仮説のレベルを一段上げる。電通の分析ツール活用法 |「VALUES Marketing Dive」レポート

仮説のレベルを一段上げる。電通の分析ツール活用法 |「VALUES Marketing Dive」レポート

ヴァリューズは、“データを通じて顧客のことを深く考える”、“マーケティングの面白さに熱中する”という意味を込め、マーケティングイベント「VALUES Marketing Dive」を5/26に開催しました。本セミナーの全体テーマは「Update Your Marketing」。これからの時代、生活者には新たな価値観や購買行動が生まれ、マーケティング戦略や施策はさらなるアップデートが求められます。本講演では電通のプランナーをお迎えし、「仮説のレベルを一段上げる Dockpit活用法」と題して、リアルな声をふまえたツール活用法をご紹介いただきました。


スピーカー紹介

図:スピーカー紹介

図:スピーカー紹介

スピード感をもって課題解決を導く、仮説の重要性

電通 山本俊氏(以下、山本):「私自身、これからの分析に求められる要件は「Solo・Speed・Story」の3つの「S」だと考えています。「1人で(Solo)、スピードをもって(Speed)、課題解決への仮説が導ける(Story)」です。今回は、この3つを実現できるDockpitを用いて、高速に仮説の精度を上げるために共通して重要なポイントからご紹介したいと思います。

1つ目は、「まずはDockpitを使わずに仮説を立てる」ということです。
とりあえずツールを触って、目的がないまま分析結果を沢山出してから、考えるというやり方をしがちですが、多くのデータから何かを見つけようと模索し続けた結果、迷子になるという、悪いパターンに陥りがちです。

そうならないように「まずは何も使わず一人で仮説を立てる」ということが大事です。そうして立てた仮説とストーリーを持ち寄り、グループで議論してから、Dockpitで“答え合わせをする”使い方を心がけることで、一段階上の仮説を見つけることにつながると考えています。」

図:仮説を一段上げていくために

図:仮説を一段上げていくために

山本:「上記のように仮説を設定すると、仮説の確からしさが確認できたり、人の仮説に納得したり、思いもよらない発見をしたり、あるいは意外な事実が判明したりすることもあり、議論が前進します。」

図:「答え合わせ」として会議共有するから議論が前進する

図:「答え合わせ」として会議共有するから議論が前進する

コロナの影響が見える、経年変化分析

山本:「「最新期間のみにフォーカスして詳細を分析する」ということも、やりがちなパターンの一つです。例えば直近一年だけ見ても、コロナ禍以前との比較視点は入ってきません。
Dockpitは3年以上前のデータまで遡って見ることが出来るので、経年変化を掴むことで状況がどのように変わってきたのか、マクロ視点で現在地をクリアに把握できます。」

図:ピンポイントの期間ではなく、経年での変化を確認できる

図:ピンポイントの期間ではなく、経年での変化を確認できる

山本:「上記はクライアントを「学習塾」と仮定して、「個別指導」の検索について、同時期の経年変化を調査した、という想定で見てください。
2019年~2021年の各4月~7月の夏期講習が意識される時期に調査したもので、2019年はコロナ前にあたり、2020年はコロナ禍、2021年はコロナ禍が下火になった頃に相当しています。

この経年変化を見ると、3年とも掛け合わせ検索されている「トライ」が目指すべき競合であること、コロナ禍を経て台頭してきている「スタディサプリ」が今後警戒すべき競合であることがわかります。
このように経年での状況を知ることができ、具体的にどのように対策すべきかという議論の“出発点”を見出すことができます。」

電通 福田博史氏(以下、福田):「クライアント様が元々考えていた視点とは実際は異なるということがわかり、なおかつリアルな生活者視点があぶり出せるというのは、Dockpitならではの機能だと思います。」

“鳥の目”で見る業界トレンド

福田:「業界単位の経年変化を“鳥の目”視点で見ることができるというのもDockpitの強みだと思っています。これは仮説を一段階上げられるための視点だと思っております。

例えば下図をご覧ください。これはある業界を時系列で分析した例で、サイトシェア推移にどのような変化があったのかを示しています。
この図を見て、お二人はどんな印象を持たれますか?」

図:業界サイトシェア移行

図:業界サイトシェア移行

山本:「B社が圧倒的なシェアを占めていますね。」

ヴァリューズ 松前薫(以下、松前):「私は突然台頭してきたC社が気になりました。直近のみを見ると、C社のシェアが高いことはわかりますが、年単位で推移を見ることによって、ある時期から突然、業界シェアを伸ばしてきていることがわかります。」

福田:「おっしゃる通りです。ここで、“鳥の目”で経年変化を俯瞰することが必要になってきます。
B社を直近期間だけにフォーカスして見ると、確かに高いシェアを占めております。ただ、経年推移で見ると実はダウントレンド傾向かもしれないという見方もできます。
このように推移を見ていくことで、2020年末に台頭してきたC社というのは軽視できない存在であることが読み取れます。そこから急成長中のC社の戦略を深堀りすることに、これからの顧客ニーズを考えるヒントがあるのではないかという仮説を立てることが出来ます。」

回答負荷を下げたシンプルな意識調査も可能に

福田:「次はアスキング調査時に役立つちょっとしたTIPSをお話します。
やりがちなパターンとして、設計時に「できるだけ沢山のファインディングスを求めるあまり、とりあえず選択肢を増やしすぎてしまう」ということがあります。

選択肢が増えると回答負荷が上がってしまい、クリアな調査結果が出ない傾向があります。そのため、“意識データ”の調査では、回答負荷を上げないシンプルな調査設計が重要です。

Dockpitを活用すると、感覚的に選択肢に含めていた競合候補を定量的な視点で絞ることができます。」

図:アスキング調査設計時にDockpitで「その他」を決める

図:アスキング調査設計時にDockpitで「その他」を決める

感応度分析で、目標達成の手段を数値化

福田:「続いて、目標達成するための計画にDockpitを活用していくケースです。これが全体のケースで1番重要な活用法になるのではないかと思っています。
まず、陥りやすいパターンとしては、コンバージョンを最大化させるために、サイト集客を増加させることだけを考えたり、詳細な箇所を細かく分析してしまうということが挙げられます。

課題解決の仮説を一段上げていくために重要なのは、目標達成への計画です。例えば目標コンバージョン数達成のためにどれだけのサイト来訪数が必要なのか、大きく方針を計画することではないかと思っております。この場面でも、Dockpitが有効活用できます。

URL単位の集計ができるDockpitであれば、ディレクトリ・ページ単位で指定して分析可能です。従って、サイト全体からコンバージョンまでの各地点での歩留まり率も計算でき、どれだけ来訪数を伸ばせば目標達成できるかといったKPI設計が可能になります。
Dockpitでできることは以下の3つだと思っております」

⚫︎URL単位の集計が可能なため、任意のファネル分析もスピーディーにできる
⚫︎競合サイトとの歩留まりも同様に比較し、改善ポイントの洗い出しも可能
⚫︎購入者属性を揃えることで、注力すべきターゲット間で比較することが可能

福田:「今回は、サイト来訪ボリューム(量)を横軸、歩留まり(質)を縦軸とした「感応度分析(※)」のアプローチをご紹介します。
下図をご覧ください。超訳すると、サイト訪問者のうち25人に1人がコンバージョンに至ることがわかります。また、「サイト来訪ボリューム」と「歩留まり」の軸のどちらかが楽観的もしくは悲観的だった場合に、どのような量と質の組み合わせが目標達成のための計画として現実的であるかを考慮して分解できるようになります。
完全に正確な分析はできなくとも、数値化して見通しを作ることで、目標達成に向けた計画が立てられるようになります。」

※感応度分析とは:数値目標の計画を立てる際に、ある要素(変数)が計画から変動したとき、目標数字にどの程度影響を与えるかを把握していくための分析手法です。
プランが予想通りの結果には進まない前提で、楽観・基本・悲観的ケースの複数パターンを想定して計画を立てることで、現実的なパフォーマンス改善を議論しながら目標値を目指していくことが出来ます。

松前:「このシートはまだDockpit上で自動生成されないものなので、新機能として開発を進めていきたいと考えております。」
(時期は未定で、調整中)

図:Dockpit活用した目的プランニングの1アプローチ

図:Dockpit活用した目的プランニングの1アプローチ

“意識データ”と“行動データ”の相関関係分析へ

松前:「ここまでお二人とお話しさせていただき、“意識データ”と“行動データ”を掛け合わせると様々な分析ができるのではないかということがわかってきました。」

福田:「“意識データ”だけでも人の一部ですし、同じく“行動データ”だけでも人の一部ですよね。電通では意識データ×行動データ=人起点の分析だと考えており、人起点の精緻な分析ができるよう日々進化させていこうと取り組んでいるところです。
もちろん今でも時間と労力をかければある程度は精緻に分析が出来ますが、クイックに分析する手法というのは、中々難しいのが現状です。これをDockpitでも出来たら様々なマーケターが、より活用していくのではないでしょうか。

例えば「認知指標(純粋想起)を上げたら、どのくらいサイト来訪がリフトアップし、さらにどのくらいの人たちがコンバージョンに至るのか」というプロセスをしっかりと「線」でつなぐことができると、もっとマーケティング提案の解像度はクリアになっていくのではないでしょうか?」

松前:「ヴァリーズではアンケート調査も実施可能なので、助成想起や純粋想起などの意識データと行動ログデータをセットで統合分析ができます。
よって、想起された際にサイト来訪にはどのように寄与するのか、というデータもお出しできると良いかと思っております。
Dockpitではターゲットを絞って分析することも可能なので、メインターゲットに絞って意識と行動の相関関係を明らかにしていくというテーマで挑戦を続けております。」

図:現在、VALUES社が考えている分析アプローチ方法

図:現在、VALUES社が考えている分析アプローチ方法

まとめ

松前:「本日はDockpit活用でクイックに3C分析ができるという実際の活用法から、新機能の開発という展望まで、有意義なお話を伺うことができました。山本さん、福田さん、ありがとうございました。」

図:Dockpit活用事例 まとめ

図:Dockpit活用事例 まとめ

【関連記事】

DX推進に潜むギャップと落とし穴。高まる「Demand」の重要性とは? | 「VALUES Marketing Dive」レポート

https://manamina.valuesccg.com/articles/1844

ヴァリューズは、“データを通じて顧客のことを深く考える”“マーケティングの面白さに熱中する”という意味を込め、新しいマーケティングイベント「VALUES Marketing Dive」を5月26日に開催しました。本セミナー全体のテーマは「Update Your Marketing」。Withコロナ時代、生活者には新たな価値観や消費行動が生まれ、マーケティング戦略や施策においては、さらなるアップデートが求められています。本講演では、『DX推進に潜むギャップと落とし穴。高まる「Demand」の重要性とは』と題し、キーノートをお届けしました。

徹底した顧客理解が起点に。ちば興銀が取り組むユーザーニーズに寄り添うコンテンツの磨き方|「VALUES Marketing Dive」レポート

https://manamina.valuesccg.com/articles/1861

「VALUES Marketing Dive」は、“データを通じて顧客のことを深く考える”、“マーケティングの面白さに熱中する”という意味を込めて、今年誕生した新しいマーケティングイベントです。今回のテーマは「Update Your Marketing ~ 顧客理解の新潮流」。本レポートでは、ちば興銀の顧客理解を起点としたコンテンツマーケティングの取組みについてお届けします。

生活者ストーリー全体を捉えるためのデータ分析、花王のツール活用事例 | 「VALUES Marketing Dive」レポート

https://manamina.valuesccg.com/articles/1871

ヴァリューズは、“データを通じて顧客のことを深く考える”、“マーケティングの面白さに熱中する”という意味を込め、マーケティングイベント「VALUES Marketing Dive」を5/26に開催しました。本セミナー全体のテーマは「Update Your Marketing」。Withコロナ時代、生活者には新たな価値観や消費行動が生まれ、マーケティング戦略や施策においては、さらなるアップデートが求められています。本講演では、『生活者ストーリー全体を捉えるためのデータ分析、花王のツール活用事例』と題し、花王の顧客分析についてお届けしました。

広島県の新たな観光構造の構築と、組織の自走化を目指したデータ活用とは|「VALUES Marketing Dive」レポート

https://manamina.valuesccg.com/articles/1888

“データを通じて顧客のことを深く考える”、“マーケティングの面白さに熱中する”という意味を込めて2022年に誕生したマーケティングイベント「VALUES Marketing Dive」。「Update Your Marketing ~ 顧客理解の新潮流」を今回のテーマに掲げ、広島県観光連盟の新たなDMP構想や自走するデータ活用組織の構築など、DX推進にてヴァリューズが伴走支援を行った事例をレポートします。

お問い合わせ

本記事や弊社サービスに関するお問い合わせはこちらから
https://www.valuesccg.com/inquiry/

この記事のライター

マナミナ 編集部 編集兼ライター。
金融・通信・メディア業界を経てマーケティング・リサーチ業界へ。
趣味は食と旅行。

関連する投稿


2023年の「母の日」のトレンドを予測!定番の「花」以外に伸びている需要とは?

2023年の「母の日」のトレンドを予測!定番の「花」以外に伸びている需要とは?

来年の「母の日」に向けて、今年や昨年のデータから近年のニーズを考察し、最近のトレンドや2023年にどんなギフトが流行りそうかについて調査・分析します。母の日に向けた企画やプロモーション検討の参考になれば幸いです。


みんなが気にしているのは何のデメリット?おすすめ情報が気になるものとは?

みんなが気にしているのは何のデメリット?おすすめ情報が気になるものとは?

インターネットで何かを調べるとき、慎重な人はメリットよりデメリットが気になりますよね。または、インターネット上のおすすめ情報にも敏感な人は多いと思います。 今回の調査は、デメリットやおすすめ情報を調べる人の特性について、どんなジャンルで検索されているかも含めて分析していきます。


みんなはどんなプチプラアイテムを買っている?支持される「プチプラ」の特徴と傾向を分析

みんなはどんなプチプラアイテムを買っている?支持される「プチプラ」の特徴と傾向を分析

さまざまなものが値上がりしている2022年。いま、世間ではリーズナブルな価格をコンセプトとする「プチプラ」商品への関心が高まっています。今回は1年を通してどのような「プチプラ」へのニーズがあるのか、ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」のデータをもとに検証しました。


Manga app case study: Number of users & demographics among growing manga apps

Manga app case study: Number of users & demographics among growing manga apps

A look into the number of manga app users over the two-year period starting September 2020 shows remarkable growth, perhaps due in part to the COVID-19 stay-at-home. Here, we examine "LINE Manga," "Piccoma," "Shonen Jump+ (Shueisha)," "Magapoke (Kodansha)" and "Manga One (Shogakukan)."


「そもそもデータ量が少ない」地方の課題を克服!生活者目線とデータを掛け合わせた、地方のデータマーケティングとは

「そもそもデータ量が少ない」地方の課題を克服!生活者目線とデータを掛け合わせた、地方のデータマーケティングとは

「データの重要性はわかっているが、自社でも活用できるかわからない」と考えている企業は多いのではないでしょうか。地方にあり、都会とは状況が異なると思っている企業もあるかもしれません。今回紹介するアド・セイル株式会社は、香川県にあるデジタルマーケティング企業。地域密着という強みを活かした取り組みのほか、地方企業がデータマーケティングを行う際の課題や可能性について、同社の関氏に伺いました。


最新の投稿


タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

Z世代は、生活のあらゆる場面でタイパ(タイムパフォーマンス)を意識しています。「タイパ至上主義」という言葉が登場するほど、Z世代は時間効率を重視しているのです。この記事では、Z世代の購買心理・最新のトレンドを知るために、タイパの概要や価値観、マーケティング事例を解説します。


2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

ダブルイレブン(W11)とは、毎年<b>11月11日に中国で行われている独身の日を祝うイベント</b>です。2022年のダブルイレブンでは、ECプラットフォームや店舗などの関係者が売上高を伸ばすことに力を入れていました。その中で加盟店が示す戦況報告からは、中国のマーケットで、新しい産業やブランドが急成長しているのを垣間見ることができます。 本記事では、2022年ダブルイレブンのトレンドとなった業界を中心にご紹介します。


Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

We will investigate "Midjourney" and "Stable Diffusion" AI Image Generators, which allow anyone to generate images from keywords. Let’s look into it users, its purpose, the reason for its popularity, and its strengths. We will analyze the data of the interest group and analyze our user experience.


お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界大手の「森永製菓」「江崎グリコ」「カルビー」「ブルボン」「不二家」。各公式サイトの集客状況に注目し、強みや施策の違いを調査します。2年半前に公開した同記事の最新版として、新たな発見をお届けします。


行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

経済学に心理学を組み合わせる「行動経済学」。マーケティングとの親和性の高さ、そしてマーケティング活動のためのヒントがあるとされており、さまざまな場面で活用が進んでいます。行動経済学をビジネスに活かすには、そのエッセンスがよくまとまった本・書籍で学ぶのが近道です。今回は、ベストセラー本から教科書的なものまで、行動経済学についてまんべんなく学べるよう、20冊のおすすめ本を紹介します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら