日本でも参考にできる! 海外の金融機関のマーケティング・キャンペーン事例5選

日本でも参考にできる! 海外の金融機関のマーケティング・キャンペーン事例5選

金融商品は一般の消費者に商品の内容や自社の特徴を理解してもらうのが、特に難しい領域です。自社のイメージを浸透させる為の広告やキャンペーン企画は重要な反面、差別化に悩まれる事も多いのではないでしょうか。今回は、日本のマーケティングでも参考になりそうな、海外の金融機関の広告やキャンペーンの5つの事例をご紹介します。


①英国 モンゾ銀行…ロンドンバスとのタイアップ

「消費者に馴染みのあるものとコラボすることで親しみを持ってもらう」ことはタイアップの基本と言えます。

その中でもユニークなのは、英国のMonzo Bankの行った「ロンドンバスとのタイアップ」です。

ロンドンの象徴でもあり、同社のカードのカラーとも合う二階建てバスをラッピングした他、「Monzo バスをフォトショップで加工し最も優秀な作品を提出した人は、Monzo バスの Twitter アカウントで紹介する」という取り組みも行いました。

こうした取り組みや銀行業務の舞台裏を紹介する同社のTwitterアカウント「Making Monzo」は2万人以上のフォロワーを獲得する等、注目を集めています。

同社は他にもユニークなキャンペーンを多く行っており、参考となる点が多くありそうです。

出典:https://thefinancialbrand.com/news/bank-marketing/13-of-the-most-innovative-bank-marketing-campaigns-in-2022-131977/

②英国 ヴァージンマネー銀行…大人から子どもまで過ごせるラウンジを設立

海外でも銀行の店舗規模は縮小傾向にあり、「支店を保管コンテナのサイズまで縮小している」と評される事もある程です。

その一方で「あなたが今まで見た事のない銀行支店」を掲げオフラインの接点強化に乗り出したのがネット銀行のVirgin Money。

ラウンジ内にはカフェからシアターや子連れ用のボーリング場まで備えられ、Virgin Moneyの顧客はこれらを無料で利用する事ができるそうです。

Virgin Moneyはかなり大規模なラウンジを複数設立しており、顧客のロイヤリティ強化と囲い込みへの同社の強い意思がうかがえます。

出典:https://thefinancialbrand.com/news/banking-branch-transformation/virgin-money-lounge-fun-cool-banking-branch-photos-68483/

③カナダ ホーム エクイティ銀行…映画のイミテーションキャンペーン

消費者の金融リテラシー向上を目的としたキャンペーンでありながら、非常に大きな宣伝効果を上げたのが、カナダのHomeEquity Bankの取り組みです。

同社は人気のハリウッド映画「キャッチミー イフ ユー キャン」のストーリーを元ネタとした「Catch the Scam(詐欺を捕まえろ)」キャンペーンを行いました。

実在の有名な詐欺師で現在はセキュリティの専門家となっている人物を起用。詐欺の電話をかける様子や心理・金融的な背景まで掘り下げて解説する動画を複数本作成し、YouTubeとFacebookで配信しました。

販促予算としては25,000 ドルほどの企画だったにもかかわらず、Catch the Scam はYouTube で 120 万回以上、Facebook で 817,000 回以上閲覧されるなど好評を博したそうです。

④米国 ステップス銀行…10代向けに社会のお得なネタを発信

10代向けの銀行という珍しいポジションを築いているのが、米国のIT企業Steps Mobileの運営するSteps Bankです。

若年層に向けたサービスを提供している他、プロモーションもやはり若年層をターゲットにしている様子がうかがえます。

Steps BankのTikTokアカウントでは、無料のドーナツを入手する方法、格安の映画チケット、車の購入のヒント、マクドナルドのハックなどがショート動画で投稿され、関心を集めています。

画像:Steps BankのTikTokアカウント
40万人以上がフォローし、毎回数百万人が投稿を再生している。

https://www.tiktok.com/@step?_t=8cc6DVOSES1&_r=1

「若者が賢くお金を使う」存在としてSteps Bankを印象付ける事も狙いにあると見られます。

ブランドの狙いたいポジションと、集客施策がうまく結びついていた好例と言えそうです。

出典:https://contentworks.agency/7-banks-winning-at-social-media-in-2022/

⑤タイ タイ生命保険…深いストーリー仕立てのCMシリーズを展開

最後はアジアのタイの例をご紹介します。

タイの生命保険会社Thai Life Insuranceは、ストーリー仕立てのCMで、消費者の興味を引きながら認知を上げる施策で有名です。

その代表が「Unsung Hero」です。

「Unsung Hero」は見返りを期待せずに無私の行為を行う若者を描いた動画で、これまでにYouTubeで1億回以上も再生される等、注目を集めました。

他にも同社は、「沈黙の愛」、「私を忘れないで」、「ゴミ人間」、「シスター」などのユニークな動画シリーズを展開しています。

「沈黙の愛」は、父親が聾唖であるためにいじめられている女子高生の物語で、最終的には父親の「沈黙の」愛の力を強調するストーリーとなっています。

簡単なストーリー仕立ての動画を目にすることは少なくありませんが、シンプルなCMストーリーの範疇に収まらない、愛や命への強いメッセージ性を持った動画は、同社のブランドを浸透させる強い後押しとなっていると思われます。

出典:https://www.ajmarketing.io/post/marketing-in-thailand-learn-from-5-most-successful-campaigns

まとめ

いかがでしたでしょうか。
金融商品・サービスは差別化や商品理解が難しいからこそ、ブランドの機能的な価値の他、情緒的な価値の醸成が重要なのは、日本でも海外でも同様と言えます。

その発想を広げるヒントに今回ご紹介した事例がお役に立てば幸いです。

ホワイトペーパーダウンロード【無料】|金融業界でのマーケティング事例資料

これまでヴァリューズでは、銀行・保険・損保・ローン等、様々な領域でマーケティングのご支援を行ってきました。この資料では、金融業界各社で行った、調査からプロモーションへの活用までの取組事例をご紹介します。

詳細は以下のフォームより、無料でダウンロードいただけます。

この記事のライター

京都の大学で長らく中国哲学史を研究。現在は事業会社に対するマーケティング支援を担当。中国・東南アジアを中心にグローバルリサーチにも携わっている。趣味は旅行と文献研究。

関連するキーワード


「金融」市場調査 事例

関連する投稿


新NISA開始!NISAとiDeCoで検討者を比較調査

新NISA開始!NISAとiDeCoで検討者を比較調査

2024年1月から新NISAが開始されました。今回の調査では、新NISAは若年層や未婚者の関心が高く、積極的に資産の運用をしたいと考える人が多いと推測できそうです。一方のiDeCoは、40代以降の年代で新NISAよりも関心が高く、老後の資産形成を意識しているといえるでしょう。NISAを始め、iDeCoとも比較しながら、新NISAの検索者の属性や興味関心について分析しました。


海外企業の先進DX事例を解説!店舗系企業のデータ活用事例

海外企業の先進DX事例を解説!店舗系企業のデータ活用事例

「日本のDXは遅れている」と言われがちですが、お手本にできる海外の事例としてはどのようなものがあるのでしょうか。今回は、スーパーマーケットや飲食店、アパレル、ホテル、百貨店など、海外の店舗系企業に注目。彼らがデータを活用し、どのような課題を解決してきたのか、ヴァリューズのDXコンサルタントが解説します。


ブランディングの成功事例11選!事例から読み解く成功の秘訣を解説

ブランディングの成功事例11選!事例から読み解く成功の秘訣を解説

企業におけるブランディング戦略は今後の事業運用に欠かせません。しかし、ブランディングといっても、「どのように始めればいいのか」「ブランディングを強化するためにはどうすればいいのか」とお悩みの方もおられるでしょう。 そこで本記事では、企業のブランディングデザイン、リブランディング・採用ブランディングといった種類別の成功事例について解説します。 本記事をお読みいただくことで、他社の事例を自社のブランディングに取り入れたり、戦略を進める上で重点的に対応すべきポイント、成果を上げるためのコツがわかるはずです。


ふるさと納税はどんな人が検討している?セグメントごとの特徴を調査

ふるさと納税はどんな人が検討している?セグメントごとの特徴を調査

年末が近づくにつれて注目度が高まるふるさと納税。そのユーザー像はどのようなものなのでしょうか。検討の度合いから検討者を5つのセグメントに分類し、実態を調査しました。


データ分析のヴァリューズ、「デジタル・トレンド白書2023 – 金融編」を公開

データ分析のヴァリューズ、「デジタル・トレンド白書2023 – 金融編」を公開

ヴァリューズは、国内最大規模の消費者Web行動ログパネルを保有し、データマーケティング・メディア「マナミナ」にて消費トレンドの自主調査を発信してきました。その中から注目領域の調査・コラムをピックアップし、白書として収録。2021年の発行から3回目を迎える「デジタル・トレンド白書2023」は、「金融編」についてご紹介します。※レポートは無料でダウンロード頂けます。(ページ数|134P)


最新の投稿


Z世代就活生の約7割が出社中心の働き方を希望!ある程度拘束されても手取り足取り教えてほしい【電通調査】

Z世代就活生の約7割が出社中心の働き方を希望!ある程度拘束されても手取り足取り教えてほしい【電通調査】

株式会社電通は、2024年卒または2025年卒業予定の全国の大学生・大学院生を対象に、就職活動に関する意識調査「Z世代就活生 まるわかり調査2024」を実施し、調査結果を公開しました。


データ分析のヴァリューズが「競合分析ガイドブック」を公開 ~ 商品企画からプロモーションまで、知っておきたい 6つのフレームワーク・8つの事例・19の分析ツールを徹底解説 ~

データ分析のヴァリューズが「競合分析ガイドブック」を公開 ~ 商品企画からプロモーションまで、知っておきたい 6つのフレームワーク・8つの事例・19の分析ツールを徹底解説 ~

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、運営するデータマーケティング・メディア「マナミナ」にて公開した記事から厳選し、知っておきたい6つのマーケティング・フレームワーク、8つの事例、19の分析ツールを収録した「競合分析ガイドブック」を公開しました。


交渉学を深める ~ 英知ある交渉とは

交渉学を深める ~ 英知ある交渉とは

さまざまなビジネスシーンで見られる「交渉」。よりスマートにお互いの利益を引き出す交渉を行うにはどのような知識とスキルが必要となるのでしょうか。また、現在持ち合わせているあなたの「交渉能力」をアップデートするためには、どのような「交渉術」を備えるべきなのでしょうか。本稿では広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が「交渉」概念の基礎から、さらに深い「交渉学」の世界まで解説します。


悩みを抱えた人の語りからこころと社会を学ぶ「夜の航海物語」のススメ〜現代社会とメンタルヘルス〜

悩みを抱えた人の語りからこころと社会を学ぶ「夜の航海物語」のススメ〜現代社会とメンタルヘルス〜

「カウンセリング」と聞いて、どんな印象を持ちますか?専門家とともに自分のこころを見つめる経験は、その後の人生の糧にもなります。臨床心理士の東畑開人氏の著書「なんでも見つかる夜に、こころだけが見つからない」(新潮社)は、気付かないうちにあなたも染まっているかもしれない、孤独に陥りがちな現代社会の価値観に気づかせてくれます。「読むセラピー」と称された、カウンセラーとクライアント(依頼者)の夜の航海物語を、精神保健福祉士の森本康平氏が解説します。


Twilio、「顧客エンゲージメント最新動向」を発表 データ使用状況の開示と高い透明性の重要性を明らかに

Twilio、「顧客エンゲージメント最新動向」を発表 データ使用状況の開示と高い透明性の重要性を明らかに

Twilio Japan合同会社は、「顧客エンゲージメント最新動向」の日本語版を発表しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

ページトップへ