【媒体調査】Yahoo!系の動画サービス「GYAO!」のユーザー像を媒体資料×Webログデータから読み解く

【媒体調査】Yahoo!系の動画サービス「GYAO!」のユーザー像を媒体資料×Webログデータから読み解く

月間1,550万UB(ユニークブラウザ)を誇るYahoo!の動画配信サービスである「GYAO!」。昨今のVOD市場の拡大も後押しし多くのユーザーを集める「GYAO!」について、媒体資料とWeb行動ログデータを用いて利用者の嗜好や興味を分析、メディアの特徴を探ります。


Yahoo!の無料動画サービス「GYAO!」とは

「GYAO!」はヤフー系列の「株式会社GYAO」が運営する動画配信(VOD)サービスです。その最たる特徴は、一般的な会員登録が必要なVODサービスと異なり、"会員登録なしでも動画の無料視聴が可能"である点です。

本稿ではGyao!の利用者、閲覧者がどんな人なのかを調査していきます。まずは「GYAO!」の媒体資料を元に、利用ユーザーの属性を確認してみましょう。

「GYAO!」媒体資料(2021年8月時点のもの)

媒体資料によれば、「GYAO!」の月間訪問者数は1,550万UB ※ で、スマホとPCの閲覧割合はおよそ7:3です(※「ユニークブラウザ数」の略、特定のウェブサイトを訪れたユーザー数を差す指標)

スマホユーザーに焦点を絞るとやや女性の割合の方が高く、最も大きな割合を占めるのが35~54歳の女性ユーザーです。また、男性の35~54歳の利用ユーザーも24%と割合が大きく、両性別で約5割を占めるミドル層の利用が多いサービスであると言えます。

「GYAO!」媒体資料(2021年8月時点のもの)

「GYAO!」ユーザーのプロファイルをさらに見てみると、興味関心を持つコンテンツは「音楽」「旅行」の割合が最も高く14%という結果。次いで、「スポーツ&アウトドア」「ショッピング」の13%、「エンターテイメント」の11%と続きます。資料にもある通り、利用ユーザーの多くが「映画」「アニメ・マンガ」といったエンターテイメントや、「音楽」「買い物」に関心を高く持っている媒体です。

また、ユーザーの年収や資産に関するデータでは、比較対象となっているその他のVODよりも「個人年収」や「金融資産」の金額が高い傾向です。これは、前述した年齢別のデータにおいて、男女ともに35~54歳という円熟期に入ったミドル層が多かったことが影響している可能性があります。

「GYAO!」利用ユーザーの属性を定量データから分析

次に、ヴァリューズのデータを用いて、「GYAO!」ユーザーの嗜好する具体的なコンテンツや、興味関心のある分野を分析していきます。

「GYAO!」ユーザーを大きく4つにクラスタ分けすると

まずは、「GYAO!」ユーザーが興味関心を寄せるジャンルについて、検索キーワードに基づいてクラスタ分析をしていきます。

上記は、類似した「GYAO!」の利用ユーザーを4つのクラスタに分けたうえで、それぞれが興味を持つジャンルを可視化した図です。図を俯瞰してみると、4つのクラスタはそれぞれ「ドラマ・アニメ好き」「バラエティ好き」「韓流ドラマ好き」「アイドル応援好き」といった属性に分けられそうです。

左上の「ドラマ・アニメクラスタ」においては、具体的な作品名だけでなく「無料動画」「無料視聴」といった視聴の方法などが並んでいます。「お金をかけずに好きなドラマやアニメを見たい」とったニーズを持つクラスタが、「GYAO!」の無料視聴が持つサービス特性にマッチしていることが窺えます。

右上の「バラエティクラスタ」では各お笑い番組やバラエティタレントの名前が並びますが、その中でも大きなボリュームになっているのが「見逃し」「見逃し配信」といったキーワードです。テレビで毎週放送されているバラエティ番組の見逃しがあり、バックナンバーを視聴したいというニーズがこのクラスタは強そうです。

左下の「韓流ドラマクラスタ」では、「韓国ドラマ」といったキーワードに加え、各ドラマのタイトルが並んでいます。韓流ドラマはGyao!ユーザーのうちもっとも割合が高かった35~54歳の女性ユーザーにも人気の高いジャンル。様々な韓国ドラマの作品を無料視聴できる点でユーザーを集めていると考えられます。

最後に、右下の「アイドル応援クラスタ」については、女性シンガーやアーティスト名と共に、韓国発のオーディション番組である「プロデュース101」がクローズアップされています。本番組は日本版の「PRODUCE 101 JAPAN」というシリーズも人気を博しており、媒体内では少数派な10~20代の女性ユーザーのサービスリーチを拡大するための起点となっていそうです。

興味・関心データから浮かび上がる「大人な」ユーザーの存在

続いては、「GYAO!」ユーザーが興味を持っている分野について、データをプロットした図です。

上記図の、縦軸「リーチ率」と横軸「特徴値」は以下の定義に基づいて算出されています。

リーチ率
対象者のうちアンケートで当該項目に回答した人数の比率
特徴値

対象者が一般的なネット利用者と比べて特徴的に利用するサイトや起動するアプリ、

検索するワードを可視化するための指標。

(対象者のリーチ率)ー(ネット人口全体のリーチ率)で計算

簡単に言えば、「リーチ率」が高いほど、興味・関心を持っているユーザーが多いジャンルです。また、「特徴値」は一般的なネットユーザーよりも顕著に出ている分野ほど高くなるため、「リーチ率」と合わせて考えると、グラフの右上に位置する項目ほど「GYAO!」ユーザーに特有で興味・関心の大きいジャンルであると考えることができます。

媒体資料でも触れられていたように、「映画」「音楽鑑賞」「テレビ番組」といったジャンルはやはり関心が高く、ユーザーがサービスを選ぶ動機となっていそうです。一方、意外とリーチ率が高いのが「デンタルケア」や「結婚」といったワードです。これらの語句は媒体資料のユーザープロファイルに記載されていた「健康を意識している」「キレイめ、いつもキチンとした身なり」といった内容を連想させ、比較的に成熟している大人なユーザーが「GYAO!」を利用していることが想像できます。

併用サイトのデータには「テレビ放映作品」「無料視聴」へのニーズが色濃い

最後に、「GYAO!」を閲覧したユーザーがその他にどのようなサイトを特徴的に利用しているか調べるため、閲覧サイトランキングを見てみましょう。

前項同様に「特徴値」の指標で降順にサイトを並べてみると、「GYAO!」の訪問者は他に「Tver」「ビデオマーケット」といったVODメディアにもアクセスしています。

前者は「バラエティクラスタ」「ドラマ・アニメクラスタ」に民放の番組の需要が高いため、「GYAO!」と併用して目当てのテレビ番組を探しているユーザーがいるからだと考えられます。一方、後者は「初月の会費が無料」のVODであるため、視聴無料を掲げる「GYAO!」のユーザーとは親和性が高いことが推察できます。

また、その他の特徴的なサイトとしては、「アイドル応援クラスタ」で登場していた「PRODUCE 101 JAPAN」のオフィシャルサイトへのアクセスも多いようです。「PRODUCE 101 JAPAN」のシーズン2が「GYAO!」独占配信となっていることから、同コンテンツに興味を持つユーザーを集客できていることがわかります。

「GYAO!」のメディア特性まとめ

ここまで分析してきた内容から、「GYAO!」の利用ユーザーの特徴をまとめると以下のとおりです。

・利用ユーザーにはやや女性が多く、半数が35~54歳のミドル層で他媒体よりも金銭的に裕福な「大人」が利用
・利用ユーザーは大きく「ドラマ・アニメ好き」「バラエティ好き」「韓流ドラマ好き」「アイドル応援好き」に分かれる
・「アニメ」「ドラマ」「バラエティ」といったテレビ放映作品の"見逃し配信"へのニーズが強い
・特に、「アニメ」や「ドラマ」に関心があるユーザー層には「無料視聴できる」というサービス特性がフックになっている

本調査が、皆さんのマーケティング業務や市場調査などに役立ちますと光栄です。

【調査概要】
ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、全国のモニター会員の協力により、2020年7月〜2021年6月のネット行動ログデータを分析しました。
※閲覧サイトランキングはGyaoのWebサイト閲覧の前後180分の行動ログから分析
※n=5,000人

この記事のライター

国内大手の採用メディア制作部を経てフリーライターとして独立。現在はWebマーケティング、就職・転職、エンタメ(ゲーム・アニメ・書籍)等の各種メディアにて記事制作を担当。「マナミナ」では一人でも多くの読者に楽しく読んでもらえるマーケティングコンテンツを提供していきます。

関連する投稿


【媒体調査】NewsPicksのユーザー像を媒体資料×Webログデータで読み解く。併用アプリから見えてくる「向上心の高さ」

【媒体調査】NewsPicksのユーザー像を媒体資料×Webログデータで読み解く。併用アプリから見えてくる「向上心の高さ」

2021年6月には会員ユーザー数が約641万人となったニュースサービス「NewsPicks」について、媒体資料とヴァリューズが保有するWeb行動ログデータにより、媒体の特性や利用ユーザーの特徴を探っていきます。広告出稿検討の際などにぜひお役立てください。


【媒体調査】キナリノの読者層をWeb行動ログデータで読みとく

【媒体調査】キナリノの読者層をWeb行動ログデータで読みとく

心地よい暮らしを提案する「キナリノ」のユーザー像を掘り下げます。キナリノの媒体資料は現在は公開されていませんが、Web行動ログデータをもとに読者層を調べてみました。キナリノは昨今のサステナビリティへの注目の高まりも追い風となり、人気となっているライフスタイルメディア。自然派のファッションやグルメといったテーマが、どのような層に響いているのか分析します。


コロナ感染拡大前~現在までのメディア接触動向変化を公開。新しい情報源・躍進したSNSなどメディア変化を徹底分析

コロナ感染拡大前~現在までのメディア接触動向変化を公開。新しい情報源・躍進したSNSなどメディア変化を徹底分析

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、国内の20歳以上の男女25,401人を対象に、新型コロナウイルス影響2年目のいま現在の消費者動向実態をアンケート調査いたしました。第一弾「生活変化編」に続き、今回第二弾「メディア編」として、感染拡大前~コロナ1年目~コロナ2年目現在までの各メディアへの接触頻度・SNSやアプリの使い方などの変化を公開いたします。 なおアンケート調査に加え、ヴァリューズが独自保有する消費者行動ログを用いての分析も実施しています。


消費者の広告に抱く本音とは?「広告」検索者からポジティブ層とネガティブ層を分析

消費者の広告に抱く本音とは?「広告」検索者からポジティブ層とネガティブ層を分析

広告に対して消費者がどんな本音を抱いているのか、また、広告に対してポジティブ・ネガティブな層はどういったユーザーなのか分析します。最近ではCookie問題や行政によるインターネット広告の規制強化が進み、不適切なメッセージによる炎上も度々起こるなど、消費者にとって広告はネガティブなものだと思われがちです。調査にあたっては直近1年間での「広告」関連の検索キーワードや、実際の流入ページに注目しました。


情報収集に!ビジネス系Webメディアをユーザー数上昇率ランキングで調査

情報収集に!ビジネス系Webメディアをユーザー数上昇率ランキングで調査

ユーザー数が上昇中のビジネス系Webメディアについて調査します。これから伸びるビジネスメディアはどこでしょうか。上位には@SEMINARやマーケティングメディアのDIGIDAY、NTT西日本のBizclipなどがランクイン。コンテンツやメディア施策を分析します。ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を用いて分析しました。


最新の投稿


Tableauで実際にデータを深掘ってみた【第1回】OODAループでデータを見ていく

Tableauで実際にデータを深掘ってみた【第1回】OODAループでデータを見ていく

Tableauを使った分析が良い!と言われても正直ピンと来ない方もいらっしゃると思います。 この連載ではなぜTableauでデータを分析すべきなのか、どう使っていくとデータ分析がはかどるのかご紹介していきます。 <br>第1回は、ExcelとTableauの違い、PDCAサイクルとOODAループの考え方の違いについてみていきましょう。


コロナやマッチングアプリの普及で告白事情はどう変わった?検索ワードから生活者の関心を調査

コロナやマッチングアプリの普及で告白事情はどう変わった?検索ワードから生活者の関心を調査

コロナ禍による緊急事態宣言の発令やマッチングアプリの普及など、交際に関する様式も大きく変わりつつあります。そんななかで、「告白」の事情はどうなっているのでしょうか?今回の調査で共通して関心が高い項目やユーザーの属性による関心の違いが明らかになりました。今回はWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」を用いて検索キーワード数の推移や属性別の掛け合わせワード、流入ページ・サイトを分析し、告白にまつわる関心を調査しました。


ヴァリューズ&TableauがDX・データ活用セミナーを共催。「Tableau」を活用したビッグデータ分析手法を徹底解説

ヴァリューズ&TableauがDX・データ活用セミナーを共催。「Tableau」を活用したビッグデータ分析手法を徹底解説

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、リーディング分析プラットフォームを提供するTableau (NYSE:CRM)と共同で、『Tableau・VALUES共催 _ゼロから始めるDX&データ活用徹底解説セミナー』を、2021年12月10日(金)16:00~17:00にオンラインで無料開催いたします。


Zoomで背景のぼかしはどうやる?ぼかせない場合の対処方法も解説

Zoomで背景のぼかしはどうやる?ぼかせない場合の対処方法も解説

リモートワークの普及に伴い、急速に普及したWeb会議ツール「Zoom」。Zoomでは背景画像を設定しなくても、背景をぼかす機能が備わっていて便利です。Zoomで背景ぼかしを設定したり、それがうまくいかない場合の改善方法について解説します。


2021年のトレンド総決算!流行語大賞の「リアル二刀流/ショータイム」をはじめ「AHAMO」「CLUBHOUSE」「マリトッツォ」など。2021年検索キーワードまとめ

2021年のトレンド総決算!流行語大賞の「リアル二刀流/ショータイム」をはじめ「AHAMO」「CLUBHOUSE」「マリトッツォ」など。2021年検索キーワードまとめ

コロナ2年目となる2021年も残り僅かとなりましたが、今年はどんな1年だったのでしょうか。ヴァリューズでは、保有するモニターパネルのWeb行動ログを分析し、毎週急上昇している検索キーワードを調査しています。昨年に引き続き、今年も2021年1月~10月の週間検索キーワードで検索が急上昇した特徴的なワードと、2021年新語・流行語大賞の分析から2021年のトレンドを分析しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー