「免疫」と検索したのはどんな人?デモグラ属性や掛け合わせワード、流入先コンテンツから消費者インサイトを分析

「免疫」と検索したのはどんな人?デモグラ属性や掛け合わせワード、流入先コンテンツから消費者インサイトを分析

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、予防の観点から消費者の注目を集めた「免疫」。ヴァリューズ社のデータ分析ツール「Dockpit」によると、3月から5月に検索数が急上昇していたことが分かりました。本稿では、コロナ禍の急上昇ワード「免疫」の実態を調査。「Dockpit」を使い属性の傾向やワードネットワーク、季節比較などから消費者インサイトを読み解きます。


コロナ禍で急上昇した「免疫」検索数推移

新型コロナの拡大により、感染予防対策として手洗いやマスクと合わせて関心が高まった「免疫」。3月から5月には、検索量が急上昇したといいます。では、実際にどのようなキーワードで検索されたのか。また、感染の波が第一波・第二波と続く中で、「免疫」への関心はどのように動いたのか。データ分析ツール「Dockpit」を使い、消費者インサイトを深掘りしていきます。

まず、過去1年の「免疫」キーワードのユーザー数推移を見てみましょう。

分析ツール:「Dockpit」、分析期間:2019年9月〜2020年8月、対象デバイス:PC、スマートフォン

グラフから、3月から5月にかけて「免疫」キーワードの検索数が急上昇していることが分かります。新型コロナの広がりが不安視されてきた年始から上昇し、緊急事態宣言が発令された4月にピークに到達。そこから徐々に下降し、国内感染者数の最多を更新した7月には、4月ほどの上昇は見られませんでした。

性別や地域、ユーザー属性による傾向は?

次に、検索ユーザーの属性を見ていきます。

分析ツール:「Dockpit」、調査期間:2019年9月~2020年8月、対象デバイス:PC、スマートフォン

性別比は男性47.1%、女性52.9%と、若干女性の方が高い割合を占めていました。生活習慣に免疫力向上策を取り入れ、家族の感染予防に努めた主婦層などが積極的に検索したと推測できます。

地域別傾向はどうでしょうか。こちらは、都道府県ごとの検索量を示したマップです。

分析ツール:「Dockpit」、調査期間:2019年9月~2020年8月、対象デバイス:PC、スマートフォン

感染者数が圧倒的に多かった東京をはじめ、検索量が多いのは関東圏や関西、愛知、福岡、北海道などいずれも感染者数が多いエリアです。

検索・掛け合わせキーワードをチェック

続いて、どのようなキーワードで検索されたのかを見ていきます。

分析ツール:「Dockpit」、調査期間:2019年9月~2020年8月、対象デバイス:PC、スマートフォン

掛け合わせワードは「コロナ」が圧倒的に多く、コロナ禍の関心の高まりであることが明らかです。また、4位にランクインした「ビタミンD」は免疫力向上に役立つ栄養素と言われており、3月や5月にテレビ番組でも紹介されていたため、検索数が伸びたと考えられます。

また、「赤ちゃん」や「食べ物」などのワードとの掛け合わせも上位に見られます。3月末に国内で初めて0歳児の新型コロナに感染が確認されたことで、赤ちゃんの感染を不安視し、免疫力を検索する親が増えたのかもしれません。

ワードネットワークで潜在的興味を把握

次に、キーワード同士のつながりを可視化したワードネットワークを見てみましょう。

ワードネットワークでは、掛け合わせ検索件数が多く、関連性が強いワードが線で繋がれています。特定のワードに興味のあるユーザーは付近のワードにも興味を持つ傾向が高いことを示しており、潜在的な興味関心を把握できる分析手法です。

分析ツール:「Dockpit」、調査期間:2019年9月~2020年8月、対象デバイス:PC、スマートフォン

「免疫」の最も近くに「ビタミンD」のワードがあり、免疫力向上に役立つとされる「ビタミンD」に興味を持つユーザーが多い傾向が示されています。また、同じく「免疫」と関連の強い「抗体」の近くには、「再感染」や「しくみ」などのワードが見られます。生活習慣での免疫力向上に多くのユーザーが関心を寄せる一方で、抗体を持つことによる免疫作用に着目する層も一定数いることが分かります。

第一波と第二波で違いは?季節比較

続いて、季節比較です。

こちらは、「免疫」の掛け合わせ検索キーワードを季節比較したマッピングです。過去1年を3か月ごとに比較し、特徴的に検索の多かったものほど文字が大きく色が濃く表示されています。

分析ツール:「Dockpit」、調査期間:2019年9月~2020年8月、対象デバイス:PC、スマートフォン

昨年9月‐11月は、夏に流行する感染病「手足口病」のボリュームが大きく、検索ワードの種類も限られています。年末年始にかけては、「キリン(プラズマ乳酸菌)」や「ヤクルト」など、免疫力向上効果を掲げた製品やメーカーへの関心が高まっており、この頃からコロナのワードも目立ち始めていました。

3月‐5月には状況が一変し、コロナ関連の検索が急増。検索ワードの種類も広がり、「コロナウイルス」のほか、免疫系への悪影響があるのではないかと囁かれた「5G」や、集団免疫策に挑んだ「イギリス」などのワードの検索が増えています。

6月以降は検索ボリュームが減少。冒頭の検索推移で示した通り、ピークが過ぎた印象を受けます。

人気の流入ページの特徴は?

最後に、流入サイトをチェックします。上位5サイトは以下の通りでした。

・ウィキペディア
・Yahoo!知恵袋
・中外製薬
・Yahoo!ニュース
・免疫療法コンシェルジュ


では、実際にどのようなページが閲覧されたのでしょうか。こちらは、流入ページのランキングです。

分析ツール:「Dockpit」、調査期間:2019年9月~2020年8月、対象デバイス:PC、スマートフォン

免疫全般の仕組みを解説したコンテンツのほか、新型コロナにフォーカスした免疫の解説ページが訪問者数を伸ばした結果となりました。

まとめ

新型コロナ感染拡大に伴い着目された「免疫」。感染予防策の一つとして注目され、第一波の収束とともに一旦落ち着きを見せています。しかし、今後ワクチンの開発が進めば、また違った視点での関心が高まるかもしれません。コロナ禍で急上昇した「免疫」への注目は、一過性のトレンドだったのか、持続的なインサイトなのか。今後も注視していくべきテーマだと言えるでしょう。

<分析概要>
ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「Dockpit」を使用し、2019年9月~2020年8月のネット行動ログデータを分析しました。
※ユーザー数はヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

Dockpitの無料版は、以下ボタンよりDockpitサービスサイトに進み、TOPページの「無料登録」ボタンからお手続きください。

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

フリーランスPRおよびライターとして活動中。二児の母。

関連する投稿


Marketing strategy of three Chinese & Taiwanese home appliance manufacturers: HUAWEI, Xiaomi, & ASUS

Marketing strategy of three Chinese & Taiwanese home appliance manufacturers: HUAWEI, Xiaomi, & ASUS

Chinese and Taiwanese manufacturers have been growing their market share and number of users, and they are expected to compete with Japanese companies. We will analyze the current sales trends of HUAWEI, Xiaomi, and ASUS in Japan and predict their future while comparing with Japanese brands.


海外家電メーカーのマーケティング戦略は?中華圏メーカーHUAWEI、Xiaomi、ASUSの3社を調査

海外家電メーカーのマーケティング戦略は?中華圏メーカーHUAWEI、Xiaomi、ASUSの3社を調査

近年、世界で着実にシェアを伸ばしつつある中華圏メーカー。日本においてもその製品の利用者は増加しており、日本企業と競合していくことが予想されます。そこで今回は日本にも進出している代表的な3つの中華圏メーカー、HUAWEI、Xiaomi、ASUSについて、日本における現時点での販売動向を分析し、国産ブランドとも比較しながら3社の今後を占っていきます。


推し活実態2024!「沼落ち」プロセスとは?推し活のインサイトとマーケティング活用

推し活実態2024!「沼落ち」プロセスとは?推し活のインサイトとマーケティング活用

日本の消費を活気づける「推し活」。実は10代の8~9割以上が「推し対象あり」と回答しているという結果も。本ホワイトペーパーでは、推し活市場の現状や、推し活にかける時間・金額などの行動実態、コラボ企画といったマーケティングとの接続について調査し、推し活への理解を深めていきます。


サービス終了から約1年…Zenly利用者はどこへ?位置情報共有アプリの現在

サービス終了から約1年…Zenly利用者はどこへ?位置情報共有アプリの現在

位置情報共有アプリ、Zenly。かつて一般的ではなかった「位置情報を共有する便利さ」をユーザーに伝え、位置情報共有アプリという新ジャンルを開拓しました。友人や家族との待ち合わせに使ったり、スマホの紛失に備えたり、災害時の安否確認として使ったり…とユーザーに様々な需要を生み出したZenlyですが、2023年2月3日にサービスを終了しました。ではその後、Zenlyユーザーはどのアプリを利用しているのでしょうか?この記事では、Zenlyに代わる位置情報共有アプリの現在を、サービス終了直後の分析結果と比較しながら考察します。


今「note」がアツい!読み物好きな若者を魅了?noteの集客動向を調査<前編>

今「note」がアツい!読み物好きな若者を魅了?noteの集客動向を調査<前編>

2023年夏頃から集客数を急激に伸ばしているメディアプラットフォーム「note」。人気を後押ししているのはどのような人々なのでしょうか?前編では、noteが集客しているユーザーの特徴を深掘り調査し、後編では、noteが規模を拡大している要因を探っていきます。


最新の投稿


Z世代就活生の約7割が出社中心の働き方を希望!ある程度拘束されても手取り足取り教えてほしい【電通調査】

Z世代就活生の約7割が出社中心の働き方を希望!ある程度拘束されても手取り足取り教えてほしい【電通調査】

株式会社電通は、2024年卒または2025年卒業予定の全国の大学生・大学院生を対象に、就職活動に関する意識調査「Z世代就活生 まるわかり調査2024」を実施し、調査結果を公開しました。


データ分析のヴァリューズが「競合分析ガイドブック」を公開 ~ 商品企画からプロモーションまで、知っておきたい 6つのフレームワーク・8つの事例・19の分析ツールを徹底解説 ~

データ分析のヴァリューズが「競合分析ガイドブック」を公開 ~ 商品企画からプロモーションまで、知っておきたい 6つのフレームワーク・8つの事例・19の分析ツールを徹底解説 ~

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、運営するデータマーケティング・メディア「マナミナ」にて公開した記事から厳選し、知っておきたい6つのマーケティング・フレームワーク、8つの事例、19の分析ツールを収録した「競合分析ガイドブック」を公開しました。


交渉学を深める ~ 英知ある交渉とは

交渉学を深める ~ 英知ある交渉とは

さまざまなビジネスシーンで見られる「交渉」。よりスマートにお互いの利益を引き出す交渉を行うにはどのような知識とスキルが必要となるのでしょうか。また、現在持ち合わせているあなたの「交渉能力」をアップデートするためには、どのような「交渉術」を備えるべきなのでしょうか。本稿では広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が「交渉」概念の基礎から、さらに深い「交渉学」の世界まで解説します。


悩みを抱えた人の語りからこころと社会を学ぶ「夜の航海物語」のススメ〜現代社会とメンタルヘルス〜

悩みを抱えた人の語りからこころと社会を学ぶ「夜の航海物語」のススメ〜現代社会とメンタルヘルス〜

「カウンセリング」と聞いて、どんな印象を持ちますか?専門家とともに自分のこころを見つめる経験は、その後の人生の糧にもなります。臨床心理士の東畑開人氏の著書「なんでも見つかる夜に、こころだけが見つからない」(新潮社)は、気付かないうちにあなたも染まっているかもしれない、孤独に陥りがちな現代社会の価値観に気づかせてくれます。「読むセラピー」と称された、カウンセラーとクライアント(依頼者)の夜の航海物語を、精神保健福祉士の森本康平氏が解説します。


Twilio、「顧客エンゲージメント最新動向」を発表 データ使用状況の開示と高い透明性の重要性を明らかに

Twilio、「顧客エンゲージメント最新動向」を発表 データ使用状況の開示と高い透明性の重要性を明らかに

Twilio Japan合同会社は、「顧客エンゲージメント最新動向」の日本語版を発表しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

ページトップへ