「コーデ」掛け合わせから見る2022年ファッショントレンド。アイテムごとの関心者の違いは?

「コーデ」掛け合わせから見る2022年ファッショントレンド。アイテムごとの関心者の違いは?

2022年のファッショントレンドについて、インターネットユーザーの検索動向から、その傾向を考察していきます。今回は「コーデ」と同時に検索されたキーワードをヒントに、ファッションで注目されたアイテムを探っていきます。今年はどんなアイテムが話題になったのでしょうか。


「コーデ」を検索したのは若い女性

まず、2022年1月から9月までの「コーデ」を検索したユーザーの属性を見てみましょう。調査には、ヴァリューズが提供するWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」を用います。

「コーデ」検索者の男女比は約7割が女性でした。

「コーデ」検索ユーザー属性/性別

「コーデ」検索ユーザー属性/性別

期間:2022年1月〜2022年9月
デバイス:PC・スマートフォン

年代は20代が最多、次に30代、40代と続きました。

「コーデ」検索ユーザー属性/性別

「コーデ」検索ユーザー属性/性別

期間:2022年1月〜2022年9月
デバイス:PC・スマートフォン

「コーデ」との掛け合わせアイテムは「スニーカー」が上位に

次に、「コーデ」と同時に検索されたワードを分析します。

以下の表のとおり、ブランド名でランキング入りしたのは「ユニクロ(5位)」「GU(19位)」でした。

色は「黒」「白」「ベージュ」、アイテムは「スニーカー」「パンツ」「スカート」が上位にランクインしました。

「コーデ」掛け合わせワードランキング(1位〜50位)

「コーデ」掛け合わせワードランキング(1位〜50位)

期間:2022年1月〜2022年9月
デバイス:PC・スマートフォン

さらに、属性ごとの掛け合わせワードを「Dockpit」の属性マップ機能で詳しく見ていきます。

男性ユーザーは、「コーデ」と「メンズ」を掛けわせるパターンが大多数を占めています。アイテムやブランド名との掛け合わせは多くはありません。一方、女性ユーザーは、ブランド、アイテム、体型、色、年代など、多くのワードと掛け合わせて、詳しく検索を行なっていることがわかります。

「コーデ」検索ユーザーの掛け合わせワード/属性マップ

「コーデ」検索ユーザーの掛け合わせワード/属性マップ

期間:2022年1月〜2022年9月
デバイス:PC・スマートフォン

HOTアイテム「ジレ」「シアーシャツ」「バケットハット」を深掘り

2022年1月から9月までの掛け合わせワードで100以内にランクインしたアイテムの中から、「ジレ(33位)」「シアーシャツ(83位)」「バケットハット(100位)」をピックアップし、それぞれの検索ユーザー属性を比較してみましょう。

「ジレ」「シアーシャツ」「バケットハット」の検索ユーザー数を見ると、3アイテムとも、2022年に入ってから検索ユーザー数が増加していることがわかります。

「ジレ」「シアーシャツ」「バケットハット」検索ユーザー数推移

「ジレ」「シアーシャツ」「バケットハット」検索ユーザー数推移

期間:2021年10月〜2022年9月
デバイス:PC・スマートフォン

特に「ジレ」は2022年春に大注目され、秋も引き続き人気アイテムとなりそうです。

Googleでの「ジレ」検索結果画面

また、「ジレ」「シアーシャツ」「バケットハット」の検索ユーザーの年代を比較してみると、どれも女性ユーザーが多いことは共通しているものの、「ジレ」は40代、50代に、「シアーシャツ」は20代に、「バケットハット」は20代、30代にそれぞれ注目されているという違いが見られました。

「ジレ」「シアーシャツ」「バケットハット」の検索ユーザー属性/年代

「ジレ」「シアーシャツ」「バケットハット」の検索ユーザー属性/年代

期間:2021年10月〜2022年9月
デバイス:PC・スマートフォン

2022年に注目度が上がったファッションワードは?

次に、2022年1月〜9月の「コーデ」と同時検索ワードランキング(1位〜50位)を、前年同時期のデータと比較し、トレンドの変化を確認してみましょう。

2021年の「コーデ」トレンド
「ベージュ」「ネイビー」「ブラウン」「トレンチコート」「ポロシャツ」「リュック」
2022年の「コーデ」トレンド
「デニム」「ピンク」「ディズニー」「カーキ」「ぽっちゃり」「ジレ」「サンダル」「コンバース」「骨格ストレート」
※Top50を2021年と2022年で比較し、5ランク以上高かったものを抜粋
「コーデ」掛け合わせワードランキング(1位〜50位)2021年から2022年

「コーデ」掛け合わせワードランキング(1位〜50位)2021年から2022年

期間:2021年1月〜2021年9月/2022年1月〜2022年9月
デバイス:PC・スマートフォン
※水色網かけワード:2022年より5ランク以上高かったもの
※黄色網かけワード:2021年より5ランク以上高かったもの

2022年のコーデでは、色はピンクとカーキ、ぽっちゃり・骨格ストレートなどの体型に合わせたコーデが注目されたようです。また、今年は3年ぶりにスペシャルイベントとして「ディズニー・ハロウィーン」が開催され、10月末までのイベント期間中は毎日フル仮装OKとなっています。「ディズニー コーデ」もますます盛り上がりを見せそうですね。

まとめ

今回は、2022年のファッショントレンドについて、「コーデ」と同時に検索されたワードをヒントに分析を行いました。

2022年1月から9月までの「コーデ」を検索したユーザーは、約7割が女性、年代は20代が最多、次に30代、40代と続きました。

ユーザーが「コーデ」と同時に検索されたワードから、2022年のトレンドを考察しました。

▼頻出同時検索ワード:ブランド名
「ユニクロ(5位)」「GU(19位)」
▼頻出同時検索ワード:色
「黒」「白」「ベージュ」
▼頻出同時検索ワード:アイテム
「スニーカー」「パンツ」「スカート」


属性ごとに掛け合わせワードを調べたところ、男性ユーザーは、「コーデ」と「メンズ」を掛けわせるパターンが大多数を占めました。これに対し、女性ユーザーは、ブランド、アイテム、体型、色、年代など、多くのワードと掛け合わせて検索を行なっていることがわかりました。

2022年にユーザー数を増やした掛け合わせワードとして、「ジレ」「シアーシャツ」「バケットハット」をピックアップし、それぞれのユーザー属性の比較を行ったところ、「ジレ」は40代、50代に、「シアーシャツ」は20代に、「バケットハット」は30代、20代にそれぞれ注目されているという違いが見られました。

また、2021年同時期の「コーデ」の掛け合わせワードと比較し、トレンドの変化を分析しました。この結果、2022年のコーデの特徴は、色はピンクとカーキが人気、さらに、ぽっちゃり・骨格ストレートなどの体型に合わせたコーデに注目が集まっている様子が見られました。

今回は、ファッション業界のトレンドをWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」を用いて分析しました。検索の掛け合わせワードから、市場のトレンドや消費者ニーズを知る手法は、アパレルの他にも幅広い業界のマーケティング分析に有効です。ぜひお試しください。

▼今回の分析にはWeb行動ログ調査ツール『Dockpit』を使用しています。『Dockpit』では毎月更新される行動データを用いて、手元のブラウザでキーワード分析やトレンド調査を行えます。無料版もありますので、興味のある方は下記よりぜひご登録ください。
dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

フリーライター。大手キャリア系企業で編集の仕事に出会い、その後、3つのメディアの立ち上げなど行い、2014年にフリーランスに。医療系、就活系、教育系、結婚系のサイトで執筆中。

関連する投稿


レトロブームで再燃? コンデジやチェキ、写ルンですの消費者ニーズをデータで深掘り

レトロブームで再燃? コンデジやチェキ、写ルンですの消費者ニーズをデータで深掘り

「コンデジ」「チェキ」「写ルンです」。この言葉を聞いて懐かしいと思う大人は多いかもしれません。スマートフォンの普及によって、カメラを買う機会は減少傾向にありました。しかしながら、最近はZ世代の間で「レトロ」が注目を集め始め、コンデジブームがやってきました。データ分析を通してそれぞれのカメラの関心層を分析します!


The latest trends provoke “empathy for real-life negative situations”? Analyzing popular characters and events

The latest trends provoke “empathy for real-life negative situations”? Analyzing popular characters and events

To generate buzz in a systematic manner, rather than by chance, it is important to look for commonalities in why certain things become a trend. We will analyze recent trends such as "cat memes," popular characters, and events to determine "what people are supporting these days, and why."


人気デリバリーアプリ「Uber Eats」「出前館」「menu」「Wolt」のポジション分析 | コロナ初期からの変化は?【2024年最新版】

人気デリバリーアプリ「Uber Eats」「出前館」「menu」「Wolt」のポジション分析 | コロナ初期からの変化は?【2024年最新版】

ここ数年で需要が高まったデリバリーアプリ。コロナ禍に利用し始めた人も多いのではないでしょうか。デリバリーサービスが注目され始めて数年が経った今、需要はどう変化したのか、また各社アプリを今利用しているのはどのような人たちなのか、人気デリバリーアプリの「Uber Eats」「出前館」「menu」「Wolt」を比較しながら分析します。


平成女児に人気再燃のセーラームーンとプリキュアはなぜ数十年にわたり愛される? ファン層の特徴から分析!

平成女児に人気再燃のセーラームーンとプリキュアはなぜ数十年にわたり愛される? ファン層の特徴から分析!

30周年を迎えた「美少女戦士セーラームーン」と20周年を迎えた「プリキュア」。この2つの作品名を聞いたことがない方はいないでしょう。セーラームーンは特に女性人気が高く、プリキュアは男女どちらからも愛されているようです。本記事では、この2つの作品のファンについてより深く分析します。また、ファンの特徴から作品が愛される理由を考察します。


Social media usage among seniors! Mainly YouTube, with significant growth in TikTok usage

Social media usage among seniors! Mainly YouTube, with significant growth in TikTok usage

There’s often a lot of focus on social media use among young people. But we also want to look at trends among “digital seniors.” We will investigate seniors’ usage of Facebook, Instagram, X (formerly Twitter), YouTube, and TikTok, analyzing usage characteristics and comparing them to usage among those in their 20s.


最新の投稿


データ・ワン、実店舗購買データを元に類似顧客を推計して配信する新広告ソリューションの提供開始

データ・ワン、実店舗購買データを元に類似顧客を推計して配信する新広告ソリューションの提供開始

株式会社データ・ワンは、株式会社NTTドコモが保有するドコモ独自の顧客プロファイリングAIエンジン「docomo Sense™」を活用した広告ソリューション「co-buy® Audience Plus(コーバイ・オーディエンスプラス)」の提供を開始したことを発表しました。このソリューションにより、データ・ワンが保有する小売事業者の購買データを元に類似顧客を推計し、質の高さとリーチ量を兼ね揃えた広告配信が可能となるといいます。


スマホゲームを毎日プレイする人が約7割!全世代の女性に好かれる「ディズニーツムツム」【クロス・マーケティング調査】

スマホゲームを毎日プレイする人が約7割!全世代の女性に好かれる「ディズニーツムツム」【クロス・マーケティング調査】

株式会社クロス・マーケティングは、スマホゲームを月1回以上プレイしている全国15~69歳の男女を対象に「ゲームに関する調査(2024年)スマホゲーム編」を実施し、結果を公開しました。


日用品は同じ商品を繰り返し買う"安定派"の一人暮らし女性が約8割!一方で約3人に1人が新商品を衝動買いした経験あり【eBay Japan調査】

日用品は同じ商品を繰り返し買う"安定派"の一人暮らし女性が約8割!一方で約3人に1人が新商品を衝動買いした経験あり【eBay Japan調査】

eBay Japan合同会社は、全国の一人暮らしをしている女を対象に「日用品の買い替えに関する調査」を実施し、結果を公開しました。


レトロブームで再燃? コンデジやチェキ、写ルンですの消費者ニーズをデータで深掘り

レトロブームで再燃? コンデジやチェキ、写ルンですの消費者ニーズをデータで深掘り

「コンデジ」「チェキ」「写ルンです」。この言葉を聞いて懐かしいと思う大人は多いかもしれません。スマートフォンの普及によって、カメラを買う機会は減少傾向にありました。しかしながら、最近はZ世代の間で「レトロ」が注目を集め始め、コンデジブームがやってきました。データ分析を通してそれぞれのカメラの関心層を分析します!


デジマの課題は「ノウハウ不足」と「ツール」に集中 デジタル顧客体験の改善が明確な注力領域に【Repro調査】

デジマの課題は「ノウハウ不足」と「ツール」に集中 デジタル顧客体験の改善が明確な注力領域に【Repro調査】

Repro株式会社は、消費者向けWebサイト・サービスを保有する企業の事業・サービス責任者を対象に、「Webサイトの活用状況に関するアンケート」を実施し、結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ