データ分析に関する記事


仮説のレベルを一段上げる。電通の分析ツール活用法 |「VALUES Marketing Dive」レポート

仮説のレベルを一段上げる。電通の分析ツール活用法 |「VALUES Marketing Dive」レポート

ヴァリューズは、“データを通じて顧客のことを深く考える”、“マーケティングの面白さに熱中する”という意味を込め、マーケティングイベント「VALUES Marketing Dive」を5/26に開催しました。本セミナーの全体テーマは「Update Your Marketing」。これからの時代、生活者には新たな価値観や購買行動が生まれ、マーケティング戦略や施策はさらなるアップデートが求められます。本講演では電通のプランナーをお迎えし、「仮説のレベルを一段上げる Dockpit活用法」と題して、リアルな声をふまえたツール活用法をご紹介いただきました。


DX推進に潜むギャップと落とし穴。高まる「Demand」の重要性とは? | 「VALUES Marketing Dive」レポート

DX推進に潜むギャップと落とし穴。高まる「Demand」の重要性とは? | 「VALUES Marketing Dive」レポート

ヴァリューズは、“データを通じて顧客のことを深く考える”“マーケティングの面白さに熱中する”という意味を込め、新しいマーケティングイベント「VALUES Marketing Dive」を5月26日に開催しました。本セミナー全体のテーマは「Update Your Marketing」。Withコロナ時代、生活者には新たな価値観や消費行動が生まれ、マーケティング戦略や施策においては、さらなるアップデートが求められています。本講演では、『DX推進に潜むギャップと落とし穴。高まる「Demand」の重要性とは』と題し、キーノートをお届けしました。


データ人材としてのキャリアアップに!DS協会「データサイエンティスト検定™ リテラシーレベル」

データ人材としてのキャリアアップに!DS協会「データサイエンティスト検定™ リテラシーレベル」

企業におけるデータ活用やDX推進の人材ニーズが高まる中で、今後非常に伸びていく資格試験として注目を集めているのが、一般社団法人 データサイエンティスト協会が主催する「データサイエンティスト検定™(DS検定★)」です。全国各地の試験会場で受験でき、試験実施期間は2022年6月10日(金)〜6月30日(木)を予定しています。個人申込みは5月31日(火)まで。データサイエンティストを目指す方やデータ人材としてキャリアアップしたい方にとって重要なDS検定、ぜひこの機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。※2022年6月試験のお申し込みは終了しました


「データ分析」の理解に役立つ事例集

「データ分析」の理解に役立つ事例集

マーケティングにおけるデータ活用、そしてデータ分析の重要性は日に日に増しています。マナミナにもたくさんあるデータ分析に関連する記事を、これからデータ分析を始めたいという方に向けてまとめてみました。様々な事例を見て、データ分析のイメージをつかみましょう。


マーケティングの基礎知識!データ分析の「回帰分析」とは?

マーケティングの基礎知識!データ分析の「回帰分析」とは?

商品の需要予測やプロモーションするとどのくらい来店者数が増えるかなど、ある結果に対する要因を推測するために数式化する「回帰分析」。IT技術の発展で集まった大量のデータは「回帰分析」などの統計手法でデータ分析され、マーケティングに活用されています。


「決定木分析」とは?Webサイトの分析事例を交えて解説します

「決定木分析」とは?Webサイトの分析事例を交えて解説します

「決定木分析(ディシジョンツリー)」はデータの分類、パターンの認識、予測に使われ、顧客分析やマーケティングの意思決定などで活用されている、代表的なデータマイニング手法の一つです。今回は「決定木分析」について、概要や特徴のほか、活用例も交えてご紹介します。


データに基づく意思決定!マーケティングに効くデータ分析とは

データに基づく意思決定!マーケティングに効くデータ分析とは

複雑かつ大量のデータを容易に収集できる現代では、データに基づくマーケティングが盛んになっています。集めたデータは分析して初めて、企業の意思決定に使える「生きたデータ」になります。マーケティングにおけるデータ分析の方法や具体的な事例、参考になる書籍を紹介します。


クロス集計や回帰分析など、データ分析でよく使われる手法の基礎知識

クロス集計や回帰分析など、データ分析でよく使われる手法の基礎知識

企業がデータを活用するにあたっては、現場でデータ分析できる人材が増えることが重要です。分析したいときに他部署や外部に依頼せず、自分でデータ分析できれば、より素早く結果を得られます。また、外部に依頼した場合でも、分析に用いられている手法を理解し、分析の目的と合っているか判断する必要があります。そのためには「クロス集計」「ロジスティック回帰分析」「アソシエーション分析」「決定木分析」「クラスター分析」など、主要なデータ分析手法の基礎知識を身につけておきましょう。


マーケティングのデータ分析に使われる手法と基礎固めにおすすめの本9冊

マーケティングのデータ分析に使われる手法と基礎固めにおすすめの本9冊

膨大なデジタルデータが集まる現代では、経営やマーケティング施策の意思決定に「データ分析」を活用する企業が増えています。企業あるいは現場でデータを収集・分析・活用するために参考となる本をご紹介します。また、データ分析に使われる代表的な手法についてもまとめました。