Twitterの検索連動型広告機能がローンチ!Yahoo!広告では競合の出稿状況が確認できる機能追加も | WEB広告最新アップデート情報(2023年1月)

Twitterの検索連動型広告機能がローンチ!Yahoo!広告では競合の出稿状況が確認できる機能追加も | WEB広告最新アップデート情報(2023年1月)

年が明けてから早くも1か月以上が経ち、2月も半ばに差し掛かっています。年度末のタイミングに向けた広告出稿準備に追われる方も増えてきているのではないでしょうか。予約型広告など枠が限られているものもあるので、早めの準備が大事ですね。 さて、2023年からマナミナでは、運用型広告の最新アップデート情報を月1でお届けしていきます。今回は2023年1月のアップデート情報の中から主要なものをピックアップしました。各媒体の機能追加や仕様変更をしっかりチェックしていきましょう。


1.Google広告のアップデート情報

最適化案「重複するキーワードを削除」の機能向上

まずはGoogle広告のアップデート情報です。最適化案「重複するキーワードを削除」を使用すると、従来は同じ広告グループ、リンク先、入札戦略、マッチタイプ内で重複しているキーワードが検知されていました。2023年1月19日からは、異なるマッチタイプ間でも検知されるようになっています。

▼Googleからのアナウンス内容から抜粋
『例えば、広告グループに「女性用帽子」というフレーズ一致キーワードと「婦人 帽子」という部分一致キーワードがあるとします。「女性用帽子」という検索はすべて部分一致キーワード「婦人 帽子」とマッチするため、フレーズ一致キーワード「女性用帽子」は削除することをおすすめします』

上記のアナウンス内容を踏まえると、重複は部分一致キーワードにまとめられるようです。

これにより想定されるのが、意図しないキーワードの削除です。
例えば成果の良い完全一致やフレーズ一致のキーワードが最適化案の自動適用により削除されて、CPAが上昇する可能性があります。こうしたリスクを防ぐために、最適化案の自動適用の設定を今一度見直すことが必要です。

Google広告管理画面>最適化案>自動適用(画面右上)をチェック、と進むと下記の画面に遷移します。

自動適用を希望しない場合は、「重複するキーワードを削除しましょう」がチェックされていないか確認しましょう。このチェックを外すと、意図しないキーワード削除を防げます。

2.Yahoo!広告のアップデート情報

2-1 Yahoo!広告 推奨運用「六連」リリース

Yahoo!広告では、新しい推奨運用手法「六連」がリリースされました。
「六連」には、検索広告とディスプレイ広告それぞれの広告効果を向上させるための手法がまとめられています。
運用担当者の方は要チェックですね。
参照:https://portal.yadui.business.yahoo.co.jp/agencyportal/30388955/

2-2 オークションインサイト機能の提供開始

Yahoo!広告 検索広告で、「オークションインサイト」機能の提供が開始されました。同じ広告オークションに参加している他社の広告と自社の広告の掲載結果を比較できる機能で、Googleの「オークション分析レポート」と近しいものです。

管理画面でデータを見たい広告グループを選択すると、右上に「オークションインサイトを表示」というボタンが表示されます。

「オークションインサイト」は広告グループ単位でしか確認できませんが、広告運用における外部要因分析の材料が増えます。Yahoo!広告 検索広告を出稿中の方はぜひチェックしてみてください。
参照:https://portal.yadui.business.yahoo.co.jp/agencyportal/30389618/

3.Meta広告のアップデート情報

オークションインサイト機能の提供開始

2023年2月20日以降、ターゲットオーディエンスに18歳未満の利用者を含む広告で、一部の設定が利用できなくなります。Metaでは10代の利用者の安全を守るために、プラットフォーム全体でこうした取り組みを強化しています。

設定できなくなるのは下記のターゲティングです。
・性別によるターゲティング
・郵便番号、指定マーケット地域、市区町村より詳細な地域によるターゲティング

2021年8月のアップデート時点で、10代の利用者をターゲットとする広告に対しては興味関心や行動によるターゲティング、言語によるターゲティングなどさまざまな設定が利用できなくなっていました。今回さらに制限が追加されることとなります。今回の変更により、設定によっては配信が停止または縮小する可能性があります。

また2023年4月7日以降、10代の利用者のみをターゲットとする広告セットは一時停止に、10代の利用者と成人の両方をターゲットとする広告セットでは配信先が成人のみに変更される見込みです。

下記公式ページでは、おすすめの更新方法が紹介されています。該当する配信を行っている方はチェックしてみてください。

https://ja-jp.facebook.com/business/help/229435355723442

4.Twitter広告のアップデート情報

4-1 Twitterの検索連動型広告「Twitter検索キーワード広告」がローンチ

Twitter広告で、ユーザーの検索キーワードに応じて広告を配信できる「Twitter検索キーワード広告」が登場しました。

新プロダクト「Twitter検索キーワード広告」ローンチのお知らせ

https://blog.twitter.com/ja_jp/topics/product/2023/introducing_Twitter_Search_Keywords_Ads

新プロダクト「Twitter検索キーワード広告」ローンチのお知らせ。Twitter独自の検索連動型広告「Twitter検索キーワード広告」のオープンベータのローンチに関してご案内いたします。

ブランド名やサービス名、特定のカテゴリに関する検索をするユーザーにピンポイントで広告を配信できるようになります。
1広告グループにつき最大200個のキーワードを登録可能で、1キーワードは最大140字まで設定可能です。
Twitter広告の可能性がぐっと広がりますね。

自社で狙いたい顧客に効率よく配信できるようになる一方で、競合他社が自社ブランド名の検索者を狙って広告配信を行う可能性もあります。これはGoogleやYahoo!の検索広告でもよくある事象です。Twitterでも、競合他社への顧客流出を防ぐ目的での出稿を視野に入れる必要がありそうです。
「Twitter検索キーワード広告」は現時点でベータ版であり、今後アップデートされる可能性もあります。今後も最新情報が発表された際には、記事にてご紹介していきます。

4-2 「場所を中心とした半径」での地域ターゲティングを提供開始

これまでTwitterでは「国、地域、都道府県、市町村、都市圏、郵便番号(※日本は未対応)」での地域指定が可能でした。今回、追加で「場所を中心とした半径」での地域ターゲティングができるようになりました。

Geo, gender, language, and age targeting

https://business.twitter.com/en/help/campaign-setup/campaign-targeting/geo-gender-and-language-targeting.html

Learn how to limit your Twitter Ads campaigns to users of specific locations, genders, or who understand specific languages.

キャンペーンを作成後、「オーディエンスの特性」の設定パートに「場所を中心とした半径」が追加されていますね。

このアップデートにより、従来よりもかなり柔軟に地域ターゲティングができるようになりました。
実店舗を持っている広告主にとっては見逃せないアップデートです。

5.LINE広告のアップデート情報

出稿可能な業種・サービスが追加

LINE広告で出稿できる業種・サービスが新たに追加されました。
今回追加された業種・サービスは次のとおりです。
・質屋
・クラウドファンディング(投資型、寄付型)
・暗号資産交換業
・政党
・募金、寄付金の募集
・あん摩マッサージ指圧、はり、きゅう、柔道整復
・治験者の募集
・身体機能検査関連キット
・探偵業
・占い
・開運・魔よけなどの商品、サービス
・生体販売(ペットなど)
・各種金融商品(先物・オプション取引など)
・貸金業・カードローン(個人向け無担保無保証貸付)

これまで出稿を諦めるしかなかった業種・サービスで、LINE広告の出稿を検討してみる良い機会かもしれません。
該当するサービスを扱っている方は、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

LINE広告 アップデート情報|広告審査のスピード短縮、出稿可能な業種拡大でより使いやすく|LINE for Business

https://www.linebiz.com/jp/column/service-information/line-ads/update_202301/

LINE広告 アップデート情報|広告審査のスピード短縮、出稿可能な業種拡大でより使いやすく。LINEをマーケティングに活用するための最新情報をお届けします。

まとめ

広告出稿について重要なアップデートが続々と発表された1月でした。今後の広告プランニングや運用調整に取り入れられそうなものも多かったですね。
個人的には、Yahoo!広告 検索広告でオークションインサイト機能が提供開始になったのが嬉しいニュースです。今まで分析しにくいこともありましたが、外部の情報が得られることで、配信結果の考察や打ち手の決定がしやすくなりますよね。また同様に、ベータ版ではあるもののTwitterの検索連動型広告「Twitter検索キーワード広告」のローンチもかなりの注目ポイントでした。
今後の媒体側の動きはもちろん、広告主の利用状況にも目が離せません。

Facebook Japan 相原氏との対談記事も!SNS広告配信中の方は要チェックです。

Instagramにおける「クリエイターマーケティング」 ~ 注目高まるクリエイターエコノミーと企業活用事例

https://manamina.valuesccg.com/articles/2207

2023年、マーケターが押さえておきたいトピックのひとつに、Instagramを活用した「クリエイターマーケティング」が挙げられます。今回は、クリエイターマーケティングをテーマに、Facebook Japanの相原氏と、ヴァリューズの岩間と蒋が対談。期待される効果や施策を行う際のポイント、企業活用事例などをお届けします。

この記事のライター

株式会社ヴァリューズ 渋谷友里子(しぶやゆりこ)

東北大学文学部卒業後、新卒でヴァリューズに入社。データプロモーション局で多様な業界クライアントをWEB広告運用担当やアカウント担当として支援。広告運用と合わせて、クリエイティブディレクション・制作の担当、事業会社を相手にしたSaaS型ツールの活用支援なども行っている。

関連するキーワード


SNS 広告最新情報

関連する投稿


【調査リリース】4大SNSのヘビーユーザーを比較調査!X利用者はフォロー/シェア等での割引施策参加に積極的、 TikTok利用者は高価でも衝動買いの傾向

【調査リリース】4大SNSのヘビーユーザーを比較調査!X利用者はフォロー/シェア等での割引施策参加に積極的、 TikTok利用者は高価でも衝動買いの傾向

アプローチしたい顧客セグメントに到達するためには、コミュニケーション媒体として適切なSNSを選定し活用することが重要です。数多くの新興SNSも登場する中、どんなユーザーがどのSNSを選び、どのような購買活動をしているのか。今回は4大SNSとも言える、Facebook、Instagram、TikTok、X(旧Twitter)それぞれのヘビーユーザーの属性、購買動機や興味関心などのサイコグラフィック、メディアの利用状況や消費行動などを調査し、ユーザープロファイルを作成しました。


Social media usage among seniors! Mainly YouTube, with significant growth in TikTok usage

Social media usage among seniors! Mainly YouTube, with significant growth in TikTok usage

There’s often a lot of focus on social media use among young people. But we also want to look at trends among “digital seniors.” We will investigate seniors’ usage of Facebook, Instagram, X (formerly Twitter), YouTube, and TikTok, analyzing usage characteristics and comparing them to usage among those in their 20s.


シニアのSNS利用実態を調査!YouTubeに集中も、TikTok利用の伸びが顕著

シニアのSNS利用実態を調査!YouTubeに集中も、TikTok利用の伸びが顕著

若者のSNS利用が注目されがちな昨今。一方、「デジタルシニア」の動向も注目しておきたいところです。今回は、Facebook・Instagram・X(旧Twitter)・YouTube・TikTokについて、シニアの利用実態を調査。20代と比較しながら、シニアのSNS利用の特徴を分析します。


SEOとは何の略?初心者もスグできる対策と3つの分析ツールを紹介

SEOとは何の略?初心者もスグできる対策と3つの分析ツールを紹介

SEOとは何の略か知りたい。Webサイトの運営とアクセスを増やすのにSEOが必要らしいけど、具体的に何をすれば良いのかわからない。こんな疑問をお持ちの方に向けてSEOの意味から、初心者でもわかるSEO対策の設定と考え方を解説していきます。間違ったSEO対策やサイト設計をして、逆効果にならないようにしておきましょう。


YouTube, Shorts & TikTok: Comparing Gen X, Y, & Z! Usage rates, how they’re used, & effectiveness of ads <Part 2>

YouTube, Shorts & TikTok: Comparing Gen X, Y, & Z! Usage rates, how they’re used, & effectiveness of ads <Part 2>

Gen Z has been enjoying videos since their school days and known as one of the first to adopt short-form videos. We’ll analyze how they use video-format social media and compare with Gen X and Y. This analysis will cover medium usage, popular content, daily integration, purchasing behavior, and awareness.


最新の投稿


データ・ワン、実店舗購買データを元に類似顧客を推計して配信する新広告ソリューションの提供開始

データ・ワン、実店舗購買データを元に類似顧客を推計して配信する新広告ソリューションの提供開始

株式会社データ・ワンは、株式会社NTTドコモが保有するドコモ独自の顧客プロファイリングAIエンジン「docomo Sense™」を活用した広告ソリューション「co-buy® Audience Plus(コーバイ・オーディエンスプラス)」の提供を開始したことを発表しました。このソリューションにより、データ・ワンが保有する小売事業者の購買データを元に類似顧客を推計し、質の高さとリーチ量を兼ね揃えた広告配信が可能となるといいます。


スマホゲームを毎日プレイする人が約7割!全世代の女性に好かれる「ディズニーツムツム」【クロス・マーケティング調査】

スマホゲームを毎日プレイする人が約7割!全世代の女性に好かれる「ディズニーツムツム」【クロス・マーケティング調査】

株式会社クロス・マーケティングは、スマホゲームを月1回以上プレイしている全国15~69歳の男女を対象に「ゲームに関する調査(2024年)スマホゲーム編」を実施し、結果を公開しました。


日用品は同じ商品を繰り返し買う"安定派"の一人暮らし女性が約8割!一方で約3人に1人が新商品を衝動買いした経験あり【eBay Japan調査】

日用品は同じ商品を繰り返し買う"安定派"の一人暮らし女性が約8割!一方で約3人に1人が新商品を衝動買いした経験あり【eBay Japan調査】

eBay Japan合同会社は、全国の一人暮らしをしている女を対象に「日用品の買い替えに関する調査」を実施し、結果を公開しました。


レトロブームで再燃? コンデジやチェキ、写ルンですの消費者ニーズをデータで深掘り

レトロブームで再燃? コンデジやチェキ、写ルンですの消費者ニーズをデータで深掘り

「コンデジ」「チェキ」「写ルンです」。この言葉を聞いて懐かしいと思う大人は多いかもしれません。スマートフォンの普及によって、カメラを買う機会は減少傾向にありました。しかしながら、最近はZ世代の間で「レトロ」が注目を集め始め、コンデジブームがやってきました。データ分析を通してそれぞれのカメラの関心層を分析します!


デジマの課題は「ノウハウ不足」と「ツール」に集中 デジタル顧客体験の改善が明確な注力領域に【Repro調査】

デジマの課題は「ノウハウ不足」と「ツール」に集中 デジタル顧客体験の改善が明確な注力領域に【Repro調査】

Repro株式会社は、消費者向けWebサイト・サービスを保有する企業の事業・サービス責任者を対象に、「Webサイトの活用状況に関するアンケート」を実施し、結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ