中国トレンド調査に関する記事


The innovative business model that took SHEIN to the top of the fast fashion industry

The innovative business model that took SHEIN to the top of the fast fashion industry

COVID-19 impacted the fashion industry, contributing to temporary, yet prolonged, closures of shopping centers. Despite tough circumstances, SHEIN, an apparel brand established in China in 2021, continued to grow rapidly. We used VALUES' web behavior analytics tool, Dockpit, to understand SHEIN's strengths.


2022年「618キャンペーン」商戦結果は?|中国トレンド調査

2022年「618キャンペーン」商戦結果は?|中国トレンド調査

今年の「618キャンペーン」では、コロナ禍において消費者の購買意欲を刺激するために、中国のあらゆるECおよび動画プラットフォームが、様々なプロモーションを仕掛けました。果たして、プロモーションの効果はあったのでしょうか? また、昨年と比較して売上は増加したのでしょうか? 本レポートでは、2022年の「618キャンペーン」について、特に美容、食品・飲料、家電カテゴリーを取り上げ、売り上げ状況と市場の動向をご紹介します。


中国におけるキャンプブーム~キャンプ市場が急拡大|中国トレンド調査

中国におけるキャンプブーム~キャンプ市場が急拡大|中国トレンド調査

SNSで「キャンプ」関連の話題がトレンド入りしたり、キャンプ用品が売り切れたりと、中国ではキャンプブームが到来し、キャンプ経済も広く注目されるようになりました。本記事では、ブーム到来の背景と中国のキャンプ市場について分析していきます。


今年の「618キャンペーン」、Eコマースは盛り上がらず?|中国トレンド調査

今年の「618キャンペーン」、Eコマースは盛り上がらず?|中国トレンド調査

中国で毎年恒例のECセール「618キャンペーン」。ECショップやプラットフォームが収益を上げる大きなチャンスとなるはずですが、コロナウィルス感染症の流行や街のロックダウン、消費意欲の減退など「不安要素」が相次ぐ中、各プラットフォームはどのような対策を打ち出しているのでしょうか? 本レポートでは、3大プラットフォームであるTmall、Douyin(中国版TikTok)、京東による2022年「618キャンペーン」期間中のプロモーション施策を詳しく紹介し、今年の特徴をまとめていきます。


革新的ビジネスモデルでファストファッションの黒船に?「SHEIN」ユーザー急増の理由を探る

革新的ビジネスモデルでファストファッションの黒船に?「SHEIN」ユーザー急増の理由を探る

ショッピングセンターや百貨店などの度重なる休業要請はまだ記憶に新しいことでしょう。新型コロナウイルスはファッション業界にも大きな影響を及ぼしています。そのような背景がある中でも、いま急成長をしている企業があります。2012年に中国で設立された.アパレルブランド「SHEIN(シーイン)」です。注目が集まる理由を紐解くべく、ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」を使って調査しました。


成長が見込める中国の食洗機市場を展望|中国トレンド調査

成長が見込める中国の食洗機市場を展望|中国トレンド調査

昨年の中国では、大型家電の市場規模が全体的に縮小しています。特に、レンジフードやガスコンロなどのキッチン家電の売上は2019年より、かなり低下しました。しかし、そんな中で食器洗い乾燥機(食洗機)のみは依然と売上を伸ばしています。本記事では、中国の食洗機市場について解説していきます。


2022年春節 ペット経済、親孝行消費など 〜 若年層の新たな消費スタイル|中国トレンド調査

2022年春節 ペット経済、親孝行消費など 〜 若年層の新たな消費スタイル|中国トレンド調査

中国の旧暦のお正月である春節の消費トレンドを始め、冬季オリンピックに関連した氷雪経済や中国ブランドブーム、ペット消費など、現代の若年層の新しい消費スタイルをご紹介します。年越し用品の買い出し、正月料理の準備、友人や親戚への訪問などは、今でも新年の最優先事項ではあります。一方で、Y世代やZ世代が一家の主役になり始めると、年越しの遊び方も大きく変化してきました。彼らの年越し買い物リストの見どころや新しいトレンドは何でしょうか。コロナ感染症の流行によって旅行ではなく、地元などで年越しをすることになった若年層は、どのように正月祭りを上手く過ごしているのでしょうか。


2022年中国ビジネスで注目される栄養補助食品とスキンケア市場|中国トレンド調査

2022年中国ビジネスで注目される栄養補助食品とスキンケア市場|中国トレンド調査

昨年2021年、中国ではスマート製品がさらに普及され、美容医療の需要が急増しましたが、今年の中国ではどのようなビジネスがトレンドになるでしょうか。本記事では、最も成長が期待されている栄養補助食品とスキンケアの市場について分析します。


中国で「男顔経済(男性美容経済)」が急成長!市場拡大の理由を探る調査レポート

中国で「男顔経済(男性美容経済)」が急成長!市場拡大の理由を探る調査レポート

近年、中国では自分のイメージを高めるために形成された経済現象として「男顔経済(男性美容経済)」という言葉が注目されています。中国人男性の美容市場規模は急速に拡大し、約3,000億円規模の巨大市場に成長しています。今回は「男顔経済(男性美容経済)」について、成長した背景や、中国人男性の興味関心ごとについて調査しました。(ページ数|31p)


2021年 中国市場のトレンドまとめ|中国トレンド調査

2021年 中国市場のトレンドまとめ|中国トレンド調査

2021年に中国ではAI家電をはじめとした様々なスマート製品がZ世代の中でトレンドとなりました。中国では急成長の美容医療市場とシルバー経済についても成長の背景を探っていきます。


中国市場のトレンドはロック・ミュージックからやって来る!?~ 中国市場マーケティング戦略考

中国市場のトレンドはロック・ミュージックからやって来る!?~ 中国市場マーケティング戦略考

中国でのマーケティング戦略について調査会社の視点から解説するこの企画。ヴァリューズで海外調査を行う、私、向井優が、最近の中国でのトレンドや調査事例をもとに考察します。「いかに中国のトレンドを先取りするか?」でお悩みの方は少なくないのではないでしょうか。今回は、中国のトレンドの「兆し」が現れるロック・ミュージックと、近年中国で台頭する「国潮」文化に関係について、中国の社会情勢にも焦点を当てながら解説します。


中国オーラルケア市場のアップグレード背景に迫る|中国トレンド調査

中国オーラルケア市場のアップグレード背景に迫る|中国トレンド調査

近年、中国人の口腔内の健康意識の高まりと消費者の消費意識の変化によって、中国のオーラルケア市場が大幅にアップグレードしました。本記事では、中国オーラルケア市場の成長の背景、口腔ケア用品の客層、オーラルケア市場の現状についてまとめました。


中国Z世代の新しいトレンド「養生ブーム」を徹底調査!

中国Z世代の新しいトレンド「養生ブーム」を徹底調査!

あらゆる市場で消費者の中心になり得る中国Z世代の若者たち。そんな彼らの間で広がる「養生ブーム」について調査を行い、健康食品や化粧品分野における中国市場への拡販の足掛かりを探りました。(ページ数|46p)


2021年、異例の「独身の日/W11」商戦。中国EC通販はどのように変わった?|中国トレンド調査

2021年、異例の「独身の日/W11」商戦。中国EC通販はどのように変わった?|中国トレンド調査

世界的なコンサルティング会社であるAlixPartnersが発表した「2021年ダブル・イレブン予測レポート」によると、調査対象となった消費者の半数が、今年の「W11(ダブルイレブン)」で3,000元以上の買い物をすると予想しています。本調査では今年W11の実態やトレンドをデータから説明します。


中国でスキーブームの到来。スキービジネスの発展を後押し|中国トレンド調査

中国でスキーブームの到来。スキービジネスの発展を後押し|中国トレンド調査

北京冬季オリンピックの影響を受けて、中国ではスキーブームが到来しました。それに伴い、中国におけるスキー産業も急速に発展し、中国は投資や貿易の対象となりました。本記事では、中国のスキーブームの現状とスキービジネスの実態について考察します。


「スキンケア成分党」とは?中国Z世代で新型スキンケア概念が流行|中国トレンド調査

「スキンケア成分党」とは?中国Z世代で新型スキンケア概念が流行|中国トレンド調査

現代社会では、スキンケア製品に対する消費者の安全意識が高まり、製品の成分表を調べるようになり、オーガニックな食品や化粧品が注目されているようです。特に中国ではこうした現象を「スキンケア成分党」と名付けられ、流行語にもなっています。「2018 FIT Transparency Perception Assessment Survey」では、72%の消費者がブランドによる製品の成分の効果、60%以上の消費者がブランドによる成分の原産地の表記を求めているとしています。今回は、中国の「スキンケア成分党」が化粧品や美容市場に与える影響について詳しくご紹介します。


2021年中国の教育事情 ~ 学習塾への政策が強化、学校教育はどう変わる?|中国トレンド調査

2021年中国の教育事情 ~ 学習塾への政策が強化、学校教育はどう変わる?|中国トレンド調査

2021年7月24日、中国教育部(文部科学省)の公式サイトに『義務教育段階の生徒に対する宿題・校外学習の負担軽減を図るための意見』という文書が掲載され、「二重削減」政策の実施が正式に発表されました。 この方針では、学習塾産業を規制し、休日を利用して授業を開講することを禁止し、教育の公平性の維持に乗じて、学生が十分な休憩時間や運動時間を確保できるようにするだけでなく、「内巻」(Involution/「不条理な内部競争」を意味する中国のネット流行語)を防ぐという政策でもあるでしょう。 本稿では、中国における学習塾政策の動向や、教育業界に与える影響、今後の展開の3つの側面から、今回の「二重削減」政策について解説していきます。


中国ではペットブームがさらに加速。これから流行るペット用品を予測|中国トレンド調査

中国ではペットブームがさらに加速。これから流行るペット用品を予測|中国トレンド調査

中国のペット関連市場規模は近年急成長を遂げましたが、今後もさらに成長すると予測されています。本記事では、中国で具体的にどのようなペット用品がこれから人気を集めるのかを分析し、ECサイトで販売されている手作り猫フード、オーガニックペットケア用品、自動猫トイレ等のペット家電など注目アイテムをご紹介します。


タオバオ・メーカー・フェスティバル(淘宝造物節)から見た中国の最新トレンド|中国トレンド調査

タオバオ・メーカー・フェスティバル(淘宝造物節)から見た中国の最新トレンド|中国トレンド調査

中国の大型クリエイティブイベントであるタオバオ・メーカー・フェスティバル(淘宝造物節)が先日開幕。過去1年間に急速な成長を遂げつつも、まだまだ客層が狭く、多くの人に知られていない不思議なブランド・お店が参加しました。本記事ではそれらのブランドやお店から、今後の中国市場の動向を分析・予測します。


「ダブル11」超えたECセール「618」~ ライブ配信やTiktok参戦など、コロナ後の中国人消費の新たな潮流とは|中国トレンド調査

「ダブル11」超えたECセール「618」~ ライブ配信やTiktok参戦など、コロナ後の中国人消費の新たな潮流とは|中国トレンド調査

中国ECイベントといえば、さまざまな記念日に開催されるキャンペーンがあります。今では他のネット通販各社も加わり、最大手のアリババ集団が中心となる11月11日の「独身の日セール」はもはや定番となっています。最近では京東商城(JD.com)を運営する京東集団が設定した「6月18日」も大きな盛り上がりを示し、「独身の日」と並ぶ一大商戦に成長しました。 今年の「618」についての売上データを概観した上で、ライブ配信や抖音(ドウイン/中国版Tiktok)の参戦、セールイベントの参加方法、実際に売られた商品という3つの側面から昨年度と比較しつつその特徴を解説します。