「人的資本」への注目が高まるHR業界。HR関連ツール5サイトの集客状況を調査してみた

「人的資本」への注目が高まるHR業界。HR関連ツール5サイトの集客状況を調査してみた

HR業界では、HR Tech(HRテック)による組織改善や人事・組織マネジメントが進んでいます。HRツールの開発には多くの企業が参入していることから、集客には適切な施策の選定や活用が欠かせません。今回は、HR関連ツール5サイトの集客状況を調査しました。


近年、「人的資本」がホットワードになっています。「人的資本」とは、従業員の知識やスキルなどの能力を資本としてとらえる考え方を意味しています。それをふまえて、人的資本経営とは「人材を『資本』として捉え、その価値を最大限に引き出すことで、中長期的な企業価値向上につなげる経営のあり方」と定義されています(※)。
※人的資本経営 ~人材の価値を最大限に引き出す~

以下の図は、キーワード「人的資本」と「人的資本経営」のセッション数の推移です。変動はあるものの、とくにキーワード「人的資本経営」は右肩あがりであることがわかります。2022年9月に「人的資本」のセッション数が突出しているのは、内閣官房から「『人的資本可視化指針』(案)に対するパブリックコメントの結果の公示及び同指針の策定について」が公表されたからだと推測できます。それに関連して、2023年1月には金融庁から「『企業内容等の開示に関する内閣府令』等の改正案に対するパブリックコメントの結果等について」が公表されました。これにより、有価証券報告書における人的資本の情報開示が義務づけられるようになりました。この報道発表によりセッション数が増加した可能性があるといえます。

図:「人的資本」検索数推移

図:「人的資本」検索数推移
期間:2022年6月~2023年5月
分析ツール:Dockpit
デバイス:PC、スマートフォン

制度改正が行われたことからも、HR業界では「人的資本」にますます注目が集まると予想されます。そこで今回は、ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を用いて、HR関連ツール5サイトの集客状況を調査・分析しました。

HR関連ツール開発には多くの企業が参入

今回取り上げたのは、以下の5サイトです。

・カオナビ
・HRMOS(ハーモス)
・SmartHR(スマートHR)
・HRBrain(HRブレイン)
・MOTIVATION CLOUD(モチベーションクラウド)

それぞれのツールは以下、カオナビが公開しているマップのように、各カテゴリに分類されます。HR Techのツール開発には、5サイト以外にも、すでに多くの企業が参入していることがわかります。

図:HRTechカテゴリ別マップ

HR Techとは、最先端のデジタル技術とHR分野を融合させた新しい人事・組織マネジメントサービスのことです。HR Techの発展により、HR分野での情報管理の一元化や効率化が実現しました。蓄積されたあらゆるデータの分析ができると、さまざまなシミュレーションが可能になります。データに基づく最適な人材の提案や離職率の改善にも活用できます。人的資本への注目が集まる今、HR Techのツール開発には多くの企業が関心を寄せています。

組織改善への注目が高まる?

5サイトのなかでは、ユーザー数のトップはカオナビです。SmartHR、HRBrain、MOTIVATION CLOUDの3サイトは新規ユーザー率が高いのが特徴です。とくにMOTIVATION CLOUDは新規ユーザー率が9割を超えており、データ分析による組織改善への注目度が高まっていることがうかがえます。COVID-19の流行により、多くの人が仕事や働き方を見直すことになりました。人だけでなく、企業としても組織のあり方を見直すきっかけとなり、組織改善への注目が高まったのかもしれません。

図:基本指標

図:基本指標
期間:2022年6月~2023年5月
分析ツール:Dockpit
デバイス:PC、スマートフォン

HRMOSは2023年2月に新機能をリリース

ユーザー数の推移を見てみると、HRMOSが2023年2月に突出しています。これは、HRMOSの新機能のリリースが影響していると考えられます。HRMOSは勤怠管理システムを展開していますが、2023年中に新機能を段階的にリリースする予定です。拠点を選択して打刻できる機能や月60時間超の時間外労働時間の集計機能などが追加されます。法改正が進んでいることもあり、今後も制度に合わせた機能追加が行われるでしょう。

図:ユーザー数推移

図:ユーザー数推移
期間:2022年6月~2023年5月
分析ツール:Dockpit
デバイス:PC、スマートフォン

HRMOSは新機能のリリース時期に、ディスプレイ広告からの集客が増えています。このことから広告を上手に活用し、集客につなげていると推測できます。

図:ディスプレイ広告

図:ディスプレイ広告
期間:2022年6月~2023年5月
分析ツール:Dockpit
デバイス:PC、スマートフォン

集客構造は各サイトで戦略がわかれる

集客構造を見てみましょう。並べてみると、各サイトの戦略に差が出る結果になりました。

図:集客構造

図:集客構造
期間:2022年6月~2023年5月
分析ツール:Dockpit
デバイス:PC、スマートフォン

自然検索はカオナビが強い

自然検索に強いのは、カオナビです。流入キーワードの上位にランクインしているのは、「KPI」「PDCA」「社会保険」などの一般ワードです。このことから、カオナビはSEOに注力していると推測できます。たとえば、KPIを例にあげます。KPI(Key Performance Indicator)は、重要業績評価指標のことで、目標達成に向けた業績の定量的な指標です。人材管理におけるKPIの具体例には、採用人数や研修実施数、配属に関する従業員の満足度などがあげられます。これらKPIの管理の負担軽減に向けた手段のひとつとして、カオナビの活用を提案しています。

図:「カオナビ」流入キーワード

図:「カオナビ」流入キーワード
期間:2022年6月~2023年5月
分析ツール:Dockpit
デバイス:PC、スマートフォン

HRBrainは流入キーワードに特徴あり

HRBrainは自然検索に力を入れていますが、流入キーワードに特徴があります。「MECE」「マルチタスク」「持株会」など、一見するとHR業界と関連づけるのが難しい一般ワードが上位にランクインしています。これは、HRBrainがHR大学と呼ばれるメディアを運営しているからだと考えられます。自社メディアを活用すれば、HR業界に直接的には関連づかない一般ワードでも、集客につなげられるでしょう。

図:「HRBrain」流入キーワード

図:「HRBrain」流入キーワード
期間:2022年6月~2023年5月
分析ツール:Dockpit
デバイス:PC、スマートフォン

図:HR大学トップページ

リスティングに力を入れているのはSmartHR

SmartHRは、労務管理クラウドにおいて5年連続シェアNo1の実績があり、認知度も高いと予想されます。そのため、確度の高いユーザーにアプローチしやすいリスティングに力を入れて、確実な集客とさらなるシェア拡大に向けて取り組んでいると考えられます。2022年11月に突出しているのは、従業員サーベイ分析機能のリニューアルによる影響でしょう。

図:リスティング

図:リスティング
期間:2022年6月~2023年5月
分析ツール:Dockpit
デバイス:PC、スマートフォン

まとめ

HR関連ツール5サイトの集客状況を調査しました。

直近1年のセッション数を見ると、組織改善を目的としたツールであるMOTIVATION CLOUDの新規ユーザー率が高いことがわかりました。それだけ組織改善に注目が高まっていると考えられます。法改正にともなう利便性の向上としてツールの新機能をリリースしたHRMOSは、広告を上手に活用しながら集客をしていました。カオナビはSEOに強く、SmartHRはリスティングに注力しています。HRBrainは自社メディアを活用して、集客につなげているといえるでしょう。

HR Techのツール開発には、すでに多くの企業が参入していることから、今回調査した5サイト以外にも注目されるツールが出てくると考えられます。集客には、状況に応じた適切な媒体の活用が求められます。

▼今回の分析にはWeb行動ログ調査ツール『Dockpit』を使用しています。『Dockpit』では毎月更新される行動データを用いて、手元のブラウザでキーワード分析やトレンド調査を行えます。無料版もありますので、興味のある方は下記よりぜひご登録ください。
dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

Webライター。転職、キャリア、美容、不動産、金融ジャンルの記事を執筆中。新卒からシステムエンジニアとして働いていました。ライティングにおいては、わかりやすい文章を書くことはもちろん、どこかくすっと笑えるような、読み手が温かい気持ちになれる記事を書くことを心がけています。

関連するキーワード


「人材」市場調査 Dockpit

関連する投稿


Marketing strategy of three Chinese & Taiwanese home appliance manufacturers: HUAWEI, Xiaomi, & ASUS

Marketing strategy of three Chinese & Taiwanese home appliance manufacturers: HUAWEI, Xiaomi, & ASUS

Chinese and Taiwanese manufacturers have been growing their market share and number of users, and they are expected to compete with Japanese companies. We will analyze the current sales trends of HUAWEI, Xiaomi, and ASUS in Japan and predict their future while comparing with Japanese brands.


海外家電メーカーのマーケティング戦略は?中華圏メーカーHUAWEI、Xiaomi、ASUSの3社を調査

海外家電メーカーのマーケティング戦略は?中華圏メーカーHUAWEI、Xiaomi、ASUSの3社を調査

近年、世界で着実にシェアを伸ばしつつある中華圏メーカー。日本においてもその製品の利用者は増加しており、日本企業と競合していくことが予想されます。そこで今回は日本にも進出している代表的な3つの中華圏メーカー、HUAWEI、Xiaomi、ASUSについて、日本における現時点での販売動向を分析し、国産ブランドとも比較しながら3社の今後を占っていきます。


サービス終了から約1年…Zenly利用者はどこへ?位置情報共有アプリの現在

サービス終了から約1年…Zenly利用者はどこへ?位置情報共有アプリの現在

位置情報共有アプリ、Zenly。かつて一般的ではなかった「位置情報を共有する便利さ」をユーザーに伝え、位置情報共有アプリという新ジャンルを開拓しました。友人や家族との待ち合わせに使ったり、スマホの紛失に備えたり、災害時の安否確認として使ったり…とユーザーに様々な需要を生み出したZenlyですが、2023年2月3日にサービスを終了しました。ではその後、Zenlyユーザーはどのアプリを利用しているのでしょうか?この記事では、Zenlyに代わる位置情報共有アプリの現在を、サービス終了直後の分析結果と比較しながら考察します。


今「note」がアツい!読み物好きな若者を魅了?noteの集客動向を調査<前編>

今「note」がアツい!読み物好きな若者を魅了?noteの集客動向を調査<前編>

2023年夏頃から集客数を急激に伸ばしているメディアプラットフォーム「note」。人気を後押ししているのはどのような人々なのでしょうか?前編では、noteが集客しているユーザーの特徴を深掘り調査し、後編では、noteが規模を拡大している要因を探っていきます。


フリマ市場を比較調査。メルカリとYahoo!系サービス、それぞれの特徴や集客の強みとは?

フリマ市場を比較調査。メルカリとYahoo!系サービス、それぞれの特徴や集客の強みとは?

節約やお小遣い稼ぎの手段としても注目が高まるフリマ市場。「メルカリ」「Yahoo!オークション」「Yahoo!フリマ」を対象に、フリマ市場の最新動向について調査しました。各サービスのサイト・アプリについて、利用者数やユーザーの人となりに加えて、サイト集客構造の違いについても深掘りし、それぞれの特徴について明らかにしていきます。


最新の投稿


Z世代就活生の約7割が出社中心の働き方を希望!ある程度拘束されても手取り足取り教えてほしい【電通調査】

Z世代就活生の約7割が出社中心の働き方を希望!ある程度拘束されても手取り足取り教えてほしい【電通調査】

株式会社電通は、2024年卒または2025年卒業予定の全国の大学生・大学院生を対象に、就職活動に関する意識調査「Z世代就活生 まるわかり調査2024」を実施し、調査結果を公開しました。


データ分析のヴァリューズが「競合分析ガイドブック」を公開 ~ 商品企画からプロモーションまで、知っておきたい 6つのフレームワーク・8つの事例・19の分析ツールを徹底解説 ~

データ分析のヴァリューズが「競合分析ガイドブック」を公開 ~ 商品企画からプロモーションまで、知っておきたい 6つのフレームワーク・8つの事例・19の分析ツールを徹底解説 ~

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、運営するデータマーケティング・メディア「マナミナ」にて公開した記事から厳選し、知っておきたい6つのマーケティング・フレームワーク、8つの事例、19の分析ツールを収録した「競合分析ガイドブック」を公開しました。


交渉学を深める ~ 英知ある交渉とは

交渉学を深める ~ 英知ある交渉とは

さまざまなビジネスシーンで見られる「交渉」。よりスマートにお互いの利益を引き出す交渉を行うにはどのような知識とスキルが必要となるのでしょうか。また、現在持ち合わせているあなたの「交渉能力」をアップデートするためには、どのような「交渉術」を備えるべきなのでしょうか。本稿では広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が「交渉」概念の基礎から、さらに深い「交渉学」の世界まで解説します。


悩みを抱えた人の語りからこころと社会を学ぶ「夜の航海物語」のススメ〜現代社会とメンタルヘルス〜

悩みを抱えた人の語りからこころと社会を学ぶ「夜の航海物語」のススメ〜現代社会とメンタルヘルス〜

「カウンセリング」と聞いて、どんな印象を持ちますか?専門家とともに自分のこころを見つめる経験は、その後の人生の糧にもなります。臨床心理士の東畑開人氏の著書「なんでも見つかる夜に、こころだけが見つからない」(新潮社)は、気付かないうちにあなたも染まっているかもしれない、孤独に陥りがちな現代社会の価値観に気づかせてくれます。「読むセラピー」と称された、カウンセラーとクライアント(依頼者)の夜の航海物語を、精神保健福祉士の森本康平氏が解説します。


Twilio、「顧客エンゲージメント最新動向」を発表 データ使用状況の開示と高い透明性の重要性を明らかに

Twilio、「顧客エンゲージメント最新動向」を発表 データ使用状況の開示と高い透明性の重要性を明らかに

Twilio Japan合同会社は、「顧客エンゲージメント最新動向」の日本語版を発表しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

ページトップへ