中国市場における「機能性スナック菓子」ブームを探る|ホワイトペーパー

中国市場における「機能性スナック菓子」ブームを探る|ホワイトペーパー

中国市場では今、「機能性スナック菓子」に注目が集まっています。特に若い世代は、メンタルヘルスや肌、体重管理に焦点を当て、健康改善に対するより強い意識を持っていると言われており、若者独自の「遊びながら健康を維持する」スタイルが流行している、との興味深い現象も。本レポートでは、中国市場における機能性スナック菓子の、食べやすさ、効果の高さ、携帯の便利さ等のメリットなどを解説します。(ページ数:29ページ)


どんなレポート?

今、中国の若者を中心に流行していると言われている機能性スナック菓子
機能性スナック菓子とは、「健康を増進する機能性成分を添加したスナック食品」のことを指し(従来の医薬品の製品形態や消費習慣とは区別する)、効率的な栄養補給とレジャー時などにおいての食事に便利という特徴を持っています。

中国での「機能性スナック菓子」ブームを深掘りすることで、日本市場での機能性食品市場におけるマーケティング戦略のヒントとなり得るかもしれません。

レポートの完全版は無料でダウンロードいただけます。記事末尾のフォームよりお申し込みください。

レポートの例

2019年から2021年のTmall国際における「機能性スナック菓子」の消費規模推移は右肩上がりの傾向にあり、その勢いからは注目度の高さがうかがえます。その話題性の要因の一つとしては、「服用しやすい」が65%、「効果的」が56%などが挙げられ、食べやすさやその効果に対して大きく評価されているようです。

「機能性製品」は消費シーンを徐々に細分化、拡大化し、 ターゲット層に浸透しています。

下図は消費シーンを「疲労回復・リフレッシュ」と設定したケースです。
運転、残業、スポーツ後などを想定し、マーケティング施策を展開することで消費者にブランド訴求が成功。一例として、エナジードリンクの例を見てみると、2015年に出現した「eスポーツ市場」において、積極的なブランドマーケティングを行ったところ、中国内ゲーマーの36%がゲームをする際にエナジードリンクの摂取を行うと回答しています。

成分としては、「カフェイン」「クコの実」などが注目されている様子。これらを主な成分とした機能性ドリンクの売上が大幅に伸びている、という結果も出ています。

製品の形態としては、液体ドリンクに集中している中で、新たな形態としてグミへの注目も高まっています。

目次

●調査概要
●概要
●01:疲労回復、リフレッシュ
●02:ストレス解消・睡眠補助
●03:スキンマネジメント
●04:体重管理
●05:将来の展望

ホワイトペーパーダウンロード【無料】|中国における機能性スナック菓子に関するレポート

資料のダウンロードURLを、ご入力いただいたメールアドレスに送付させていただきます。
ご登録頂いた方にはVALUESからサービスのお知らせやご案内をさせて頂く場合がございます。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


中国人男性の消費意識を掴む。「中国人の消費意識に関するクラスター分析(男性編)」レポート

中国人男性の消費意識を掴む。「中国人の消費意識に関するクラスター分析(男性編)」レポート

世界的にもトップ規模を誇る中国市場。その市場を構成する中国人消費者は、どのような趣向や関心を抱き、どのような環境で生活しているのでしょうか。中国人消費者の購買意欲を捉えるためには、消費背景にある意識、環境特性などを的確に把握することが必要不可欠です。本レポートでは中国人男性にフォーカスし、5つの特徴的なクラスターに分類。それぞれの特性について分析しました。(ページ数|59ページ)


エリアによって人気の飲食店ジャンルが異なる?食べログの閲覧状況から分析してみた【新宿エリア】

エリアによって人気の飲食店ジャンルが異なる?食べログの閲覧状況から分析してみた【新宿エリア】

特定のエリアについて情報を集める際に、一般的には国勢調査等が活用されます。しかし、性年代にとどまらず、もう少しその地域を詳しく知りたいことはありませんか?そんな時に、行動ログデータを活用することで、そのエリアに関連した人々のWeb上での動きを分析することができます。本分析では、飲食店を題材に、消費者の行動ログデータを分析し、新宿エリアの閲覧ユーザーや人気飲食店ジャンルの特徴を推察します。


【2022年ヒット商品】ヤクルト1000、完全メシなど...生活者アンケートと行動データで見るヒットの理由 -「食」編

【2022年ヒット商品】ヤクルト1000、完全メシなど...生活者アンケートと行動データで見るヒットの理由 -「食」編

「ヤクルト1000」が流行語大賞にノミネートするなど、様々なヒット商品が生まれた2022年。そこで今回は、ヒット商品が人々の心を捉えた理由と、どのような軌跡で盛り上がりを見せていったのか、Web行動ログデータとアンケート調査結果を用いて分析しました。「食編」「美容・ファッション編」「ライフスタイル編」の3カテゴリに分けて、レポートしていきます。


お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界大手の「森永製菓」「江崎グリコ」「カルビー」「ブルボン」「不二家」。各公式サイトの集客状況に注目し、強みや施策の違いを調査します。2年半前に公開した同記事の最新版として、新たな発見をお届けします。


高まるSNSの影響力。「中国における日本車のソーシャルリスニング分析~トヨタCROWN・日産ARIYA比較~」レポート

高まるSNSの影響力。「中国における日本車のソーシャルリスニング分析~トヨタCROWN・日産ARIYA比較~」レポート

中国では、商品の検討や購入といった購買行動において、SNSの影響が大きくなっているとされています。これを受けて、近年では中国企業の他、日本企業も中国SNSで公式アカウントを開設する事が一般的になってきています。本レポートでは日本の大手自動車メーカー、トヨタと日産について、各社のSNS活用やユーザー動向を比較調査しました。(ページ数|9ページ)


最新の投稿


【TVドラマランキング】Twitterで世界トレンドに!若年層の心をつかんだ「silent」が人気

【TVドラマランキング】Twitterで世界トレンドに!若年層の心をつかんだ「silent」が人気

近年動画配信サービスが普及し、時間や場所にとらわれず様々なジャンルの動画を手軽に視聴できるようになりました。テレビ離れが幅広い年代で囁かれている時代、話題になるテレビドラマとは、どのようなものなのでしょうか。今回は、2022年10月~12月に放送されたドラマについて、認知度や視聴方法、満足度、満足理由などをランキング化。その実態を探りました。


Does Gen Z Prefer Apps Over Websites When Online Shopping?

Does Gen Z Prefer Apps Over Websites When Online Shopping?

The Gen Z data analysts at VALUES, Inc. analyzed behavioral data regarding the online shopping consumption among Generation Z. It is said that Gen Z prefers “e-commerce apps” over “e-commerce websites,” but what is true? We will dig deeper, incorporating the honest voices of the Gen Zers.


検索順位をチェックし競合分析できる無料ツール「SEOチェキ!」と「SEOTOOLS」とは

検索順位をチェックし競合分析できる無料ツール「SEOチェキ!」と「SEOTOOLS」とは

競合サイト分析に使える無料ツール「SEOチェキ!」「SEOTOOLS」について。知名度がありキーワードの検索順位などもチェックできますが、ツールとしての世代が古い感は否めません。SEOチェキ!とSEOTOOLSの特徴や使いどころ、検索順位が競合分析にどう役立つかを解説します。


Instagramにおける「クリエイターマーケティング」 ~ 注目高まるクリエイターエコノミーと企業活用事例

Instagramにおける「クリエイターマーケティング」 ~ 注目高まるクリエイターエコノミーと企業活用事例

2023年、マーケターが押さえておきたいトピックのひとつに、Instagramを活用した「クリエイターマーケティング」が挙げられます。今回は、クリエイターマーケティングをテーマに、Facebook Japanの相原氏と、ヴァリューズの岩間と蒋が対談。期待される効果や施策を行う際のポイント、企業活用事例などをお届けします。


地産地消 ~ 道の駅と食育から

地産地消 ~ 道の駅と食育から

近年注目されつつある「地産地消」。この裏には、人気のお出かけスポットとしての「道の駅」が一役買っています。単なる観光客向けの食品・工芸品の販売だけではなく、地元の生活者の糧としても活用され、そして何より子供たちの「食育」にも繋がることで、「地産地消」の循環の輪は広がっているようです。そのような「地産地消」のメリット・デメリットを含めた実情を、広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が解説します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら