基礎から学ぶブランディング戦略!必読書7選

基礎から学ぶブランディング戦略!必読書7選

ブランディングは、商品やサービス、そして企業自体に対して顧客に共通したイメージを持ってもらう活動のことです。基本概念は理解できても、どこから手を付ければと悩まれるのではないでしょうか。そこで今回は、ブランディングの理解を深め、より効果的な実践に期待できる書籍7冊を厳選して紹介します。


ブランディング戦略の基本

ブランディング戦略とは、商品やサービス、そして企業自体に対して顧客に共通したイメージを持ってもらう活動を指します。なお、ブランディングは顧客に対して行うだけではなく、自社内や関連企業に対して行うケースもあります。

「マーケティング」に近い印象を持たれるかもしれませんが、マーケティングが「こちらが伝えたいこと」をどう伝えるか、であるのに対し、ブランディングでは「相手にどう思ってもらえるか」を目指すアプローチであることが異なります。

デジタル時代の基礎知識『ブランディング』 「顧客体験」で差がつく時代の新しいルール

かつては広告でブランドを作り上げていましたが、デジタル時代においてブランドは、SNSや口コミによる“ブランド体験”から作られるようになってきています。このような時代ならではのブランディングの方法論をわかりやすく解説してくれています。

ビジネスにおけるブランドの戦略的位置づけをどう設定するか、さらにブランドとはなにか、など各内容がきちんと整理されているので、初めてブランディングに触れる場合でも体系立てて理解できるようになっています。それだけにとどまらず、ブランディングとUXの関係についてもしっかり解説されています。そのほか、ブランド効果の検証、PDCAサイクルについても言及しているのもポイントです。

デジタル時代の基礎知識『ブランディング』 「顧客体験」で差がつく時代の新しいルール(MarkeZine BOOKS)Kindle版

選ばれ続ける必然 誰でもできる「ブランディング」のはじめ方

魅力的な商品やサービス、というだけではヒットしない(売れない)と言われる昨今、確実にヒットさせるためには、消費者から継続して選んでもらえるブランドにする必要がある、と説くブランドコンサルティングの第一人者と呼ばれる著者が、ブランド構築において大切なポイントを実際に著者の手順に沿ってわかりやすく紹介しています。

ブランドを認知、愛顧してもらうために欠かせない「なにを伝えるべきか」「伝えたいことはなにか」という2項目の重要性の強調、ブランドを浸透させるために社員を巻き込んでいく、といった基本的ながらブランド構築におけるもっとも重要なポイントをこの一冊で学べるようになっています。

選ばれ続ける必然 誰でもできる「ブランディング」のはじめ方 (講談社+α新書) Kindle版

ブランディング22の法則

1999年の初版から20年を越えて現在でも売れ続けている、ブランディング分野におけるベストセラー書籍です。

「拡張の法則」「収縮の法則」「言葉の法則」「カテゴリーの法則」「一貫性の法則」といった、ブランディングにまつわる22の法則が事例を交えた形で紹介されています。こうした法則はブランディング初心者にも分かりやすい書かれているほか、後々チェックリストとしても活用できます。ブランド名の決め方、ブランドの成長戦略の描き方といった具体的な課題に対する答えも提示されています。

本書が時代を越えて売れ続けている理由は、どのような時代であっても欠かせない「ブランディングの原理」が詰まっているからと言えるでしょう。

ブランディング22の法則

「売る」から、「売れる」へ。 水野学のブランディングデザイン講義

著者でクリエイティブディレクターの水野学氏が慶應義塾大学で行っている名物講義「ブランディングデザイン」のうち、主要な4回の講義内容を書籍化したものです。「ブランドとは見え方のコントロールである」という持論のもと、どのようにブランディングしていくのかをデザインとの関係を交えて紹介しています。

デザインというと専門的すぎて縁がないと思われるかもしれませんが、優れたブランディングデザインを創出するための方法論も解説されており、デザインはデザイナーだけのものではないことも理解できます。こうした点から、ブランディングの担当者はもとより、デザインやクリエイティブ系の人にも一読をおすすめします。

「売る」から、「売れる」へ。水野学のブランディングデザイン講義 Kindle版

グローバル・ブランディング

資生堂、キッコーマン、ネスレ、ルイ・ヴィトン、IBMなど、国内外の著名ブランドを手がけた実務家であるのみならず、10年以上にもわたって大学で教鞭をとってきた著者がビジネス・教育それぞれの視点から、グローバル市場での勝負に勝つための方法論を紹介する一冊です。日本企業がグローバル市場で勝負するための方法論を紹介する数少ない著書とも言えます。

グローバルブランド作りの法則、「資生堂」を例に挙げたブランド解説といった“グローバル”に対するメインテーマのほか、これからの時代のブランド戦略の思考法などのブランド論の基本についても紹介しており、幅広いテーマを学べる一冊になっています。

グローバル・ブランディング (碩学舎)

ブランド論―無形の差別化を作る20の基本原則

ブランディングの第一人者として知られるデービッド・アーカーの著書です。アーカー氏が提唱する「ブランドとは未来の成功のための足場。その組織のために継続的な価値を生み出すもの」という理論のエッセンスを抜き出したもので、ブランディングにおける重要なフレームワークがコンパクトにまとめて解説されているのが特徴です。

また、ブランド構築にあたっての基本的原則が最新の事例とともにわかりやすく解説されているだけではなく、フレームワークも順序立てて解説されていますので、ブランディングにそれほど詳しくなくても読み進められます。

ブランド論 Kindle版

今より高く売る!小さな会社のブランドづくり

ブランディングの必要性から始まり、ブランディング戦略立案に向けてどう動けばよいのかまで、著書である村尾氏が手掛けた企業の実例を挙げて紹介する一冊。

小さな企業ほど早くからブランディング戦略を実行し、他社に先んじる必要性や多くの事例から経営に落とし込んでいく方法、現場社員にブランディングを浸透させるべき考え方、消費者に伝えるメッセージなど、ブランド構築に必要な実践的なノウハウが解説されています。

今より高く売る! 小さな会社のブランドづくり

まとめ

基本的な内容のものから、実際のブランディング戦略立案に使えそうな実践的なものまで7つの必読書を紹介してきました。これらの中に自社にズバリ当てはまるものはそれほどないでしょうが、ブランディングとしての知識として蓄えておけばいざというときに役に立ってくれるはずです。

企業のブランディング戦略立案としてではなく、個人をブランディングするという場合にも多くの部分で参考になるものが多く、このような視点で読んでみると別の発見があるかもしれません。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


ブランディング

関連する投稿


企業イメージ経営 ~「パーパス」と企業ブランド

企業イメージ経営 ~「パーパス」と企業ブランド

企業が自社の存在意義を明確にし、社会に与える価値を示す「パーパス(purpose)」が企業経営において脚光を浴びていますが、どのような背景があるのでしょうか。広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が、パーパス経営の必要性とブランディングにおけるメリットについて解説します。


「このリサーチ本がすごい!~ リサーチャー著者対談」8/24(水)開催|マナミナ・トークLIVE

「このリサーチ本がすごい!~ リサーチャー著者対談」8/24(水)開催|マナミナ・トークLIVE

マナミナ・トークLIVEが8月24日(水) 17:00〜18:00で配信決定!『このリサーチ本がすごい!』をテーマに、データ分析・インサイト理解に関する著作を多数お持ちの松本健太郎さんと、アンケートの質問法・レポートやリリースの文章力に関する著作をお持ちのリサーチャー・菅原大介さんによる対談セッションをLIVE配信します。


【マナミナ3周年】マーケティングやデータ分析のスキルアップに役立つ!おすすめ書籍5選

【マナミナ3周年】マーケティングやデータ分析のスキルアップに役立つ!おすすめ書籍5選

まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン「マナミナ」は、2022年7月でリリース3周年を迎えました。読者の皆さまへの感謝の気持ちを込めて、マナミナ編集部がおすすめする、マーケティングやデータ分析関連書籍を計50名様にプレゼントします!また、読者の皆さまの関心が高いテーマを把握し、今後のコンテンツ企画に活かしたく、簡単な読者アンケートにもご協力頂ければ幸いです。皆さまのご応募をお待ちしております。<br>※プレゼントの受付は終了いたしました。皆さまのご応募、誠にありがとうございました。


企業イメージ経営 ~ ネーミング力とブランド価値

企業イメージ経営 ~ ネーミング力とブランド価値

ヒット商品や長く愛されるブランドを支える重要なキーが「ネーミング」。良いネーミングとはどのようなものなのでしょうか。広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏の寄稿により、ブランド価値を醸成する3つの力とネーミングの役割について解説します。


【出版記念】「Rによるインタラクティブなデータビジュアライゼーション: 探索的データ解析のためのplotlyとshiny」

【出版記念】「Rによるインタラクティブなデータビジュアライゼーション: 探索的データ解析のためのplotlyとshiny」

当メディア「マナミナ」を運営する株式会社ヴァリューズのデータアナリストチームが翻訳した書籍『Rによるインタラクティブなデータビジュアライゼーション: 探索的データ解析のためのplotlyとshiny』が出版されました。出版を記念し、抽選で60名様に本書をプレゼントします!この機会にぜひご応募ください。※プレゼントの受付は終了いたしました。皆さまのご応募、誠にありがとうございました。


最新の投稿


Analysis of smartphone-related keyword searches of non-Japanese manufacturers like OPPO

Analysis of smartphone-related keyword searches of non-Japanese manufacturers like OPPO

The "SIM lock ban" has been mandated since October 1, 2021. Now, all smartphones must be "SIM-free." We investigate and analyze OPPO, which entered the Japan market in January 2018, along with Huawei and ASUS, two top-ranking overseas manufacturers that offer affordable products.


気になるガソリン価格の値上げ。燃費関心ユーザーはどんな人?消費者Web行動分析ツール「story bank」で調査

気になるガソリン価格の値上げ。燃費関心ユーザーはどんな人?消費者Web行動分析ツール「story bank」で調査

昨今、原油高の影響でガソリン価格が高騰しており、物流に影響を及ぼしているほか、家計も圧迫されるなどで省エネ意識が格段に高まっているのではないでしょうか。そこで今回は、自動車選びの中でも消費者が気になるポイントのひとつである「燃費」について、関心を持っているユーザーをクラスタ分析し、その人物像を調査しました。分析ツールはヴァリューズが提供する消費者Web行動分析ツール「story bank」を用いています。


「貯金」と「貯蓄」の検索行動で浮き彫りになるユーザー像とその関心事とは

「貯金」と「貯蓄」の検索行動で浮き彫りになるユーザー像とその関心事とは

2019年に問題になった「老後資産2,000万円」が記憶に新しいなか、政府によって「資産所得倍増計画」が発表されました。「貯蓄から投資へ」とも謳われている現在。「お金」に関して、漠然とした不安と戸惑いを抱えている人も多いのではないでしょうか。「人生100年時代」とも言われる長い人生のために、どのように資産を作り守って行くか。「貯金」と「貯蓄」という2つのワードを検索する消費者のWeb行動に着目し、調査・分析しました。


「業界別」アプリランキング - 旅行・地域編 -

「業界別」アプリランキング - 旅行・地域編 -

「業界別」アプリランキング、今月は「旅行・地域」編です。アプリ利用ユーザー数の順に並べると、1位は「楽天トラベル」、2位「じゃらん」、3位「ANA」…という結果に。トップ20まで掲載しています。


【YouTube利用動向調査】男性は学び系・女性は熱量高く多様な動画を視聴 | ショート動画に代替されにくい“ながら見”コンテンツが若者に人気

【YouTube利用動向調査】男性は学び系・女性は熱量高く多様な動画を視聴 | ショート動画に代替されにくい“ながら見”コンテンツが若者に人気

利用率9割という圧倒的な浸透率を誇るYouTube。生活の中での位置づけや、実際の使われ方、よく見られるコンテンツとはどのようなものなのでしょうか。またそれらは、性年代で切ったときにどのような違いが出てくるのでしょうか。アンケートとWeb行動ログデータから、YouTubeの利用動向を調査しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら