スマートフォン決済アプリの最新動向を調査!PayPayが変わらず独走もファミペイが存在感発揮

スマートフォン決済アプリの最新動向を調査!PayPayが変わらず独走もファミペイが存在感発揮

コロナ禍で「非対面」「非接触」需要が高まり、急速に普及したスマホ決済。コンビニやタクシー、飲食店、医療機関など、利用シーンが広がり、クレジットと並ぶ決済手段として一般化しています。各社からサービスがリリースされ、政府主導のポイント還元キャンペーンが行われたスマホ決済(QRコード決済)元年の2019年から約2年が経ち、業界はどう変化したのか。本稿では、主要サービスとして、キャリア系のPayPay、d払いやauペイ、EC系の楽天Pay、コンビニ系のファミペイをピックアップし、アプリの利用ユーザー数や所持ユーザー数、アクティブ率、年代別属性などの最新動向を調査しました。


QRコード決済アプリの最新データはどうなっている?

それではまず、主要QRコード決済アプリ【PayPay、d払い、au PAY、楽天ペイ、ファミペイ】の過去2年のユーザー数推移を見ていきます。

分析ツール:「eMark+」、分析期間:2019年6月〜2021年5月、対象デバイス:スマートフォン

2021年5月時点で、PayPayが月間利用者数(MAU)3,000万を超え独占状態となっていました。PayPayは、まだ各社サービスリリースが出揃っていない頃に先行して実施した「100億円あげちゃう! キャンペーン」が起爆剤となり、それ以降、圧倒的強さでスマホ決済業界を牽引しています。

▼2019年10月の消費増税のタイミングから既にPayPayは独走状態でした。マナミナの過去記事も参考にご覧ください。

消費増税の追い風で、スマホ決済アプリPayPayが独走!1日の起動ユーザー数は900万人以上に

https://manamina.valuesccg.com/articles/653

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、一般ユーザーの行動ログとデモグラフィック(属性)情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用して、消費増税前後の決済アプリ利用ログからキャッシュレス決済の利用実態を調査しました。また国内の20歳以上の男女18,517人を対象に、キャッシュレス決済やポイ活の認知度、利用意向に関するアンケート調査を実施しました。

PayPayの代名詞ともいえる大盤振る舞いのキャンペーンは周年記念や3,000万ユーザー突破記念などの節目に開催されますが、その他にも導入店とのコラボキャンペーン(特定のお店でPayPayを利用するとボーナスポイントが付与されるなど)を常時実施。話題性に長け、ユーザーの利用動機を提供し続けているところが、PayPayの強さの秘訣でしょう。

常時複数のキャンペーンを実施するPayPay

ユーザー数でPayPayの次を追うのは「d払い」です。d払いは、ドコモの基盤の強さを活かし、ポイント支払い時の還元キャンペーンを強化するなど、dポイントの汎用性を活かした企画に積極的に取り組んでいます。これらの効果もありキャリアユーザーを囲い込めていることが、d払いの強みでしょう。

dポイント支払いで1億ポイントをユーザーで山分けするキャンペーン

アプリのアクティブ率でもPayPayが1位、次にファミペイが続く

それでは次に、アプリ所持ユーザー数を比較してみます。

分析ツール:「eMark+」、分析期間:2019年6月〜2021年5月、対象デバイス:スマートフォン

ここでも、PayaPayが1位で、直近では約3,600万ユーザーがアプリを所持しており、先述したMAUともほとんど乖離がありません。PayPay以降の順位傾向も、MAUと類似しています。

では、アプリ所持ユーザーのうちの利用ユーザー率(アクティブ率)ではどうでしょうか。

分析ツール:「eMark+」、分析期間:2019年6月〜2021年5月、対象デバイス:スマートフォン

アクティブ率でも、PayPayが1位。キャンペーンで集客するだけでなく、実際の利用者も多いことが分かります。話題性に加え、導入店舗の多さや優れたUIなどから、ユーザーの満足度も高いと考えられます。

また、アクティブ率2位はファミペイでした。QRコード決済はコンビニ利用が多いと言われています。ただ大手3社のうち、セブンイレブンとローソンは、クーポンやポイント付与機能を搭載した自社アプリは運営しているものの、QR決済アプリは運営していません。

それに対し、ファミリーマートは自社運営の決済アプリファミペイを早くから導入し、特定商品購入時のポイント還元キャンペーンなどで、利用を促しています。メインのコンビニとしてファミリーマートを利用するユーザーは、毎日あるいは1日に複数回アプリを起動することも考えられ、これがアクティブ率の高さに繋がっているのでしょう。

年代別ユーザー数をチェック

次に、年代別の利用状況を確認してみましょう。こちらは、過去半年のユーザー属性です。

分析ツール:「eMark+」、分析期間:2020年12月〜2021年5月、対象デバイス:スマートフォン

若年層比率が比較的高いのはPayPayと楽天ペイ。一方、高年代比率が高いのはauPayとd払いのキャリア系サービスでした。

PayPayや楽天ペイは、オンラインサービスに慣れ親しみ、キャンペーンなどの話題性にも敏感な若年層の利用が多い傾向です。また、Yahoo!とLINEの経営統合によってLINEペイとPayPayが連携したことも、若年層の割合を増やした要因のひとつかもしれません。

一方で、高年代の比率が高かったのはキャリア系サービス。キャリア経済圏内のユーザーへのリーチに成功していると推測できます。

まとめ

スマホ決済業界は、各社が参入した2019年から約2年が経ち、PayPayが独走状態でいることが明らかになりました。アクティブ率もPayPayが最も高く、キャンペーンによる一過性の盛り上がりではなくユーザーに定着していることが分かります。

また、その他のサービスも、キャリア系は高年代の利用が多い、コンビニ系はアクティブ率が高いなど、それぞれの傾向が目立つようになってきました。これらの特性を活かし、今後はサービス独自の展開が繰り広げられるかもしれません。1位のPayPayに対し、他社はどんな追い上げを見せるのか。今後の動向に注目です。

<分析概要>
ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「eMark+」を使用し、2019年6月~2021年5月のネット行動ログデータを分析しました。
※アプリユーザー数は、Androidスマートフォンでのインストールおよび起動を集計し、ヴァリューズ保有モニター(20歳以上男女)での出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

フリーランスPRおよびライターとして活動中。二児の母。

関連する投稿


2022年上半期「バズりワード」を発表!北京五輪、大人様ランチ、povo2.0などの検索数が急上昇

2022年上半期「バズりワード」を発表!北京五輪、大人様ランチ、povo2.0などの検索数が急上昇

2022年も既に半分が経過しました。上半期も色々な出来事がありましたが、どのようなコトやモノ、人などが話題になったのでしょうか。検索数が急上昇したワードを振り返り、2022年上半期のトレンドを分析しました。


【事例集】3C分析を具体的に解説!テンプレートよりも簡単なやり方

【事例集】3C分析を具体的に解説!テンプレートよりも簡単なやり方

3C分析とは、市場・顧客、自社、競合の3つの視点から対象を分析し、マーケティング戦略を考える手法の一つです。しかし、「具体的に分析をイメージできない」、「テンプレートで上手く進められない」方もいるかもしれません。 本記事では、3C分析の目的やメリット、具体的な事例集、テンプレートより簡単なやり方を解説します。とくにWebサイトの分析にお困りの方は、最後までお読みください。


【調査リリース】2022夏の旅行トレンド全国調査 ~ 夏の国内旅行予定はコロナ前水準に回復、 旅先に求めるのは“定番の観光スポット”

【調査リリース】2022夏の旅行トレンド全国調査 ~ 夏の国内旅行予定はコロナ前水準に回復、 旅先に求めるのは“定番の観光スポット”

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸、以下「ヴァリューズ」)は、国内の20歳以上の男女7,632人を対象に、今夏の旅行予定に関する消費者アンケート調査を実施しました。またヴァリューズが保有する約250万人の独自消費者パネルを活用したインターネット行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使用して、消費者の旅行動向を分析しました。


仮説のレベルを一段上げる。電通の分析ツール活用法 |「VALUES Marketing Dive」レポート

仮説のレベルを一段上げる。電通の分析ツール活用法 |「VALUES Marketing Dive」レポート

ヴァリューズは、“データを通じて顧客のことを深く考える”、“マーケティングの面白さに熱中する”という意味を込め、マーケティングイベント「VALUES Marketing Dive」を5/26に開催しました。本セミナーの全体テーマは「Update Your Marketing」。これからの時代、生活者には新たな価値観や購買行動が生まれ、マーケティング戦略や施策はさらなるアップデートが求められます。本講演では電通のプランナーをお迎えし、「仮説のレベルを一段上げる Dockpit活用法」と題して、リアルな声をふまえたツール活用法をご紹介いただきました。


The personas of convenience store users from app data

The personas of convenience store users from app data

There are approximately 56,000 convenience stores nationwide in Japan. In this report, we will analyze the personas of app users of the three major convenience stores (7-Eleven, Lawson, and FamilyMart) using the newly added app analysis function of "Dockpit."


最新の投稿


Can Craft Cola Achieve the Popularity of Spiced Curry? Surprising Commonalities Revealed by Keyword Research

Can Craft Cola Achieve the Popularity of Spiced Curry? Surprising Commonalities Revealed by Keyword Research

We will analyze food trends while targeting marketers in the food industry or those interested in trends. Although seemingly unrelated, “craft cola” and “spiced curry” are both unique and playful "health-conscious" foods that "use spices." Here, we analyze the popularity of "craft cola" and "spiced curry."


【2022年8月29日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2022年8月29日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


広告出稿に役立つ!競合サイト分析をツールで効率化

広告出稿に役立つ!競合サイト分析をツールで効率化

競合サイト分析で自社サイトのアクセスを増やすには?ツールを使った分析手法が一般的になったSEOのほか、流入増の手段は一つではありません。広告出稿や顧客のペルソナの把握などの分野でも、ツールを使って競合サイトを分析することで、効率的に対策を立案することに役立ちます。Webサイトの流入構造の基本とツールを使った競合サイト分析手法についてまとめます。


コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年8月版)|ホワイトペーパー

コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年8月版)|ホワイトペーパー

国内外のSEO対策・SNSでの集客法など、コンテンツマーケティングに関する最新情報をまとめてご紹介。検索順位に影響する指標とは?TikTokの今後は?コンテンツマーケター必見のレポートを、毎月お届けします。


競合分析を効果的に活用するためのポジショニングマップの作り方

競合分析を効果的に活用するためのポジショニングマップの作り方

競合分析を経てマーケティング戦略を立案するには、自社が市場のどのポジションを狙うかが大事。「ポジショニングマップ」は、市場のどの分野で自社の競争優位を確立するか整理するのに役立つツール。今回はポジショニングマップの基本から作り方までを解説します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら