スマートニュースのユーザーはどんな人?データからみる消費ニーズと広告の可能性

スマートニュースのユーザーはどんな人?データからみる消費ニーズと広告の可能性

SmartNews(スマートニュース)は、約3000ものメディアから集めたニュースやコラムなどをまとめたニュースメディアです。スマートニュースアプリを利用するユーザーはどのような人たちなのか。どのような消費ニーズがあるのか。Web行動ログデータとアンケートデータをもとに検証しました。


SmartNews(スマートニュース)ってどんなメディア?

SmartNews(以下、スマートニュース)は3000ものメディアから集めたさまざまな情報を閲覧できるニュースサイトです。アカウント登録を行うことでお気に入りの記事を保存したり、興味のあるカテゴリを登録して自分好みのメディアにカスタマイズしたりもできます。

今回はそんなスマートニュースについて、まずはDockpit(毎月更新される行動データを用いて、手元のブラウザで競合サイト分析やトレンド調査を行えるヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール)を用いて分析していきます。

スマートニュースアプリユーザー数

「SmartNews」のアプリ ユーザー数および月平均アプリ起動日数
(集計期間:2022年11月〜2023年1月、対象デバイス:スマートフォン)

スマートニュースのアプリユーザー数は36,900,000人で、1ヶ月の平均アプリ起動日数は約12日でした。

ユーザーがアプリ内の記事をいくつか回遊することを考えると、スマートニュースアプリ全体の月間PV数は4億5千万回を優に超えることが想定されます。

男女半々・40代~60代の幅広い層に支持されている

スマートニュースアプリ_性別

「SmartNews」のアプリユーザー属性「性別」
(集計期間:2022年11月〜2023年1月、対象デバイス:スマートフォン)

スマートニュースアプリを利用しているユーザーの男女比はほぼ半々、やや男性が多い結果でした。

スマートニュースアプリ_年代

「SmartNews」のアプリユーザー属性「年代」
(集計期間:2022年11月〜2023年1月、対象デバイス:スマートフォン)

年代では40代から60代までのミドル~年配層のユーザーが多いことがわかります。

スマートニュースは幅広いジャンルから自分好みの情報収集ができる仕様です。忙しい世代が仕事や家事の合間に、ささっと情報をキャッチアップしやすいのかもしれません。

大半のユーザーの年収は、平均年収よりやや少ない

ユーザーの年収データにも特徴が見られました。スマートニュースを検索しているユーザーの年収で最も多いのは400万円未満で、おおよそ5割近い割合となっていました。

スマートニュースアプリ_年収

「SmartNews」のアプリユーザー属性「年収」
(集計期間:2022年11月〜2023年1月、対象デバイス:スマートフォン)

国税庁の令和2年の民間給与実態統計調査によると、令和2年の給与所得者の平均年収は433万円。スマートニュースのアプリを利用しているユーザーの大半は、国民全体の平均年収よりやや少ないことがわかります。

スマートニュースのアプリ上では、外食各社のクーポンを入手できます。節約志向が高いユーザーがスマートニュースに集まっていると仮定すると、ユーザーにとってはクーポン施策がスマートニュースを選ぶフックとなっているのかもしれません。

スマートニュースアプリの「クーポン」タブ画面(Android)

スマートニュースアプリの「クーポン」タブ画面(Android)

ここからはさらに分析を深めるため、Web行動データとアンケートデータを用いて、ターゲットユーザーにおける特定のWeb行動の前後の動きと属性を集計できる「story bank」を用いてみていきます。

まずはスマートニュースアプリの利用者の支出傾向です。

スマートニュースアプリ利用者の支出傾向

「story bank」スマートニュースアプリ利用者の支出傾向
(集計期間:2022年11月〜2023年1月、対象デバイス:スマートフォン)

ネット利用者全体とスマートニュースのユーザーの平均支出を比較すると、最も生活に直結している「外食を除いた食費」は、スマートニュースユーザーの平均支出がネット全体の平均支出を下回っていました。

さらに子どもへの教育費や衣服、旅行などでもスマートニュースユーザーの平均支出がネット全体の平均支出を下回っています。

一方でギャンブルのほか、たばこ・アルコールといった嗜好品や化粧品への支出においては、平均より高い特徴があります。

スマートニュースユーザーの平均支出が高いジャンルは広告出稿も狙い目と言えるかもしれません。

スマートニュースに男女別で広告を出稿するなら

ここからはスマートニュースに広告を出稿する場合を想定し、男女別にジャンルを考察していきます。スマートニュースユーザーの興味関心を把握できれば、広告配信の戦略や親和性の高い広告が見つかるかもしれません。

男性は「娯楽」に興味あり

スマートニュースアプリ男性ユーザーの関心度

「story bank」スマートニュースアプリ男性ユーザーの関心度
(集計期間:2022年11月〜2023年1月、対象デバイス:スマートフォン)

男性のスマートニュースユーザーが関心を持っているジャンルは動画共有サイトやゲームといったいわゆる「娯楽ジャンル」でした。

この結果から、日常的に動画を閲覧している様子やスマホゲームへの関心の高さがうかがえます。動画共有サイトでも、ゲーム実況を見ている人が多いのかもしれません。

男性のスマートニュースアプリユーザー向けに広告を出稿するなら、ゲーム関連の広告の相性が良いのではないでしょうか。また配信形式においては、動画コンテンツでの訴求を試してみてもいいかもしれませんね。

女性は「ダイエット・コスメ」に興味あり

スマートニュースアプリ女性ユーザーの関心度

「story bank」スマートニュースアプリ女性ユーザーの関心度
(集計期間:2022年11月〜2023年1月、対象デバイス:スマートフォン)

女性のスマートニュースユーザーが関心を持っているジャンルは、ダイエットやコスメでした。女性のスマートニュースユーザーは、健康情報やオシャレに関して関心が高いといえそうです。

なかでも「化粧品」に関しては、ネットユーザーの平均よりも、スマートニュースユーザーの支出が多いデータがあります。

スマートニュースアプリ利用者の支出傾向

「story bank」スマートニュースアプリ利用者の支出傾向
(集計期間:2022年11月〜2023年1月、対象デバイス:スマートフォン)

このことから化粧品の広告は親和性が高いといえるでしょう。

まとめ

データからは、スマートニュースユーザーの年収とメディアに対するニーズ、消費傾向がみえてきました。
今回のデータからみえたスマートニュースユーザーの特徴は、以下です。

・スマートニュースのユーザー層は男女が半々
・40代から60代までの幅広い年齢層
・年収は平均か、それ以下のユーザーが多い
・男性は動画コンテンツにて、ゲームなどの娯楽情報と広告の相性がいい
・女性は健康情報やオシャレ、とくに化粧品との広告の親和性が高そう

▼今回の分析にはWeb行動ログ調査ツール『Dockpit』を使用しています。は無料版もありますので、興味のある方は下記よりぜひご登録ください。

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

1978年長崎県生まれ。1男の母。プログラマを経て現在フリーランスのライターとして活動中。不惑の年齢にしてK-popにハマり、韓国語勉強中。食育アドバイザー、薬膳コーディネーター、野菜スペシャリスト。

関連する投稿


What kind of people can only be reached through Instagram? And Twitter? Users “only” available from each major platform

What kind of people can only be reached through Instagram? And Twitter? Users “only” available from each major platform

Many think “most people use both X (formerly Twitter) and Instagram.” There are users who can only be reached through certain platforms. Using app activation data, we researched how many and what kind of users can be reached exclusively through each app and analyzed which users are most likely to purchase via ads, etc.


Instagramじゃないとアプローチできない人ってどんな人?Twitterの場合は?主要SNSの「のみ」ユーザーを調査

Instagramじゃないとアプローチできない人ってどんな人?Twitterの場合は?主要SNSの「のみ」ユーザーを調査

「X(旧Twitter)とInstagram、大体みんな両方使っているだろう」と何となく思っていませんか?狙いたいターゲットによっては、どちらかの媒体でしかアプローチできないユーザーが意外にも存在するかもしれません。今回はスマホアプリの起動データから、それぞれの「のみ」利用ユーザーがどれくらい存在し、彼らがどのような特徴をもった人々なのかを調査。広告が購買に繋がりやすいのはどちらの「のみ」ユーザー?など、施策を見据えて分析していきます。


自動車メディアの市場を調査。「カービュー」「くるまのニュース」が2強に!

自動車メディアの市場を調査。「カービュー」「くるまのニュース」が2強に!

クルマの情報や魅力、楽しさなどを発信する自動車メディア。今回は、数多くある自動車メディアについて調査します。自動車メディア市場の概観や勢力図、ユーザー属性などについて分析していきます。


SNSごとの特性を活かす施策とユーザーリサーチ法|吉田啓介さん×菅原大介さん対談

SNSごとの特性を活かす施策とユーザーリサーチ法|吉田啓介さん×菅原大介さん対談

SNSはマーケティングコミュニケーションのチャネルとして企業に欠かせない存在となりつつ、近年はソーシャルリスニングの手法に代表されるように、自社ユーザーの声をSNS上で収集して分析することでヒット商品が誕生する事例も多数出てきています。ただ、SNSの担当者の方にとって、Twitter、Instagram、Facebookなど様々あるSNSを、どのように活用し、また分析すれば良いか迷うこともあるのではないでしょうか。 SNSごとの特性を活かしたマーケティング施策とユーザーリサーチの手法について、カラビナハートのマーケティングコンサルタント、吉田啓介さんとリサーチャーの菅原大介さんに対談いただきました。


ソーシャルメディアではできない顧客体験を。Pinterest 広告の魅力に迫る

ソーシャルメディアではできない顧客体験を。Pinterest 広告の魅力に迫る

アイデアを画像や動画で発見・保存・整理できる「Pinterest(ピンタレスト)」。“ビジュアル探索プラットフォーム”として、SNSとは異なる独自ポジションを築き、全世界で毎月4億人超のオーディエンスが利用しているといいます。そんなPinterest は2022年6月に日本国内でも広告事業を開始し、広告出稿先としても注目を集めています。マナミナ編集部では、Pinterest ユーザーの購買やアクションとの関係性を行動ログデータから独自調査。広告プラットフォームとしてのポテンシャルを探るとともに、Pinterest Japan ビジネスマーケティングリードの石井恵子さんに、今後のPinterestアドの展望についてもお話を聞きました。


最新の投稿


広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

株式会社リンクアンドパートナーズは、上場企業に勤めており、PR施策を行っている広報担当者・マーケ担当者を対象に、「上場企業のPR施策の実態に関する調査」を実施し、結果を公開しました。


推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

株式会社博報堂、博報堂DYグループの株式会社 SIGNING は、生活者発想で経営を考える研究開発・社会実装プロジェクト「HAKUHODO HUMANOMICS STUDIO」の活動の第二弾として「オシノミクス プロジェクト」を発足、「オシノミクス レポート」を発表しました。


サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

株式会社サイバーエージェントはインターネット広告事業において、Amazon Adsにおける運用最適化ツール「PARADE(パレード)」を開発したことを発表しました。


企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージと聞き、最初に思いつくのはロゴでしょうか、色でしょうか、それともキャラクター?昨今では、キャラクターを用いての広告戦略は企業だけでなく、地域おこしなど、あらゆるところで目にするようになりました。誰も彼もが深い意味もなく「かわいい」と愛着を感じてしまう「ゆるキャラ」や企業のイメージキャラクター。実はそこに認知心理学が深く関わっているようです。本稿では人心を捉えるために計算尽くされたキャラクターの威力について、株式会社創造開発研究所所長を務める渡部数俊氏が解説します。


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第15弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「バレンタイン」「大学受験」の2テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。 お菓子の手作り・購入のみならず、推し活やファッションにも広がるバレンタイン市場の様子や、大学受験にまつわるマーケティング・消費行動など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ