育児系メディアの業界シェアや特徴を比較調査。あるあるマンガで読者を掴むか、検索から育児アイテムと消費者を繋ぐか

育児系メディアの業界シェアや特徴を比較調査。あるあるマンガで読者を掴むか、検索から育児アイテムと消費者を繋ぐか

昨今は父親の育休取得や新型コロナによるテレワークとの両立など育児スタイルが多様化し、育児向け商品も充実してきています。そこで本稿ではヴァリューズが提供する市場分析ツール「Dockpit」を使い、育児系メディア業界の勢力図やトレンドを把握。また、子育てを行う読者のニーズやインサイトについてもデータから分析します。食品系や日用品メーカー等での広告出稿先の検討やクリエイティブ立案に役立てみてはいかがでしょうか。


育児系メディアの業界シェアをチェック

育児の悩み解決や役立つアイテム紹介など、育児にまつわる様々な情報を届ける育児系メディア。育児スタイルが多様化し関連商品も充実する中、育児系メディアの需要は高まり、コンテンツの拡充が進んでいます。中でも、どのようなメディアが読者の支持を集めているのか。まずはここ1年間の業界シェアを見てみましょう。

分析ツール:「Dockpit」業界分析機能、対象業界:「育児 メディア」、分析期間:2019年11月〜2020年10月、対象デバイス:PC、スマートフォン

1位は「ママスタセレクト」で業界シェア約3割を占め、2位「Conobie(コノビー)」3位「HugKum(はぐくむ)」と続いています。

では、上位3メディアの集客構造と流入キーワードを深掘りしてみましょう。こちらは、ママスタセレクト、コノビー、はぐくむの集客構造の一覧です。

分析ツール:「Dockpit」競合分析機能、分析期間:2019年11月〜2020年10月、対象デバイス:PC、スマートフォン

上図を見ると、青色のママスタセレクトとピンク色のコノビーは外部サイトからの流入がメインでした。

分析ツール:「Dockpit」競合分析機能、分析期間:2019年11月〜2020年10月、対象デバイス:PC、スマートフォン

さらに流入の多い外部サイトのカテゴリを確認してみると、最も多いのはポータルサイトでした。ポータルサイトに記事が転載され、それがきっかけとなりメディア本体を訪問するケースが想定されます。

また、ママスタセレクトはニュース・SNSが多く、コノビーはエンタメ・ブログといったカテゴリからの流入が多い傾向が見られます。記事で取り上げるテーマやテイストから、転載メディアに違いが表れるのだと考えられます。

それでは、流入キーワードはどうでしょうか。

分析ツール:「Dockpit」競合分析機能、分析期間:2019年11月〜2020年10月、対象デバイス:PC、スマートフォン

自然検索がメインだったはぐくむの「無印良品 マスク」のキーワードが目立ちます。新型コロナの影響で布マスクの需要が高まる中、環境や素材に配慮した無印良品のマスクが、子どもを気遣う読者に刺さったのでしょう。

また、3メディアの流入キーワードの上位を見てみると、ママスタセレクトはメディア名での検索が大半を占める一方、コノビーは2位と4位に育児系マンガのタイトルがランクインしていました。

分析ツール:「Dockpit」競合分析機能、分析期間:2019年11月〜2020年10月、対象デバイス:PC、スマートフォン

コノビーは4コママンガやイラストで育児エピソードを描いた記事を複数掲載しており、SNSなどで読者から共感を得ています。作品タイトルを指名検索するユーザーも多いことから、マンガコンテンツがコノビーが支持されるポイントの一つと言えるでしょう。

育児系サイトのトレンドは?

続いて、育児関連でユーザーを集めているサイトをチェックし、育児業界のトレンドを探っていきます。Dockpitの「トレンド分析」で育児関連の企業・通販・メディアの3カテゴリーを指定し、先月(2020年10月)のユーザー数ランキング上位10サイトを集計した結果がこちらです。

分析ツール:「Dockpit」(サイトトレンド機能)、分析期間:2020年10月、対象デバイス:PC、スマートフォン

トップ10のうち育児系メディアが9つランクインしており、育児系メディア業界のシェア構造と類似しています。育児関連の企業や商品サイトよりも、メディアにユーザーが集まっていることが分かるでしょう。唯一企業サイトでランクインした「ベビーパーク」は、幼児教育サービスを展開しており、オンライン育児勉強会なども開催しています。

また、「育児」の検索状況を確認すると、検索キーワードに「イライラ」や「ストレス」「疲れた」など、育児の苦労が読み取れるワードが目立ちました。

分析ツール:「Dockpit」キーワード検索機能、分析期間:2019年11月〜2020年10月、対象デバイス:PC、スマートフォン

育児中は様々な悩みやストレスなどを抱えており、まずは共感できるコンテンツを求め、メディアに掲載された体験談から育児系商品やサービスの情報を入手するのではないかと推測します。そのため、通販や企業のサイトに比べてメディアの存在感が高くなっているのではないでしょうか。

人気コンテンツから読者のインサイトを探る

最後に、育児系メディアの人気コンテンツから読者のインサイトを探っていきます。代表して、業界シェア上位3メディア(ママスタセレクト、コノビー、はぐくむ)の過去1年間の人気コンテンツを確認しましょう。

Dockpitの「競合分析」で育児系3メディアに絞ってコンテンツランキングを見る

このデータによると、まず「ママスタセレクト」のサイトトップページに次ぐ人気ページは、義母とのエピソードが描かれたマンガコンテンツでした。

「ママスタセレクト」

一方コノビーでは、流入キーワードでも触れたマンガ「セブンティウイザン」の第一話がランクイン。

「コノビー」

また、はぐくむは、流入キーワードで目立っていた無印良品のマスクの記事でした。

「はぐくむ」

ママスタセレクトとコノビーは、どちらもマンガで育児体験を表したコンテンツでした。コノビーの人気コンテンツとしても触れましたが、育児系メディアはマンガを取り入れる記事が多く、読者から人気を集めています。育児の苦労話やあるあるネタをマンガでコミカルに描くことで、読者のちょっとしたストレス軽減に役立っているのかもしれません。

また、育児中は落ち着いて文章を読む時間が取りづらい環境です。文字量が少なく、イラストで理解できるマンガは育児のスキマに読みやすく、育児系メディアとマンガの相性が良いのだと考えられます。

一方で、はぐくむのような日常で役立つアイテムの記事も人気があることが分かります。はぐくむは専門家監修記事の枠が用意されており、小児科医監修の薬の選び方が解説された記事も上位にランクインしていました。

まとめ

育児メディアは体験談やあるあるエピソードを描いたコンテンツが人気を集めていることが分かりました。その背景には、「育児中の悩みやストレスを誰かと共感したい」というニーズや、「育児に使う製品は(大切な子どもに使うものなので)専門家や先輩ママの意見を参考にしたい」という心理があると捉えられます。

育児メディアは体験談などを通じて育児向けサービス・商品と消費者を繋ぐ役割を担い、双方にとって欠かせない存在になりつつあります。マンガとの相性の良さは一つ傾向として見られましたが、メディアごとの特性がどう強調されていくか、今後の展開に期待したいです。

<分析概要>
ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「Dockpit」を使用し、2019年11月~2020年10月のネット行動ログデータを分析しました。
※ユーザー数はヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

dockpit 資料請求はこちら

この記事のライター

フリーランスPRおよびライターとして活動中。二児の母。

関連するキーワード


教育 市場調査 Dockpit

関連する投稿


戸建てVSリフォーム!?コロナ禍の住宅事情を検索キーワードから徹底調査!

戸建てVSリフォーム!?コロナ禍の住宅事情を検索キーワードから徹底調査!

新型コロナの影響によるステイホームやリモートワークの広がりが、住宅事情にも変化を及ぼしています。夫婦で在宅勤務できるスペース、子どもがストレスなく過ごせる空間など、家で過ごす時間が増えたことによって、今までとは違った視点で住宅について考えるきっかけができました。今回は戸建て、土地、リフォームなど、住宅に関する消費者意識の最新動向を分析していきます。


マスク着用でマウスウォッシュが話題に!中でも「リステリン」が注目されている理由を検索データから探ってみた

マスク着用でマウスウォッシュが話題に!中でも「リステリン」が注目されている理由を検索データから探ってみた

新型コロナウイルスの影響でマスクの着用が常態化している昨今。長時間のマスク着用などで自分の口臭が気になっている人が増えているのではないでしょうか。最近では、マスク着用という新生活様式に伴い、エチケットの一環としてマウスウォッシュなどの口臭ケア用品を取り入れている人も多いようです。そこで今回は「口臭」に関連するキーワードに着目して調査・分析をしてみました。


Webサイト&アプリ市場のユーザー数ランキング2020を発表!ステイホームでYouTube利用大幅増、非接触推奨でキャッシュレス決済アプリが日常化

Webサイト&アプリ市場のユーザー数ランキング2020を発表!ステイホームでYouTube利用大幅増、非接触推奨でキャッシュレス決済アプリが日常化

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、2020年1月~10月のWebサイトのアクセス数、スマートフォンのアプリの起動数を調査し、ランキングを作成。前年との比較や、年代別での利用傾向に関しても分析をおこないました。


3密回避のアウトドアレジャー、釣り・ゴルフ・キャンプの消費者意識を検索データで分析!グランピングも人気上昇中

3密回避のアウトドアレジャー、釣り・ゴルフ・キャンプの消費者意識を検索データで分析!グランピングも人気上昇中

コロナ禍におけるレジャーで特に気になるのが、感染リスクをいかに下げるかということ。十分なソーシャルディスタンスを保つことができるのは、アウトドアレジャーの大きな強みです。今回はヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を活用し、「釣り」「ゴルフ」「キャンプ」について、感染拡大に伴い世間の関心がどのように変化してきているかを調査します。


「鬼滅の刃」はいつからバズった!?止まない鬼滅旋風を検索データで徹底分析!

「鬼滅の刃」はいつからバズった!?止まない鬼滅旋風を検索データで徹底分析!

10月16日に公開されたアニメ映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の興行収入が約205億円を記録し、『ハリーポッターと賢者の石(2001年)』の約203億円を超えたと発表されました(興行通信社調べ)。漫画「鬼滅の刃」の累計発行部数も最新22巻で1億部を突破。そんなヒット作「鬼滅の刃」は一体いつからバズったのでしょうか。そのきっかけは?今回は止まらない鬼滅旋風について検索データを中心に徹底分析してみました。(分析にはヴァリューズが提供する市場分析ツール「Dockpit」を使用しています)


最新の投稿


戸建てVSリフォーム!?コロナ禍の住宅事情を検索キーワードから徹底調査!

戸建てVSリフォーム!?コロナ禍の住宅事情を検索キーワードから徹底調査!

新型コロナの影響によるステイホームやリモートワークの広がりが、住宅事情にも変化を及ぼしています。夫婦で在宅勤務できるスペース、子どもがストレスなく過ごせる空間など、家で過ごす時間が増えたことによって、今までとは違った視点で住宅について考えるきっかけができました。今回は戸建て、土地、リフォームなど、住宅に関する消費者意識の最新動向を分析していきます。


中国で社会現象に。「姐姐経済(お姉さん経済)」時代がやってきた|中国トレンド調査

中国で社会現象に。「姐姐経済(お姉さん経済)」時代がやってきた|中国トレンド調査

「小姐姐」は中国語で「姉」を意味する一方で、近年、「お姉さん経済」と呼ばれる社会現象が女性の社会進出によって現れました。20代〜40代、高学歴、都市部在住などの属性に分類できる、いわゆる「小姐姐」はモノ消費と、経験を楽しむコト消費を同時に重視しており、ECショッピング、スキンケア・化粧品から観光、美容医療、娯楽サービス領域まで、「お姉さん経済」によるインパクトが増大しています。このような消費者行動の特徴を理解することは中国女性消費者向けのマーケティング戦略を立てる時に不可欠であり、中国人女性のライフステージの多様化に伴う消費ニーズを見出すこともできます。


マスク着用でマウスウォッシュが話題に!中でも「リステリン」が注目されている理由を検索データから探ってみた

マスク着用でマウスウォッシュが話題に!中でも「リステリン」が注目されている理由を検索データから探ってみた

新型コロナウイルスの影響でマスクの着用が常態化している昨今。長時間のマスク着用などで自分の口臭が気になっている人が増えているのではないでしょうか。最近では、マスク着用という新生活様式に伴い、エチケットの一環としてマウスウォッシュなどの口臭ケア用品を取り入れている人も多いようです。そこで今回は「口臭」に関連するキーワードに着目して調査・分析をしてみました。


Webサイト&アプリ市場のユーザー数ランキング2020を発表!ステイホームでYouTube利用大幅増、非接触推奨でキャッシュレス決済アプリが日常化

Webサイト&アプリ市場のユーザー数ランキング2020を発表!ステイホームでYouTube利用大幅増、非接触推奨でキャッシュレス決済アプリが日常化

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、2020年1月~10月のWebサイトのアクセス数、スマートフォンのアプリの起動数を調査し、ランキングを作成。前年との比較や、年代別での利用傾向に関しても分析をおこないました。


【動画レポート】ネット行動ログデータによるパーソナルケア商品検索者の動向分析 ~ヘアケア及びオーラルケアの消費者調査

【動画レポート】ネット行動ログデータによるパーソナルケア商品検索者の動向分析 ~ヘアケア及びオーラルケアの消費者調査

いま知っておくべき情報を20分に要約した、ショートセミナー動画によるレポートです。業界調査、トレンド、消費者調査など、Web行動ログ分析によるマーケティング調査を提供するヴァリューズのコンサルタントが、簡潔に解説します。動画はYouTubeでの限定公開となりますので、ご都合のいい時間に、ぜひご覧ください。 <br><b>今回のテーマは「インターネット行動ログデータによるパーソナルケア商品検索者の動向分析~ヘアケア及びオーラルケアについて情報収集するユーザーを理解し、Web上での訴求を考える」です。</b>


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング