーザー数は増加傾向にありましたが、直近1年(赤)のユーザー数の推移を見ても、この規模で落ち着くのではないかと推測されます。

動画配信サービスのユーザー数推移(2020年12月〜2021年11月と2021年12月〜2022年11月比較)

動画配信サービスのユーザー数推移(2020年12月〜2021年11月と2021年12月〜2022年11月比較)

期間:2020年12月〜2022年11月
デバイス:PCおよびスマホ(Webサイト)

動画配信サービス業界シェア、好調なのは?

続いて、業界シェアの変化について詳しく見ていきます。

「GYAO!」と「TVer」が業界トップ2!「Disney+」が動き出す?

下のグラフから、直近1年でGYAO!のシェアが増え、TVerがやや減っていることが読み取れます。また、2年間に渡りこの2サービスで業界のユーザーの約6割を占めていることがわかります。

動画配信サービスの業界シェア推移比較(2020年12月〜2021年11月と2021年12月〜2022年11月比較)

動画配信サービスの業界シェア推移比較(2020年12月〜2021年11月と2021年12月〜2022年11月比較)

期間:2020年12月〜2022年11月
デバイス:PCおよびスマホ(Webサイト)

一方で、業界シェアは大きくないものの、Disney+が伸びているようです。

直近1年で個別のユーザー数推移で確認してみると、下のグラフのようにGYAO!、TVer、Netflixはユーザー数が減少傾向、それに対し、Disney+のユーザー数はこの1年で急増していることがわかります。

動画配信サービス5社ユーザー数推移

動画配信サービス5社ユーザー数推移

対象サービス:GYAO!、TVer、U-NEXT、Netflix、Disney+
期間:2021年12月〜2022年11月
デバイス:PCおよびスマホ(Webサイト)

「Disney+」のユーザー数増加は広告効果?

ここで、Disney+のユーザー数が急増している理由を、サイト流入経路から考察します。

下のグラフのように、Disney+はディスプレイ広告、アフィリエイト広告、メールの3つのチャネルによるユーザーリーチが他サービスよりも目立っています。

他サービスの特徴をまとめると以下の通りです。

・GYAO!:外部サイト(Yahoo!)が多い
・TVer:自然検索、ソーシャルが多い。直近でリスティングに着手し始めた
・U-NEXT:リスティングが多い

サイトの集客構造(ユーザー数)/ディスプレイ広告・リスティング広告・メール

サイトの集客構造(ユーザー数)/ディスプレイ広告・アフィリエイト広告・メール

対象サービス:GYAO!、TVer、U-NEXT、Netflix、Disney+
期間:2021年12月〜2022年11月
デバイス:PCおよびスマホ(Webサイト)

動画配信サービスユーザー属性比較

続いて、業界シェアやユーザー数の変化を受け、それぞれのユーザー属性を比較していきます。

比較対象は、先ほどユーザー数推移を比較したGYAO!、TVer、U-NEXT、Netflix、Disney+の5社です。

TVerは女性ユーザー、Netflixは若者ユーザーが多い

まずは男女比を比較します。

下のグラフのように、動画配信サービス全体としては男性ユーザーが多いことがわかります。
中でもスポーツ動画が得意のGYAO!、マンガや雑誌などのデジタルコンテンツが多いU-NEXT、Disney+は男性比率がおよそ6割を占めました。

ドラマの見逃し配信で人気のTVerが女性比率が一番多いようです。

動画配信サービス5社ユーザー属性比較

動画配信サービス5社ユーザー属性比較/男女比

対象サービス:GYAO!、TVer、U-NEXT、Netflix、Disney+
期間:2021年12月〜2022年11月
デバイス:PCおよびスマホ(Webサイト)

続いて、年代を比較します。

業界シェアナンバー1のGYAO!は20〜30代の若者ユーザーが少なく、反対に、Netflixは20〜30代ユーザーが多く、50〜70代ユーザーが少ないことがわかりました。

動画配信サービス5社ユーザー属性比較/年代

動画配信サービス5社ユーザー属性比較/年代

対象サービス:GYAO!、TVer、U-NEXT、Netflix、Disney+
期間:2021年12月〜2022年11月
デバイス:PCおよびスマホ(Webサイト)

Amazon Prime Videoのユーザー数推移

ここで、前回調査同様、Amazon Prime Videoのユーザー数の最新動向も確認しておきます。

前回はAmazon Prime Videoのユーザー数が増加していることを確認しましたが、その傾向は現在は終息しており、ユーザー数は1,100万〜1,200万で安定していることがわかります。

Amazon Prime Video(アプリ)ユーザー数推移

Amazon Prime Video(アプリ)ユーザー数推移

期間:2020年12月〜2022年11月
デバイス:スマホ

まとめ

今回は、動画配信サービス市場の最新動向を、業界シェア、ユーザー数、ユーザー属性などの切り口で分析しました。

まずは動画配信サービス業界の全体像として、Netflix、Hulu、Disney+、TVer、GYAO!、dTV、U-NEXT、楽天TV、DAZN、J SPORTSの10サービスのサイトを合算しおよそ2,000万人であることがわかりました。また、GYAO!とTVerの2サービスが業界のおよそ6割のシェアを占めていることも確認しました。

一方で、個別にユーザー数を分析すると、Disney+がこの1年で急成長していることがわかりました。その要因として、ディスプレイ広告、アフィリエイト広告、メールの3つの広告効果だと考えられます。

また、GYAO!、TVer、U-NEXT、Netflix、Disney+の5社のユーザー属性を比較したところ、スポーツ動画が得意のGYAO!、マンガや雑誌などのデジタルコンテンツが多いU-NEXTは男性ユーザーが多く、ドラマの見逃し配信で人気のTVerが女性比率が一番多いことがわかりました。年代はNetflixが特徴的に若年層が多いことも確認しました。

▼今回の分析にはWeb行動ログ調査ツール『Dockpit』を使用しています。『Dockpit』では毎月更新される行動データを用いて、手元のブラウザでキーワード分析やトレンド調査を行えます。無料版もありますので、興味のある方は下記よりぜひご登録ください。
dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

フリーライター。大手キャリア系企業で編集の仕事に出会い、その後、3つのメディアの立ち上げなど行い、2014年にフリーランスに。医療系、就活系、教育系、結婚系のサイトで執筆中。

関連するキーワード


「動画」市場調査 Dockpit

関連する投稿


レトロブームで再燃? コンデジやチェキ、写ルンですの消費者ニーズをデータで深掘り

レトロブームで再燃? コンデジやチェキ、写ルンですの消費者ニーズをデータで深掘り

「コンデジ」「チェキ」「写ルンです」。この言葉を聞いて懐かしいと思う大人は多いかもしれません。スマートフォンの普及によって、カメラを買う機会は減少傾向にありました。しかしながら、最近はZ世代の間で「レトロ」が注目を集め始め、コンデジブームがやってきました。データ分析を通してそれぞれのカメラの関心層を分析します!


人気デリバリーアプリ「Uber Eats」「出前館」「menu」「Wolt」のポジション分析 | コロナ初期からの変化は?【2024年最新版】

人気デリバリーアプリ「Uber Eats」「出前館」「menu」「Wolt」のポジション分析 | コロナ初期からの変化は?【2024年最新版】

ここ数年で需要が高まったデリバリーアプリ。コロナ禍に利用し始めた人も多いのではないでしょうか。デリバリーサービスが注目され始めて数年が経った今、需要はどう変化したのか、また各社アプリを今利用しているのはどのような人たちなのか、人気デリバリーアプリの「Uber Eats」「出前館」「menu」「Wolt」を比較しながら分析します。


平成女児に人気再燃のセーラームーンとプリキュアはなぜ数十年にわたり愛される? ファン層の特徴から分析!

平成女児に人気再燃のセーラームーンとプリキュアはなぜ数十年にわたり愛される? ファン層の特徴から分析!

30周年を迎えた「美少女戦士セーラームーン」と20周年を迎えた「プリキュア」。この2つの作品名を聞いたことがない方はいないでしょう。セーラームーンは特に女性人気が高く、プリキュアは男女どちらからも愛されているようです。本記事では、この2つの作品のファンについてより深く分析します。また、ファンの特徴から作品が愛される理由を考察します。


Social media usage among seniors! Mainly YouTube, with significant growth in TikTok usage

Social media usage among seniors! Mainly YouTube, with significant growth in TikTok usage

There’s often a lot of focus on social media use among young people. But we also want to look at trends among “digital seniors.” We will investigate seniors’ usage of Facebook, Instagram, X (formerly Twitter), YouTube, and TikTok, analyzing usage characteristics and comparing them to usage among those in their 20s.


シニアのSNS利用実態を調査!YouTubeに集中も、TikTok利用の伸びが顕著

シニアのSNS利用実態を調査!YouTubeに集中も、TikTok利用の伸びが顕著

若者のSNS利用が注目されがちな昨今。一方、「デジタルシニア」の動向も注目しておきたいところです。今回は、Facebook・Instagram・X(旧Twitter)・YouTube・TikTokについて、シニアの利用実態を調査。20代と比較しながら、シニアのSNS利用の特徴を分析します。


最新の投稿


データ・ワン、実店舗購買データを元に類似顧客を推計して配信する新広告ソリューションの提供開始

データ・ワン、実店舗購買データを元に類似顧客を推計して配信する新広告ソリューションの提供開始

株式会社データ・ワンは、株式会社NTTドコモが保有するドコモ独自の顧客プロファイリングAIエンジン「docomo Sense™」を活用した広告ソリューション「co-buy® Audience Plus(コーバイ・オーディエンスプラス)」の提供を開始したことを発表しました。このソリューションにより、データ・ワンが保有する小売事業者の購買データを元に類似顧客を推計し、質の高さとリーチ量を兼ね揃えた広告配信が可能となるといいます。


スマホゲームを毎日プレイする人が約7割!全世代の女性に好かれる「ディズニーツムツム」【クロス・マーケティング調査】

スマホゲームを毎日プレイする人が約7割!全世代の女性に好かれる「ディズニーツムツム」【クロス・マーケティング調査】

株式会社クロス・マーケティングは、スマホゲームを月1回以上プレイしている全国15~69歳の男女を対象に「ゲームに関する調査(2024年)スマホゲーム編」を実施し、結果を公開しました。


日用品は同じ商品を繰り返し買う"安定派"の一人暮らし女性が約8割!一方で約3人に1人が新商品を衝動買いした経験あり【eBay Japan調査】

日用品は同じ商品を繰り返し買う"安定派"の一人暮らし女性が約8割!一方で約3人に1人が新商品を衝動買いした経験あり【eBay Japan調査】

eBay Japan合同会社は、全国の一人暮らしをしている女を対象に「日用品の買い替えに関する調査」を実施し、結果を公開しました。


レトロブームで再燃? コンデジやチェキ、写ルンですの消費者ニーズをデータで深掘り

レトロブームで再燃? コンデジやチェキ、写ルンですの消費者ニーズをデータで深掘り

「コンデジ」「チェキ」「写ルンです」。この言葉を聞いて懐かしいと思う大人は多いかもしれません。スマートフォンの普及によって、カメラを買う機会は減少傾向にありました。しかしながら、最近はZ世代の間で「レトロ」が注目を集め始め、コンデジブームがやってきました。データ分析を通してそれぞれのカメラの関心層を分析します!


デジマの課題は「ノウハウ不足」と「ツール」に集中 デジタル顧客体験の改善が明確な注力領域に【Repro調査】

デジマの課題は「ノウハウ不足」と「ツール」に集中 デジタル顧客体験の改善が明確な注力領域に【Repro調査】

Repro株式会社は、消費者向けWebサイト・サービスを保有する企業の事業・サービス責任者を対象に、「Webサイトの活用状況に関するアンケート」を実施し、結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ