サイト訪問者は1年で約12倍に!話題の「スマート脳ドック」の戦略をWeb行動ログで読み解く

サイト訪問者は1年で約12倍に!話題の「スマート脳ドック」の戦略をWeb行動ログで読み解く

「脳ドックは所要時間がかかるもの」という常識を覆し、30分程度の短時間で検査結果の閲覧まで可能な「スマート脳ドック」。ここ1年ほどで着実にユーザーを伸ばしている同サービスが、ユーザーの関心を集めるポイントはどこにあるのでしょうか。今回は、スマート脳ドックの集客戦略をヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」を用いて紐解いていきます。


「スマート脳ドック」とは

「スマート脳ドック」は、スマートスキャン株式会社の提供する、短時間かつ安価で脳検査を受けることができる診療サービスです。ネットから診療予約ができ、受付から帰宅するまで約30分という短い時間で検査を終えることができるのが特徴です。

ユーザーは検査結果をスマホ上で確認できるうえ、1回の受診料が安価に設定されていることから継続して検査を受けるハードルが低く、重大な身体の異常を早期発見するのに役立つサービスとして注目を集めています。

【関連記事】スリープテックで注目集める睡眠アプリ。利用者はどんな人?高まる睡眠の質への関心を調査

https://manamina.valuesccg.com/articles/1938

コロナ禍でライフスタイルが変化し、多かれ少なかれ、生活リズムにも影響が出ていることでしょう。そんなストレス社会を反映するかのように、今、睡眠の質への関心が高まっています。睡眠の質向上にこだわった『ヤクルト1000』は大人気となり入手困難に、枕やマットなどの寝具も次々とヒット商品を生み出しています。 そんな中で、着々とマーケットを広げているのが、睡眠アプリです。今回は話題の「スリープテック」を牽引する睡眠アプリについて取り上げます。

【関連記事】今ビジネスパーソンが注目する市場は?「市場規模」クエリ検索者のデータで調査

https://manamina.valuesccg.com/articles/1915

ビジネスパーソンにとって、様々なマーケットに対し高くアンテナを張っておくことは非常に重要です。今回はヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」を用いて、「市場規模」のクエリで検索をしているユーザーの動向を調査・分析することで、いまビジネスパーソンの興味関心トレンドが上昇している業界はどこなのかを探ります。

スマート脳ドックのユーザーをDockpitで分析

本記事では、スマート脳ドックの利用ユーザーやWebでの集客手法について、様々な角度から調査をしていきます。なお分析には、毎月更新される行動データを用いて、手元のブラウザで競合サイト分析やトレンド調査を行えるヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使用します。

スマート脳ドックのユーザー数の推移

はじめに、スマート脳ドックの利用者がどのように増えているのかを見ていきます。Dockpitで、スマート脳ドックのユーザー数の推移データを抽出しました。

「スマート脳ドック」のユーザー数の推移(「Dockpit」画面キャプチャ)
期間:2021年8月〜2022年7月
デバイス: PC・スマートフォン

上記グラフを見ると、スマート脳ドックのユーザー数は過去1年、きれいに右肩上がりで上昇しています。2021年8月時点では月間2万ユーザーほどでしたが、半年後の2022年2月には17万ユーザーを超えています。その後、最新2022年7月のデータでは月間25万ユーザーが記録されており、着実に利用者が伸長している様子が窺えます。

スマート脳ドックのユーザー属性

前段の通り、ユーザー数を伸ばしているスマート脳ドックですが、どういったユーザーが中心にサービスを利用しているのでしょうか。Dockpitを用いて、スマート脳ドックのユーザー像を見ていきましょう。

「スマート脳ドック」のユーザー属性(性別と年代,「Dockpit」画面キャプチャ)
期間:2021年8月〜2022年7月
デバイス: PC・スマートフォン

上記、ユーザーの性別(上)と年代(下)のデータを見てみると、ユーザーの性別はやや女性が多い様子で、割合としては52.0%です。また年代は、ネット利用者全体と比べると40代~50代が多いのが特徴です。

脳ドックの利用ということで、やはり健康への意識が高まり始める40代以上のユーザーが中心のようです。

スマート脳ドックのWeb集客の構造

スマート脳ドックがオンラインでどのようなチャネルから集客を行っているのか、集客構造についても分析していきます。Dockpitで「集客構造」のデータを抽出してみました。

「スマート脳ドック」の集客構造(「Dockpit」キャプチャ)
期間:2021年8月〜2022年7月
デバイス: PC・スマートフォン

上記、集客構造のグラフから、最も集客をしているチャネルは「自然検索」で、その割合は45.1%です。スマート脳ドックが、検索エンジン経由の集客を上手く機能させていることがわかります。

集客経路を特定できない「ノーリファラー」を除くと、次点で集客が多いチャネルは「メール」の16.3%です。スマート脳ドックはサービス特性として、同一ユーザーによる複数回の利用がしやすい点を謳っているため、既会員向けのメールマーケティングも積極的に行っているのではと推測できます。

また、リスティングやディスプレイといった、運用型広告を用いた集客の割合が少ないことも特徴の1つではないでしょうか。

スマート脳ドックユーザーが関心を持つサイトは?

最後に、スマート脳ドックのユーザーが他に関心を寄せているサイトはどういったものがあるか、Dockpitで調べてみます。

「スマート脳ドック」の関心サイト(特徴値優先,「Dockpit」キャプチャ)
期間:2022年7月
デバイス: PC・スマートフォン

※上記は特徴値優先で関心サイトの表示順を組み替えています。特徴値は、スマート脳ドックのユーザーが特徴的に興味・関心を持っているサイトであれば大きくなり、一般的なサイトであれば小さくなります。

特徴値が最も大きいのは「メディカルチェックスタジオ」のWebサイトです。メディカルチェックスタジオはスマート脳ドックの運営元であり、大都市圏で複数の店舗を展開する医療クリニックです。

上位には他に、内科・呼吸器科のクリニックも登場しています。特定のユーザーのかかりつけ医なのかどうかはわかりませんが、健康に関心を持つスマート脳ドック訪問者像が浮かんでくるでしょう。

【関連記事】主流は総合型から専門型へ?「フィットネスクラブの動向調査」レポート

https://manamina.valuesccg.com/articles/1868

人々の健康意識が高まったコロナ禍。身体作りをサポートする大きな味方が「フィットネスクラブ」ですが、いま業界内では、勢力図の変化が起きているようです。本レポートでは、業界を牽引する専門型フィットネスクラブとして、「カーブス」について調査しました。(ページ数|21ページ)

【関連記事】サプリメントEC市場の最新動向と消費者トレンド調査レポート

https://manamina.valuesccg.com/articles/1858

コロナで高まる健康志向を追い風に、サプリメント市場は拡大を続けているようです。 変わりゆく市場動向や消費者のトレンドを捉えることが戦略・施策立案にあたっては、ますます重要になってきていると考えられます。このレポートでは、Web行動ログ分析ツールの「Dockpit」と「story bank」を用いて各社ECサイトを対象にWeb上のサプリメント市場の概況・消費者のトレンドを捉えて分析しています。

まとめ

今回はスマート脳ドックの利用ユーザーと、その集客について分析してみました。脳ドックをはじめとした健康管理への意識が高いユーザーの取り込みにより、着実に利用者を伸ばしている様子がわかったと思います。

スマート脳ドックのように、技術を用いて医療やヘルス分野における、利用者の心的なハードルをクリアする最新鋭のサービスは日々、増え続けています。社会全体として健康管理への意識が高まってきた昨今、他の追従サービスも続々と立ち上がってくるのではないでしょうか。

本調査が、皆さんのマーケティング業務や市場調査などに役立ちますと光栄です。

【調査概要】
・全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報にもとづき分析
・行動ログ分析対象期間:2021年8月〜2022年7月
※ボリュームはヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測
※対象デバイス:PC・スマートフォンの両デバイス

▼今回の分析にはWeb行動ログ調査ツール『Dockpit』を使用しています。『Dockpit』では毎月更新される行動データを用いて、手元のブラウザで競合サイト分析やトレンド調査を行えます。Dockpitには無料版もありますので、興味のある方は下記よりぜひご登録ください。

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

国内大手の採用メディア制作部を経てフリーライターとして独立。現在はWebマーケティング、就職・転職、エンタメ(ゲーム・アニメ・書籍)等の各種メディアにて記事制作を担当。「マナミナ」では一人でも多くの読者に楽しく読んでもらえるマーケティングコンテンツを提供していきます。

関連する投稿


【急上昇サイト】年末やクリスマスなど、シーズナルなコンテンツに検索が急増!|2022年12月

【急上昇サイト】年末やクリスマスなど、シーズナルなコンテンツに検索が急増!|2022年12月

2022年12月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


2022年の象徴的なリサーチ・トレンドを総まとめ。リサーチャー菅原大介さんと考える

2022年の象徴的なリサーチ・トレンドを総まとめ。リサーチャー菅原大介さんと考える

2022年、withコロナが日常生活に定着する中、消費者の動きやZ世代による新しい消費スタイルなど、多様なトレンドの兆しが見られました。2022年12月に開催したセミナーでは、象徴的なトピックスとマーケティング・リサーチ業界の新潮流について、リサーチャーの菅原大介さんと共に振り返り、2023年へと繋がるトレンドを考察。本稿では、そのレポートをお届けします。 ※詳細なセミナー資料は、記事末尾のフォームから無料でダウンロードできます。


リサイクルからリユースへ 〜 業界横断で広がるリユース文化

リサイクルからリユースへ 〜 業界横断で広がるリユース文化

「再利用」。このワードで今、思いつくのは何でしょうか。以前までは「リサイクル」が主流だった環境配慮への再利用活動も、今や「リユース」に焦点が当たることも珍しくありません。「リユース」とは“形を変えず”に繰り返し使うこと。形を変えずに循環させることで、再利用にかかるエネルギーを減らすこともCO2 の削減にも繋がります。そして「リユース」は、身近な自治体やインターネットオークション、リサイクルショップでも手軽に始めることができ、その対象は1点の衣類から、果ては1軒の家まで。いつの間にか幅広い市場で広がりつつあるこの「リユース」活動。生活者の興味関心や「リユース」市場の今について検証しました。


話題の「レトロブーム」は家電や自動車にも? 検索ワードからレトロマーケティングを探る

話題の「レトロブーム」は家電や自動車にも? 検索ワードからレトロマーケティングを探る

家電も乗り物も年々機能が新しくなり、進化をしていますが、それとは反対に「レトロ」が話題になっています。レトロというと「古き良きもの」とイメージしがちですが、消費者の検索ワードを調査すると、商品によっても、性別や年代などからさまざまなニーズを紐解くことができます。 今回は、「レトロ」と一緒によく検索されている「家電」や「自動車」といった商材のニーズを分析します。


「マスク」に対する消費者の検索ニーズはどう変化した?コロナ禍の2020年から2022年を振り返る

「マスク」に対する消費者の検索ニーズはどう変化した?コロナ禍の2020年から2022年を振り返る

2020年はじめ、新型コロナウイルスがまん延したことで世界中でマスク需要が高まりました。感染予防として必需品となったマスクは、一時期品切れになっていたほど。その後新型コロナウイルス感染症の知識が蓄積されていき、企業努力もあってかマスクの生産体制は需要を満たすところまで整いました。 新型コロナウイルス感染症の流行開始から3年を経た2022年の今「マスク」に対する消費者ニーズはどのように変化したのでしょうか。ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」のデータから「マスク」に対する消費者ニーズの移り変わりをみていきます。 ※なお今回は冬の感染症や春秋の花粉症といった、新型コロナウイルス以外の影響を極力避けて調査しています。


最新の投稿


【TVドラマランキング】Twitterで世界トレンドに!若年層の心をつかんだ「silent」が人気

【TVドラマランキング】Twitterで世界トレンドに!若年層の心をつかんだ「silent」が人気

近年動画配信サービスが普及し、時間や場所にとらわれず様々なジャンルの動画を手軽に視聴できるようになりました。テレビ離れが幅広い年代で囁かれている時代、話題になるテレビドラマとは、どのようなものなのでしょうか。今回は、2022年10月~12月に放送されたドラマについて、認知度や視聴方法、満足度、満足理由などをランキング化。その実態を探りました。


Does Gen Z Prefer Apps Over Websites When Online Shopping?

Does Gen Z Prefer Apps Over Websites When Online Shopping?

The Gen Z data analysts at VALUES, Inc. analyzed behavioral data regarding the online shopping consumption among Generation Z. It is said that Gen Z prefers “e-commerce apps” over “e-commerce websites,” but what is true? We will dig deeper, incorporating the honest voices of the Gen Zers.


検索順位をチェックし競合分析できる無料ツール「SEOチェキ!」と「SEOTOOLS」とは

検索順位をチェックし競合分析できる無料ツール「SEOチェキ!」と「SEOTOOLS」とは

競合サイト分析に使える無料ツール「SEOチェキ!」「SEOTOOLS」について。知名度がありキーワードの検索順位などもチェックできますが、ツールとしての世代が古い感は否めません。SEOチェキ!とSEOTOOLSの特徴や使いどころ、検索順位が競合分析にどう役立つかを解説します。


Instagramにおける「クリエイターマーケティング」 ~ 注目高まるクリエイターエコノミーと企業活用事例

Instagramにおける「クリエイターマーケティング」 ~ 注目高まるクリエイターエコノミーと企業活用事例

2023年、マーケターが押さえておきたいトピックのひとつに、Instagramを活用した「クリエイターマーケティング」が挙げられます。今回は、クリエイターマーケティングをテーマに、Facebook Japanの相原氏と、ヴァリューズの岩間と蒋が対談。期待される効果や施策を行う際のポイント、企業活用事例などをお届けします。


地産地消 ~ 道の駅と食育から

地産地消 ~ 道の駅と食育から

近年注目されつつある「地産地消」。この裏には、人気のお出かけスポットとしての「道の駅」が一役買っています。単なる観光客向けの食品・工芸品の販売だけではなく、地元の生活者の糧としても活用され、そして何より子供たちの「食育」にも繋がることで、「地産地消」の循環の輪は広がっているようです。そのような「地産地消」のメリット・デメリットを含めた実情を、広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が解説します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら