【トレンド調査】フードロスを削減する「KURADASHI」の検索数が急増!「お得感」が人気の背景か

【トレンド調査】フードロスを削減する「KURADASHI」の検索数が急増!「お得感」が人気の背景か

今年2月に大きく検索数が伸びた社会貢献型ショッピングサイト「KURADASHI」。近年フードロス問題が深刻視され、国や地方自治体、民間企業によるフードロス削減の取り組みが広がる中、「KURADASHI」はいち早くフードロス問題に着目し、輩出されたサービスの一つです。2015年にリリースされた「KURADASHI」が、なぜ今年2月に急成長したのか?KURADASHI人気の要因や、フードロス問題の関心層を分析ツール「Dockpit」を使って調査します。


注目集まる社会貢献型ショッピングサイト「KURADASHI」

KURADASHIは、"もったいないを価値へ"をスローガンに掲げる株式会社クラダシが2015年に開始した、国内最大級の社会貢献型ショッピングサイト。フードロス削減に賛同したメーカーから協賛価格で商品を仕入れ、最大97%OFFで販売。売上の3~5%が、環境保護や動物保護などの社会貢献活動団体へ寄付されます。

取扱い商品は、パッケージのキズや、製造日から賞味期限までの期間を3等分して販売期限を設ける「3分の1ルール」などにより、まだまだ美味しく食べられるにも関わらず、廃棄の危機にある食品。それらを購入することで、フードロス削減に繋がります。

「KURADASHI」とは

それではまずKURADASHIへの興味関心を、分析ツール「Dockpit」で検索ユーザー数推移を見て確認してみましょう。

分析ツール:「Dockpit」、分析期間:2020年4月〜2021年3月、対象デバイス:PC、スマートフォン

今年の2月に、KURADASHIのユーザーが急増しています。2月はテレビや新聞など複数のメディアでKURADASHIが紹介されており、それらの影響が大きいと考えられます。特にテレビでは、サービス紹介に加え、KURADASHIに出品されている食品事業者や生産者も出演。格安価格で食品が買えるお得感と、手軽に社会貢献に参加できるという2つの特徴がより鮮明に紹介されたことで、検索数を引き上げたのではないでしょうか。

フードロス問題の関心層は?

KURADASHIはフードロス削減に貢献する代表的なサービスですが、近年、フードロスへの問題意識が高まり、国や地方自治体、民間企業でも、フードロス削減に向けた取り組みが増えてきています。

そもそもフードロスとは、「本来食べられるのに捨てられてしまう食品」のこと。国内のフードロスは年間で600万トン以上にのぼり、そのうち家庭から発生するフードロスはおよそ45%、事業からは55%と言われています。

また、国連が策定したSDGs(持続可能な開発目標)にフードロス削減が含まれ、「2030年までに世界全体の⼀⼈当たりの⾷料の廃棄を半減させる」というターゲットが示されました。これにより世界的にフードロスへの問題意識が普及。日本では、令和元年10月に「食品ロス削減推進法」が施行され、地方自治体に向けたフードロス削減の基本方針が示されました。

このようなフードロスをめぐる社会の動きを受け、民間企業でもフードロス削減の取り組みが活発化。コンビニでは、賞味期限が迫った商品の購入時にポイントを付与したり、恵方巻やクリスマスケーキなどの季節商品は予約制にするなどの対策が施されました。

このほか、KURADASHIと類似したフードシェアリングサービスもここ数年で増加。KURADSHIはメーカーの商品や食材が主体ですが、飲食店の余った料理やパンを手頃な価格で購入できるフードシェアリングサービス等も存在感を高めています。

自治体や民間企業での取り組みが進むフードロス削減ですが、消費者の間では、どのような層で関心が高いのでしょうか。「フードロス」を検索するユーザー構成を見てみましょう。

▼性別

分析ツール:「Dockpit」、分析期間:2020年4月〜2021年3月、対象デバイス:PC、スマートフォン

▼年代

分析ツール:「Dockpit」、分析期間:2020年4月〜2021年3月、対象デバイス:PC、スマートフォン

女性比率が高く、30~50代が主要層であることが分かります。食との接点が多い女性は、食べ物を大事にしようという意識が強く、また、フードシェアリングサービスを利用することで「美味しいものがお得に手に入る」という点にも注目しているのかもしれません。

フードロスサービスでは「手頃に買える通販サイト」が人気

では、フードロスを検索した人は、どのようなテーマに関心があるのでしょうか。ワードネットワークやに流入ページから深掘りしていきます。

こちらは、「フードロス」検索者のワードネットワークです。

分析ツール:「Dockpit」、分析期間:2020年4月〜2021年3月、対象デバイス:PC、スマートフォン

「通販」や「お菓子」は、KURADASHIのように、フードロスの食品を手頃な価格で販売するサービスへの関心だと考えられます。「パン」との繋がりが強いのは、パンが特にフードロスの多い食品と言われていることが関係しているのでしょう。最近はパンのロスを削減に特化したシェアリング・通販サービスも出てきており、「フードロス」「パン」に興味のある層は、それらのサービスへも関心を持つ可能性があると考えられます。

「コロナ」の繋がりは、新型コロナの影響で飲食店が営業自粛(短縮)を要請されたことで、たくさんの食材が行き場を失い、フードロスとなってしまったことが影響していると考えられます。それらのフードロスを救い出そうと、通販で販売する取り組みが複数の組織で行われました。コロナのワードネットワークに「支援」「応援」等のワードが見られるのは、それらの動きとの関連と言えそうです。

続いてこちらは、「フードロス」検索後の流入コンテンツの上位10ページです。

分析ツール:「Dockpit」、分析期間:2020年4月〜2021年3月、対象デバイス:PC、スマートフォン

1位の豊洲市場ドットコムのページを見てみると、「豊洲市場から食べ物のムダを無くそうプロジェクト」と題した、豊洲市場の訳アリ品を価格を抑えて販売するページでした。このプロジェクトは、特にコロナ禍でメディアでも取り上げられ、フードロス削減に貢献できるだけでなく、掘り出し物をお得に買えるメリットもあることから、大きな話題となりました。

2位のPIARYは、結婚式の引き出物やペーパーアイテムなど、結婚アイテムの通販サイト。新型コロナの影響で結婚式の中止が相次ぎ、ロスになってしまった引き出物を格安価格で販売するページでした。ワードネットワークでも「お菓子」を中心に「コロナ」「引き出物」「通販」のネットワークが見られたように、コロナで発生した引き出物のロスの購入に、注目が集まっていたことが分かります。

いずれも、「フードロスの食品を手頃に買える通販サイト」という点が共通しており、上位10のほとんどが、これらのコンテンツと類似した、「食べて応援」「美味しく社会貢献」などのキャッチフレーズが添えられた通販ページでした。

▼マナミナでは過去、フードロスに貢献する産直ECサイト「食べチョク」の調査記事も公開しています。併せてお読みください。

withコロナで一次産業の救世主に!?話題沸騰中の食べチョクのユーザー像にWebサイト分析から迫る

https://manamina.valuesccg.com/articles/1078

2020年前半から世界中で感染が拡大している新型コロナウイルスの影響によって、大きな影響を受けている農業や漁業などの一次産業。その生産者達の救世主となり、サービスを急成長させている産直ECサイトの「食べチョク」。そんな急成長を見せる「食べチョク」のユーザーの特徴、サービス成長の背景をヴァリューズの新ツール「Dockpit(ドックピット)」を使用して調べていきます。

まとめ

SDGsを機に世界的にフードロスへの問題意識が高まり、さらに新型コロナの影響で行き場を失った食品を救う動きが活発化しました。また、メディアでも取り上げられ、ユーザーが急拡大した「KURADASHI」や、豊洲市場のようなフードロス食材を販売する通販サイトは、中々手に入らない貴重な食材が格安で手に入ると大きな話題を呼びました。

「美味しい食品を手頃な価格で購入できる」という魅力は、フードロス問題に目を向けるきっかけにもなります。消費者の協力無くして解決できないフードロス問題にとって、美味しさ、手頃、希少といった要素は、人々を巻き込み、動かすための重要な要素と言えるでしょう。今後、消費者が積極的にフードロス削減に参加できる仕組みが発展し、問題解決に向けて進むことを期待します。

<分析概要>
ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「Dockpit」を使用し、2020年4月~2021年3月のネット行動ログデータを分析しました。※ユーザー数はヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

フリーランスPRおよびライターとして活動中。二児の母。

関連する投稿


コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

全国のコンビニ店舗数は約56,000店舗。近ごろでは駅構内や大学、病院など、公的な場所での出店も目立ち、加えて、アプリやSNSでの情報発信にも力を入れるなど、各社ともユーザ囲い込み戦略に力を入れています。そこで今回は、新しく「Dockpit」に加わったアプリ分析機能を用いて、コンビニ大手3社(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート)のアプリユーザーのペルソナを解析し、ターゲティングの特徴や違いを明らかにしていきます。


ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

食品業界のマーケターや、トレンドに敏感なマーケター層に向けて、食品のトレンドを分析します。今回のテーマは「ヤクルト1000」。とにかく様々な場所でよく耳にする「ヤクルト1000」ですが、なぜここまで流行っているのでしょうか?そこで今回は「ヤクルト1000」検索者のデータからそのブームのきっかけと理由を分析します。


アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

2022年4月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


ブラウザ拡張機能やアプリ分析など新機能が続々発表!「Dockpitユーザー会」レポート

ブラウザ拡張機能やアプリ分析など新機能が続々発表!「Dockpitユーザー会」レポート

株式会社ヴァリューズが提供するWeb行動ログ分析ツール、Dockpitの有料契約者限定で半年に1度開催される「Dockpitユーザー会」。4月18日に開催されたDockpitユーザー会では、日本ペットフード株式会社、株式会社Kaizen Platformの2社とDockpitの開発リーダーである山本、執行役員の子安を迎え、ツールの活用方法やDockpitに追加された新機能について紹介されました。マナミナ編集部もDockpitユーザー会に参加。今回は新機能、今後の開発予定についてレポートします。


脱クルマ社会実現へ。いま最も注目されているスマートモビリティ「電動キックボード」の関心層について調査

脱クルマ社会実現へ。いま最も注目されているスマートモビリティ「電動キックボード」の関心層について調査

2022年4月19日、改正道交法が国会で成立し、規制緩和が徐々に進み身近になってきている電動キックボード。16歳以上であれば運転免許証不要・ヘルメット着用は努力義務となり「ほぼ自転車扱い」となります。中でも電動キックボードのシェアリングサービス「LUUP」が着々とユーザー数を伸ばしており、都心には高密度にポートが設置され、好きな場所で借りて返すことが可能になってきています。今回は、より身近になった電動キックボードについて、どんな点が注目を集めているのか、どのような人達が関心を持っているのかを調査・分析します。


最新の投稿


コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

全国のコンビニ店舗数は約56,000店舗。近ごろでは駅構内や大学、病院など、公的な場所での出店も目立ち、加えて、アプリやSNSでの情報発信にも力を入れるなど、各社ともユーザ囲い込み戦略に力を入れています。そこで今回は、新しく「Dockpit」に加わったアプリ分析機能を用いて、コンビニ大手3社(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート)のアプリユーザーのペルソナを解析し、ターゲティングの特徴や違いを明らかにしていきます。


ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

食品業界のマーケターや、トレンドに敏感なマーケター層に向けて、食品のトレンドを分析します。今回のテーマは「ヤクルト1000」。とにかく様々な場所でよく耳にする「ヤクルト1000」ですが、なぜここまで流行っているのでしょうか?そこで今回は「ヤクルト1000」検索者のデータからそのブームのきっかけと理由を分析します。


インナーブランディングの効果とは?浸透施策と実践のポイント|Part3

インナーブランディングの効果とは?浸透施策と実践のポイント|Part3

3回にわたって、株式会社ヴァリューズの新生コンサルティンググループで行われたインナーブランディング・プロジェクトの事例をご紹介。最終回となる本稿では、社内浸透施策への取組みとプロジェクト全体を振り返り、実践する際のポイントについて、プロジェクトリーダーの中尾さんに伺いました。


Game-Fiとは?4つのビジネスモデル変遷と事例から考える

Game-Fiとは?4つのビジネスモデル変遷と事例から考える

昨年末に「メタバース」という概念がMeta社のプロパガンダのおかげで一気に広がったことは記憶に新しいでしょう。そして2022年に入ってから、古参のゲーム大手によるNFT進出やブロックチェーンゲーム企業の大型調達が話題になったり、ゲーム内で歩いて仮想通貨を稼ぐ「STEPN」がネット上でバズっていたり、そしてよくメタバースとも関連する文脈で、「Game-Fi 」という概念がひそかに広がり始めたりしています。経営コンサルタントで上級VR技術者としてXR(XReality)の市場調査や新規事業創成支援等の活動を行っているパトリック・ショウさんに、Game-Fi(NFTゲーム)の市場規模や特徴、ビジネスモデルの変遷について解説いただきます。


アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

2022年4月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー