Toyota's "RAIZE" is making great strides! Who are interested in it?

Toyota's "RAIZE" is making great strides! Who are interested in it?

The "RAIZE", Toyota's new compact SUV launched on November 5, 2019, surpassed Toyota Corolla to become the top-selling vehicle in January 2020 and continued to be the top-selling vehicle in February 2020. In this article, we will examine the online behavior of people who visited official website of Toyota's "RAIZE".


What is Toyota "RAIZE"?

The "RAIZE" launched by Toyota is a compact SUV that responds to the needs of users who "desire to drive a SUV, carrying a lot of luggage, but prefer a compact size that is easy to drive" (*1).
(*1) Excerpt from Toyota Motor Corporation's official corporate website

The features of the Toyota "RAIZE" are

  • A compact SUV with an overall length of less than 4 meters, making it easy to maneuver.
  • Reasonably priced for an SUV, with a manufacturer's suggested retail price of 1,679,000 to 2,282,200 JPY
  • High product performance with 17 advanced safety features.
  • With a wide cargo capacity of 369 liters, it has a large capacity space and a convenient interior space.
  • Number of visitors peaks in November, which is the month of its launch

    First, let's check the number of visitors to the official website of the Toyota "RAIZE". Since the Toyota RAIZE is an OEM supply of the Daihatsu Rocky , we also looked at the number of visitors to the Daihatsu Rocky's official website.

    The number of visitors to the official website of Daihatsu Rocky peaked in November 2019, the month of its launch, and has been on a downward trend since the following month. In November, which is the month of launch, the number of users for the Toyota RAIZE and Daihatsu Rocky were about the same, and from December, the following month, the number of users for the Toyota RAIZE was higher.

    According to the sales figures released by the Japan Automobile Dealers Association, the Toyota "RAIZE" had the upper hand. However, the Daihatsu "Rocky" also seems to be selling well and has grown to become a major earner for Daihatsu.

    Number of users of the official websites of Toyota "RAIZE" and Daihatsu "Rocky".

    *Nov. 2019 - Mar. 2020

    Source: http://www.jada.or.jp
    Sales figures released by the Japan Automobile Dealers Association.

    Although it's a compact car, 80% of customers are men


    Next, what kind of users are interested in Toyota "RAIZE"? We analyzed the people who visited the Toyota "RAIZE" brand website.

    The gender was overwhelmingly male, at just under 80%. Compact cars are usually associated with women, but the high percentage of men was a surprising result.

    By age group, all age groups were almost evenly represented. The highest percentage was 24.7% among those in their 40s, suggesting that people of all ages are interested in it.

    Demographics of visitors to Toyota's "RAIZE" brand website.

    *November 2019 - February 2020

    Moreover, when examined by marital status, about 60% of the married respondents are interested in the topic. It’s slightly more likely to be interested by households without children, but it also seems to be popular in both households with and without children’s groups.

    Demographics of visitors to Toyota's "RAIZE" brand website.

    *November 2019 - February 2020

    Price range more important than body type?


    Then, let's take a look at the ranking of keywords that people who visited the Toyota "RAIZE" brand website searched for before and after their visit. The most frequently ranked keywords were "Toyota", the names of manufacturers related to "RAIZE," and "RAIZE," the names of cars.

    Its siblings "Daihatsu" and "Rocky" also occupied the top positions, as they are considered to be under comparative consideration when purchasing. The Toyota RAV4 was also in the ranking, as the design of the "RAIZE" is said to be a "mini RAV4."

    The price of the Toyota "RAIZE" is relatively reasonable among SUVs, which makes it easy to afford, and it was also characteristic that other models in the same price range were listed in the ranking. Body types also varied, with searches for the Toyota Corolla sedan, Toyota Yaris compact car, Toyota SIENTA minivan, and Suzuki XBEE small SUV, suggesting that price range is more important than body type.

    There also seems to be interest in the Toyota TJ Cruiser, an SUV yet to be released.

    Ranking of keywords used by visitors to Toyota’s “RAIZE” brand website.

    *November 2019 - February 2020

    Information tends to be gathered from media sites


    Lastly, let's take a look at the ranking of the sites that were viewed before and after the visit to the RAIZE brand site. The top site was the official website of the manufacturer, Toyota Motor Corporation, followed by the official website of Daihatsu Motor Company, which has a sibling car, Rocky.

    Other than the official sites of the manufacturers, the most popular sites were automotive information sites such as "carview!", "Car Watch", "Best Car", and "web CG". The fact that so many media sites were ranked indicates that users prefer to collect as much information as possible other than vehicle specifications.

    Ranking of keywords used by visitors to Toyota’s “RAIZE” brand website.

    *November 2019 - February 2020

    Also ranked at No. 6 is the official website of "KINTO", a subscription service launched by Toyota Motor Corporation in February 2019. "KINTO" is a flat-rate monthly service that does not require a down payment and includes the cost of the vehicle, voluntary insurance, car tax, registration fees, and vehicle maintenance.

    Summary


    This time, we conducted a survey on the Toyota "RAIZE". Despite the fact that it is a compact car, it has a high level of support from men, with nearly 80% of the respondents being men, and it is also interesting to a wide range of age groups.

    As the "RAIZE" appeals to customers with its "reasonable price," it is clear that users are considering the price range rather than the SUV body type.

    Riding the wave of the SUV boom, we would like to pay attention to the future trend of the compact SUV market, including other companies.

    Summary of Analysis


    Values Inc., which provides online behavior analysis services, analyzed online behavior log data from November 2019 to February 2020 using eMark+ for marketing analysis service based on online behavior logs and user attribute information with the cooperation of monitor members nationwide.

    *The number of visitors and sales figures are based on the period from November 2019 to March 2020.
    For online behavior logs, behavior logs for 180 minutes before and after a search were extracted and analyzed.

    ※日本語での記事はこちらをご確認ください↓

    トヨタの「ライズ」が大躍進!興味を持っているのはどんな人?

    https://manamina.valuesccg.com/articles/832

    近年、自動車業界において人気のSUVですが、その中でも小型のSUVに注目が集まっています。2019年11月5日に発売したトヨタの新型コンパクトSUV「ライズ」は、2020年1月の登録車の車名別販売台数でトヨタ「カローラ」を抜きトップとなり、2020年2月も引き続き首位をキープしており人気となっているようです。今回はトヨタ「ライズ」の公式サイトに接触した人が、検索前後3時間内でどんなネット行動をしていたかについて調査し、どのような人たちの関心を集めているか考察します。

    この記事のライター

    マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
    市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

    編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

    関連する投稿


    最新スマホアプリインストール数ランキング、前澤氏の宇宙からのお金贈りで使われたアプリが1位|2021年11月~12月

    最新スマホアプリインストール数ランキング、前澤氏の宇宙からのお金贈りで使われたアプリが1位|2021年11月~12月

    毎月更新のスマートフォンアプリインストール数ランキングTop5をまとめました。2021年12月の1位は個人間で簡単に寄付し合えるプラットフォームアプリ「kifutown」。実業家の前澤友作氏がTwitterを通じて実施した「前澤友作 全員お金贈りfrom宇宙」が影響しました。そのほか「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」や「ファミペイ」も上位にランクイン。


    音声コンテンツアプリのユーザー数を調査!ポッドキャストではニッポン放送の人気が明らかに

    音声コンテンツアプリのユーザー数を調査!ポッドキャストではニッポン放送の人気が明らかに

    最近話題の音声コンテンツ。2021年初頭に流行したClubhouseや、ポッドキャスト、インターネットでラジオが聴けるアプリ、本の内容を音声で聞いて理解できるオーディオブックも全て音声コンテンツのサービスです。本記事では音声コンテンツアプリのユーザー数や、特にポッドキャストへの関心層のニーズについて調査します。


    ピンタレストのユーザー数や属性、興味関心は?媒体資料をWeb行動ログデータで作ってみた

    ピンタレストのユーザー数や属性、興味関心は?媒体資料をWeb行動ログデータで作ってみた

    画像・写真のシェアサービスであるPinterest(ピンタレスト)について調査します。過去2年におけるユーザー数推移やユーザーの性年代別、個人年収別の割合のデータを分析。また、ピンタレストユーザーが興味を持つトピックや、よく利用するアプリなどから利用者のインサイトを探りました。


    カーリースWebサイトのユーザー数ランキング調査レポート

    カーリースWebサイトのユーザー数ランキング調査レポート

    コロナ禍を経て拡大し続けているカーリース分野について、Web集客に成功しているサイトのランキングを、Web行動ログ分析ツール「Dockpit」を用いて調査。TOP10サイトに関して、訪問者の性別×年代でマッピングを行い、訪問者の傾向の違いについても分析しました。(ページ数|6p)


    【2022年】スマホ決済アプリの最新ユーザー数を調査!PayPay手数料の有料化の影響は?

    【2022年】スマホ決済アプリの最新ユーザー数を調査!PayPay手数料の有料化の影響は?

    過去数年で大きく普及したキャッシュレスアプリ。2019年10月の政府主導によるキャッシュレス・ポイント還元事業から2年が経過し、各社の動向はどのように変化したのでしょうか。株式会社ヴァリューズのデータを用いて、キャッシュレス決済アプリの利用ユーザー数の推移や、拡大しているセグメントを調査していきます。


    最新の投稿


    「〇〇とは」「おすすめ」「アプリ」の複合検索から読み解く!2022年の注目テーマとサービス

    「〇〇とは」「おすすめ」「アプリ」の複合検索から読み解く!2022年の注目テーマとサービス

    「〇〇とは」という検索から言葉の意味に関心が集まったトレンドワード、「おすすめ」「アプリ」などと共に検索されている語句から、消費者が検討行動の過程で情報を求めていたり注目している商品やサービスは何かを探ります。分析ツールにはWeb行動ログや検索キーワードの分析ができる「Dockpit」を用いました。


    最新スマホアプリインストール数ランキング、前澤氏の宇宙からのお金贈りで使われたアプリが1位|2021年11月~12月

    最新スマホアプリインストール数ランキング、前澤氏の宇宙からのお金贈りで使われたアプリが1位|2021年11月~12月

    毎月更新のスマートフォンアプリインストール数ランキングTop5をまとめました。2021年12月の1位は個人間で簡単に寄付し合えるプラットフォームアプリ「kifutown」。実業家の前澤友作氏がTwitterを通じて実施した「前澤友作 全員お金贈りfrom宇宙」が影響しました。そのほか「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」や「ファミペイ」も上位にランクイン。


    2021年 中国市場のトレンドまとめ|中国トレンド調査

    2021年 中国市場のトレンドまとめ|中国トレンド調査

    2021年に中国ではAI家電をはじめとした様々なスマート製品がZ世代の中でトレンドとなりました。中国では急成長の美容医療市場とシルバー経済についても成長の背景を探っていきます。


    人気急上昇中スイーツのスフォリアテッラは次のトレンドになるか?検索データで予測してみた

    人気急上昇中スイーツのスフォリアテッラは次のトレンドになるか?検索データで予測してみた

    人気急上昇中の「スフォリアテッラ」を調査します。2021年に大ブームを巻き起こしたのは「マリトッツォ」でしたが、2022年を迎え、「次はどんなスイーツが流行るのかな」と気になっている方も多いかもしれません。様々なスイーツ名が挙がる中、私が注目したのは密かに人気急上昇中の「スフォリアテッラ」。これからさらに話題になるかどうか、マリトッツォのデータと比較しながら調査をしてみたいと思います。


    【保存版】Google広告とGoogleアナリティクスの連携方法を画像付きで初心者向けに解説!

    【保存版】Google広告とGoogleアナリティクスの連携方法を画像付きで初心者向けに解説!

    Google広告とGoogleアナリティクスの連携方法が複雑で分からないと悩んでいませんか。Google広告とGoogleアナリティクスは年々と構造が変化して設定方法も変化しています。ここでは、Google広告とGoogleアナリティクスの連携方法とその後の指標に対する見方や考え方まで初心者向けに分かりやすく解説していきます。


    競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

    アクセスランキング


    >>総合人気ランキング

    最近話題のキーワード

    マナミナで話題のキーワード


    Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー