リピートされる観光地を目指したDMP構築とデータ活用組織作り【広島県観光連盟インタビュー】

リピートされる観光地を目指したDMP構築とデータ活用組織作り【広島県観光連盟インタビュー】

コロナ禍を経て活況が戻った観光業において、データドリブンの施策を展開する広島県観光連盟(HIT)。本稿では「圧倒的な顧客志向」を掲げるHITでの、VALUESのデータ分析伴走支援サービスを通じたチャレンジに迫ります。


デジタルマーケティングのプラットフォーム作りで 観光情報の“見える化”に注力

世界が熱狂する観光地を、みんなで作りたい

広島県観光連盟(以下、HIT)は、自治体や観光事業者と連携しながら、広島への観光促進を担う一般社団法人。
チーフプロデューサーとして招聘された山邊さんは、2020年4月の着任直後、次のように感じたといいます。

HIT 山邊 昌太郎氏(以下、山邊):「HITが手がける観光事業が、“リピーター” につながっているか不安でした。施策の多くが、ポスター掲示やテレビ広告といったプロモーションばかりだったのです」

プロモーションは実行後の効果が表れやすい一方で、消えるのも早く、いわゆるペンシル型の施策であり、獲得できる観光客も初めて広島を訪れる人たちが中心だったとのこと。

山邊:「毎年新規の観光客だけでは事業の継続が難しい上に、プロモーションに使える予算も限られています。そこで、いかにリピートしてもらえる観光地を作るかが、広島の観光事業成長のカギだと考えました。」

山邊さんが目指したのは、“ロングテール型の観光事業” 。広島は平和記念公園や宮島といった、世界的にも集客力のある観光地を擁しますが、より多様な観光地をPRすることで観光客に広島のファンになってもらい、何度も足を運んでもらいたいという想いでした。

山邊:「100万人が集まる1カ所よりも、1万人が熱狂する100カ所を作る。1日あたり約30人が『すごくいい!』と思ってくれる観光地を100カ所作るという視点で地元を見ると、そこかしこに魅力的な場所やお店が見つかるものです。それを効果的に届けることで多くの人に広島のファンになってもらい、ファンとのつながりから得られる情報を、次のマーケティングに生かして満足度を高めてもらいたい、と構想を練りました。」

一般社団法人 広島県観光連盟(HIT) チーフプロデューサー/ 常務理事 事業本部長 山邊 昌太郎氏

一般社団法人 広島県観光連盟(HIT) チーフプロデューサー/ 常務理事 事業本部長
山邊 昌太郎氏

広島県出身。京都大学工学部を卒業後、1992年に株式会社リクルートへ入社し、
新規事業開発や就職関連情報誌編集長を歴任。2016年に「Calbee Future Labo」の
クリエイティブディレクターとして着任。2020年4月より現職

データを集約し活用へ。自走できる仕組み作りに

山邊さんが掲げるビジョンに対して、実務面はどうだったのでしょうか。HITのカスタマーマーケティンググループの中野隆治さんは、データを活用した観光マーケティングに際し、山邊さんの着任前から課題を抱えていました。

HIT 中野隆治氏(以下、中野):「課題は大きく2つありました。まず、広島にある観光統計データが活用できていませんでした。観光地の来場者数などの、広島県内の各市町が集計するデータや観光庁によるオープンデータがWEB上や紙の冊子、ExcelやPDFといった形式で分散していたのです。各市町の集計方法も微妙に異なり、データを使いたくても都度データを探したり手作業で集計したりと、データ活用のハードルが高い状態でした。もう1点は、HITの職員は県庁などからの出向者が多く、任期を終えると出向元へ戻る流れが生む問題でした。HIT内にデータ活用のための情報や知見が蓄積されにくい状況になっていました。」

そこでHITが活用したのが、ヴァリューズによる伴走型のデータ分析支援サービス。HITからのオーダーは、「自分たちで扱える仕組みを、一緒に作ってほしい」。担当者へのヒアリングや議論を重ね、DMP(Data Management Platform)の構築が進められました。

中野:「観光庁などが提供しているオープンデータと、宿泊者数やスポットごとの訪問者の数などの収集データを、BIツールの「Tableau(タブロー)」を活用することによってデータを集約し、自治体や事業者と共有することによって『皆が同じデータを見て議論できる』という状態を作りました」

Tableauは使い始めのデータ処理が整えば、Excelよりもグラフへの組み換えやデータ分析が容易にできるツールです。さらにDMPは構築して終わりではありません。データの更新や分析・活用についても、継続的な伴走支援が行われています。

中野:「データの更新方法をシンプルにしてもらったり、マニュアルを作成してもらったり。おかげでHITの担当者自身で、大きな手間をかけることなくDMPの更新ができています。さらにHITでは、市町や観光協会向けに、データの分析方法や活用法についての勉強会を開催しています」

(左)一般社団法人 広島県観光連盟(HIT) チーフプロデューサー/ 常務理事 事業本部長 山邊 昌太郎氏 (右)株式会社ヴァリューズ DX推進支援グループ シニアマネジャー 和田 尚樹

ヴァリューズの和田尚樹(DX推進支援グループ・シニアマネジャー)と山邊さん。HITからの要望は、日常の業務改善から抽象度が高いものまで様々。「どんな相談も、丁寧に付き合ってくれるのが頼もしいですね」

データの整理と活用、 運用までの丁寧な支援で 期待に応える

自走できるデータ活用組織作りは、広島の観光事業の底上げにも繫がります。チーフプロデューサーの山邊さんは、オール広島だけでなく、ファンも巻き込んだ “団体戦” と語ります。

山邊:「現在進めているのが、『HITひろしま観光大使100万人プロジェクト』です。広島が好き、という条件を満たす方であれば誰でも観光大使になれます。2024年2月時点で約2万人の観光大使がいて、台湾やケニアなど国籍も多岐にわたります。現在取り組んでいるのは、スマホのアプリを通じて、広島のことをもっと知ってもらったり、魅力を伝えてもらったりできるような、CRM(Customer Relationship Management)の仕組みを構築したいです」

CRMにより、観光大使が訪問する場所のチェックインデータやクチコミなどがHITのデータとして蓄積されます。GoogleやInstagramといったサードパーティではなく、HIT自身が一次情報を持つことができ、さらに双方向のコミュニケーションが取れることで、より顧客満足に繫がる施策も期待できるでしょう。

ひろしま観光公式サイト「Dive! Hiroshima」

HITがひろしま観光公式サイト「Dive! Hiroshima」で公開する観光関連の統計データ。旅行消費額や宿泊客数など、WEBサイト上で年月推移の確認や他の都道府県との比較が可能だ。観光・体験スポットのPV数、訪問客の属性や満足度も把握できる。

山邊:「ヴァリューズは、『こんな仕組みがあったらいいな』とか、『こういう世界を実現したい』といった漠然とした相談を、きっちりアウトプットに落とし込んでくれます。単なる受発注の関係ではなく、時には壁打ち相手になってくれたり、私たちの講師役を努めてくれたりと、文字通り伴走してくれるのが大きな魅力だと感じています。私たちもヴァリューズの価値を最大限に活用していきたいですね」

データを可視化し、活用するために伴走者としての役割を担う

Key

取材協力:一般社団法人 広島県観光連盟(HIT)
▼自社データ活用支援(DX推進支援)に関するご相談は、お気軽に下記お問合せフォームよりご連絡ください
お問合せ・ご相談はこちら

【関連】DX推進支援サービス|株式会社ヴァリューズ

https://www.valuesccg.com/service/dx/

データインテリジェンス×マーケティングで新たな市場価値の創造をサポートする株式会社ヴァリューズの事業・サービスをご紹介します。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


データ活用を加速させる!「BIダッシュボード」事例集 | BIダッシュボードギャラリー

データ活用を加速させる!「BIダッシュボード」事例集 | BIダッシュボードギャラリー

社内外の様々なデータを可視化し、グラフを組み合わせて表現することで、データの傾向やパターンを明確にし、分析の精度を向上させる「BIダッシュボード」。関係者間の正しい情報共有や共通理解の促進も期待できます。本レポートでは、Tableauをはじめとする様々なBIツールの導入や構築支援を行ってきたヴァリューズが、これまでの活用事例を厳選して紹介します。業務改善や意思決定に利用するダッシュボードについて、具体的なイメージが欲しい!という方にもおすすめです。


資生堂「SHIFT 2025 and Beyond」に込めた想いとブランディングを成功に導く視点|株式会社資生堂代表 魚谷氏に訊く【後編】

資生堂「SHIFT 2025 and Beyond」に込めた想いとブランディングを成功に導く視点|株式会社資生堂代表 魚谷氏に訊く【後編】

資生堂 会長 CEOの魚谷雅彦氏は、3年前倒しで売上目標1兆円を達成した後、コロナ禍でも様々な取り組みを実行してきました。新たに中期経営戦略として策定された「SHIFT 2025 and Beyond」には、どのような想いがあったのか。自社ブランディングを成功させるために必要な視点も合わせて、マーケティングのプロフェッショナルである魚谷氏にヴァリューズ 代表取締役社長の辻本が伺いました。


資生堂の中期経営戦略「VISION2020」で実行した構造改革と2030年への展望|株式会社資生堂代表 魚谷氏に訊く【前編】

資生堂の中期経営戦略「VISION2020」で実行した構造改革と2030年への展望|株式会社資生堂代表 魚谷氏に訊く【前編】

資生堂 会長 CEOの魚谷雅彦氏は社長への着任後、「世界で勝てる日本発のグローバルビューティーカンパニー」となることを宣言し、資生堂のオリジンをしっかり出しつつも、様々な取り組みを実行。100年先も輝き続ける会社を目指し、短期目線ではなく中長期での成長実現に向け、取り組んできた想いや狙いをヴァリューズ 代表取締役社長の辻本が伺いました。


【自治体・DMO向け】 分析事例から学ぶ、効果的なデータ活用術|セミナーレポート

【自治体・DMO向け】 分析事例から学ぶ、効果的なデータ活用術|セミナーレポート

自治体のブランディングやマーケティングにおいてデータの活用は不可欠です。しかし、「具体的な活用方法が分からない」「ナレッジやスキルの不足で業務負荷がかかっている」等のお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。データ活用には様々なアプローチ方法がありますが、中でもゴールを設定し段階的なステップや実現方法を考えることが重要です。本セミナーでは、ヴァリューズがこれまでに実施した自治体様とのデータ活用・分析事例を通じて、有意義なデータ活用を実現するアプローチ方法を解説。Webサイトアクセスの分析やBIダッシュボードの構築、日々のデータ集計業務の効率化等の事例もご紹介しました。※本セミナーのレポートは無料でダウンロードできます。


決済者が抱えるDX課題の1位は「新規営業を強化したい」【コミクス調査】

決済者が抱えるDX課題の1位は「新規営業を強化したい」【コミクス調査】

株式会社コミクスは、同社が運営するクラウド・SaaSサービスの情報プラットフォーム『kyozon』会員を対象に、決済者のDX(デジタルトランスフォーメーション)課題に関する調査を実施し、結果を公開しました。


最新の投稿


生成AIを知っている小学生は23%・保護者は53% そのうち利用に肯定的な保護者は約7割【ベネッセコーポレーション】

生成AIを知っている小学生は23%・保護者は53% そのうち利用に肯定的な保護者は約7割【ベネッセコーポレーション】

株式会社ベネッセコーポレーションは、全国の小学3年生から小学6年生とその保護者に、ChatGPTなどの生成AIの認知、利用経験や今後の利用意向、利用する上で大事だと思うことなどについてアンケート調査を実施し、結果を公開しました。


【2024年8月5日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2024年8月5日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


みんなの注目キーワードは?週間検索トレンドランキング(2024/07/01〜2024/07/07)

みんなの注目キーワードは?週間検索トレンドランキング(2024/07/01〜2024/07/07)

ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」をもとに、週次の検索急上昇ワードランキングを作成し、トレンドになっているキーワードを取り上げます。


データ・ワン、実店舗購買データを元に類似顧客を推計して配信する新広告ソリューションの提供開始

データ・ワン、実店舗購買データを元に類似顧客を推計して配信する新広告ソリューションの提供開始

株式会社データ・ワンは、株式会社NTTドコモが保有するドコモ独自の顧客プロファイリングAIエンジン「docomo Sense™」を活用した広告ソリューション「co-buy® Audience Plus(コーバイ・オーディエンスプラス)」の提供を開始したことを発表しました。このソリューションにより、データ・ワンが保有する小売事業者の購買データを元に類似顧客を推計し、質の高さとリーチ量を兼ね揃えた広告配信が可能となるといいます。


スマホゲームを毎日プレイする人が約7割!全世代の女性に好かれる「ディズニーツムツム」【クロス・マーケティング調査】

スマホゲームを毎日プレイする人が約7割!全世代の女性に好かれる「ディズニーツムツム」【クロス・マーケティング調査】

株式会社クロス・マーケティングは、スマホゲームを月1回以上プレイしている全国15~69歳の男女を対象に「ゲームに関する調査(2024年)スマホゲーム編」を実施し、結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ