アンケートに関する記事


郊外に移り住む人が増えている?コロナ禍での引っ越し傾向を探る自主調査レポート

郊外に移り住む人が増えている?コロナ禍での引っ越し傾向を探る自主調査レポート

コロナ禍でのテレワークの浸透や在宅時間の増加から、住環境を見直す人が増えているようです。都心を離れての近距離の移住や新たに住宅を購入する動きなどが見られる中、コロナが引っ越しに与えている影響はどのようなものなのでしょうか。アンケート調査とインターネット行動ログデータの分析から調査しました。(ページ数|25p)


LOHACOユーザーの特徴を探る!Amazonユーザーや楽天市場ユーザーと比べて何が違うのか?

LOHACOユーザーの特徴を探る!Amazonユーザーや楽天市場ユーザーと比べて何が違うのか?

オフィス向け通販サイト「アスクル」の<a href="https://www.ryutsuu.biz/accounts/n031741.html" target="_blank">2021年5月期第3四半期決算</a>によると売上高などが計画を上回る結果となっており好調のようです。また、「アスクル」の個人向け通販サイト「LOHACO(ロハコ)」もYahoo!との連携強化やメーカーとの共創強化などで、順調に売上高を伸長しているようです。今回はこのコロナ禍においても増収増益をあげている「LOHACO」のユーザー像に迫っていきたいと思います。


「人・調べる・買う」を知る!家電購入に関する調査レポート ~ 新型コロナで新たな需要も

「人・調べる・買う」を知る!家電購入に関する調査レポート ~ 新型コロナで新たな需要も

私たちの生活に必要不可欠な家電。洗濯機、掃除機といった生活家電から美容家電にプロジェクターなど趣味性の高いものまで、そのジャンルや需要は多岐にわたります。さらに新型コロナウイルス感染拡大に伴う新しい生活様式により、新たな需要も生まれつつあります。 今回の調査では、購入者分析=「人」、購入までの情報収集分析=「調べる」、購入場所や購入理由分析=「買う」の3つをテーマに設定。アンケート調査とWEBログ分析をもとに複雑な家電購入の実態を整理しました。(ページ数|40p)


健康志向×トレンド志向で食生活に関する価値観をクラスタリング ~ 食クラスター調査レポート

健康志向×トレンド志向で食生活に関する価値観をクラスタリング ~ 食クラスター調査レポート

テイクアウトやフードデリバリーなどの普及、レシピサイトやレストラン予約サイトによる情報収集など、いま私たちの食生活における価値観、情報収集手段は多様化しています。今回はアンケート調査から、食事や食生活に関する価値観をもとに「食ミニマリスト」や「リッチ&グルメ好き」など6つのクラスターに分類。クラスター毎に食費や普段食品を購入する場所、よく見るサイト・よく起動するアプリなどを調査しレポートにまとめました。食に関するインサイトや興味関心・情報収集の実態把握にお役立ていただければ幸いです。(ページ数|34p)


コロナ禍で富裕層女性の消費はどう変化した?コロナ前後の高年収女性の意識・消費行動を比較調査

コロナ禍で富裕層女性の消費はどう変化した?コロナ前後の高年収女性の意識・消費行動を比較調査

新型コロナで日常生活が一変してから早1年。海外への渡航制限や、大人数での外食自粛など、消費への制約を受ける中、富裕層の人たちのお金の使い道に変化はあったのでしょうか。今回は、個人年収800万円以上の女性を対象に、ヴァリューズがアンケート調査とインターネット行動ログ分析を実施。ヴァリューズが開発した「ターゲットプロファイルシート(TPS)」という分析パッケージを用いてデータを可視化し、コロナ前後の比較を行い、調査レポートにまとめました。(ページ数|21p)


クラスタの行動に合わせた効率的なユーザーアプローチとは?「料理に対する価値観クラスタのWeb行動調査」レポート【2021年版】

クラスタの行動に合わせた効率的なユーザーアプローチとは?「料理に対する価値観クラスタのWeb行動調査」レポート【2021年版】

料理に関する価値観のアンケート調査を行い、「料理好きビギナーさん」など6つのクラスタに分類。ネットの利用時間帯やよく見るサイト・よく起動するアプリ、ECモールでの閲覧商品カテゴリなどを分析し、クラスタごとにユーザーのWeb行動特徴と獲得施策のアプローチ例をまとめました。(ページ数|43p)


スマートフォンの通信事業者別ユーザー調査 ~ 携帯キャリアの乗り換え意向、サブブランドの選定理由は?

スマートフォンの通信事業者別ユーザー調査 ~ 携帯キャリアの乗り換え意向、サブブランドの選定理由は?

楽天モバイルの新規参入や政府による大手キャリアへの料金引き下げ要請など、既存の体制に風穴が開き始めた携帯電話市場。今回はそんな携帯電話市場に着目し、携帯電話会社の見直し・乗り換えの実態について調査・分析しました。(ページ数|23p)


コロナ影響下で変化したマネー意識を調査。約6割がマネー不安と回答、利用サービスも変化

コロナ影響下で変化したマネー意識を調査。約6割がマネー不安と回答、利用サービスも変化

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、国内の20歳以上の男女9,998人を対象に、コロナ影響で変化したマネー意識をアンケートにて調査しました。また、ヴァリューズが保有する約250万人の独自パネルを活用したインターネット行動ログ分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/dockpit/" target="_blank">Dockpit</a>(ドックピット)」を用いて、消費者の応援消費・資産運用への関心動向も分析しました。


植物性食品・大豆ミートの認知度調査レポート~興味関心層/購入者層の特徴を分析し今後のマーケティング戦略を考察する

植物性食品・大豆ミートの認知度調査レポート~興味関心層/購入者層の特徴を分析し今後のマーケティング戦略を考察する

環境に優しく健康的であるという理由で人気が高まりつつある植物性食品。大豆ミート・植物性ミルク等の植物性食品の認知度、興味関心、購入経験などをアンケートとWeb行動ログの両軸から調査した『植物性食品・大豆ミートに関する調査』レポートをリリースしました。(ページ数|25p)


コロナ影響下での2021年大型消費動向を調査。昨年買い控え層が予算減少ながらもリベンジ購入予定

コロナ影響下での2021年大型消費動向を調査。昨年買い控え層が予算減少ながらもリベンジ購入予定

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、国内の20歳以上の男女9,998人を対象に、住宅・旅行・家電といった高額商品の2021年の購入意向および予算・購入時期をアンケートにて調査しました。また、ヴァリューズが保有する約250万人の独自パネルを活用したインターネット行動ログ分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/dockpit/" target="_blank">Dockpit</a>(ドックピット)」を用いて、旅行や家電などに関する消費者の年間検索動向も分析しました。


『健康クラスター調査~健康に関するインサイトを探る~』レポート

『健康クラスター調査~健康に関するインサイトを探る~』レポート

新型コロナウイルスの流行を機に、これまで以上に健康に気を配るようになったという人も多いかと思います。健康維持にはさまざまな方法がありますが、年齢や性別・悩みなどによる傾向の違いはあるのでしょうか。因子分析とクラスター分析を用い、一般消費者の健康に関するインサイトを分析します。(ページ数|28p)


Web行動ログから読み取く!withコロナ期における消費者の「おうち時間」の過ごし方の変化とは|セミナーレポート

Web行動ログから読み取く!withコロナ期における消費者の「おうち時間」の過ごし方の変化とは|セミナーレポート

withコロナ期における消費者の「おうち時間」の過ごし方の変化をWeb行動ログから考察したオンラインセミナーが開催されました。今回は、コロナ禍の「おうち時間」における消費者の意識変化・行動変化を「食」「運動」「家電」という3つの切り口から分析し、消費者の動向をアンケート調査とWeb行動ログから読み解きます。


年末年始のイベント実施意向、過ごし方を調査 ~ 公私ともに忘新年会控え、買い物はネットEC利用

年末年始のイベント実施意向、過ごし方を調査 ~ 公私ともに忘新年会控え、買い物はネットEC利用

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、国内の20歳以上の男女9,999人を対象に、新型コロナウイルス感染拡大前後での年末年始イベント実施意向変化をアンケートにて調査しました。また、ヴァリューズが保有する約250万人の独自パネルを活用したインターネット行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を用いて、「忘年会」や「旅行」に関する消費者の検索動向も分析しました。


中国のアンケート調査を効果的に行う方法とリサーチ・サービス3選

中国のアンケート調査を効果的に行う方法とリサーチ・サービス3選

ますます勢いづく中国市場。経済産業省による2020年7月のレポートによれば、2019年度の中国のBtoCのEC市場規模は約204兆円にのぼり、その他の国々と比較しても圧倒的な大きさのマーケットに成長しています。本記事では、そんな中国市場に対してアンケート・リサーチをする際のポイント、中国での調査会社やサービスについて紹介していきます。


withコロナ時代、新たに根づく“自粛ポジティブ消費”とは?アンケートと検索ログによる調査レポート

withコロナ時代、新たに根づく“自粛ポジティブ消費”とは?アンケートと検索ログによる調査レポート

新型コロナウイルスの“第3波”到来ともいわれる今、マーケターにおいては、冬の巣ごもりシーズンに向けwithコロナの消費行動をつかむニーズが再び高まっています。 そこでヴァリューズでは、消費者が2020年春の自粛期間を有意義に過ごすために行った新たな行動=“自粛ポジティブ消費”に関するアンケート調査を実施しました。その結果、意外にも早い段階で消費者の“ポジティブ転換”が起きていたことや、その継続意向の高さ、情報収集行動・消費傾向について新たな特徴がみられることがわかりました。(ページ数|51p)


今や通年の関心事に?『紫外線対策に関する調査』レポート

今や通年の関心事に?『紫外線対策に関する調査』レポート

コロナ禍で「マスク焼け」など新たな悩みも浮上し、紫外線対策やUVケアは今や通年の関心事になってきました。また、紫外線対策方法も、日焼け止めや日傘、帽子、最近では飲む日焼け止めなどもドラッグストアで見かけるようになり、多岐にわたっています。実際に、女性はどのような時に紫外線対策をするのでしょうか。今回は、全国の20歳以上の女性に紫外線対策に関するアンケートを配信し、さらにWeb行動ログデータを用いてオンラインの情報も加え、紫外線対策の意識別に詳しく分析しました。(ページ数|28p)


百貨店の店舗とECサイト、使われ方の違いとは?『百貨店・百貨店ECサイトの利用実態調査』レポート

百貨店の店舗とECサイト、使われ方の違いとは?『百貨店・百貨店ECサイトの利用実態調査』レポート

いつでもどこでも手軽にショッピングを楽しめるネット通販。コロナ禍で需要は高まりつつありますが、一方で実店舗での買い物を好む人も大勢います。アンケート調査を基に、百貨店における店舗とECサイトそれぞれの使われ方の違いを調査しました。利用シーンや利用者人物像を比較し、ECサイト利用者増加のためのヒントを探ります。(ページ数|23p)


4大SNSのヘビーユーザーをデータから徹底比較!~ Facebook, Instagram, LINE, Twitterのユーザー特徴を調査

4大SNSのヘビーユーザーをデータから徹底比較!~ Facebook, Instagram, LINE, Twitterのユーザー特徴を調査

スマートフォンの普及によって、情報収集源としての役割をますます拡大しているSNS。アプローチしたいセグメントに到達するためには、適切なSNSを広告媒体として活用することが重要です。様々に選択肢がある中で、どんなユーザーがどのSNSを選び、どのような購買活動をしているのか。今回は4大SNSとも言える、Facebook、Instagram、LINE、Twitterそれぞれのヘビーユーザーの属性、購買動機や興味関心などのサイコグラフィック、メディアの利用状況や消費行動などを調査し、ユーザープロファイルを作成しました。(ページ数 | 26)


コロナで変化した食生活と食に関する意識を調査 ~ 自粛で増えた手作り料理、約8割が継続意向。オンライン飲み会、性年代別で人気おつまみに違いも

コロナで変化した食生活と食に関する意識を調査 ~ 自粛で増えた手作り料理、約8割が継続意向。オンライン飲み会、性年代別で人気おつまみに違いも

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、国内の20歳以上の男女10,007人を対象に、新型コロナウイルス感染拡大前後での食生活の変化や食に対する意識変化をアンケートにて調査しました。


お金の使い方や資産形成に関する価値観をもとに消費者をクラスタリング『お金クラスター調査結果』レポート

お金の使い方や資産形成に関する価値観をもとに消費者をクラスタリング『お金クラスター調査結果』レポート

消費全般に関するインサイト把握や資産運用商品の購入・資産運用実態の把握に役立てて頂くため、お金の使い方や資産形成に関する価値観をもとに消費者をクラスタリング分析した、『お金クラスター調査結果』レポートをリリースしました。(ページ数|27p)<br>※調査レポートは無料でダウンロードできます


アクセスランキング


>>総合人気ランキング