「おぱんちゅうさぎ」人気に迫る!トレンドの共通点は「等身大なネガティブに対する共感性」?

「おぱんちゅうさぎ」人気に迫る!トレンドの共通点は「等身大なネガティブに対する共感性」?

若者の間で、「ちいかわ」を超えて人気に火がついていると言われる「おぱんちゅうさぎ」。なぜ人々は魅了されてしまうのか?「おぱんちゅうさぎ」がどのような人を取り込み、なぜ人気なのか、昨今のトレンド「ちいかわ」「猫ミーム」「やだなー展」などとの共通点も探りながら、分析していきます。


中高生の間でいまアツい!「おぱんちゅうさぎ」とは?

「おぱんちゅうさぎ」は、人気クリエイター「可哀想に!」さんによるキャラクター。「健気に頑張っているのに、報われない」というコンセプトで、公式X(旧Twitter)にて2コマ漫画も投稿されています。

2023年11月~12月にGMOメディアが女子中高生1,062名を対象に行った「2023年のトレンド」に関するアンケートでは、「2023年に流行ったキャラクター」として、「ちいかわ」を抑えて「おぱんちゅうさぎ」が1位に。今、若者に人気なキャラクターであることがわかります。

中高生をイノベーターとして、「おぱんちゅうさぎ」への人気は全世代的にも高まっているのでしょうか。毎月更新される行動データを用いて、手元のブラウザで競合サイト分析やトレンド調査を行えるヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」を用いて、「おぱんちゅうさぎ」検索者の動向を見ていきましょう。

8月2日「パンツの日」で注目度アップ

まずは「おぱんちゅうさぎ」の検索者数の推移です。2年間の動きを見ると、2023年8月をピーク(9万人超)に、2022年と比べると増加傾向にあることがわかります。

「おぱんちゅうさぎ」検索者数の推移
調査期間:2022年6月~2024年5月
デバイス:PC&スマートフォン

なぜ検索者数は、2023年8月に急増を見せているのでしょうか。
「おぱんちゅうさぎ」は、「パンツの日」とされる8月2日が誕生日。誕生日のお祝いイベントとして、ネット上にパーティ会場が特設されました。参加者が殺到した結果、公開から30分以内に、参加者の上限である9万9,999人に達してしまったそうです。

この大盛況ぶりが、2023年8月の検索者数の引き上げにも反映されていることがわかります。直近の検索者数は下降傾向にありますが、今年も「パンツの日」をきっかけに、認知が数段階引き上がるかもしれません。

検索者数は「すみっコぐらし」と同規模

次に、「おぱんちゅうさぎ」の検索者数を、同じく人気キャラクターの「ちいかわ」「すみっコぐらし」と比べてみましょう。

「おぱんちゅうさぎ」「ちいかわ」「すみっコぐらし」検索者数の推移
調査期間:2023年6月~2024年5月
デバイス:PC&スマートフォン

「ちいかわ」の検索者数が多く、ほぼ同水準の「おぱんちゅうさぎ」「すみっコぐらし」はそれを追う形になっています。「おぱんちゅうさぎ」の認知や人気には、まだまだ伸びしろがありそうです。

意外にも広い年代から関心を集めている

続いて、各キャラクターのファン層を分析するために、それぞれのキャラクター名を検索している人がどのような人なのかを見ていきます。

検索者の男女比率を見ると、「ちいかわ」の男性割合が約35%と、最も高くなっています。一方「おぱんちゅうさぎ」の男性は約28%。「2023年に流行ったキャラクター」で「おぱんちゅうさぎ」が1位にランクインしたアンケートも女子中高生が対象であったことから、「おぱんちゅうさぎ」は女性人気が強いキャラクターであることがうかがえます。今後さらにファン層が拡大していけば、「ちいかわ」のように、より男女のバランス良く広く愛される存在になっていくのかもしれません。

「おぱんちゅうさぎ」「ちいかわ」「すみっコぐらし」検索者の性別割合
調査期間:2023年6月~2024年5月
デバイス:PC&スマートフォン

検索者の年代を見てみると、「すみっコぐらし」のボリュームゾーンが30代・40代なのに対し、「おぱんちゅうさぎ」「ちいかわ」はともに20代が20%超を占めており、これはネット利用者全体と比べても高い割合であることがわかります。

「おぱんちゅうさぎ」は40代の割合が最も高いですが、20代・30代・40代の割合の差は小さく、若年寄りの比較的広い年代から検索されています。「若者のトレンド」のイメージからは、少し意外な結果かもしれませんが、「不憫なキャラクターに対する共感性」は、20代のみならず広い年代と親和性が高いのかもしれません。

「おぱんちゅうさぎ」「ちいかわ」「すみっコぐらし」検索者の年代割合
調査期間:2023年6月~2024年5月
デバイス:PC&スマートフォン

「好きなものには投資を惜しまない」推し活ファンが多い?

さらに「おぱんちゅうさぎ」ファンの解像度を上げるために、検索者が月にどんなものにお金を使っているのか、支出先のデータを見ていきます。なおここでは、Web行動データとアンケートデータを用いて、ターゲットユーザーにおける特定の Web 行動の前後の動きと属性を集計できる、ヴァリューズの分析ツール「story bank」を用いて分析を行います。

見ると、ネット利用者全体の平均と比べ、「おぱんちゅうさぎ」検索者は「ライブ、コンサートの鑑賞」「イベント・グッズ購入」「CD・DVD購入」「動画サービスへの課金」といったカテゴリへの課金額が高くなっています。

「おぱんちゅうさぎ」検索者の月平均支出
集計期間:2023年6月~2024年5月
デバイス:PC&スマートフォン

「自分が好きな人やモノ、コンテンツへの課金は積極的に行う」という、応援消費が活発な検索者が多いのかもしれません。好きなキャラクターのグッズを集めている様子もイメージできます。「その世界観に浸る時間を大事にしている」という人も多そうです。

トレンドの鍵は「等身大のリアルさ」「応援したくなる不憫さ」

「おぱんちゅうさぎ」人気の背景には何があるのでしょうか。最近トレンドになるモノやコンテンツには、共通点があるのでしょうか。

「ちいかわ」「猫ミーム」「やだなー展」「小さな絶望がテーマのぬいぐるみ」など、近年バズったトピックを振り返ってみましょう。

不憫さに共感できる「ちいかわ」

「ちいかわ」は、臆病で無力、それなのにトラブルに巻き込まれがちな「不憫」なキャラクターが過酷な世界を生き抜くストーリーで、世間の共感を集めているようです。

ちいかわ、なぜ現代人を魅了する? “癒し”の存在だけじゃない、過酷な世界で生き抜く姿へのシンパシー(リアルサウンド) - Yahoo!ニュース

https://news.yahoo.co.jp/articles/aba9ccaf07653160622db4bb7cb4b453ea288ec6

  日本国内のみにとどまらず、海外でも流行の兆しがみられる『ちいかわ なんか小さくてかわいいやつ(以下『ちいかわ』)』。   本作には“ちいかわ”の他、“ハチワレ”や“うさぎ”など、動物をモチーフ

「ちいかわ」ファンを分析!大人がハマる理由は?企業コラボで推し活促進も

https://manamina.valuesccg.com/articles/2873

近年、キャラクター「ちいかわ」が大人たちの間で急速に人気を集めています。今回は、「ちいかわ」ファンの人物像を分析することで、彼らがこの可愛らしいキャラクターに魅了されてしまう理由を探ります。さらに、様々な企業とのコラボレーションが「ちいかわ」ファンの推し活にどのような影響を与えているのか、そのマーケティング戦略や推し活実態についても考察します。

不幸なことをポップに伝える「猫ミーム」

「猫ミーム」は、猫の切り抜き動画素材を用いて作られた動画。上司に詰められている様子など、共感を誘うような不幸なシーンの再現動画が多く投稿されています。

共感してほしいけど言いづらい不幸なことを、猫ミーム特有の「可愛さ」と「ユーモア」で、柔らかくポップに伝えていることが特徴と言えるかもしれません。

あえて日常に潜むちょっと嫌な瞬間を集めた「やだなー展」

「やだなー展」は、2023年2月に1回目が開催された展示。コンセプトの斬新さと「わかる!」という共感性が話題を呼び、チケットが完売するほどの人気を集めました。

日常の「小さな絶望」を体現したぬいぐるみ

X(旧Twitter)でバズりを見せている、アカウント名「まこすん」さんの作品。「カバンの底で潰れたおにぎり」「割るのに失敗した割り箸」など、気分がちょっとダウンするようなシーンがぬいぐるみで表現されています。

これらと「おぱんちゅうさぎ」の共通点は、「日常の嫌なことを、クスッと笑えるコンテンツに昇華させていること」「共感できる不憫さやネガティブな体験」「等身大の現実感」ではないでしょうか。こうした観点は、特にキャラクターに関しては、「不憫だからもっと応援してあげたい!」という気持ちにも繋がりそうです。

こうした飾らない側面を持つコンテンツが、近年バズを生み出しやすい状況にあるものと考えられます。消費者のインサイトをうまく押さえながら、今後どのようなトレンドが新たに生まれていくのか、引き続き目が離せません。

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

大阪大学でポルトガル語とブラジル社会学を、カナダのビクトリア大学でビジネスを学び、2021年に新卒でヴァリューズに入社。データアナリストを経て、現在はマナミナのコンテンツマーケティングと自社の海外PRを担当しています。

関連する投稿


レトロブームで再燃? コンデジやチェキ、写ルンですの消費者ニーズをデータで深掘り

レトロブームで再燃? コンデジやチェキ、写ルンですの消費者ニーズをデータで深掘り

「コンデジ」「チェキ」「写ルンです」。この言葉を聞いて懐かしいと思う大人は多いかもしれません。スマートフォンの普及によって、カメラを買う機会は減少傾向にありました。しかしながら、最近はZ世代の間で「レトロ」が注目を集め始め、コンデジブームがやってきました。データ分析を通してそれぞれのカメラの関心層を分析します!


The latest trends provoke “empathy for real-life negative situations”? Analyzing popular characters and events

The latest trends provoke “empathy for real-life negative situations”? Analyzing popular characters and events

To generate buzz in a systematic manner, rather than by chance, it is important to look for commonalities in why certain things become a trend. We will analyze recent trends such as "cat memes," popular characters, and events to determine "what people are supporting these days, and why."


人気デリバリーアプリ「Uber Eats」「出前館」「menu」「Wolt」のポジション分析 | コロナ初期からの変化は?【2024年最新版】

人気デリバリーアプリ「Uber Eats」「出前館」「menu」「Wolt」のポジション分析 | コロナ初期からの変化は?【2024年最新版】

ここ数年で需要が高まったデリバリーアプリ。コロナ禍に利用し始めた人も多いのではないでしょうか。デリバリーサービスが注目され始めて数年が経った今、需要はどう変化したのか、また各社アプリを今利用しているのはどのような人たちなのか、人気デリバリーアプリの「Uber Eats」「出前館」「menu」「Wolt」を比較しながら分析します。


平成女児に人気再燃のセーラームーンとプリキュアはなぜ数十年にわたり愛される? ファン層の特徴から分析!

平成女児に人気再燃のセーラームーンとプリキュアはなぜ数十年にわたり愛される? ファン層の特徴から分析!

30周年を迎えた「美少女戦士セーラームーン」と20周年を迎えた「プリキュア」。この2つの作品名を聞いたことがない方はいないでしょう。セーラームーンは特に女性人気が高く、プリキュアは男女どちらからも愛されているようです。本記事では、この2つの作品のファンについてより深く分析します。また、ファンの特徴から作品が愛される理由を考察します。


Social media usage among seniors! Mainly YouTube, with significant growth in TikTok usage

Social media usage among seniors! Mainly YouTube, with significant growth in TikTok usage

There’s often a lot of focus on social media use among young people. But we also want to look at trends among “digital seniors.” We will investigate seniors’ usage of Facebook, Instagram, X (formerly Twitter), YouTube, and TikTok, analyzing usage characteristics and comparing them to usage among those in their 20s.


最新の投稿


データ・ワン、実店舗購買データを元に類似顧客を推計して配信する新広告ソリューションの提供開始

データ・ワン、実店舗購買データを元に類似顧客を推計して配信する新広告ソリューションの提供開始

株式会社データ・ワンは、株式会社NTTドコモが保有するドコモ独自の顧客プロファイリングAIエンジン「docomo Sense™」を活用した広告ソリューション「co-buy® Audience Plus(コーバイ・オーディエンスプラス)」の提供を開始したことを発表しました。このソリューションにより、データ・ワンが保有する小売事業者の購買データを元に類似顧客を推計し、質の高さとリーチ量を兼ね揃えた広告配信が可能となるといいます。


スマホゲームを毎日プレイする人が約7割!全世代の女性に好かれる「ディズニーツムツム」【クロス・マーケティング調査】

スマホゲームを毎日プレイする人が約7割!全世代の女性に好かれる「ディズニーツムツム」【クロス・マーケティング調査】

株式会社クロス・マーケティングは、スマホゲームを月1回以上プレイしている全国15~69歳の男女を対象に「ゲームに関する調査(2024年)スマホゲーム編」を実施し、結果を公開しました。


日用品は同じ商品を繰り返し買う"安定派"の一人暮らし女性が約8割!一方で約3人に1人が新商品を衝動買いした経験あり【eBay Japan調査】

日用品は同じ商品を繰り返し買う"安定派"の一人暮らし女性が約8割!一方で約3人に1人が新商品を衝動買いした経験あり【eBay Japan調査】

eBay Japan合同会社は、全国の一人暮らしをしている女を対象に「日用品の買い替えに関する調査」を実施し、結果を公開しました。


レトロブームで再燃? コンデジやチェキ、写ルンですの消費者ニーズをデータで深掘り

レトロブームで再燃? コンデジやチェキ、写ルンですの消費者ニーズをデータで深掘り

「コンデジ」「チェキ」「写ルンです」。この言葉を聞いて懐かしいと思う大人は多いかもしれません。スマートフォンの普及によって、カメラを買う機会は減少傾向にありました。しかしながら、最近はZ世代の間で「レトロ」が注目を集め始め、コンデジブームがやってきました。データ分析を通してそれぞれのカメラの関心層を分析します!


デジマの課題は「ノウハウ不足」と「ツール」に集中 デジタル顧客体験の改善が明確な注力領域に【Repro調査】

デジマの課題は「ノウハウ不足」と「ツール」に集中 デジタル顧客体験の改善が明確な注力領域に【Repro調査】

Repro株式会社は、消費者向けWebサイト・サービスを保有する企業の事業・サービス責任者を対象に、「Webサイトの活用状況に関するアンケート」を実施し、結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ