ミニ保険注目をトリガーに「スマホ保険」「モバイル保険」ユーザーが増加

ミニ保険注目をトリガーに「スマホ保険」「モバイル保険」ユーザーが増加

富裕層から一般層へ入れ替わる主要ユーザー


ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)は、一般ネットユーザーの行動ログを用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用して、スマートフォンやモバイル機器のミニ保険サイトの利用動向を調査しました。

生命保険、損害保険に続く「第三の保険」として、少額・短期のミニ保険(少額短期保険)が注目を集め始めています。なかでもスマートフォンをはじめとするモバイル機器の補償はユニークなサービスが増え、従来のキャリアによる端末補償サービスから乗り換えを検討するユーザーも増えている模様です。

分析概要

ヴァリューズ保有モニターパネル(20代以上)のログデータを用いて、「モバイル保険」「スマホ保険」を中心とする主要モバイル機器保険サイトのユーザーの行動ログを分析した。行動ログは、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用。データはヴァリューズ保有のモニターでの出現率を基に、国内ネット人口に換算して推測。

考察サマリ

「スマホ保険」が1月に急伸、類似サービスの利用も牽引

保険金額が少額で保険期間が短期の保険だけを扱う少額短期保険(ミニ保険)業者制度のスタートから13年。この間にスマホをはじめとするモバイル機器は生活必需品の一部と化しました。24時間365日加入可能なミニ保険との親和性の高さから、多様なモバイル機器向けミニ保険サービスが登場しています【図表1】。

図表1 主なモバイル機器向けミニ保険サービス(各社サイトより作成)

「スマホ保険」は2018年9月に「スタートアップ@NIKKEI」で取り上げられた影響か、10月にユーザーが急増しています【図表2】。

12月には中古携帯電話全般の買取・販売を行う株式会社携帯市場と提携。同社が扱う全中古スマートフォンに保険が適用されるようになり、InsurTech、FinTechアワードへのノミネートでも注目を集め、2019年1月に過去最高のユーザー数を獲得しました。

「モバイル保険」は2016年サービス開始の先駆け。2018年3月にユーザーが急増するものの4月以降は停滞気味でしたが、やはり2019年1月に急増しました。

図表2 主要サービスのユーザー数推移
(2018年2月~2019年1月、PCおよびスマートフォンでの閲覧)

「スマート補償」や「モバイル補償」も1月は利用が多く、「スマホ保険」が注目されたことにより、ミニ保険市場全体への関心が高まったのかもしれません。
※「スマート補償」は2019年現在、新規申込み受付を終了している。

女性ユーザーがじわじわと増加

利用が多い「モバイル保険」「スマホ保険」を対象に、ユーザー属性の推移を四半期ごとに確認しました。

男女別では全体に男性が多いものの、「スマホ保険」はじわじわと女性が増加。直近3ヶ月だと40.7%が女性ユーザーです。

「モバイル保険」も直近3ヶ月は29.7%まで女性比率が上がりましたが、「スマホ保険」ほどの勢いは見られませんでした【図表3】。

図表3 直近1年間のモバイル保険とスマホ保険のユーザー層推移
(3ヶ月ごと、男女別、PCおよびスマートフォンでの閲覧)

比較サイトやポイントサイトに高い関心

「モバイル保険」「スマホ保険」サイトを利用したユーザーが一般ユーザーよりも特徴的に多く使っているサイトを確認しました【図表4】。

ユーザー全体に比べて最も利用が多いのは「楽天市場」と「価格.com」で、いずれも50ポイント以上の差がつきました。両サイトは保険の比較コンテンツを提供しているので、お得な保険選びの参考にされているのかもしれません。

「Yahoo! ショッピング」や「Amazon.co.jp」といったECサイトも利用が多く、ネットで価格やサービスを比較し買い物までワンストップですませるタイプのユーザー像を想起させます。また、ユーザー全体ではリーチ率が約3%の「Gポイント」も半数程度が利用していて、ポイント獲得に対する意識が高そうです。

図表4 「モバイル保険」「スマホ保険」ユーザーが特徴的に多く使っているサイト

図表4 「モバイル保険」「スマホ保険」ユーザーが特徴的に多く使っているサイト
(2018年11月-2019年1月の3ヶ月、スマートフォンでの閲覧)

本格市場到来はこれから? 現時点の関心は「自動車保険」や「社会保険」

eMark+のKeyword Finder「指定キーワードランキング」で「保険」または「補償」でネット検索したユーザーの掛け合わせ検索ワードを年代、個人年収別に分析してみました。いまのところモバイル機器保険やミニ保険に関するキーワードは上位に登場していませんでした【図表5】。

比較的個人年収の高い層だと「自動車保険」「大人の自動車保険」「おとなの自動車保険」など自動車保険や「社会保険料」「社会保険」に対する関心が高い傾向です。「介護保険料」「介護保険」といった介護関連は50代の関心を集めています。

「国民健康保険」や「国民健康保険料」、「失業保険」は40代で個人年収が400万円に満たないユーザーが中心。「保険証」「年末調整」は比較的年収が低いなかでもやや若いユーザーの利用が多かったキーワードです。

図表5 「保険」「補償」検索ユーザーの併用キーワード
(2018年2月~2019年1月、PCでの閲覧)

自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!

他社サイトのユーザーが見える
市場調査ツール

eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


市場調査 保険

関連する投稿


業界別のサイトランキングを無料で作成できる|General Overview|eMark+

業界別のサイトランキングを無料で作成できる|General Overview|eMark+

「eMark+(イーマークプラス)」のGeneral Overviewを使うと、サイトランキングが無料で簡単に作れるのをご存知でしょうか?


「週間」検索キーワードランキング(2019/6/16~2019/6/22)

「週間」検索キーワードランキング(2019/6/16~2019/6/22)

全国の25万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2019年4月~2019年5月)

「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2019年4月~2019年5月)

全国の25万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、男女別の「スマートフォンアプリ」インストール数ランキングを作成しました。


「週間」検索キーワードランキング(2019/6/9~2019/6/15)

「週間」検索キーワードランキング(2019/6/9~2019/6/15)

全国の25万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


競合サイトも分析できる?『eMark+(イーマークプラス)』とはどんなツール?

競合サイトも分析できる?『eMark+(イーマークプラス)』とはどんなツール?

デジタルマーケティングに欠かせない市場調査や競合分析が無料で始められる「eMark+(イーマークプラス)」についてご紹介します。


最新の投稿


業界別のサイトランキングを無料で作成できる|General Overview|eMark+

業界別のサイトランキングを無料で作成できる|General Overview|eMark+

「eMark+(イーマークプラス)」のGeneral Overviewを使うと、サイトランキングが無料で簡単に作れるのをご存知でしょうか?


「週間」検索キーワードランキング(2019/6/16~2019/6/22)

「週間」検索キーワードランキング(2019/6/16~2019/6/22)

全国の25万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


インサイドセールスは誰でもできる?【テレアポとは違う】

インサイドセールスは誰でもできる?【テレアポとは違う】

世界では既に浸透しており、最近では徐々に日本でも取り入れられつつある営業手法が「インサイドセールス」です。インサイドセールスは電話やEメールを介して行う営業活動なので、「テレアポと同じなのではないか?」と考えられがちですが、テレアポとインサイドセールスは目的や成果が異なります。どういった点がテレアポとは違うのか詳しく見ていきましょう。


インサイドセールスの目標設計方法は?【KPI設計を上手く組み立てよう】

インサイドセールスの目標設計方法は?【KPI設計を上手く組み立てよう】

インサイドセールスが海外では広がりを見せ、日本国内の企業でも新しい営業手法として今後どんどん取り入れられていくことが予想されています。 インサイドセールスを導入した際には、どのようなKPI設計が必要なのでしょうか? 目標設計の設定こそがインサイドセールスを構築するにあたって重要なポイントとなります。 インサイドセールスの目標設計方法について解説していきます。


インサイドセールスの便利ツールをご紹介【効率化しよう】

インサイドセールスの便利ツールをご紹介【効率化しよう】

ここ数年で、インサイドセールスという新しい営業手法が注目されています。 インサイドセールスによってコストカットや営業の働き方改革など多数のメリットがあるため、日本の企業でも徐々に取り入れられてきているのです。しかし、いざインサイドセールスを導入したいと思っても、どこから始めるべきか分からないものです。そこで、インサイドセールスを始めるために便利なツールを紹介していきます。


最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


市場調査 アプリ アンケート 行動ログ 外食 SEO SNS EdTech

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら