これ1つでユーザーニーズの分析からトレンドの把握まで!『Dockpit(ドックピット)』のキーワード分析機能まとめ

これ1つでユーザーニーズの分析からトレンドの把握まで!『Dockpit(ドックピット)』のキーワード分析機能まとめ

ヴァリューズが開発し10月に正式リリースしたダッシュボード型マーケティングツール『Dockpit(ドックピット)』にはキーワード分析、競合分析、業界分析、トレンド分析の4つの機能が備わっています。今回はその中から「キーワード分析」に着目し、分析の流れから活用方法まで詳しくご紹介します。


キーワード分析機能とは

Dockpitのキーワード分析機能では、対象キーワード検索者数の推移やユーザー属性情報、掛け合わせワードや流入サイトなどを素早く分析することが可能です。サマリーを見てから気になるデータを深堀できるので、誰にでも簡単に活用できます。

分析の流れ

1_分析したいキーワードを入力

2_サマリーシートから概観を把握

3_右上「詳細を見る」ボタンをクリックし、気になる部分の個別シートを確認

便利な機能

続いて、業務に役立つ便利な機能をご紹介します。

①対象キーワード/セグメント条件の追加
セグメント条件を追加することで、任意のユーザー属性に絞り込んだ分析ができる。
※最大5条件まで追加可能
※主なセグメント項目=デバイス、性別、年代、未既婚、子供有無、居住地域、居住都道府県、世帯年収

②対象期間の設定
集計期間は直近26カ月まで設定可能。
前年同時期との比較もできる。

③保存機能
集計結果をクリップに保存。

④ダウンロード機能
グラフ画像の保存や、Excelでのデータ加工が可能。
資料作成の際に役立ちます。

⑤共有機能
共有用のURLを使用し、関係者へ簡単に情報共有が可能。

キーワード分析機能の活用方法

では、キーワード分析機能を使うとどんなことが分析できるのでしょうか。具体例を挙げてご紹介します。

今回は「スイーツ」というキーワードについて、2019年9月~2020年8月の1年間で分析します。

基本指標/ユーザー属性

基本指標では、対象キーワード検索者数の推移やセッション数、平均滞在時間などが分析できます。
※その他分析可能項目=直帰率(推移)、曜日別シェア、時間帯別シェア

ユーザー数推移をみてみると、2020年5月に大きく増加し、その後一旦元の水準に戻るものの8月には過去1年間で最も高いユーザー数となっており、「スイーツ」に関する人々の関心が高まっている様子がわかります。

一方、ユーザー属性では検索者の性年代や居住エリアなどの属性情報を分析することで、ターゲットとなるユーザー像をつかむことができます。
※その他分析可能項目=未既婚、子供有無、世帯年収

「スイーツ」を検索しているのは圧倒的に女性が多く、メインターゲットとなるのは「女性、20代~50代、関東地方在住者」であると考えられます。

検索キーワード/掛け合わせワード

対象キーワードを含む検索キーワードや、掛け合わせワードを確認することができます。また、各キーワードごとに検索者数推移やユーザー属性、流入サイト/ページを深堀分析することも可能です。

例えば、掛け合わせワードで最も多かった「ローソン」について深堀してみましょう。
まず、キーワードの左端にあるボックスにチェックを入れ、左上の“推移”のボタンをクリックします。

ユーザー数をみると、2020年7月までほぼ一定水準を保っていましたが、8月に急増していることがわかります。
その理由を調べるために、今度は“流入ページ”をクリックし、検索ユーザーが見ているページを確認してみます。

上位にはローソン公式サイトの他に、8月末に放送されたローソンスイーツ特集のテレビ番組に関するページや、新商品のまとめサイトなどがランクインしていました。このことから、8月のユーザー数急増にはテレビ番組の放映や、新商品の発売などが影響しているのではないかと推測できます。

また、下のように複数のキーワードを選択すれば、比較分析することも可能です。

季節比較

季節ごとに対象キーワードの掛け合わせワードや検索クエリ、流入サイトを集計することで、季節トレンドの把握が可能です。集計期間は2分割~12分割の間で選択できるので、3ヶ月毎、月毎などでシーズナリティやトレンドをみることができます。
なお、対象期間全期間に対する対象期間のリーチ差が大きいワードは、大きく色が濃く表示されるので、特徴的なワードも簡単に発見できます。

今回は1年間を3か月毎の4分割とし、掛け合わせワードを集計してみましょう。
まず、左上のタブで期間の分割区分を選択し、右上のタブで“掛け合わせワード”を選びます。

それぞれハロウィンやバレンタインなど、季節の行事に関するワードが目立ちますが、2020年3月~5月においては「コロナ支援」や「訳あり在庫処分」「フードロス」など、コロナ影響でダメージを受けたスイーツ業界を支援しようとする動きが読み取れました。

ワードネットワーク/属性別マップ

対象キーワードと掛け合わせ検索が行われやすいキーワードを、視覚的にわかりやすい形で表示します。

ワードネットワークでは、ネットワーク図でキーワードごとのつながりを見ながら分析が可能です。
掛け合わせ検索件数が多く、関連性が強いワードが線で結ばれています。

属性別マップでは、性別×年代のように、ユーザー属性ごとにキーワードをマッピングできます。属性は左上の横軸/縦軸で選択可能です。

横軸を性別、縦軸を年代でマッピングすると、若年層の女性は「ダイエット」「豆腐」「ヘルシー」などカロリーに関連するワードが多いことがわかりました。一方高齢層の男性は掛け合わせワードがなく、「スイーツ」単体で検索されていることも特徴的です。

流入サイト

対象キーワードを含む検索をしたユーザーが、検索後に流入したサイトを集計します。サイトを指定し、流入数推移や流入者の属性、流入ページを細かく分析することが可能です。

最も流入者が多かった食べログについて詳しくみてみると、2020年3月以降一気に流入者が減少し、それまでの半分以下の水準にまで減っていたことがわかります。新型コロナウイルスの感染拡大により外出の機会が激減したことが大きく影響していると考えられます。

関心ワード

対象キーワードを検索したユーザーが世の中のユーザーと比較して、特徴的に検索するキーワードを集計します。なお、集計期間の指定も可能です。

特徴値の高い上位10位以内には、「ローソンスイーツ」や「コンビニスイーツ」がランクインしており、気軽に購入できるコンビニスイーツへの関心が高いことがわかります。また、1位が「お取り寄せスイーツ」となっている背景には、コロナによる外出自粛が影響しているものと考えられます。

類似ワード

対象キーワードと類似度の高いキーワードを集計します。
気になるキーワードについては、検索ユーザー数推移、ユーザー属性、流入サイト/ページなどを詳しく分析することも可能です。
※類似度は直近1年間のデータをもとに、自然言語処理のWord2vecを用いて対象キーワードとの類似度が高いデータを集計しています。

リスティング広告の出稿キーワードやコンテンツのSEO対策などで、言い換え表現が無いか、ターゲットに適しているのはどのキーワードかの発見につながります。

類似度上位3つの「スィーツ」「スウィーツ」「デザート」を選択し、ユーザー属性の年代について比較してみましょう。

「スィーツ」や「スウィーツ」は比較的年齢の高い世代、逆に「デザート」は若い世代に多く検索されていることがわかります。ターゲットとする年代に合わせ、使用するワードを変えることでさらに検索ユーザー数を伸ばすことができるかもしれません。

さまざまな角度から分析できる『Dockpit(ドックピット)』のキーワード分析機能。少しでも興味を持たれた方は、ぜひお気軽にご相談ください。

dockpit 資料請求はこちら

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


ライバル企業も徹底分析!誰でも手軽に始められる『Dockpit(ドックピット)』の競合分析機能まとめ

ライバル企業も徹底分析!誰でも手軽に始められる『Dockpit(ドックピット)』の競合分析機能まとめ

ヴァリューズが開発し2020年10月に正式リリースしたダッシュボード型マーケティングツール『Dockpit(ドックピット)』にはキーワード分析、競合分析、業界分析、トレンド分析の4つの機能が備わっています。今回は「競合分析」に着目し、Webサイトの競合分析の流れから活用方法まで詳しくご紹介します。


急上昇ワードに“鬼滅の刃 映画”“IPHONE12”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/10/11~2020/10/17)

急上昇ワードに“鬼滅の刃 映画”“IPHONE12”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/10/11~2020/10/17)

2020年10月11日~10月17日週の検索急上昇ワードでは、10月16日に公開され初日から観客動員数91万人と大ヒットで注目を集める「鬼滅の刃 映画」や、Appleが10月16日に予約を開始した「iPhone12」などの検索が急増。「全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


「コロナ」検索が「Amazon」「楽天」を抜く!?掛け合わせキーワードや流入先を調査

「コロナ」検索が「Amazon」「楽天」を抜く!?掛け合わせキーワードや流入先を調査

新型コロナウイルスの感染拡大からおよそ半年が経ち、自粛から自衛へと徐々に元の生活を取り戻してきました。とはいえ、直近のデータでは「コロナ」検索ユーザー数が「amazon」「楽天」を抜くなど、まさに今一番の関心事。 今回はユーザーの「コロナ」への興味関心の変化について、インターネット検索による行動パターン分析によって明らかにしていきます。 ※分析にはヴァリューズの新サービスであるDashboard型マーケティングツール『Dockpit』を使用しました。


withコロナで一次産業の救世主に!?話題沸騰中の食べチョクのユーザー像にWebサイト分析から迫る

withコロナで一次産業の救世主に!?話題沸騰中の食べチョクのユーザー像にWebサイト分析から迫る

2020年前半から世界中で感染が拡大している新型コロナウイルスの影響によって、大きな影響を受けている農業や漁業などの一次産業。その生産者達の救世主となり、サービスを急成長させている産直ECサイトの「食べチョク」。そんな急成長を見せる「食べチョク」のユーザーの特徴、サービス成長の背景をヴァリューズの新ツール「Dockpit(ドックピット)」を使用して調べていきます。


ふるさと納税サイトを徹底調査。「さとふる」「ふるさとチョイス」の一騎打ち?!

ふるさと納税サイトを徹底調査。「さとふる」「ふるさとチョイス」の一騎打ち?!

年々規模が拡大する「ふるさと納税」。好きな自治体を応援したり、近年では被災地を支援する目的などで利用者が急増し、自治体のサイトやポータルサイトなど申し込みサイトも盛り上がりを見せています。 そこで今回は「ふるさと納税サイト」10社を徹底調査。ユーザー数の季節変動やユーザー属性比較、人気サイトランキングなどから、ふるさと納税人気の実態にせまります。 <br> ※分析にはヴァリューズの新サービスであるDashboard型マーケティングツール『Dockpit(ドックピット)』を使用しました。


最新の投稿


「メディア戦略の骨はチャネル構成」All Aboutが他メディアとの比較分析から新規事業を立ち上げる方法とは

「メディア戦略の骨はチャネル構成」All Aboutが他メディアとの比較分析から新規事業を立ち上げる方法とは

月間2000万人以上の読者を集める国内最大規模の生活総合情報サイト「All About」を中心とし、多様なメディアを運営する株式会社オールアバウト。同社ではWeb行動ログ分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+</a>」を活用し、市場ニーズの分析や新規事業の戦略策定につなげていると言います。メディアビジネス部のジェネラルマネジャー・徳永さんに、All Aboutの戦略設計やデータ活用をお聞きしました。


Webで消費者とのコミュニケーションに成功したサイトは…?公式note活用のLINE、ギフトマーケティングも台頭【20年9月急上昇サイト】

Webで消費者とのコミュニケーションに成功したサイトは…?公式note活用のLINE、ギフトマーケティングも台頭【20年9月急上昇サイト】

2020年9月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型の市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はeMark+を使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


ライバル企業も徹底分析!誰でも手軽に始められる『Dockpit(ドックピット)』の競合分析機能まとめ

ライバル企業も徹底分析!誰でも手軽に始められる『Dockpit(ドックピット)』の競合分析機能まとめ

ヴァリューズが開発し2020年10月に正式リリースしたダッシュボード型マーケティングツール『Dockpit(ドックピット)』にはキーワード分析、競合分析、業界分析、トレンド分析の4つの機能が備わっています。今回は「競合分析」に着目し、Webサイトの競合分析の流れから活用方法まで詳しくご紹介します。


中国でもミニマリストが増加。その理由とは|中国トレンド調査

中国でもミニマリストが増加。その理由とは|中国トレンド調査

「ミニマリスト」とは最小限(ミニマル)の物で暮らす人を意味しますが、アートトレンドの一つとして、必要不可欠な要素も含め全てを剥ぎ取る「ミニマリストデザイン」と呼ばれるものが存在します。禅と簡素さに満ちた日本のデザインやホワイトインテリアが有名な北欧がその代表例として挙げられます。中国でも、日本と北欧からの影響を受け、シンプルなデザインに憧れ、「モノを手放そう」というミニマリスト志向を持つ人が増えてきています。ここでは、衣食住の観点から中国の「ミニマリスト」について考察していきたいと思います。


急上昇ワードに“鬼滅の刃 映画”“IPHONE12”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/10/11~2020/10/17)

急上昇ワードに“鬼滅の刃 映画”“IPHONE12”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/10/11~2020/10/17)

2020年10月11日~10月17日週の検索急上昇ワードでは、10月16日に公開され初日から観客動員数91万人と大ヒットで注目を集める「鬼滅の刃 映画」や、Appleが10月16日に予約を開始した「iPhone12」などの検索が急増。「全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング