店舗DXにWeb行動ログを生かす!中古時計の買取事業を立ち上げたキタムラのデータ戦略

店舗DXにWeb行動ログを生かす!中古時計の買取事業を立ち上げたキタムラのデータ戦略

店舗DXをリアル店舗だけで進めるには限界がある。「カメラのキタムラ」や「スタジオマリオ」を全国展開している株式会社キタムラは、新規事業においてWeb行動ログを活用し、事業運営につなげています。どうDXを進めているのか、同社の上田氏と、データ分析パートナーである株式会社ヴァリューズの和田が対談しました。


【話者紹介】

株式会社キタムラ 上田 寛人

株式会社キタムラ
デジタル推進部 部長
上田 寛人


一橋大学法科大学院を卒業後、制作会社を経て、リクルートマーケティングパートナーズで、カーセンサーの集客を担当。在籍中、UXENT株式会社を共同創業し、CMOを担当。2017年にCCCグループに入り、2018年12月よりキタムラのデジタル推進室にCRM責任者として出向。2021年4月よりデジタル推進部部長。

株式会社ヴァリューズ 和田 尚樹

株式会社ヴァリューズ
ソリューション局 DX推進支援グループ
シニアマネージャー
和田 尚樹


2009年京都大学情報学研究科修士課程早期修了。2013年京都大学情報学研究科博士後期課程単位認定退学。2013年株式会社ヴァリューズに新卒1期生として入社し3年間新規営業を経験したのち、現在はデータ分析組織のマネジャーを務める。

新規事業立ち上げにWeb行動ログを活用

株式会社ヴァリューズ 和田 尚樹(以下、和田):キタムラ様は、ヴァリューズとともに、Web行動ログを活用した市場分析・戦略策定を進められています。本日は改めてお取り組みの一つについて詳細をお伺いできればと考えていますが、まずは上田さんが担当されている業務について、お聞かせいただけますでしょうか。

株式会社キタムラ 上田 寛人(以下、上田):株式会社キタムラのデジタル推進部で、DX全般に関わる企画の責任者を務めています。

ミッションとしては、こども写真館「スタジオマリオ」や買取事業、イメージングと言われる画像・動画を扱う商品のデジタルマーケティングの企画・実行支援のほか、プロダクトデザインに携わることもあります。

和田:ありがとうございます。キタムラ様とは長くご一緒させていただいていますが、今回はキタムラ様の新規事業である中古時計の買取事業について、お話できればと思います。

カメラのキタムラ ネットショップ「中古時計販売」
出典:https://shop.kitamura.jp/ec/special/reuse/watch

上田:当社では、これまでカメラで培ってきた中古買取の知見と独自の仕組みで、時計買取を行っています。高級ブランド時計を全国の店舗で買い取るほか、出張査定や電話査定、LINE買取など、お客様のニーズにあわせた買取・査定に対応しています。

本事業を立ち上げる際に、ヴァリューズのWeb行動ログを活用して分析を行いました。

和田:最初は、どの商品を取り扱うかから決めましたね。

上田:リユースというのは、時計やブランドバック、着物など、商品カテゴリによって強い企業が違うものです。和田さんとWeb行動ログを使って「どの会社の」「どのサイトの」「どの商品カテゴリ」が、販売・買取それぞれで、どれほど強いのかといったことを細かく見ていきました

強さを判断する際は、「サイト内のブランド名検索」「CV数」「CVしているユーザーの属性」などを各サイトで比較。当社が買取事業をするべきなのはどの商品カテゴリか、そしてどの競合をベンチマークすべきかを分析しました。

このような綿密な分析の結果、始めたのが中古時計の買取事業です。競合と戦いやすく、当社のお客様とも相性が良いことのほか、買取方法も店頭とネットを組み合わせやすいことがデータから読み取ることができました。

なかなか入手できない、商品カテゴリ別の詳細データを取得

上田:今回、特に有効だと感じたのは、商品カテゴリ軸で分析ができたことです。

事業戦略に使えるような、商品カテゴリ軸でのCV数やCVR、ユーザー属性まで見られるデータは他では見たことがありません。このようなデータはIRにも出ていないので、非常に有効だと思います

また、お客様が商品の購入を検討する際、ネットと比較して、店舗はそこまで価格が重視されないといわれています。だからこそ、シンプルに商品カテゴリごとの傾向を見ながら検討できたことは、かなり大きかったですね。

これまではファネルで見ていたのですが、モールのようなサイトでは「どの商品が強いのか」が大事なので、そこが可視化できたのは非常に意味のあることでした。商品カテゴリ軸で見られるようになったことで、リード獲得商品と利益を生み出す商品の構造などもわかるようになり、商品戦略につながっていると思います。

Web行動ログをリアル店舗、事業運営に生かす

和田:ここまでのお話から、店舗を使った事業であっても、Webのデータが有効だということがわかります。

上田:そうですね。店舗DXをリアル店舗だけで進めるには限界があると考えます。Webのデータからは「あの競合は店舗は強いけれど、ネット戦略が弱い」といったこともわかるので、「それなら当社はその部分を攻めよう」というように事業戦略に使いました。

また、活用したのが、行動ログであることも外せないポイントでしょう。店頭で行うアンケートなども有効な調査手法ではありますが、聞く人や聞き方などに大きな影響を受けることがあるため、定量調査として見るには難しい面があると思います。

店舗での展開はネットと比べてコストがかかるからこそ、失敗はできません。事業戦略策定などにつなげるのであれば、やはり行動ログのほうが勝っていると改めて思いました。

データ解釈のプロという心強い存在

和田:今回の事例を含め、データを見るときに、難しいと感じられる点はありますか。

上田:自分たちが思っていたようなデータが一発で出てきたら問題ないのですが、こちらの肌感とは違うような信じられないデータが出てきたときは、ディスカッションをしないと難しいと思います。そうしなければ、事業戦略のデータとしては使えないでしょう。

和田:確かに数字として見えているものだけでなく、そこから読み解いていかないとわからないものがありますね。今回も上田さんと一緒にデータを見てディスカッションしながら、裏側にあるものを読み解いていきました。

上田:そうですね。解釈力が必要だと感じています。社内にいるデータを分析する人と受け取る人、その両方に解釈力がいると思いますが、社内だけで育てるのは難しいのが現状です。だからこそ、和田さんのようなデータ解釈のプロがサポートしてくれるのは助かります。

和田:ありがとうございます。私たちは、クライアント様に主体となってマーケティング・データ活用を進めていただくことを大切にしており、システム面はもちろん、組織・意識面での改革も一緒に行う伴走支援を行っています。これからもぜひ、様々なデータの読み解きをご一緒させてください。

取材協力:株式会社キタムラ

関連記事

チェーンストア・多店舗ビジネスのDX事例を解説!小売業界のマーケティング課題に迫る

https://manamina.valuesccg.com/articles/2188

コロナ禍で消費者のライフスタイルや価値観が大きく変化し、また昨今の値上げトレンドの中、チェーンストアのデジタルマーケティングでは何を行っていくべきなのでしょうか?本稿では、チェーンストアのDX・デジタルマーケティングについて、企業の分析事例や最新の消費者トレンドを取り上げ、今後のポイントを解説します。(ページ数|55ページ)

これから始める「デジタルマーケティング」「DX」〜戦略設計とWeb行動ログを活用した市場把握とは?

https://manamina.valuesccg.com/articles/1161

本講演では、「カメラのキタムラ」や「スタジオマリオ」を全国展開し自社ECサイトでもカメラ機器販売や関連サービスを提供する株式会社キタムラが、データ分析パートナーである株式会社ヴァリューズとどのようにデータ分析を進めたのかを解説。地に足のついた一歩を踏み出すための、Web行動ログを活用した市場分析・戦略策定の方法を、実際の事例を交えながら紹介しました。

▼株式会社ヴァリューズでは、企業様ごとの状況や課題に応じた完全オーダーメイドのコンサルティング、 データ活⽤において広く共通する課題を解決する⾃社開発プロダクトと他社ツールの提供の組み合わせで、最適な内容をご提案しています。自社のDX推進に課題感をお持ちの方は、ぜひ下記よりご相談ください。
資料請求はこちら

この記事のライター

IT企業でコンテンツマーケティングに従事した後、独立。現在はフリーランスのライターとして、ビジネスパーソンに向けた情報を発信しています。読んでよかったと思っていただける記事を届けたいです。

関連する投稿


データ活用を加速させる!「BIダッシュボード」事例集 | BIダッシュボードギャラリー

データ活用を加速させる!「BIダッシュボード」事例集 | BIダッシュボードギャラリー

社内外の様々なデータを可視化し、グラフを組み合わせて表現することで、データの傾向やパターンを明確にし、分析の精度を向上させる「BIダッシュボード」。関係者間の正しい情報共有や共通理解の促進も期待できます。本レポートでは、Tableauをはじめとする様々なBIツールの導入や構築支援を行ってきたヴァリューズが、これまでの活用事例を厳選して紹介します。業務改善や意思決定に利用するダッシュボードについて、具体的なイメージが欲しい!という方にもおすすめです。


資生堂「SHIFT 2025 and Beyond」に込めた想いとブランディングを成功に導く視点|株式会社資生堂代表 魚谷氏に訊く【後編】

資生堂「SHIFT 2025 and Beyond」に込めた想いとブランディングを成功に導く視点|株式会社資生堂代表 魚谷氏に訊く【後編】

資生堂 会長 CEOの魚谷雅彦氏は、3年前倒しで売上目標1兆円を達成した後、コロナ禍でも様々な取り組みを実行してきました。新たに中期経営戦略として策定された「SHIFT 2025 and Beyond」には、どのような想いがあったのか。自社ブランディングを成功させるために必要な視点も合わせて、マーケティングのプロフェッショナルである魚谷氏にヴァリューズ 代表取締役社長の辻本が伺いました。


資生堂の中期経営戦略「VISION2020」で実行した構造改革と2030年への展望|株式会社資生堂代表 魚谷氏に訊く【前編】

資生堂の中期経営戦略「VISION2020」で実行した構造改革と2030年への展望|株式会社資生堂代表 魚谷氏に訊く【前編】

資生堂 会長 CEOの魚谷雅彦氏は社長への着任後、「世界で勝てる日本発のグローバルビューティーカンパニー」となることを宣言し、資生堂のオリジンをしっかり出しつつも、様々な取り組みを実行。100年先も輝き続ける会社を目指し、短期目線ではなく中長期での成長実現に向け、取り組んできた想いや狙いをヴァリューズ 代表取締役社長の辻本が伺いました。


【自治体・DMO向け】 分析事例から学ぶ、効果的なデータ活用術|セミナーレポート

【自治体・DMO向け】 分析事例から学ぶ、効果的なデータ活用術|セミナーレポート

自治体のブランディングやマーケティングにおいてデータの活用は不可欠です。しかし、「具体的な活用方法が分からない」「ナレッジやスキルの不足で業務負荷がかかっている」等のお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。データ活用には様々なアプローチ方法がありますが、中でもゴールを設定し段階的なステップや実現方法を考えることが重要です。本セミナーでは、ヴァリューズがこれまでに実施した自治体様とのデータ活用・分析事例を通じて、有意義なデータ活用を実現するアプローチ方法を解説。Webサイトアクセスの分析やBIダッシュボードの構築、日々のデータ集計業務の効率化等の事例もご紹介しました。※本セミナーのレポートは無料でダウンロードできます。


決済者が抱えるDX課題の1位は「新規営業を強化したい」【コミクス調査】

決済者が抱えるDX課題の1位は「新規営業を強化したい」【コミクス調査】

株式会社コミクスは、同社が運営するクラウド・SaaSサービスの情報プラットフォーム『kyozon』会員を対象に、決済者のDX(デジタルトランスフォーメーション)課題に関する調査を実施し、結果を公開しました。


最新の投稿


データ・ワン、実店舗購買データを元に類似顧客を推計して配信する新広告ソリューションの提供開始

データ・ワン、実店舗購買データを元に類似顧客を推計して配信する新広告ソリューションの提供開始

株式会社データ・ワンは、株式会社NTTドコモが保有するドコモ独自の顧客プロファイリングAIエンジン「docomo Sense™」を活用した広告ソリューション「co-buy® Audience Plus(コーバイ・オーディエンスプラス)」の提供を開始したことを発表しました。このソリューションにより、データ・ワンが保有する小売事業者の購買データを元に類似顧客を推計し、質の高さとリーチ量を兼ね揃えた広告配信が可能となるといいます。


スマホゲームを毎日プレイする人が約7割!全世代の女性に好かれる「ディズニーツムツム」【クロス・マーケティング調査】

スマホゲームを毎日プレイする人が約7割!全世代の女性に好かれる「ディズニーツムツム」【クロス・マーケティング調査】

株式会社クロス・マーケティングは、スマホゲームを月1回以上プレイしている全国15~69歳の男女を対象に「ゲームに関する調査(2024年)スマホゲーム編」を実施し、結果を公開しました。


日用品は同じ商品を繰り返し買う"安定派"の一人暮らし女性が約8割!一方で約3人に1人が新商品を衝動買いした経験あり【eBay Japan調査】

日用品は同じ商品を繰り返し買う"安定派"の一人暮らし女性が約8割!一方で約3人に1人が新商品を衝動買いした経験あり【eBay Japan調査】

eBay Japan合同会社は、全国の一人暮らしをしている女を対象に「日用品の買い替えに関する調査」を実施し、結果を公開しました。


レトロブームで再燃? コンデジやチェキ、写ルンですの消費者ニーズをデータで深掘り

レトロブームで再燃? コンデジやチェキ、写ルンですの消費者ニーズをデータで深掘り

「コンデジ」「チェキ」「写ルンです」。この言葉を聞いて懐かしいと思う大人は多いかもしれません。スマートフォンの普及によって、カメラを買う機会は減少傾向にありました。しかしながら、最近はZ世代の間で「レトロ」が注目を集め始め、コンデジブームがやってきました。データ分析を通してそれぞれのカメラの関心層を分析します!


デジマの課題は「ノウハウ不足」と「ツール」に集中 デジタル顧客体験の改善が明確な注力領域に【Repro調査】

デジマの課題は「ノウハウ不足」と「ツール」に集中 デジタル顧客体験の改善が明確な注力領域に【Repro調査】

Repro株式会社は、消費者向けWebサイト・サービスを保有する企業の事業・サービス責任者を対象に、「Webサイトの活用状況に関するアンケート」を実施し、結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ