「鬼滅の刃」はいつからバズった!?止まない鬼滅旋風を検索データで徹底分析!

「鬼滅の刃」はいつからバズった!?止まない鬼滅旋風を検索データで徹底分析!

10月16日に公開されたアニメ映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の興行収入が約205億円を記録し、『ハリーポッターと賢者の石(2001年)』の約203億円を超えたと発表されました(興行通信社調べ)。漫画「鬼滅の刃」の累計発行部数も最新22巻で1億部を突破。そんなヒット作「鬼滅の刃」は一体いつからバズったのでしょうか。そのきっかけは?今回は止まらない鬼滅旋風について検索データを中心に徹底分析してみました。(分析にはヴァリューズが提供する市場分析ツール「Dockpit」を使用しています)


「鬼滅」検索ユーザーは、2020年5月と10月に急増

鬼滅の刃は『週刊少年ジャンプ(集英社)』にて、2016年11号(2/15発売)から2020年24号(5/18発売)まで連載された人気漫画です。漫画の人気を受けてTVアニメ化され、2019年4月から9月まで「竈門炭治郎 立志編」が放送されました。

「鬼滅の刃」公式ポータルサイト

検索ユーザーが増えたきっかけはTVアニメ放映だった

以下のグラフは2018年11月〜2020年10月までの2年間で「鬼滅」を検索したユーザー数の推移です。ユーザー数が増加し始めたのは2019年7月以降で、きっかけはTVアニメである可能性が高いと考えられます。

TVアニメ放送開始から検索ユーザー数は増え続け、2020年5月にユーザー数が30万UUを超えました。これは5/18 発売の「週刊少年ジャンプ24号」で最終回を迎えたことによるものだと推測されます。

また、10月にはついに90万UU超えを達成。これはもちろん『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の人気が大きく関わっています。

ちなみに、TVアニメ放送開始にあわせて、2019年3月29日からイベント的に特別上映版『鬼滅の刃 兄妹の絆』が全国11劇場・2週間限定で公開されました。現在大ヒット中の『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の前編とされていますが、これは検索ユーザー数増加にほとんど影響を与えませんでした。

「鬼滅」検索ユーザー数推移

「鬼滅」検索ユーザー数推移

期間:2018年11月〜2020年10月
デバイス:PCおよびスマホ

「鬼滅」と掛け合わせるキーワードの変化

検索ユーザー数が増えたきっかけがテレビアニメの可能性が高いことがわかりましたが、具体的に何に興味を持ったのでしょうか。興味関心の内容と時系列変化について考察していきます。

「鬼滅」と掛け合わせで検索されたキーワードを分析します。
※該当期間に多く検索された掛け合わせキーワードほどフォントが大きく配置されます。

マンガ市場からキャラクター市場へ

「鬼滅」との掛け合わせキーワード/季節比較

「鬼滅」との掛け合わせキーワード/季節比較

期間:2018年11月〜2020年10月
デバイス:PCおよびスマホ

<2018年11月〜2019年4月>

「鬼滅」の検索数も多くなく、アニメ化前の時期。掛け合わせキーワードは「アニメ」のみ。


<2019年5月〜10月>

「FROM」「THE」「EDGE」が浮上。TVアニメのエンディングテーマがLiSAによる「from the edge」で、楽曲の配信・リリース時期がちょうど重なりました。オープニングテーマである「紅蓮華」はランク外。「海外の反応」が気になっている様子もおもしろい結果。


<2019年11月〜2020年4月>

「182」「183」などの数字は週刊少年ジャンプにおける連載回数です。ネタバレ記事を検索した様子がうかがえます。

「スイーツパラダイス」とは、2020年1月に発表された鬼滅のコラボカフェ『KIMETSU CAFÉ in SWEETS PARADISE』。

2月には「モンスト」でも鬼滅コラボが発表されました。鬼滅の人気キャラクターがモンストで鬼退治をするこのイベントは、SNS上でも話題になりました。

これらを機に、さまざまな企業・商品とのコラボグッズが登場しました。


<2020年5月〜10月>

5月以降は企業名、商品名がずらりと並びました。これらの多くは販売前から話題になり即日完売になるなど、鬼滅コラボは社会現象にもなりました。

このように、連載マンガからスタートした鬼滅の刃は、アニメ市場からキャラクター市場に舞台を移し、社会に絶大な影響を与える存在となりました。

コラボ商品バブルとユーザーの動き

では次に、気になるコラボ商品について分析していきます。

鬼滅の驚異的な消費拡大の波にのろうという企業はあとを絶たず、菓子や飲料、日用品、衣料品まで実に多くのコラボ商品が並びます。…いや、並ばないこともあるほどの加熱ぶり。まさに鬼滅コラボバブルとも言える現象が起こっています。

直近6ヶ月において、「鬼滅」と掛け合わせで検索されたキーワードが以下の表のとおり。ブルーのキーワードが鬼滅の内容、映画などについて、そしてオレンジのキーワードがコラボに関するものです。コラボに関するキーワードが多く検索されていることがわかります。

企業名ではローソン、ユニクロ、くら寿司、GUが検索され、商品名ではたまごっちウエハースなどがランクインしました。

ローソンでは6月に実施された「鬼滅の刃 × ローソン」キャンペーンに続き、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』とのコラボキャンペーンが登場。ローソン店頭・Loppi限定のオリジナルグッズや鬼滅の刃Pontaカードの販売、スタンプラリーやスマホくじなど、鬼滅全開のキャンペーンを展開しました。

「鬼滅」掛け合わせキーワードランキング

「鬼滅」掛け合わせキーワードランキング

期間:2019年5月〜2020年10月
デバイス:PCおよびスマホ

話題を集める「鬼滅」タイアップ企業

「鬼滅の刃」キャンペーン|ローソン研究所

ユニクロ|UT×鬼滅の刃スペシャルサイト|公式オンラインストア(通販サイト)

「鬼滅」は誰にウケているのか

続いて、2018年11月〜2020年10月までの2年間で「鬼滅」を検索したユーザーの属性を見ていきます。
マンガ市場からキャラクター市場へ拡大を続ける中で、ファンの属性の変化にも注目です。

ファンは20代から40代へ

「鬼滅」検索ユーザー属性の変化

「鬼滅」検索ユーザー属性の変化

期間:2018年11月〜2020年10月
デバイス:PCおよびスマホ

男女比は時系列で大きな変化はなく、男性が4割、女性が6割でした。

年代については時系列で変化があることがわかりました。
TVアニメ化される前は20代・30代がメインでしたが、TVアニメ化されると20代がメインユーザーに
2019年後半で鬼滅コラボブームのあたりではまた20代・30代がメインとなり、同時に40代ユーザーが急増
直近のデータでは30代・40代がメインユーザーとなっています。映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は子供たちにも人気なので、親世代にもファン層が広がっていると考えられます。

「鬼滅」検索後の流入ページランキング

次に、「鬼滅」検索後の流入ページを分析します。

無限列車編公式サイトがトップ、公式サイトを抑えてローソンが健闘

「鬼滅」検索後の流入ページランキングは以下のとおりでした。
1位は『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の公式サイト、2位にWikipedeiaが続き、3位にローソンの鬼滅の刃キャンペーンページが入りました。

また、映画館は新型コロナの影響で席数を限定するなどの制約がある中で、前売り券ページもよく見られました。前売り券購入で鬼滅グッズが手に入ることでも拍車がかかったと思われます。

ネタバレサイトも2サイトランクインしています。

「鬼滅」検索後の流入ページランキング

「鬼滅」検索後の流入ページランキング

期間:2019年11月〜2020年10月
デバイス:PCおよびスマホ

手鬼…おばみつ…?登場人物について調べている

最後に、「鬼滅」を検索するユーザーが世の中一般のユーザーと比較して、特徴的に検索するキーワードを集計しました。

直近1年間のデータは以下の表のとおりです。

「鬼滅」関心ワード/特徴値TOP15

「鬼滅」関心ワード/特徴値TOP15

期間:2019年11月〜2020年10月
デバイス:PCおよびスマホ
※一般ユーザーと比較した特徴値順にランキング

1位は、鬼滅の刃第22巻、23巻で展開された「特装版」でした。

また、15位までにランクインした以下のキーワードはすべて登場人物(または技)の名前でした。メインの登場人物よりも謎めいた、影のある登場人物に関心が集まったイメージでしょうか。登場人物の人気ランキングとも異なりそうな面白いデータでした。

2位:手鬼
4位:おばみつ(伊黒小芭内と甘露寺蜜璃の2人を指す名称)
5位:音柱(音の呼吸の使い手・宇髄天元)
8位:伊黒(伊黒小芭内)
9位:黒死牟
11位:ヒノカミ神楽(主人公・竈門炭治郎が放つ技)
13位:真菰
14位:産屋敷(産屋敷耀哉)
15位:継国縁壱

※キメツ学園(6位):鬼滅の刃作者・吾峠呼世晴による公式スピンオフ漫画。
※煉獄零巻(10位):『鬼滅の刃 無限列車編』の入場特典。

(注)考察を深めるとマニアックになってしまうのでこのあたりでご容赦を...

鬼滅の刃/手鬼(2位)

鬼滅の刃/伊黒小芭内(4位・8位)

鬼滅の刃/音柱・宇髄天元(5位)

まとめ

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の興行収入が約205億円、漫画の累計発行部数は最新22巻で1億部を突破した「鬼滅の刃」。一体いつからバズったのか、そのきっかけやファン層など、今回は市場分析ツール「Dockpit」を使用して検索データを調査しました。

2018年11月〜2020年10月までの2年間で「鬼滅」を検索したユーザー数の推移によると、ユーザー数が増加し始めたのは2019年7月以降で、きっかけはTVアニメである可能性が高いと考えられます。

検索ユーザー数は増加し続け、週刊少年ジャンプで最終回を迎えた2020年5月にはユーザー数が30万UUを突破しました。さらに10月には『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の影響で90万UU超えを達成しました。

次に、「鬼滅」と掛け合わせで検索されたキーワードを分析しました。

時系列で見ると、2019年春までは「アニメ」のみ、その後、TVアニメのエンディングテーマである「from the edge」(LiSA)や「182」「183」など週刊少年ジャンプにおける連載回数が検索されるようになりました。

そして2020年5月以降検索されたキーワードはコラボ企業名、コラボ商品名が大多数を占めました。連載マンガからスタートした鬼滅の刃は、アニメ市場からキャラクター市場へと影響を与える存在となったことがわかりました。

そんなコラボバブルについて、掛け合わせキーワードのランキングを確認したところ、企業名ではローソン、ユニクロ、くら寿司、GUが検索され、商品名ではたまごっちやウエハースなどがランクインしました。

鬼滅コラボに関してはローソンが目立ちました。「鬼滅」検索後の流入ページでも同社のキャンペーンサイトが多数のユーザーを獲得しました。

マンガ市場からキャラクター市場へ拡大を続ける中で、検索ユーザーの属性の変化にも注目しました。TVアニメ化される前は20代・30代がメインでしたが、直近のデータでは30代・40代がメインユーザーとなっていることがわかりました。

また、「鬼滅」を検索するユーザーが特徴的に検索するキーワードも分析しました。その結果、1位は「特装版」、2位以降には登場人物がずらりと勢揃いしました。

分析概要

全国のモニター会員の協力により、インターネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析ツール『Dockpit』を使用し、2019年11月~2020年10月におけるユーザーの行動を分析しました。

「Dockpit」は、過去どのような変化があったのか、消費者のトレンド調査にとても役立ちます。もし宜しければ、下記より資料をお取り寄せください。
dockpit 資料請求はこちら

この記事のライター

フリーライター。大手キャリア系企業で編集の仕事に出会い、その後、3つのメディアの立ち上げなど行い、2014年にフリーランスに。医療系、就活系、教育系、結婚系のサイトで執筆中。

関連する投稿


戸建てVSリフォーム!?コロナ禍の住宅事情を検索キーワードから徹底調査!

戸建てVSリフォーム!?コロナ禍の住宅事情を検索キーワードから徹底調査!

新型コロナの影響によるステイホームやリモートワークの広がりが、住宅事情にも変化を及ぼしています。夫婦で在宅勤務できるスペース、子どもがストレスなく過ごせる空間など、家で過ごす時間が増えたことによって、今までとは違った視点で住宅について考えるきっかけができました。今回は戸建て、土地、リフォームなど、住宅に関する消費者意識の最新動向を分析していきます。


マスク着用でマウスウォッシュが話題に!中でも「リステリン」が注目されている理由を検索データから探ってみた

マスク着用でマウスウォッシュが話題に!中でも「リステリン」が注目されている理由を検索データから探ってみた

新型コロナウイルスの影響でマスクの着用が常態化している昨今。長時間のマスク着用などで自分の口臭が気になっている人が増えているのではないでしょうか。最近では、マスク着用という新生活様式に伴い、エチケットの一環としてマウスウォッシュなどの口臭ケア用品を取り入れている人も多いようです。そこで今回は「口臭」に関連するキーワードに着目して調査・分析をしてみました。


2020年の検索キーワードのトレンドを総まとめ!『鬼滅の刃』『コロナウイルス』『GOTOトラベル』など。流行語大賞の『3密』は?

2020年の検索キーワードのトレンドを総まとめ!『鬼滅の刃』『コロナウイルス』『GOTOトラベル』など。流行語大賞の『3密』は?

ヴァリューズでは、保有するモニターパネルのWeb行動ログを分析し毎週、急上昇している検索キーワードを調査してきました。今回は2020年1月~10月の週間検索キーワードで検索が急上昇した特徴的なワードに加え、2020年新語・流行語大賞をもとに、今年の流行を振り返ります。


withコロナ時代、新たに根づく“自粛ポジティブ消費”とは?アンケートと検索ログによる調査レポート

withコロナ時代、新たに根づく“自粛ポジティブ消費”とは?アンケートと検索ログによる調査レポート

新型コロナウイルスの“第3波”到来ともいわれる今、マーケターにおいては、冬の巣ごもりシーズンに向けwithコロナの消費行動をつかむニーズが再び高まっています。 そこでヴァリューズでは、消費者が2020年春の自粛期間を有意義に過ごすために行った新たな行動=“自粛ポジティブ消費”に関するアンケート調査を実施しました。その結果、意外にも早い段階で消費者の“ポジティブ転換”が起きていたことや、その継続意向の高さ、情報収集行動・消費傾向について新たな特徴がみられることがわかりました。(ページ数|51p)


急上昇ワードに“ジャパンカップ”“アドベンチャーワールド”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/11/22~2020/11/28)

急上昇ワードに“ジャパンカップ”“アドベンチャーワールド”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/11/22~2020/11/28)

2020年11月22日~11月28日週の検索急上昇ワードでは、最強3冠馬と言われる3頭が対決し話題を集めた競馬の「ジャパンカップ」や、11月22日にジャイアントパンダの赤ちゃんが誕生した和歌山県の「アドベンチャーワールド」などのキーワードで、検索が急増しました。「全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


最新の投稿


戸建てVSリフォーム!?コロナ禍の住宅事情を検索キーワードから徹底調査!

戸建てVSリフォーム!?コロナ禍の住宅事情を検索キーワードから徹底調査!

新型コロナの影響によるステイホームやリモートワークの広がりが、住宅事情にも変化を及ぼしています。夫婦で在宅勤務できるスペース、子どもがストレスなく過ごせる空間など、家で過ごす時間が増えたことによって、今までとは違った視点で住宅について考えるきっかけができました。今回は戸建て、土地、リフォームなど、住宅に関する消費者意識の最新動向を分析していきます。


中国で社会現象に。「姐姐経済(お姉さん経済)」時代がやってきた|中国トレンド調査

中国で社会現象に。「姐姐経済(お姉さん経済)」時代がやってきた|中国トレンド調査

「小姐姐」は中国語で「姉」を意味する一方で、近年、「お姉さん経済」と呼ばれる社会現象が女性の社会進出によって現れました。20代〜40代、高学歴、都市部在住などの属性に分類できる、いわゆる「小姐姐」はモノ消費と、経験を楽しむコト消費を同時に重視しており、ECショッピング、スキンケア・化粧品から観光、美容医療、娯楽サービス領域まで、「お姉さん経済」によるインパクトが増大しています。このような消費者行動の特徴を理解することは中国女性消費者向けのマーケティング戦略を立てる時に不可欠であり、中国人女性のライフステージの多様化に伴う消費ニーズを見出すこともできます。


マスク着用でマウスウォッシュが話題に!中でも「リステリン」が注目されている理由を検索データから探ってみた

マスク着用でマウスウォッシュが話題に!中でも「リステリン」が注目されている理由を検索データから探ってみた

新型コロナウイルスの影響でマスクの着用が常態化している昨今。長時間のマスク着用などで自分の口臭が気になっている人が増えているのではないでしょうか。最近では、マスク着用という新生活様式に伴い、エチケットの一環としてマウスウォッシュなどの口臭ケア用品を取り入れている人も多いようです。そこで今回は「口臭」に関連するキーワードに着目して調査・分析をしてみました。


Webサイト&アプリ市場のユーザー数ランキング2020を発表!ステイホームでYouTube利用大幅増、非接触推奨でキャッシュレス決済アプリが日常化

Webサイト&アプリ市場のユーザー数ランキング2020を発表!ステイホームでYouTube利用大幅増、非接触推奨でキャッシュレス決済アプリが日常化

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、2020年1月~10月のWebサイトのアクセス数、スマートフォンのアプリの起動数を調査し、ランキングを作成。前年との比較や、年代別での利用傾向に関しても分析をおこないました。


SFCの学生が語る、データを駆使して大学HPのPR改善を実現した研究プロジェクトの実態とは?

SFCの学生が語る、データを駆使して大学HPのPR改善を実現した研究プロジェクトの実態とは?

カリキュラムの自由度の高さなど、ユニークな教育プログラムで注目を集める慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス(SFC)。マーケティングコミュニケーションを研究する桑原武夫研究会では、大学の広報担当と連携してPRコンテンツを制作する研究活動も行われています。その際にはWeb行動ログデータも使い、コンテンツの課題発見や改善、効果検証まで実施されているとか。では、その実態はどのようなものなのでしょうか? プロジェクトリーダーである4年生の加藤さん、次期リーダーの3年生の片桐くんに取材しました。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング