検索順位とWeb Vitalsの関係は?|「2022年8月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」

検索順位とWeb Vitalsの関係は?|「2022年8月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」

SEOを考えるコンテンツマーケタ―にとって、アルゴリズムアップデートの影響をチェックするのは必要不可欠です。しかし、自分で検証するのは大変という人も多いのではないでしょうか。そのような声に応え、ヴァリューズのマーケターが、コンテンツマーケティングの今をお届け。第2弾の今回は、検索順位とWeb Vitalsの関係について解説していきます。


【解説者紹介】

検索順位とWeb Vitalsの傾向を調査





岩間:2022年8月のコンテンツマーケティング最新動向レポートでは、今押さえておくべきSEOトピックについて紹介していますね。どのような内容なのでしょうか。












岡村:ヴァリューズ独自のデータをもとに、検索順位とWeb Vitals(ウェブバイタル)に傾向があるかを調査しています。Web Vitalsとは、Webで優れたUXを実現するための品質シグナルのことで、本調査では、以下の6つを定義しています。






  ・FID(First Input Delay)
  ・FCP(First Contentful Paint)
  ・LCP(Largest Contentful Paint)
  ・CLS(Cumulative Layout Shift)
  ・INP(Interaction to Next Paint)
  ・TTFB(Time to First Byte)





岡村:それぞれの意味をしっかり理解するのは難しいので、説明は割愛して、押さえておくべき点のみ解説できればと思います。
これらの中でも特に重要な指標はCore Web Vitalsと呼ばれており、「FID」「LCP」「CLS」の3つがCore Web VitalsとしてGoogleより定義されています。











岩間:検索順位とWeb Vitalsの関係を調べたレポートは他にもありますが、本調査の特徴はどこにあると考えますか。











岡村2022年5月のコアアルゴリズムアップデート後に実施したという点がポイントです。

調査対象のキーワードは100個。弊社で定点的にモニタリングしているリスティング広告の出稿量ランキングの上位から、指名キーワード(ブランドや商品、サービス名)を除いたキーワードです。つまり、一般キーワードかつ競合性の高いキーワードに絞っています。

指名キーワードを除外したのは、指名の場合、アルゴリズムでUX観点よりドメインでの評価が重視される傾向があるためです。

キーワードの選定後、Googleが提供するPageSpeed Insights APIを使用して、各URLごとにWeb Vitals指標を抽出しています。











岡村:この規模で、Web Vitalsの数値を追っている調査結果は私が知る限りないので、完全に弊社独自の調査になると思います。




Core Web Vitalsが合格のURLほど上位表示される傾向





岩間:調査の結果から、コンテンツマーケターが知っておくべきことはありますか。










岡村:今回の結果としては、Core Web Vitalsで合格が出ているURLほど上位表示されている傾向が見られました。スマートフォンとPCのどちらでも検索順位10位以内に入るURLでは、Core Web Vitalsで「合格」が出ているURLが多かったのです。




Core Web Vitalsで重要なのはLCP





岡村:一方で個別の指標を見ると、Core Web Vitalsのスコアの良さと検索順位の間に、相関性があるのはLCPのみでした。LCPとは、ユーザーに知覚される読み込み速度を測定するための指標のことで、LCPが低いと読み込み速度が上がり、そのページが便利であることをユーザーに強く印象付けることができます。

今回の調査結果では、上位表示されているページは、下位ページと比較してLCPが低い傾向があったことから、ページの表示速度がGoogleから重要視されているのではないかと考察しています。








岩間:TTFBはいかがでしょう。LCPと違ってアルゴリズムに組み込まれているとは発表されていませんが、同様に速さに関する指標という面で、SEOの順位に影響してくるのでしょうか。










岡村:TTFBについても、上位に表示されているページの方が数値が良いという見方もできますが、やはりまずはLCPが評価されるのではないかと考えます。LCPが評価されたサイトは、結果的にTTFBも短くなっている、という考え方ができそうです。








岡村:また、FIDとCLSに関しては、今回の調査ではそこまで顕著な傾向が見られませんでした。しかし、FIDもCLSもCore Web Vitalsなので、今後もしっかりと対策していくことが必要でしょう。










岩間:INPに関してはむしろ、下位表示の方が数値としては良いという結果も出ています。しかし、こちらもまだアルゴリズムには入っていないですし、今後INPがこれまでのCore Web Vitals、特にFIDと切り替わるようなことがあれば、検索順位が動く可能性もあるのでしょうか。










岡村:そうですね。今後切り替えが起こった際に、順位との相関性にどのような影響が出るかなどもモニタリングをしていければと思っておりますので、ぜひ楽しみにしていただきたいです。










岩間:SEOを考えたときに、Core Web Vitalsに力を入れている企業と、そこまでインパクトはないだろうと優先順位が低いままの企業がありますが、今回の結果を見る限り、Core Web Vitalsで合格をしっかり出していくことが大切そうですね。










岡村:その通りで、年々Core Web Vitalsの重要度が高まっていることは間違いないと考えます。今までですと、同じようなコンテンツのサイトがあったときに、Core Web Vitalsが優れている方がGoogleからの評価が上がるという見解を持っている人が多く見られました。しかし、今回の結果をふまえると、Core Web Viltasと表示順位の相関性は今後もっと強くなるのではないかと考えています。




PCでもCore Web Vitalsを重視すべき理由





岩間:PCの比重が多いサイトはどうでしょうか。まずモバイル上での検索結果画面がCore Web Vitalsのアルゴリズムに入り、その後2022年3月にPCにもアルゴリズム導入されましたが、やはりPCでも重視していく必要があるのでしょうか。










岡村:PCを主戦場としているサイトでも、Core Web Vitalsは重要であり、注力していくべきです。今回の調査結果からも、PCとモバイルの双方で、Core Web Vitalsで合格が出ているサイトと上位表示されているサイトに相関性が見られました。




マーケターが意識して対応するべきこと





岩間:今回の結果から、SEOやコンテンツマーケティングに関わるマーケターが今後意識した方が良いことはありますか。










岡村:まず、Core Web Vitalsで合格を取っていくことが、最低限必要です。どのようなサイトでも注力してほしいと思います。

次に速度ですね。もちろんそのサイトの仕様によって、できることとできないことがあると思いますが、LCPを上げることは意識してほしいです。例えば、簡単にできることでいうと、画像を軽くするなどがあるでしょう。まずは、できることから対応してみてほしいと思います。







(本調査はあくまでも傾向に注目し、今後の施策における仮説立てや優先順位の検討に有効活用するためのものであり、因果関係を示すものではない旨、ご留意ください)

本記事でご紹介した、コンテンツマーケティング最新動向レポートは下記フォームから無料でダウンロードできます。ぜひお申し込みください。

ホワイトペーパーダウンロード【無料】|コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年8月版)

資料のダウンロードURLを、ご入力いただいたメールアドレスに送付させていただきます。
ご登録頂いた方にはVALUESからサービスのお知らせやご案内をさせて頂く場合がございます。

この記事のライター

IT企業でコンテンツマーケティングに従事した後、独立。現在はフリーランスのライターとして、ビジネスパーソンに向けた情報を発信しています。読んでよかったと思っていただける記事を届けたいです。

関連する投稿


Search on 22:Google mapで情報探索が完結する、新しい検索体験とは|「2022年11月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」

Search on 22:Google mapで情報探索が完結する、新しい検索体験とは|「2022年11月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」

2022年9月にGoogleが開催した「Search on 22」では、新しい検索体験の広がりを予感させる様々な機能が発表されました。一体何が変わり、マーケティングにはどのような影響があるのでしょうか。ヴァリューズのマーケティングコンサルタントがポイントや今後の対応について、解説していきます!


主要SNSで続々リリースの「短尺動画」機能。企業が乗り遅れないためには?|「2022年11月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」

主要SNSで続々リリースの「短尺動画」機能。企業が乗り遅れないためには?|「2022年11月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」

ヴァリューズのマーケターが、コンテンツマーケティングの今をお届けする本連載。今回のテーマは「短尺動画機能」です。この数年で、各SNSがこぞってリリースしている本機能。施策に活用しているものの、なかなか効果が出ていないと悩んでいるマーケターもいるのではないでしょうか。今回は、短尺動画の魅力と活用方法をお伝えします!


コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年11月版)|ホワイトペーパー

コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年11月版)|ホワイトペーパー

国内外のSEO対策・SNSでの集客など、コンテンツマーケティングに関する最新情報を毎月まとめてご紹介。11月版はGoogleの「Search on 22」から伺える、Google mapをはじめとした今後の検索体験の変化についてや、主要SNSが短尺動画機能を続々リリースした背景とその動向といったコンテンツをお届け。コンテンツマーケター必見のレポートです。(ページ数|54ページ)


競合サイト分析に使えるツール12選

競合サイト分析に使えるツール12選

無料から有料まで競合サイト分析に使えるツールをまとめました。SEO対策や広告出稿の方法はさまざまですが、競合するサイトをベンチマークとして、自社サイトよりも優れている点やその要因を分析することも有効です。特にSEO対策を目的とした競合分析にあたっての考え方、競合分析に使えるツールを紹介します。


SEOに効く!競合サイトの見つけ方と分析方法

SEOに効く!競合サイトの見つけ方と分析方法

狙っているキーワードで上位を獲得している競合サイトを分析して良い部分を自社サイトに取り入れましょう。すべてのサイトを見るのは大変なので、効率的に競合分析するには競合サイトの見つけ方が大事。メインの流入キーワードの競合となるWebサイトを探し、サイトの規模や更新頻度を自社サイトと比べることで、競合Webサイトに追いつくために必要なコンテンツ量や更新頻度の参考になります。


最新の投稿


タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

Z世代は、生活のあらゆる場面でタイパ(タイムパフォーマンス)を意識しています。「タイパ至上主義」という言葉が登場するほど、Z世代は時間効率を重視しているのです。この記事では、Z世代の購買心理・最新のトレンドを知るために、タイパの概要や価値観、マーケティング事例を解説します。


2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

ダブルイレブン(W11)とは、毎年<b>11月11日に中国で行われている独身の日を祝うイベント</b>です。2022年のダブルイレブンでは、ECプラットフォームや店舗などの関係者が売上高を伸ばすことに力を入れていました。その中で加盟店が示す戦況報告からは、中国のマーケットで、新しい産業やブランドが急成長しているのを垣間見ることができます。 本記事では、2022年ダブルイレブンのトレンドとなった業界を中心にご紹介します。


Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

We will investigate "Midjourney" and "Stable Diffusion" AI Image Generators, which allow anyone to generate images from keywords. Let’s look into it users, its purpose, the reason for its popularity, and its strengths. We will analyze the data of the interest group and analyze our user experience.


お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界大手の「森永製菓」「江崎グリコ」「カルビー」「ブルボン」「不二家」。各公式サイトの集客状況に注目し、強みや施策の違いを調査します。2年半前に公開した同記事の最新版として、新たな発見をお届けします。


行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

経済学に心理学を組み合わせる「行動経済学」。マーケティングとの親和性の高さ、そしてマーケティング活動のためのヒントがあるとされており、さまざまな場面で活用が進んでいます。行動経済学をビジネスに活かすには、そのエッセンスがよくまとまった本・書籍で学ぶのが近道です。今回は、ベストセラー本から教科書的なものまで、行動経済学についてまんべんなく学べるよう、20冊のおすすめ本を紹介します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら