「ノンアル」vs「微アル」関心層に違いはある?ヒットの背景を検索データから調査

「ノンアル」vs「微アル」関心層に違いはある?ヒットの背景を検索データから調査

コンビニでもノンアルコール(以下、ノンアル)のビールやチューハイが所狭しと並んでいます。「カロリーオフ」「プリン体0」「糖質オフ」など健康志向をうたう商品もよく見かけます。一方、CMで「0.5%でええんちゃう?」と訴えるのは、微アルコール(以下、微アル)ビール「ビアリー」を飲んで「うまい」と漏らす松本人志。今、巷では、ノンアル・微アルがブームです。少し前まではストロングが人気でしたが、なぜ今ノンアル・微アルなのでしょうか。 ノンアル・微アルは誰にうけているのか、どんな商品が人気なのか、キーワード検索ユーザーのWeb行動ログから調査します。


「よわない檸檬(れもん)堂」登場!盛り上がる「ノンアル」市場

「ノンアル」市場は「微アル」に先駆けて盛り上がっています。コンビニやスーパーでもかなりのスペースを確保し、中にはカロリーオフ、プリン体ゼロ、糖質オフなど、特保や健康志向をアピールする商品も。最近では、日本コカ・コーラが、同社人気のレモンサワー「檸檬堂」シリーズからノンアルのレモンサワー風飲料「よわない檸檬(れもん)堂」を2022年2月21日に発売し、話題になりました。

また、サントリーの調べによると、2020年のノンアル飲料市場は対前年103%と伸長し、過去最大規模に達しているそうです。

よわない檸檬堂|こだわりのノンアルコールレモンサワーテイスト|

「ビアリー」のヒットで盛り上がる「微アル」市場

「微アル」人気の立役者となったのは、アサヒビールが発売したビールテイスト飲料「ビアリー」でしょう。同社は、お酒を飲む人が、体質やその時の気分、シーンに合わせて酒やノンアルコールドリンクを自由に選ぶ飲み方「スマートドリンキング(スマドリ)」を推進しており、「ビアリー」はその一環として発売されました。これがヒットし、同社のビールテイスト飲料の同年前期の売り上げは約20%アップしました(※1)。

「ビアリー」のアルコール度数は0.5%で、通常のビールの平均5%程度をかなり下回っています。かといって、ノンアルではない、この絶妙なバランスが多くの人を引きつけているようです。

0.5%という、新しい選択肢。アサヒ 微アルのビアリー

「ノンアル」コロナ禍で好調も、検索ユーザーは減少傾向

では、「ノンアル」と「微アル」はターゲットがどう違うのか、どんな人にうけているのか、Web行動ログ分析ツール「Dockpit」で詳しく見ていきましょう。

まず、「ノンアルコール / ノンアル」と「微アルコール / 微アル」の検索ユーザー数を集計しました。

以下のグラフのように、「ノンアル」検索ユーザー数は多い時で月間8万UUを超え、波がありながらも「微アル」検索ユーザー数よりは高い水準で推移しています。新型コロナ禍で飲食店での酒類の提供が制限される中で、「ノンアル」の需要は高まったと考えられます。

一方で「微アル」は「ビアリー」の販売開始から検索ユーザー数は増加したものの、2021年9月をピークに伸び悩みを見せています。

「ノンアルコール / ノンアル」VS「微アルコール / 微アル」検索ユーザー数推移

「ノンアルコール / ノンアル」VS「微アルコール / 微アル」検索ユーザー数推移

期間:2020年3月〜2022年2月
デバイス:PCおよびスマホ

「ノンアル」は若い女性、「微アル」は年配男性に人気

続いて、「ノンアルコール / ノンアル」と「微アルコール / 微アル」の検索ユーザーの属性を比較します。

以下の図のように、「ノンアル」は女性が多く、「微アル」は男性が多いことがわかりました。年代は、「ノンアル」は30代、「微アル」では40代の比率が最も高くなっています。

「ノンアルコール / ノンアル」VS「微アルコール / 微アル」検索ユーザー属性比較

「ノンアルコール / ノンアル」VS「微アルコール / 微アル」検索ユーザー属性比較(性別)

期間:2020年3月〜2022年2月
デバイス:PCおよびスマホ

「ノンアルコール / ノンアル」VS「微アルコール / 微アル」検索ユーザー属性比較(年代)

「ノンアルコール / ノンアル」VS「微アルコール / 微アル」検索ユーザー属性比較(年代)

期間:2020年3月〜2022年2月
デバイス:PCおよびスマホ

若い女性は飲料の種類を検索。男性は「運転」「比較」などの情報を検索

次に、「ノンアル」検索ユーザーの属性マップを見てみましょう。
「ノンアル」と同時に検索されたキーワードを、縦軸:年齢、横軸:性別でマッピングすると、以下のようになりました。

「ノンアルコール / ノンアル」検索ユーザー属性マップ

「ノンアルコール / ノンアル」検索ユーザー属性マップ

期間:2020年3月〜2022年2月
デバイス:PCおよびスマホ

「ノンアルコール / ノンアル」検索
傾向
若い女性 「ホットワイン」「モヒート」「カクテル」「レモン」「サングリア」「焼酎」「梅酒」と、様々な種類の飲料が並んでいます。また、「カルディ」「イオン」「コストコ」など店舗名も登場し、よく情報収集している様子がうかがえる。
若い男性 「サッポロ」「ドイツ」はビールか?「酔う」「酒税」「運転」など、飲料の種類で検索しているユーザーは少ない
高齢の女性 「除菌スプレー」や「ウェットティッシュ」など、飲料以外のキーワードが頻出
高齢の男性 「価格」や「ランキング」が気になっている。

続いて、「微アル」検索ユーザーの属性マップを見てみましょう。
「微アル」と同時に検索されたキーワードを、縦軸:年齢、横軸:性別でマッピングすると、以下のようになりました。

「ノンアル」と比べてユーザー数が少ないものの、掛け合わせ検索を行なっているのは男性がほとんどを占め、掛け合わされたのは「アサヒ」「ビール」でした。飲酒運転に値するかどうかも気になって検索しているようです。

「微アルコール / 微アル」検索ユーザー属性マップ

「微アルコール / 微アル」検索ユーザー属性マップ

期間:2020年3月〜2022年2月
デバイス:PCおよびスマホ

「ノンアル」検索は人気商品探し、「微アル」検索は「ビアリー」へ流入

「ノンアル」「微アル」と検索した後の流入ページを確認します(ただしノンアルコールウェットティッシュなど飲料と無関係のページは除く)。

「ノンアル」検索後には、Wikipedia、人気飲料ランキングページへの流入が多いようです。3位にノンアルチューハイの人気ランキング7が入りました。

「微アル」検索後は「ビアリー」サイトに流入していることがわかります。

「ノンアルコール/ノンアル」検索後流入ページ

「ノンアルコール/ノンアル」検索後流入ページ

期間:2020年3月〜2022年2月
デバイス:PCおよびスマホ

「微アルコール / 微アル」検索後流入ページ

「微アルコール / 微アル」検索後流入ページ

期間:2020年3月〜2022年2月
デバイス:PCおよびスマホ

まとめ

「ノンアル」「微アル」の人気について、キーワード検索ユーザーのWeb行動ログから分析を行いました。

「ノンアル」検索はユーザー数は多い時で月間8万UUを超え、波がありながらも一定のボリュームのユーザーがいることがわかりました。新型コロナ禍で飲食店での酒類の提供が制限される中で、「ノンアル」の需要は高まったと考えられます。また、「ノンアル」市場は2020年で対前年103%を達成、2022年2月に発売された「よわない檸檬(れもん)堂」も人気上昇に貢献していると考えられます。

一方で「微アル」は「ビアリー」の販売開始から検索ユーザー数は増加したものの、まだ「ノンアル」ほどの知名度は獲得しておらず、2021年9月をピークに伸び悩みを見せています。検索後流入サイトも「ビアリー」が上位を占めており、今後の商品展開に期待したいところです。

「ノンアル」と「微アル」の検索ユーザーの属性についても比較を行いました。その結果、「ノンアル」は女性、「微アル」は男性の検索ユーザーが多く、年代は「ノンアル」は30代、「微アル」は40代を中心に関心を集めていました。

特に若い女性は「ノンアル」と同時に様々な種類の飲料や店舗名とを掛け合わせて検索していることがわかりました。この層での「ノンアル」人気の高さがうかがえます。

ノンアル・微アル人気の背景には、ラインナップの充実で若い女性を取り込んだこと、「酔わない」「運転できる」などお酒の楽しみ方を選ぶようになったことなどが関係していそうです。

▼今回の分析にはWeb行動ログ調査ツール『Dockpit』を使用しています。『Dockpit』では毎月更新される行動データを用いて、手元のブラウザで競合サイト分析やトレンド調査を行えます。Dockpitには無料版もありますので、興味のある方は下記よりぜひご登録ください。

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

フリーライター。大手キャリア系企業で編集の仕事に出会い、その後、3つのメディアの立ち上げなど行い、2014年にフリーランスに。医療系、就活系、教育系、結婚系のサイトで執筆中。

関連する投稿


レトロブームで再燃? コンデジやチェキ、写ルンですの消費者ニーズをデータで深掘り

レトロブームで再燃? コンデジやチェキ、写ルンですの消費者ニーズをデータで深掘り

「コンデジ」「チェキ」「写ルンです」。この言葉を聞いて懐かしいと思う大人は多いかもしれません。スマートフォンの普及によって、カメラを買う機会は減少傾向にありました。しかしながら、最近はZ世代の間で「レトロ」が注目を集め始め、コンデジブームがやってきました。データ分析を通してそれぞれのカメラの関心層を分析します!


人気デリバリーアプリ「Uber Eats」「出前館」「menu」「Wolt」のポジション分析 | コロナ初期からの変化は?【2024年最新版】

人気デリバリーアプリ「Uber Eats」「出前館」「menu」「Wolt」のポジション分析 | コロナ初期からの変化は?【2024年最新版】

ここ数年で需要が高まったデリバリーアプリ。コロナ禍に利用し始めた人も多いのではないでしょうか。デリバリーサービスが注目され始めて数年が経った今、需要はどう変化したのか、また各社アプリを今利用しているのはどのような人たちなのか、人気デリバリーアプリの「Uber Eats」「出前館」「menu」「Wolt」を比較しながら分析します。


平成女児に人気再燃のセーラームーンとプリキュアはなぜ数十年にわたり愛される? ファン層の特徴から分析!

平成女児に人気再燃のセーラームーンとプリキュアはなぜ数十年にわたり愛される? ファン層の特徴から分析!

30周年を迎えた「美少女戦士セーラームーン」と20周年を迎えた「プリキュア」。この2つの作品名を聞いたことがない方はいないでしょう。セーラームーンは特に女性人気が高く、プリキュアは男女どちらからも愛されているようです。本記事では、この2つの作品のファンについてより深く分析します。また、ファンの特徴から作品が愛される理由を考察します。


Social media usage among seniors! Mainly YouTube, with significant growth in TikTok usage

Social media usage among seniors! Mainly YouTube, with significant growth in TikTok usage

There’s often a lot of focus on social media use among young people. But we also want to look at trends among “digital seniors.” We will investigate seniors’ usage of Facebook, Instagram, X (formerly Twitter), YouTube, and TikTok, analyzing usage characteristics and comparing them to usage among those in their 20s.


シニアのSNS利用実態を調査!YouTubeに集中も、TikTok利用の伸びが顕著

シニアのSNS利用実態を調査!YouTubeに集中も、TikTok利用の伸びが顕著

若者のSNS利用が注目されがちな昨今。一方、「デジタルシニア」の動向も注目しておきたいところです。今回は、Facebook・Instagram・X(旧Twitter)・YouTube・TikTokについて、シニアの利用実態を調査。20代と比較しながら、シニアのSNS利用の特徴を分析します。


最新の投稿


生成AIを知っている小学生は23%・保護者は53% そのうち利用に肯定的な保護者は約7割【ベネッセコーポレーション】

生成AIを知っている小学生は23%・保護者は53% そのうち利用に肯定的な保護者は約7割【ベネッセコーポレーション】

株式会社ベネッセコーポレーションは、全国の小学3年生から小学6年生とその保護者に、ChatGPTなどの生成AIの認知、利用経験や今後の利用意向、利用する上で大事だと思うことなどについてアンケート調査を実施し、結果を公開しました。


【2024年8月5日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2024年8月5日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


みんなの注目キーワードは?週間検索トレンドランキング(2024/07/01〜2024/07/07)

みんなの注目キーワードは?週間検索トレンドランキング(2024/07/01〜2024/07/07)

ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」をもとに、週次の検索急上昇ワードランキングを作成し、トレンドになっているキーワードを取り上げます。


データ・ワン、実店舗購買データを元に類似顧客を推計して配信する新広告ソリューションの提供開始

データ・ワン、実店舗購買データを元に類似顧客を推計して配信する新広告ソリューションの提供開始

株式会社データ・ワンは、株式会社NTTドコモが保有するドコモ独自の顧客プロファイリングAIエンジン「docomo Sense™」を活用した広告ソリューション「co-buy® Audience Plus(コーバイ・オーディエンスプラス)」の提供を開始したことを発表しました。このソリューションにより、データ・ワンが保有する小売事業者の購買データを元に類似顧客を推計し、質の高さとリーチ量を兼ね揃えた広告配信が可能となるといいます。


スマホゲームを毎日プレイする人が約7割!全世代の女性に好かれる「ディズニーツムツム」【クロス・マーケティング調査】

スマホゲームを毎日プレイする人が約7割!全世代の女性に好かれる「ディズニーツムツム」【クロス・マーケティング調査】

株式会社クロス・マーケティングは、スマホゲームを月1回以上プレイしている全国15~69歳の男女を対象に「ゲームに関する調査(2024年)スマホゲーム編」を実施し、結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ