基礎から学ぶブランディング戦略!必読書7選

基礎から学ぶブランディング戦略!必読書7選

ブランディングは、商品やサービス、そして企業自体に対して顧客に共通したイメージを持ってもらう活動のことです。基本概念は理解できても、どこから手を付ければと悩まれるのではないでしょうか。そこで今回は、ブランディングの理解を深め、より効果的な実践に期待できる書籍7冊を厳選して紹介します。


ブランディング戦略の基本

ブランディング戦略とは、商品やサービス、そして企業自体に対して顧客に共通したイメージを持ってもらう活動を指します。なお、ブランディングは顧客に対して行うだけではなく、自社内や関連企業に対して行うケースもあります。

「マーケティング」に近い印象を持たれるかもしれませんが、マーケティングが「こちらが伝えたいこと」をどう伝えるか、であるのに対し、ブランディングでは「相手にどう思ってもらえるか」を目指すアプローチであることが異なります。

デジタル時代の基礎知識『ブランディング』 「顧客体験」で差がつく時代の新しいルール

かつては広告でブランドを作り上げていましたが、デジタル時代においてブランドは、SNSや口コミによる“ブランド体験”から作られるようになってきています。このような時代ならではのブランディングの方法論をわかりやすく解説してくれています。

ビジネスにおけるブランドの戦略的位置づけをどう設定するか、さらにブランドとはなにか、など各内容がきちんと整理されているので、初めてブランディングに触れる場合でも体系立てて理解できるようになっています。それだけにとどまらず、ブランディングとUXの関係についてもしっかり解説されています。そのほか、ブランド効果の検証、PDCAサイクルについても言及しているのもポイントです。

デジタル時代の基礎知識『ブランディング』 「顧客体験」で差がつく時代の新しいルール(MarkeZine BOOKS)Kindle版

選ばれ続ける必然 誰でもできる「ブランディング」のはじめ方

魅力的な商品やサービス、というだけではヒットしない(売れない)と言われる昨今、確実にヒットさせるためには、消費者から継続して選んでもらえるブランドにする必要がある、と説くブランドコンサルティングの第一人者と呼ばれる著者が、ブランド構築において大切なポイントを実際に著者の手順に沿ってわかりやすく紹介しています。

ブランドを認知、愛顧してもらうために欠かせない「なにを伝えるべきか」「伝えたいことはなにか」という2項目の重要性の強調、ブランドを浸透させるために社員を巻き込んでいく、といった基本的ながらブランド構築におけるもっとも重要なポイントをこの一冊で学べるようになっています。

選ばれ続ける必然 誰でもできる「ブランディング」のはじめ方 (講談社+α新書) Kindle版

ブランディング22の法則

1999年の初版から20年を越えて現在でも売れ続けている、ブランディング分野におけるベストセラー書籍です。

「拡張の法則」「収縮の法則」「言葉の法則」「カテゴリーの法則」「一貫性の法則」といった、ブランディングにまつわる22の法則が事例を交えた形で紹介されています。こうした法則はブランディング初心者にも分かりやすい書かれているほか、後々チェックリストとしても活用できます。ブランド名の決め方、ブランドの成長戦略の描き方といった具体的な課題に対する答えも提示されています。

本書が時代を越えて売れ続けている理由は、どのような時代であっても欠かせない「ブランディングの原理」が詰まっているからと言えるでしょう。

ブランディング22の法則

「売る」から、「売れる」へ。 水野学のブランディングデザイン講義

著者でクリエイティブディレクターの水野学氏が慶應義塾大学で行っている名物講義「ブランディングデザイン」のうち、主要な4回の講義内容を書籍化したものです。「ブランドとは見え方のコントロールである」という持論のもと、どのようにブランディングしていくのかをデザインとの関係を交えて紹介しています。

デザインというと専門的すぎて縁がないと思われるかもしれませんが、優れたブランディングデザインを創出するための方法論も解説されており、デザインはデザイナーだけのものではないことも理解できます。こうした点から、ブランディングの担当者はもとより、デザインやクリエイティブ系の人にも一読をおすすめします。

「売る」から、「売れる」へ。水野学のブランディングデザイン講義 Kindle版

グローバル・ブランディング

資生堂、キッコーマン、ネスレ、ルイ・ヴィトン、IBMなど、国内外の著名ブランドを手がけた実務家であるのみならず、10年以上にもわたって大学で教鞭をとってきた著者がビジネス・教育それぞれの視点から、グローバル市場での勝負に勝つための方法論を紹介する一冊です。日本企業がグローバル市場で勝負するための方法論を紹介する数少ない著書とも言えます。

グローバルブランド作りの法則、「資生堂」を例に挙げたブランド解説といった“グローバル”に対するメインテーマのほか、これからの時代のブランド戦略の思考法などのブランド論の基本についても紹介しており、幅広いテーマを学べる一冊になっています。

グローバル・ブランディング (碩学舎)

ブランド論―無形の差別化を作る20の基本原則

ブランディングの第一人者として知られるデービッド・アーカーの著書です。アーカー氏が提唱する「ブランドとは未来の成功のための足場。その組織のために継続的な価値を生み出すもの」という理論のエッセンスを抜き出したもので、ブランディングにおける重要なフレームワークがコンパクトにまとめて解説されているのが特徴です。

また、ブランド構築にあたっての基本的原則が最新の事例とともにわかりやすく解説されているだけではなく、フレームワークも順序立てて解説されていますので、ブランディングにそれほど詳しくなくても読み進められます。

ブランド論 Kindle版

今より高く売る!小さな会社のブランドづくり

ブランディングの必要性から始まり、ブランディング戦略立案に向けてどう動けばよいのかまで、著書である村尾氏が手掛けた企業の実例を挙げて紹介する一冊。

小さな企業ほど早くからブランディング戦略を実行し、他社に先んじる必要性や多くの事例から経営に落とし込んでいく方法、現場社員にブランディングを浸透させるべき考え方、消費者に伝えるメッセージなど、ブランド構築に必要な実践的なノウハウが解説されています。

今より高く売る! 小さな会社のブランドづくり

まとめ

基本的な内容のものから、実際のブランディング戦略立案に使えそうな実践的なものまで7つの必読書を紹介してきました。これらの中に自社にズバリ当てはまるものはそれほどないでしょうが、ブランディングとしての知識として蓄えておけばいざというときに役に立ってくれるはずです。

企業のブランディング戦略立案としてではなく、個人をブランディングするという場合にも多くの部分で参考になるものが多く、このような視点で読んでみると別の発見があるかもしれません。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


ブランディング

関連する投稿


ブランド戦略立案に必要な3つのフレームワーク

ブランド戦略立案に必要な3つのフレームワーク

ブランディングのための戦略=ブランド戦略。戦略立案のためにはいくつかのステップを踏む必要があります。その際にフレームワークを利用すると効率が上がります。ここではブランド戦略立案に便利なフレームワーク「3C分析」「SWOT分析」「PEST分析」をご紹介します。


ラーメンに漢方薬を入れ、スマホをまな板に使う…「他人のフンドシ」でブランドを作る中国メーカーのしたたかさ~中国市場マーケティング戦略考~

ラーメンに漢方薬を入れ、スマホをまな板に使う…「他人のフンドシ」でブランドを作る中国メーカーのしたたかさ~中国市場マーケティング戦略考~

中国でのマーケティング戦略について調査会社の視点から解説する新企画。ヴァリューズで海外調査を担当する、私、向井優が、最近の中国でのトレンドや調査事例を元に考察します。今回のテーマは中国メーカーのブランドづくりの施策に焦点を当てます。自社以外の力をうまく使いながら、認知やブランドイメージを高める中国メーカーのしたかかさな施策を、事例をもとに考えます。


基礎から学ぶ!行動経済学の入門書籍10選

基礎から学ぶ!行動経済学の入門書籍10選

経済学に心理学を組み合わせる「行動経済学」はマーケティングと親和性が高いと言われます。行動経済学をビジネスに生かすには、よくまとまった本で学ぶのが近道です。今回は行動経済学書籍を10冊紹介します。


中国でのブランド育成を日系メーカーのブランドイメージから考える ~ 中国市場マーケティング戦略考

中国でのブランド育成を日系メーカーのブランドイメージから考える ~ 中国市場マーケティング戦略考

中国でのマーケティング戦略について調査会社の視点から解説する新企画。ヴァリューズで海外調査を担当する、私、向井優が、最近の中国でのトレンドや調査事例を元に考察します。今回のテーマはブランドイメージです。価格競争に陥りがちな中国向け施策において、自社の商品に価格以外にも魅力を感じて貰う為に、ブランドイメージは非常に重要です。この記事では、インバウンド・越境ECいずれでも人気の日本の日用品(歯磨き粉)を例に考えます。


CMOがおさえるべき消費者・ユーザー理解の核心|宣伝会議CMO CLUB FORUMレポート

CMOがおさえるべき消費者・ユーザー理解の核心|宣伝会議CMO CLUB FORUMレポート

「コロナによって売上が減少し顧客が離反した」という構図は果たして本当でしょうか。2020年、コロナショックにより消費者ニーズ、パーセプションの前提自体が変化している可能性がある中、これまでと同じブランド戦略や施策を続けていくべきか、疑問に感じる方も少なくないはずです。ソーシャルプレッシャーにより消費者の本音が届きにくい今、適切な消費者理解はどうあるべきか。11月11日に開催された「宣伝会議CMO CLUB FORUM」では、国内最大規模のWeb行動ログデータを保有し分析支援する株式会社ヴァリューズのゼネラルマネジャー 間宮浩平と、株式会社クー・マーケティング・カンパニーの代表取締役、音部大輔氏が登壇。活発な意見交換を繰り広げました。


最新の投稿


覇権確実?スマホゲーム『ウマ娘』は引退馬も救う?!

覇権確実?スマホゲーム『ウマ娘』は引退馬も救う?!

2021年2月24日にサービスが開始された新作スマホゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』(以下、ウマ娘)が話題を集めています。早くも2021年覇権タイトル確実と噂される「ウマ娘」の人気の実態やその理由を、ネットでの検索データをもとに徹底リサーチします。


Googleタグマネージャー(GTM)を導入する|Googleアナリティクス使い方ガイド

Googleタグマネージャー(GTM)を導入する|Googleアナリティクス使い方ガイド

Webサイトの計測や広告等の施策投下、効果測定の実施にあたり増え続ける計測タグの管理に便利なタグマネジメントツールがあるのはご存じでしょうか?もし、まだ利用されてない方はぜひ導入をおすすめします。また「Googleタグマネージャー」を導入することで、『タグの管理が簡単になる』『タグの管理を外部に委託する必要がなくなる』『ページの表示速度が速くなる』などのメリットも挙げられるので、ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。今回はいくつかあるタグマネジメントツールの中でも代表的な「Googleタグマネージャー」の基礎設定について紹介していきます。


呪術廻戦は「鬼滅超え」なるか!?TVアニメ開始前後の検索データから止まらない人気ぶりを徹底分析

呪術廻戦は「鬼滅超え」なるか!?TVアニメ開始前後の検索データから止まらない人気ぶりを徹底分析

映画化も決定した人気作品の「呪術廻戦」。その人気ぶりは、社会現象ともなった「鬼滅の刃」(著:吾峠呼世晴/集英社)と似ることから、最近ではメディアから“ポスト鬼滅”として取り上げられることも。今回はそんな「呪術廻戦」について、ヴァリューズが提供する市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/dockpit/" target="_blank">Dockpit</a>」を用いて、検索データを分析しました。


郊外に移り住む人が増えている?コロナ禍での引っ越し傾向を探る自主調査レポート

郊外に移り住む人が増えている?コロナ禍での引っ越し傾向を探る自主調査レポート

コロナ禍でのテレワークの浸透や在宅時間の増加から、住環境を見直す人が増えているようです。都心を離れての近距離の移住や新たに住宅を購入する動きなどが見られる中、コロナが引っ越しに与えている影響はどのようなものなのでしょうか。アンケート調査とインターネット行動ログデータの分析から調査しました。(ページ数|25p)


急上昇ワードに“松山英樹”“マスターズ”など...「週間」検索キーワードランキング(2021/4/11~2021/4/17)

急上昇ワードに“松山英樹”“マスターズ”など...「週間」検索キーワードランキング(2021/4/11~2021/4/17)

2021年4月11日~4月17日週の検索急上昇ワードでは、日本人として初のマスターズ制覇を果たしたプロゴルファー「松山英樹」さんの検索が急増。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング