【リサーチャーが語るアンケート虎の巻】家電業界は「お買い得感のマーケティング」が鍵!

【リサーチャーが語るアンケート虎の巻】家電業界は「お買い得感のマーケティング」が鍵!

リサーチャーの菅原大介さんが、消費者・生活者のことを深く知るためのアンケート調査法を語ります。今回のテーマは家電業界。カテゴリの特徴を洗い出した上で、家電業界でユーザーリサーチを行うときの3つの観点を示し、それぞれの質問文例と、そこから導くべき考察についても解説します。家電業界に携わる方だけでなく、真にユーザーのニーズを知りたい方に必見の内容です。


こんにちは、リサーチャーの菅原です。私は調査会社を経たのち、国内大手の総合EC企業で物販とサービス両方のビジネスの中期経営計画やカテゴリ戦略を担当しており、個人でもリサーチのノウハウを普及させるための書籍執筆や寄稿などに取り組んでいます。

菅原大介 プロフィールページ|菅原大介|リサーチャー|note

https://note.com/diisuket/n/n0cde498ca01e

初めましての方向けの自己紹介&活動紹介ページです。 リサーチャー 菅原大介を何卒よろしくお願いします! (※2021年5月13日更新) ▼ プロフィール リサーチャー 菅原大介 リサーチャー。上智大学文学部新聞学科卒業。新卒で株式会社学研ホールディングスを経て、株式会社マクロミルで月次500問以上の調査を運用するリサーチ業務に従事。現在は国内通信最大手のグループ企業でマーケティング戦略・中期経営計画の立案を担当する。 会社では小売・サービスの分野を中心に年間1,000ページ超のレポートを作成しており、従業員数100名~1,000名の企業におけるリサーチ組織の立ち上げ経験が

マーケティング活動に携わるビジネスパーソンにとって、小規模のアンケート・インタビューを自分自身で行うスキルの習得は今や必須です。しかし、データ分析の定番項目をそのまま当てはめたり、購入理由をストレートに尋ねても、なかなか示唆は得られません。

実はこうしたアスキング調査の手法は、業界ごとのビジネス特性理解があってはじめて深まります。このコラムでは、誰もが目的に応じた示唆にたどり着けるよう、業界ごとに最適な質問と分析のノウハウを解説します。

今回のテーマは家電業界。生活家電・娯楽家電・美容家電などを取り扱うネットショップオーナーやECサイトのウェブ担当者の方に役立つ、アンケートでの質問法と分析法をご紹介します。なお家電製品はメーカー・販売店とも大手が特に強い業態なので、資本力や販促力に依存する話にならないよう、本稿では中小の販売店の戦い方に焦点を当てた内容となっています。

家電業界の3つの特徴とは

まずは家電業界のカテゴリ特性・ビジネス課題を押さえておきましょう。

1.メーカーブランドが強い

1つめはメーカーブランドが強いことです。家電は主要な流通ルートに乗るレベルの製品を開発できる技術力・営業力を持つ会社が限られているため、実質的には各品目の覇権をメガブランド数社が競う構造となり、消費者の選択幅はある程度限られています。

近年は後発のメーカーが定番品目を主機能に絞り込んで低価格で展開する「ジェネリック家電」も人気を集めていますが、この市場も大手化が進んでいます。ただ、単機能の家電は参入が多く種類も増えているので、ここは店舗が独自色を出しやすい商品です。

2.価格と販促がモノを言う

2つめは価格と販促がモノを言うことです。家電製品の平均単価は高く、総合スーパーなら1万円以上、雑貨店でも5千円程度であり、平均でこうした高価格帯になるカテゴリは他にあまりありません。(もちろん品揃えや立地などにより平均単価は様々です)

これにより購入場所は売値で選ばれる傾向があるため、商品価格のほか、販売店独自のポイントサービスなども大きく消費者の購入の意思決定に影響しています。裏返すと、販売店としては、仕入れ力・販売力が高くないと著しく不利なカテゴリと言えます。

3.生涯購入機会が多くない

3つめは生涯購入機会が多くないことです。商品単価が高い・耐用年数が長い・旬に合わせて買い替える要素も少ないといった特性から、家電の購入機会はそう多くはありません(iPhone/Apple製品のように最新版に買い替える習慣がある製品は極めてまれです)。

購入に至るまでの選択行動は日用品ともかなり近い傾向があるのですが、一般的な世帯では家電製品を買う機会は決して多くなく(インテリア家具と同じくらいで、2〜3年のうちに3回程度)、この限られた購入機会に店が選択肢に入っていることが重要です。

以上の3点が家電業界の特徴です。

家電業界のユーザーリサーチの観点を解説

家電業界でビジネスを行う上で、消費者・生活者へのリサーチへの観点には大きく、下記の3つが挙げられます。

以下ではそれぞれについて、実際に行うべき質問のサンプルと、回答に対する分析のスコープをまとめました。ひとつずつ解説していきます。

質問サンプル・分析スコープ①:買い増し需要

1つめは「買い増し需要」です。

家電製品を取り扱う際はいかに商品単価の高さが魅力とは言っても、冷蔵庫・洗濯機・エアコンなど生活必需品クラスの製品を売ろうとすると、仕入れから販売、在庫の管理場所、アフターサービスに至るまで、かなり大掛かりな対応が必要になります。

また一方、店の個性を出そうとして「流しそうめん器」のようなトレンド性が強い家電を取り扱っても、多くの家庭にあるわけではないので、それほど数が売れるわけでもありません。どんな商品を扱えばよいか、バランスを見極めるのは難しいものです。

そこで注目したいのが、中小のネットショップでも売りやすい「買い増し需要」のある品目です。以下では具体的な品目及びその特性と共に、自店にあった商品を見つけるための質問を用意しました。

購入を検討したことがある品目追加購入の余地がある品目を質問する

A家電品目のうち、あなたが購入を検討したことがあるものをお選びください。
B併行して使う目的で2台以上購入したことがある家電品目を教えてください。
C

主にご自身専用として購入した家電品目があれば教えてください。

D[○○](品目名称)を買うときに、一緒に検討した方がいれば教えてください。(配偶者・パートナー、父・母、祖父・祖母、子ども、兄弟姉妹、友人、その他、自分一人で決めた)

質問では、購入を検討したことがある品目・追加購入の余地がある品目を消費者に尋ねます。Aは実際の購入有無に関わらず、各品目の検討経験を確認する質問です。Bは併行利用を目的として2台以上購入した品目を尋ねる質問です。Cは自分専用に購入した品目を問う質問です。Dは購入時に意見交換した家族・関係者の属性を尋ねる質問です。

これらの質問により、販売のチャンスが多い家電品目を把握することができます。シンプルな売れ筋はPOSデータを見ればわかりますが、販売実績(流通総額)を参照していても、大手のメーカー・販売店との規模の差は決して埋まることはありません。

アンケート・インタビューなどのアスキング調査では、上記のように「検討ステータス」を尋ねたり、「用途の広さ・狭さ」に応じた購入品目を尋ねたりすることができ、文字通り販売店にとっての提案余地を広げる情報を独自に得ることができます。

では、上記の質問の結果として得られた回答から、どのような分析を行うと良いでしょうか。次のような観点に着目してみましょう。

商品の買い増し需要と決裁環境把握する

購入検討品目
トースター・ドライヤー・扇風機・加湿器・空気清浄機
2台以上購入品目
掃除機・オイルヒーター・デスクライト
自分用購入品目
ヘッドホン・スマートスピーカー・美顔器
購入時検討者
自分一人(50%)

分析では、商品の買い足し需要と決裁環境に着目します。

「購入検討品目」の質問からは、純粋に販売機会が多い品目を知ることができます。たとえば、トースター・ドライヤー・扇風機・加湿器・空気清浄機などは、実際の購入は別にしても多くの人が購入を検討するので、ニーズの広さを把握することができます。

「2台以上購入品目」の質問からは、タイプ別に揃えたり、部屋や敷地のスペースごとに需要のある品目がわかります。たとえば、掃除機・オイルヒーター・デスクライトなどが該当します。家電の購入機会が少ない中で、買い増し需要のある品目は貴重です。

「自分用購入品目」の質問からは、ターゲット層に特有の選好意識(意欲)が高い品目がわかります。たとえば、ヘッドホン・スマートスピーカー・美顔器などが該当します。こうした製品は購入の意思決定構造が明快なので、店が薦めやすい利点があります。

「購入時検討者」の質問からは、購入の意思決定に関わる関係者の割合を把握することができます。商品説明はターゲット層の購入者本人に向けて行うことが基本ですが、配偶者・親・子など関与者がわかっていると表現をチューニングすることができます。

上記の質問によってわかる品目群はアクセサリー性が高いため、日常生活のベースとなる主要家電と比べて購入場所・購入方法に対するこだわりがやや緩く、仮に家電がカテゴリの主力ではない雑貨店などで取り扱っても、仕入れ本位の勝負がしやすいのです。

質問サンプル・分析スコープ②:カートリッジ交換式商品

2つめは「カートリッジ交換式商品」です。

家電製品(家電カテゴリとして取り扱われる品目)の中には、インクジェットプリンターのようにカートリッジを交換して使用するタイプの品目があります。電動歯ブラシ・シェーバー・アロマ加湿器・浄水器など、衛生管理系の品目を中心に存在します。

こうした商品群は、本体購入時の店舗をその後のカートリッジ購入でも利用する傾向が強いため、マーケティング活動的に顧客当たりの獲得効率・販売効率が上がります(※もちろん店の品揃えとして妥当かどうかは、個別によく検討する必要がありますが)。

「カートリッジ交換式商品を取り扱うと、どれくらいの効果が見込めるのか?」—仕入れや重点販促商品を決める前にはそこが気になる点だと思うので、アンケートを使って商品利用者に次のように質問してみましょう。

カートリッジの購入習慣を質問する

A[○○](品目名称)のカートリッジはどれくらいの頻度で交換していますか。
B[○○](品目名称)のカートリッジを購入する時、一度に何個くらい買っていますか。これまでの経験を平均してお答えください。(セット購入の場合は入数をお答えください)
C

[○○](品目名称)のカートリッジを購入する時の、一回あたりの購入金額(税込)をお答えください。(セット購入の場合はその金額をお答えください)

質問では、カートリッジの購入習慣を商品の利用者に尋ねます。Aは交換周期を、Bは購入個数を、Cは購入金額を確認する質問です。この質問が必要な状況下では、自社で販売実績が無い品目が調査対象であることがほとんどなので、商品個別の品目の市場を知るにはアンケート調査がぴったりです。

上記の質問の結果として得られた回答から、どのような分析を行うと良いでしょうか。次のような観点に着目してみましょう。

カートリッジの販売タイミング・販売インパクト試算する

カートリッジの交換周期
3ヶ月に1回程度(ボリュームゾーン)
カートリッジの購入個数
2個(最頻値)
カートリッジの購入金額
3,000円(平均値)

分析では、カートリッジの販売タイミング・販売インパクトを試算します。Aの交換周期の質問からは3ヶ月に1回など周期のボリュームゾーンがわかるので、購入者情報さえ取れていれば最適なタイミングで確度の高いオファーを出すことが可能になります。

Bの購入個数の情報からは、無理のない形でセット購入提案を考えることができます。セット購入を後押しする販促があれば、店側にも客側にも好都合です。さらにCの購入金額の情報があると、施策が成功した時のインパクトまで試算することができます。

分析の着眼点そのものは本体購入時についても同様に当てはまりますが、カートリッジ販売はデータベースで見るには項目の粒度が細かすぎてしまう(データが揃わない)ことが多いので、アンケート調査を使って商品購入者に尋ねるやり方が最適なのです。

質問サンプル・分析スコープ③:実店舗とネットの比較

3つめは「実店舗とネットの比較」です。「購入場所は実店舗かネットか」はユーザーの志向性により異なりますが、家電は品目によって傾向にバラツキがあります。つまり取扱い品目ごとに実店舗とネットの特性をよく把握していく必要があります。

実店舗とネット、購入場所としてのそれぞれの特性を知るための質問サンプルを見てみましょう。

購入場所としての実店舗とネットそれぞれの特性について質問する

A[○○](品目名称)を購入する時の購入場所をお選びください。(実店舗・ネット)
B[○○](品目名称)を購入する時に、実店舗で買う場合とネットで買う場合それぞれについて、あなたが考えるメリット・デメリットを教えてください。

質問では、実店舗とネットそれぞれの特性を任意の商品購入者に尋ねます。Aは商品の購入場所を特定する質問です。Bは実店舗・ネットそれぞれのメリット・デメリットを尋ねる質問です(Bは商品購入者であれば対象者オープンで聞くことができます)。

上記の質問の結果として得られた回答から、どのような分析を行うと良いでしょうか。次のような観点に着目してみましょう。

自店の業態で買われやすい品目に着目する

・実店舗とネットの購入比率

【実店舗優勢】
アイロン・マッサージローラー・ヘッドホン
【ネット優勢】
トースター・ふとん乾燥機・オイルヒーター

・実店舗とネットのメリット・デメリット

【実店舗で購入するメリット】
サイズ・重量・音など使用感・操作性を確認できる
【ネットで購入するメリット】
商品のスペック・レビュー比較をしやすい

分析では、自店の業態で買われやすい品目に着目します。たとえば、購入比率の質問で実店舗が優勢であるアイロン・マッサージローラー・ヘッドホンなどは、実店舗で購入するメリットとして使用感・操作性を確認できる点が評価されています。ここに挙げた商品は一例ですが、他にも機能の評価判断が難しい製品も実店舗優勢の傾向があります。

逆に、購入比率の質問でネットが優勢であるトースター・ふとん乾燥機・オイルヒーターなどは、消費者も買い慣れていて、メーカーと主要機能がだいたいわかるので、商品のスペック・レビューが詳しいネットが便利とネット購入が好まれる傾向があります(※もちろん、販売店の立場や調査対象者によって、調査結果に違いは出てくるでしょう)。

さて、この質問の分析で重要なことは、自店が注力している品目ごとに、実店舗あるいはネットの優勢・劣勢状況とその理由を押さえることです。もちろん優勢の品目を扱うことが基本方針になりますが、劣勢の場合でも、たとえば「ネットでは実物が見れない」という理由であれば、サイズや使用感の情報を強化して対策を講じることができます。

家電業界の攻略法

ここからはまとめです。まず、家電業界のカテゴリ特性・ビジネス課題とは次のようなものでした。

つまり家電業界で(ネットショップオーナー・ウェブ担当者として)勝ち抜くには、大手が圧倒的に有利な高機能な最新製品・単機能の汎用製品での同質化勝負に出るのを避け、価格・販促でなく品揃え展開によって店の強みを打ち出していくことが有効です。

そこで、POSで流通総額の高い製品を探す通常の売上分析と併行して、消費者の購入場所へのこだわり購入の意思決定が比較的緩やかな品目をアンケート調査から見つけ出します。その際に尋ねるべき質問とその分析法は、あらためて以下のようになります。

どの項目にも共通する大事なキーワードが「お買い得感のマーケティング」です。ここで言うお買い得感とは、「ふだんとは違う店だけど、この製品についてはここで買ってもいいな」と思わせる品揃えと、その品目群に対して行う手厚い割引や販促を言います。

買い増し需要、カートリッジ交換式商品、実店舗とネットの比較——取り上げた質問の答えはいずれも、新規顧客が自店で買う理由を反映したデータになって表れます。その傾向と自店のコンセプトを突き合わせ、商品構成・販促展開につなげていきましょう。

最後に、コロナ禍の影響についても補足します。おうち時間の増大に伴い、本稿で例として取り上げたアクセサリー性が高いタイプの家電製品(トースター・デスクライト・掃除機・ふとん乾燥機・ヘッドホンなど)は、いずれも需要が伸びています。

「テレワークやおうち時間の関連製品は、ひと通り買い揃えが進み需要は一服した」という見通しも識者から出ていますが、「2台目・自分用・カートリッジ」などの括りでのきっかけは引き続き今後も有効なので、ぜひ本稿の調査手法を試してみてください。

▼前回は「美容業界」がテーマ。当該業界の方、そうでない方問わず、ユーザー分析のための本質的な思考を学べる内容です。まだお読みでない方は、ぜひご一読ください。

【リサーチャーが語るアンケート虎の巻】美容業界は「美意識のマーケティング」が鍵!

https://manamina.valuesccg.com/articles/1379

リサーチャーの菅原大介さんが、消費者・生活者のことを深く知るためのアンケート調査法を語ります。今回のテーマは美容業界。カテゴリの特徴を洗い出した上で、美容業界でユーザーリサーチを行うときの3つの観点を示し、それぞれの質問文例と、そこから導くべき考察についても解説します。美容業界に携わる方だけでなく、真にユーザーのニーズを知りたい方に必見の内容です。

▼初回は「食品業界」がテーマでした。こちらもぜひ併せてお読みください。

【リサーチャーが語るアンケート虎の巻】食品業界は「旬のマーケティング」が鍵!

https://manamina.valuesccg.com/articles/1335

アンケートによるアスキング調査では、業界ごとのビジネス特性の理解があってはじめて深まります。そこでこのコラムでは、リサーチャーの菅原さんから業界ごとに最適な質問と分析のノウハウを教わります。第1回のテーマは食品業界。食品業界では、売れている場所・買われ方・食べ方など、商品の製造から消費までを貫いて旬を考察する「旬のマーケティング」が重要だと言います。

​​

メールマガジン登録

最新調査やマーケティングに役立つ
トレンド情報をお届けします

この記事のライター

リサーチャー。上智大学文学部新聞学科卒業。新卒で株式会社学研ホールディングスを経て、株式会社マクロミルで月次500問以上の調査を運用するリサーチ業務に従事。現在は国内通信最大手のグループ企業でマーケティング戦略・中期経営計画の立案を担当する。

会社では小売・サービスの分野を中心に年間1,000ページ超のレポートを作成しており、従業員数100名~1,000名の企業におけるリサーチ組織の立ち上げ経験があるほか、自身でもセレクトショップの開業事業部長を務め、調査と事業の両輪を担う技量を併せ持つ。

個人でも「リサーチハック」をキーワードに、ビジネスや日常生活で使えるリサーチスキルを普及させる活動に取り組み、noteや講習会、マーケティング・調査メディアでの連載が好評を得ている。主な著書に『売れるしくみをつくる マーケットリサーチ大全』『新・箇条書き思考』(ともに、明日香出版社)がある。

関連する投稿


Googleフォームでつくる「ユーザープロファイルアンケート」(発展項目編)|きほんのアンケートフォーム

Googleフォームでつくる「ユーザープロファイルアンケート」(発展項目編)|きほんのアンケートフォーム

リサーチャーの菅原大介さんが、ウェブ担当者が業務の中でよく使うアンケートフォーム作成のコツを解説してくれます。今回のテーマは「ユーザープロファイルアンケート」です。ユーザープロファイルデータは、主となる基本属性以外にも、行動データ・意識データなど様々なデータアイテムから構成されます。後編の今回は、ビジネスをドライブする発展項目=計5個の質問を紹介します。ご自身のスキルアップ用や、社内の担当者教育用に、ぜひご活用ください。※記事の最後には、エクセルのチェックリストのダウンロードリンクもあります。


Googleフォームでつくる「ユーザープロファイルアンケート」(基本項目編)|きほんのアンケートフォーム

Googleフォームでつくる「ユーザープロファイルアンケート」(基本項目編)|きほんのアンケートフォーム

リサーチャーの菅原大介さんが、ウェブ担当者が業務の中でよく使うアンケートフォーム作成のコツを解説します。今回のテーマは「ユーザープロファイルアンケート」です。ユーザープロファイルデータは、主となる基本属性以外にも、行動データ・意識データなど様々なデータアイテムから構成されます。前編の今回は、フォームに入れておきたい基本項目=計5個の質問を紹介します。ご自身のスキルアップ用や、社内の担当者教育用に、ぜひご活用ください。※記事の最後には、エクセルのチェックリストのダウンロードリンクもあります。


コロナ感染拡大前~現在までのメディア接触動向変化を公開。新しい情報源・躍進したSNSなどメディア変化を徹底分析

コロナ感染拡大前~現在までのメディア接触動向変化を公開。新しい情報源・躍進したSNSなどメディア変化を徹底分析

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、国内の20歳以上の男女25,401人を対象に、新型コロナウイルス影響2年目のいま現在の消費者動向実態をアンケート調査いたしました。第一弾「生活変化編」に続き、今回第二弾「メディア編」として、感染拡大前~コロナ1年目~コロナ2年目現在までの各メディアへの接触頻度・SNSやアプリの使い方などの変化を公開いたします。 なおアンケート調査に加え、ヴァリューズが独自保有する消費者行動ログを用いての分析も実施しています。


マーケティングリサーチとは何か?事例でリサーチャーが基礎知識を解説

マーケティングリサーチとは何か?事例でリサーチャーが基礎知識を解説

マーケティングリサーチの基礎知識について具体例を交えて紹介します。マーケティングリサーチとは、「組織が商品・サービスを提供するために、お客様を知り、お客様にあった商品・サービスをつくることで、様々な経営資源を効率的に運用するために顧客を知る活動」のこと。マーケティングリサーチを自社のマーケティング活動のなかに取り入れるには、どのタイミングで、何を、どのように行えばいいのでしょうか。当メディアを運営する株式会社ヴァリューズのリサーチャーがマーケティングリサーチについて解説したセミナーから、ポイントをまとめました。


コロナ感染拡大後の飲食店の選び方変化を調査 。「外食シーン」「利用媒体」「人」視点で分析

コロナ感染拡大後の飲食店の選び方変化を調査 。「外食シーン」「利用媒体」「人」視点で分析

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、国内の20歳以上の男女28,164 人を対象に、新型コロナウイルス感染拡大後の飲食店選びに関する消費者動向変化をアンケート調査いたしました。また、アンケート調査に加え、ヴァリューズが提供する消費者行動ログ分析ツール「Dockpit」でも分析を実施いたしました。


最新の投稿


Tableauで実際にデータを深掘ってみた【第1回】OODAループでデータを見ていく

Tableauで実際にデータを深掘ってみた【第1回】OODAループでデータを見ていく

Tableauを使った分析が良い!と言われても正直ピンと来ない方もいらっしゃると思います。 この連載ではなぜTableauでデータを分析すべきなのか、どう使っていくとデータ分析がはかどるのかご紹介していきます。 <br>第1回は、ExcelとTableauの違い、PDCAサイクルとOODAループの考え方の違いについてみていきましょう。


コロナやマッチングアプリの普及で告白事情はどう変わった?検索ワードから生活者の関心を調査

コロナやマッチングアプリの普及で告白事情はどう変わった?検索ワードから生活者の関心を調査

コロナ禍による緊急事態宣言の発令やマッチングアプリの普及など、交際に関する様式も大きく変わりつつあります。そんななかで、「告白」の事情はどうなっているのでしょうか?今回の調査で共通して関心が高い項目やユーザーの属性による関心の違いが明らかになりました。今回はWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」を用いて検索キーワード数の推移や属性別の掛け合わせワード、流入ページ・サイトを分析し、告白にまつわる関心を調査しました。


ヴァリューズ&TableauがDX・データ活用セミナーを共催。「Tableau」を活用したビッグデータ分析手法を徹底解説

ヴァリューズ&TableauがDX・データ活用セミナーを共催。「Tableau」を活用したビッグデータ分析手法を徹底解説

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、リーディング分析プラットフォームを提供するTableau (NYSE:CRM)と共同で、『Tableau・VALUES共催 _ゼロから始めるDX&データ活用徹底解説セミナー』を、2021年12月10日(金)16:00~17:00にオンラインで無料開催いたします。


Zoomで背景のぼかしはどうやる?ぼかせない場合の対処方法も解説

Zoomで背景のぼかしはどうやる?ぼかせない場合の対処方法も解説

リモートワークの普及に伴い、急速に普及したWeb会議ツール「Zoom」。Zoomでは背景画像を設定しなくても、背景をぼかす機能が備わっていて便利です。Zoomで背景ぼかしを設定したり、それがうまくいかない場合の改善方法について解説します。


2021年のトレンド総決算!流行語大賞の「リアル二刀流/ショータイム」をはじめ「AHAMO」「CLUBHOUSE」「マリトッツォ」など。2021年検索キーワードまとめ

2021年のトレンド総決算!流行語大賞の「リアル二刀流/ショータイム」をはじめ「AHAMO」「CLUBHOUSE」「マリトッツォ」など。2021年検索キーワードまとめ

コロナ2年目となる2021年も残り僅かとなりましたが、今年はどんな1年だったのでしょうか。ヴァリューズでは、保有するモニターパネルのWeb行動ログを分析し、毎週急上昇している検索キーワードを調査しています。昨年に引き続き、今年も2021年1月~10月の週間検索キーワードで検索が急上昇した特徴的なワードと、2021年新語・流行語大賞の分析から2021年のトレンドを分析しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー