戸建てVSリフォーム!?コロナ禍の住宅事情を検索キーワードから徹底調査!

戸建てVSリフォーム!?コロナ禍の住宅事情を検索キーワードから徹底調査!

新型コロナの影響によるステイホームやリモートワークの広がりが、住宅事情にも変化を及ぼしています。夫婦で在宅勤務できるスペース、子どもがストレスなく過ごせる空間など、家で過ごす時間が増えたことによって、今までとは違った視点で住宅について考えるきっかけができました。今回は戸建て、土地、リフォームなど、住宅に関する消費者意識の最新動向を分析していきます。


戸建て?リフォーム?新型コロナ禍以降の住宅意識変化

まずは新型コロナ禍以降で住宅への意識変化があったかどうかをデータで確認してみましょう。

「リフォーム」検索ユーザーが急増

以下のグラフは「戸建て」「土地」「リフォーム」を検索したユーザー数の推移です。
休校、リモートワーク、外出自粛が定着してきた5月以降、これらキーワードの検索ユーザー数は急増しました。特に伸びたのは「リフォーム」で、4月から5月にかけユーザー数は1.5倍となりました。

「戸建て」「土地」「リフォーム」検索ユーザー数推移

「戸建て」「土地」「リフォーム」検索ユーザー数推移

期間:2018年11月〜2020年10月
デバイス:PCおよびスマホ

30代が「戸建て」、40代が「リフォーム」に興味

また、直近の2年間でそれぞれのキーワードを検索したユーザー属性を調べると、「土地」を検索したのは男性が多く、「リフォーム」は女性がやや多いという結果に。

「戸建て」「土地」「リフォーム」検索ユーザー属性/性別

「戸建て」「土地」「リフォーム」検索ユーザー属性/性別

期間:2018年11月〜2020年10月
デバイス:PCおよびスマホ

年代は「戸建て」「土地」検索ユーザーは30代が最も多く、特に「戸建て」検索ユーザーでは36.5%を占めました。一方で「リフォーム」を検索したのは40代が最多で、戸建て・土地に比べて年代は高めでした。

「戸建て」「土地」「リフォーム」検索ユーザー属性/年代

「戸建て」「土地」「リフォーム」検索ユーザー属性/年代

期間:2018年11月〜2020年10月
デバイス:PCおよびスマホ

また「リフォーム」検索ユーザーは「子どもあり」が多いことも分かりました。

「戸建て」「土地」「リフォーム」検索ユーザー属性/子どもの有無

「戸建て」「土地」「リフォーム」検索ユーザー属性/子どもの有無

期間:2018年11月〜2020年10月
デバイス:PCおよびスマホ

首都圏は戸建て、関西はリフォーム

さらに、居住地域による差も見られました。

以下の図のとおり、首都圏は戸建て検索が多く、関西はリフォーム、それ以外は土地というようにニーズの違いがはっきりと分かれました。

「戸建て」「土地」「リフォーム」検索ユーザー属性/居住都道府県

「戸建て」「土地」「リフォーム」検索ユーザー属性/居住都道府県

期間:2018年11月〜2020年10月
デバイス:PCおよびスマホ

ユーザーの心理をキーワードと流入サイトから分析

次に、それぞれのキーワードと掛け合わせで検索されたキーワードおよび流入先サイトの上位を確認します。

「戸建て」検索ニーズは中古・賃貸物件

キーワード分析

まずは「戸建て」と掛け合わせで検索されたキーワードを見ていきます。
1位「中古」2位「賃貸」3位「新築」との掛け合わせが目立ちました。「光回線」「インターネット」「宅配ボックス」など機能面を検索するユーザーも多いようです。

「戸建て」掛け合わせキーワードランキング

「戸建て」掛け合わせキーワードランキング

期間:2018年11月〜2020年10月
デバイス:PCおよびスマホ

次に、キーワード同士のつながりを可視化したワードネットワークを確認します。

ワードネットワークでは、掛け合わせ検索件数が多く関連性が強いワード同士が線で繋がれます。これにより、潜在的な興味関心を把握することができます。

「戸建て」検索ユーザーの興味関心は以下のように推測されます。

・マンションと比較。その際、資産価値や固定資産税が気になっている。
・光回線の導入について具体的に検討している。
・新築の戸建て物件をSUUMOで調べている(主に都内)
・都市部の戸建て賃貸物件を調べている
・都市部の戸建て中古物件のリノベーションも視野に調べている。

「戸建て」検索ユーザー・ワードネットワーク

「戸建て」検索ユーザー・ワードネットワーク

期間:2018年11月〜2020年10月
デバイス:PCおよびスマホ

流入サイトランキング

「戸建て」検索後の流入サイトは以下のとおりです。
1位:不動産・住宅SUUMO
2位:HOME'S
3位:アットホーム


不動産検索サイトが上位3位を占めました。中でも不動産・住宅SUUMOが多くのユーザーを集めました。

「戸建て」検索後の流入サイトランキング

「戸建て」検索後の流入サイトランキング

期間:2018年11月〜2020年10月
デバイス:PCおよびスマホ

【SUUMO】不動産売買・住宅購入・賃貸情報ならリクルートの不動産ポータルサイト

「土地」検索ニーズは価格、手続き

キーワード分析

次に「土地」と掛け合わせで検索されたキーワードを見ていきます。
1位「価格」2位「相続」3位「購入」との掛け合わせが目立ちました。「固定資産税」「売却」「税金」など手続きや税、制度などについてもよく検索されました。

「土地」掛け合わせキーワードランキング

「土地」掛け合わせキーワードランキング

期間:2018年11月〜2020年10月
デバイス:PCおよびスマホ

ワードネットワーク によって見られる「土地」検索ユーザーの興味関心は以下のように推測されます。

・固定資産税や相続など手続きについて検索している
・土地の購入にあたって場所など注意点について調べている
・土地の価格、相場を調べている。相場のランキングや価格推移も気になっている
・住宅ローンについて調べている
・土地の相続にあたり名義変更や登記、相続放棄など具体的に調べている

「土地」検索ユーザー・ワードネットワーク

「土地」検索ユーザー・ワードネットワーク

期間:2018年11月〜2020年10月
デバイス:PCおよびスマホ

流入サイト

「土地」検索後の流入サイトは以下のとおりです。
1位:不動産・住宅SUUMO
2位:アットホーム
3位:HOME'S


「戸建て」に関しては不動産・住宅SUUMOアットホームのユーザー数が拮抗したことがわかります。

「土地」検索後の流入サイトランキング

「土地」検索後の流入サイトランキング

期間:2018年11月〜2020年10月
デバイス:PCおよびスマホ

不動産のことなら【アットホーム】物件探しから住宅情報まで!

「リフォーム」検討場所は水回り

キーワード検索

続いて「リフォーム」と掛け合わせで検索されたキーワードを見ていきます。
1位「トイレ」2位「マンション」3位「キッチン」との掛け合わせが目立ちました。
リフォームを検討している場所はトイレ、キッチン、お風呂、外壁が多いことがわかります。

「リフォーム」掛け合わせキーワードランキング

「リフォーム」掛け合わせキーワードランキング

期間:2018年11月〜2020年10月
デバイス:PCおよびスマホ

ワードネットワーク によって見られる「リフォーム」検索ユーザーの興味関心は以下のように推測されます。

・マンションの水回りのリフォーム費用を調べている
・リフォームの補助金について過去の事例も含め検索している
・トイレのリフォームについて業者を中心に検索している
・キッチンのリフォームについてDIYやニトリなどの情報を検索している

「リフォーム」検索ユーザー・ワードネットワーク

「リフォーム」検索ユーザー・ワードネットワーク

期間:2018年11月〜2020年10月
デバイス:PCおよびスマホ

流入サイト


「リフォーム」検索後の流入サイトは以下のとおりです。
1位:ホームプロ
2位:リショップナビ
3位:リフォームガイド


「リフォーム」に関してはリフォーム会社紹介サイトの「ホームプロ」「リショップナビ」が多くのユーザーを集めました。

「リフォーム」検索後の流入サイトランキング

「リフォーム」検索後の流入サイトランキング

期間:2018年11月〜2020年10月
デバイス:PCおよびスマホ

リフォーム会社、比べて、選べる。|ホームプロ

まとめ

新型コロナの影響によるステイホームやリモートワークの広がりが、住宅事情にも変化を及ぼしているようです。今回はヴァリューズが提供する市場分析ツール「Dockpit」を使用し、「戸建て」「土地」「リフォーム」の3つのキーワードを中心に、2020年10月までの直近2年間における住宅に関する意識を分析しました。

休校、リモートワーク、外出自粛が定着してきた2020年5月以降、「戸建て」「土地」「リフォーム」の3つのキーワードの検索ユーザー数は急増しました。特に伸びたのは「リフォーム」で、4月から5月にかけユーザー数は1.5倍となりました。

「戸建て」「土地」を検索したのは30代のユーザーが多く、「リフォーム」を検索したのは40代が最多でした。また、「リフォーム」は子どもがいるユーザーほどよく検索したことも分かりました。

居住地域による差も見られました。
首都圏は戸建て、関西はリフォーム、それ以外は土地というようにニーズの違いがはっきりと分かれました。

それぞれの掛け合わせキーワードと流入サイトからさらに分析を進めると、以下のことが分かりました。

<戸建て>
・「中古」「賃貸」「新築」との掛け合わせが目立つ
・マンションと資産価値などを基準に比較している
・新築の戸建て物件をSUUMOで調べている
・都市部の賃貸、中古戸建て物件を調べている
・SUUMOをよく活用している

<土地>
・「価格」「相続」「購入」との掛け合わせが目立つ
・固定資産税や相続など手続きについて検索している
・土地の価格、相場、注意すべき場所などを調べている
・住宅ローンについて調べている
・SUUMOとアットホームをよく活用している

<リフォーム>
・「トイレ」「マンション」「キッチン」との掛け合わせが目立つ
・水回りのリフォームについての検索が多い
・補助金について過去の事例も含め検索している
・「ホームプロ」「リショップナビ」などリフォーム会社紹介サイトをよく活用している

これらのキーワードの検索ユーザーが急増した時期と新型コロナウイルスの感染拡大時期が重なっていることもあり、住宅に関する意識が新型コロナの影響を受けていることは明らかだと思われます。

ただし、「コロナ」「リモートワーク」との掛け合わせ検索の数は多くはなく、“新型コロナを避けるため”や“リモートワークのため”のリフォームといった直接的な検索パターンよりは、どこをリフォームしたい、リフォームや戸建てへの住み替えにかかる費用を調べたいと言った中長期的な展望が検索パターンに表れました。

分析概要

全国のモニター会員の協力により、インターネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析ツール『Dockpit』を使用し、2018年11月~2020年10月におけるユーザーの行動を分析しました。

「Dockpit」は、過去どのような変化があったのか、消費者のトレンド調査にとても役立ちます。もし宜しければ、下記より無料登録でお試しください。
dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

フリーライター。大手キャリア系企業で編集の仕事に出会い、その後、3つのメディアの立ち上げなど行い、2014年にフリーランスに。医療系、就活系、教育系、結婚系のサイトで執筆中。

関連する投稿


「デジタル・トレンド白書2022 - 消費財・耐久消費財編」を公開

「デジタル・トレンド白書2022 - 消費財・耐久消費財編」を公開

ヴァリューズでは、国内最大規模の消費者Web行動ログパネルを保有し、データマーケティング・メディア「マナミナ」にて消費トレンドの自主調査を発信してきました。今回は、その中から注目の12領域の調査・コラムをピックアップし、白書として収録。「デジタル・トレンド白書2022」はwithコロナ・ライフスタイル編、消費財・耐久消費財編の2部構成になっています。※レポートは無料でダウンロード頂けます。(第2部:ページ数|118p)


急上昇ワードに「GC2」「MIDJOURNEY」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/7/31~2022/8/6)

急上昇ワードに「GC2」「MIDJOURNEY」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/7/31~2022/8/6)

2022年7月31日~8月6日の検索急上昇ワードでは、「GC2」「東谷義和」など、政治家のガーシー氏が立ち上げた独自SNSに関する検索や、話題のAI画像生成サービス「Midjourney」などが上位入り。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


Yakult 1000…Why is it making a buzz on the internet? Why many are posting about it on social media

Yakult 1000…Why is it making a buzz on the internet? Why many are posting about it on social media

We will analyze food trends targeting marketers who are sensitive to trends in the food industry. The focus is ‘Yakult 1000.’ We hear about ‘Yakult 1000’ everywhere these days, but why has it become so popular? Let’s find out the reason behind Yakult’s popularity by analyzing the search data.


急上昇ワードに「フジロック」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/7/24~2022/7/30)

急上昇ワードに「フジロック」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/7/24~2022/7/30)

2022年7月24日~7月30日の検索急上昇ワードでは、29日〜31日に開催された「フジロック」に関する検索が複数上位入り。その他、「ふらっと集まれる作業通話アプリ」である「もくり」の検索も急上昇。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


2022年上半期「バズりワード」を発表!北京五輪、大人様ランチ、povo2.0などの検索数が急上昇

2022年上半期「バズりワード」を発表!北京五輪、大人様ランチ、povo2.0などの検索数が急上昇

2022年も既に半分が経過しました。上半期も色々な出来事がありましたが、どのようなコトやモノ、人などが話題になったのでしょうか。検索数が急上昇したワードを振り返り、2022年上半期のトレンドを分析しました。


最新の投稿


コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年8月版)|ホワイトペーパー

コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年8月版)|ホワイトペーパー

国内外のSEO対策・SNSでの集客法など、コンテンツマーケティングに関する最新情報をまとめてご紹介。検索順位に影響する指標とは?TikTokの今後は?コンテンツマーケター必見のレポートを、毎月お届けします。


競合分析を効果的に活用するためのポジショニングマップの作り方

競合分析を効果的に活用するためのポジショニングマップの作り方

競合分析を経てマーケティング戦略を立案するには、自社が市場のどのポジションを狙うかが大事。「ポジショニングマップ」は、市場のどの分野で自社の競争優位を確立するか整理するのに役立つツール。今回はポジショニングマップの基本から作り方までを解説します。


中国における洗濯・ボディケアのトレンドとは?「身の周り」に関する調査レポート

中国における洗濯・ボディケアのトレンドとは?「身の周り」に関する調査レポート

洗濯アイテム、お風呂用品など、消費者がどんな日用品を好んでいるのかを把握するのは、中国でのビジネスを考える上で重要です。今回は、そんな中国消費者の「身の回り」に注目し、現在のトレンドを調査しました。(ページ数|25ページ)


実例でイメージを掴む!競合調査の事例集

実例でイメージを掴む!競合調査の事例集

競合調査の必要性やツールを使った分析の話は聞いていても、そのメリットや実際のイメージが湧かない方も多いのではないでしょうか。膨大なWeb行動ログデータ等を元に各社のユーザー属性や集客構造を把握したり、自社との差分を洗い出して改善施策に活かした例など、具体的な事例をご紹介していきます


「マスク」をめぐって ~ 少子化・行動経済学

「マスク」をめぐって ~ 少子化・行動経済学

米国の起業家でありテスラ最高経営責任者のイーロン・マスク氏の日本に対するツイートが話題になり、改めて浮き彫りになった日本の少子化問題。また、新型コロナウイルスの予防対策の1つであるマスク着用をめぐっては、世論でも様々な意見が見られます。2つの「マスク」をめぐって、広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が考察します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら