中国で若者の中古品ブームが起きている理由とは|中国トレンド調査

中国で若者の中古品ブームが起きている理由とは|中国トレンド調査

中国では「品質の悪い物」として敬遠されていた中古品が、近年では若者の間で人気になっています。タブレット端末の「iPad」から洋服に至るまで、インターネットの販売サイトでは、中古品の売買が増加しています。この記事では、中国の若年層が中古品に惹かれる理由を分析します。


ほんの数年前までは、中国人はまだ中古品を「品質の悪い物」として敬遠していましたが、近年では中古品の売買がブームになってきました。

「中古品経済におけるユーザーの観察報告」によれば、7割以上のインタビュー回答者は、週に1〜2回中古品を売買していると答えました。ShenwanHongyuanGroupの研究報告によると、2019年の中国の中古品市場規模は前年比で19%増加し、8,834億元(約15兆円)にも達したと言われており、急激に拡大しています。

2019年の中国の中古品市場規模

また、特に注目すべきは、若年層が中古品売買に対して積極的な姿勢を取っていることです。タブレット端末の「iPad」から洋服に至るまで、インターネットの販売サイトでは、中古品の売買が増加しています。

以下では、販売サイトの主なユーザーである18〜34歳の若年層が中古品に惹かれる理由を分析します。

若年層の消費価値観

合理性重視

中国の若者が買い物するときに、優先的に以下の要因を検討する傾向があります。

①品質が良いかどうか
②価格が品質に見合っているかどうか
③色やデザインよりも、使いやすい(着やすい)かどうか
④長く使えるかどうか
⑤持続可能性があるかどうか

このように、中国の若年層は合理性重視の消費価値観を持っていることが分かります。そのうえ、インターネットを通じて、物や場所などを共有するシェア経済の拡大によって、中国人の中古品に対する抵抗感が薄れつつあります。そのため、上記の要素を満たしている場合、より経済的な中古品を選ぶことが多くなりました。

グリーン経済

中国政府は経済成長と環境を両立することで持続可能な発展を達成するために、長年に渡って国民にグリーンコンシューマーになるように呼びかけてきました。それに呼応するように、若年層の消費行動は商品の「持続可能性」に大きく影響されています。

「世界のブランド品消費者意識調査」によれば、ブランド品の1次市場および2次市場の顧客の59%は、商品の「持続可能性」が彼らの購買行動に影響を与えており、ブランド品の2次市場の顧客の17%は中古ブランド品の購入はグリーン経済の理念に沿っていると表明しました。

虚栄心による消費・衒示(げんじ)的消費

合理性重視の消費価値観を持っている一方、虚栄心による買い物や衒示的消費(=誇示的消費)も存在しています。

中国では近年、急激な経済の成長によって、一部の富裕層は誇示したいという思いから高級ブランド品を持つようになりました。そして、高級ブランド品を日常的に目にすることが多くなったことで、他人に追随して安い中古ブランド品を買う中間所得層も多くなりました。

「2020年中国中古ブランド品市場発展の研究報告」によると、2019年に中古ブランド品を購入する顧客の50%は30歳未満です。このように、収入は少ないけれども、虚栄心の強い若年層はコストパフォーマンスの良い中古ブランド品を購入することが多いようです。

若者に多い衝動買い

「2019年第3四半期の支払システムの全体的な稼働状況」によれば、第3四半期までに、Z世代の約50%はクレジットカードの支払いを滞納しており、その総額は919.6億元(約1.5兆円)にも達しています。また、「2018年中国退職後未来図調査報告」のデータによると、18〜34歳の若者の毎月の平均貯蓄額は僅か1339元(約22,289円)になります。

数年前から、日本の女子高生の制服をファッションとして愛用する中国女性が増えてきました。その「JK制服ブーム」に乗って、ついつい制服を買ってしまった人が多かったのか、昨年、中国のフリマアプリ「閑魚」では、JK制服の出品数が最多となりました。

このように、衝動買いの多い若者がすぐにフリマアプリを利用して売買する行為も、中古経済の発展の理由の一つになりうるでしょう。

出品数の多い商品 TOP 15

シェア経済の拡大とフリマアプリの登場

中国では経済の成長と収入の増加によって、衒示的消費と衝動買いが多くなりました。従って、商品の使用価値は十分に引き出されないまま、不用品になってしまうことが増えています。しかしながら、リサイクルショップやフリーマーケットを代表とした中国の伝統的な中古品市場の成長は、経済の発展に追い付けずにいました。

そのような状況下、インターネットを含む情報技術を利用して、シェアする形で社会資源の整合・共有を可能にしたシェアリングエコノミーの拡大は、中古品経済の発展にきっかけを与えました。リサイクルショップに依存していた中古品経済は、「閑魚」や「転転」などのようなフリマアプリの出現によって急成長を遂げました。

今年3月に転転グループによって発表された「2020年度中古品売買サービス白書」では、2020年5月に新設合併で新しく設立された会社「転転グループ」の収益は、対前年111%増加したことが書き記されています。また、アリババグループの財務諸表によれば、閑魚の「GMV」(Gross Merchandize Volume)も2000億元(約3兆元)を超えており、前年度と比較して100%増となります。

住宅購入価格の上昇

中国の1級都市と2級都市において、住宅の平均購入価格は持続的、かつ急激な上昇を示しています。

この10年間だけを見ても、1級都市の住宅の購入価格は20,800元/平米(約35万円/平米)から42,145元/平米(約70万円/平米)に、2級都市の住宅の購入価格は8,638元/平米(約14万円/平米)から14,286元/平米(約24万円/平米)に上昇しました。そのため、遊休品の保存コストが大幅に上昇し、遊休品の販売・譲渡に繋がったとされています。

一方、高価な住宅購入価格によって賃貸を選択する人が増えたことも、中古品市場規模の拡大の理由の一つとされています。

「賃貸消費行動の調査報告」によると、1級都市と一部の新1級都市において、賃貸に住んでいる人は40%を超えており、さらに借主の多くは引越しの際に中古の家具を購入、もしくは譲渡しているようです。また、住宅購入価格の高い1級都市と2級都市におけるフリマアプリのユーザー数も、その他の都市におけるユーザー数より遥かに多いようです。

まとめ

以上を踏まえると、中古品が中国の若者の間で流行した直接の原因は、若年層の消費価値観や消費行動、フリマアプリの普及にありますが、その裏にはさらに中国の経済や政策の影響もあることが分かります。

日本の近代消費社会の4カテゴリーで中国の消費社会を分類してみると、中国は今、消費の単位が家族から個人になった第三の消費社会から自己充足としての消費へと向かう第四の消費社会に移行している最中で、今後さらに日本と同じようなシェア志向、社会志向へ向かって変化していくでしょう。

<参考文献>
「疫情冬天过去,二手经济春天到来」
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1672198823491094115&wfr=spider&for=pc
「二手经济催生万亿生意,闲鱼、转转占据90.9%市场份额」
https://www.cbndata.com/information/148427
「花月薪1/3买二手奢侈品,这届95后图啥?」
https://www.cbndata.com/information/131564
「消费面面观:大学生消费方式与观念」
https://www.ixueshu.com/document/90e2dbb65f479b62550d7c26879a76df318947a18e7f9386.html
「年轻人过度消费现象观察」
https://www.ixueshu.com/document/2e1c32172b661dd8811785b92769275a318947a18e7f9386.html
「年轻人消费趋势数据报告」
https://wenku.baidu.com/view/a315e024d05abe23482fb4daa58da0116d171fc0.html
「浅析共享经济下二手市场的发展现状」
https://www.fx361.com/page/2019/0815/5431469.shtml
「大学生网购冲动消费行为分析」
https://www.ixueshu.com/document/b6a0a2e89f6b932219aa8d3fc2b467d5318947a18e7f9386.html
「分享经济对耐用品二手市场的影响研究」
https://www.ixueshu.com/document/18debfaea2340c5d7f712c190173e756318947a18e7f9386.html
「90后无负债人口仅占13.4%,年轻人为何总是冲动消费?」
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1690355376100089540&wfr=spider&for=pc
「在二手市场,我们看到了年轻人“悔购”的2020 | 年度消费奇观③」
https://www.cbndata.com/information/127053
「第四の消費社会~ものを買えば幸せになる時代の終わり~/藤井 健志」
https://www.itc-kyoto.jp/2012/10/29/第四の消費社会-ものを買えば幸せになる時代の終わり-藤井-健志/

​​

メールマガジン登録

最新調査やマーケティングに役立つ
トレンド情報をお届けします

この記事のライター

中国出身の留学生。立教大学大学院に在学中。

関連するキーワード


中国トレンド調査

関連する投稿


メタバースブーム、中国ビジネスに新しい風

メタバースブーム、中国ビジネスに新しい風

Facebookが社名を「メタ」に変更したことでも話題になり、注目が高まっている「メタバース」。TikTokなどのSNSマーケティングやOMO施策の最前線に立つ中国では、どのようなメタバースビジネスが展開されているのでしょうか。メタバースとEC、SNS、飲食それぞれ掛け合わせた中国ビジネスを中心に、動向を解説します。


中国で注目の「DingTalk」「飲料ブランド」など...ベスト記事「海外データ」編

中国で注目の「DingTalk」「飲料ブランド」など...ベスト記事「海外データ」編

今年で3周年を迎えるマナミナ。特別企画として、カテゴリごとのPV数トップ5の記事をご紹介します。 第8弾の今回は「海外データ編」をお届け。世間の関心が高いテーマについて、振り返ってみましょう。


The innovative business model that took SHEIN to the top of the fast fashion industry

The innovative business model that took SHEIN to the top of the fast fashion industry

COVID-19 impacted the fashion industry, contributing to temporary, yet prolonged, closures of shopping centers. Despite tough circumstances, SHEIN, an apparel brand established in China in 2021, continued to grow rapidly. We used VALUES' web behavior analytics tool, Dockpit, to understand SHEIN's strengths.


2022年「618キャンペーン」商戦結果は?|中国トレンド調査

2022年「618キャンペーン」商戦結果は?|中国トレンド調査

今年の「618キャンペーン」では、コロナ禍において消費者の購買意欲を刺激するために、中国のあらゆるECおよび動画プラットフォームが、様々なプロモーションを仕掛けました。果たして、プロモーションの効果はあったのでしょうか? また、昨年と比較して売上は増加したのでしょうか? 本レポートでは、2022年の「618キャンペーン」について、特に美容、食品・飲料、家電カテゴリーを取り上げ、売り上げ状況と市場の動向をご紹介します。


中国におけるキャンプブーム~キャンプ市場が急拡大|中国トレンド調査

中国におけるキャンプブーム~キャンプ市場が急拡大|中国トレンド調査

SNSで「キャンプ」関連の話題がトレンド入りしたり、キャンプ用品が売り切れたりと、中国ではキャンプブームが到来し、キャンプ経済も広く注目されるようになりました。本記事では、ブーム到来の背景と中国のキャンプ市場について分析していきます。


最新の投稿


Analysis of smartphone-related keyword searches of non-Japanese manufacturers like OPPO

Analysis of smartphone-related keyword searches of non-Japanese manufacturers like OPPO

The "SIM lock ban" has been mandated since October 1, 2021. Now, all smartphones must be "SIM-free." We investigate and analyze OPPO, which entered the Japan market in January 2018, along with Huawei and ASUS, two top-ranking overseas manufacturers that offer affordable products.


気になるガソリン価格の値上げ。燃費関心ユーザーはどんな人?消費者Web行動分析ツール「story bank」で調査

気になるガソリン価格の値上げ。燃費関心ユーザーはどんな人?消費者Web行動分析ツール「story bank」で調査

昨今、原油高の影響でガソリン価格が高騰しており、物流に影響を及ぼしているほか、家計も圧迫されるなどで省エネ意識が格段に高まっているのではないでしょうか。そこで今回は、自動車選びの中でも消費者が気になるポイントのひとつである「燃費」について、関心を持っているユーザーをクラスタ分析し、その人物像を調査しました。分析ツールはヴァリューズが提供する消費者Web行動分析ツール「story bank」を用いています。


「貯金」と「貯蓄」の検索行動で浮き彫りになるユーザー像とその関心事とは

「貯金」と「貯蓄」の検索行動で浮き彫りになるユーザー像とその関心事とは

2019年に問題になった「老後資産2,000万円」が記憶に新しいなか、政府によって「資産所得倍増計画」が発表されました。「貯蓄から投資へ」とも謳われている現在。「お金」に関して、漠然とした不安と戸惑いを抱えている人も多いのではないでしょうか。「人生100年時代」とも言われる長い人生のために、どのように資産を作り守って行くか。「貯金」と「貯蓄」という2つのワードを検索する消費者のWeb行動に着目し、調査・分析しました。


「業界別」アプリランキング - 旅行・地域編 -

「業界別」アプリランキング - 旅行・地域編 -

「業界別」アプリランキング、今月は「旅行・地域」編です。アプリ利用ユーザー数の順に並べると、1位は「楽天トラベル」、2位「じゃらん」、3位「ANA」…という結果に。トップ20まで掲載しています。


【YouTube利用動向調査】男性は学び系・女性は熱量高く多様な動画を視聴 | ショート動画に代替されにくい“ながら見”コンテンツが若者に人気

【YouTube利用動向調査】男性は学び系・女性は熱量高く多様な動画を視聴 | ショート動画に代替されにくい“ながら見”コンテンツが若者に人気

利用率9割という圧倒的な浸透率を誇るYouTube。生活の中での位置づけや、実際の使われ方、よく見られるコンテンツとはどのようなものなのでしょうか。またそれらは、性年代で切ったときにどのような違いが出てくるのでしょうか。アンケートとWeb行動ログデータから、YouTubeの利用動向を調査しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら