中国のZ世代に最も流行している社交方法「搭子」を探す

中国のZ世代に最も流行している社交方法「搭子」を探す

2023年中国のネット上で話題になった「搭子」社交は、中国のZ世代に最も人気がある社交方法と言われます。ところで、「搭子」とは何でしょうか。昔の社交方法とどのよう違いがあり、中国の若者はどのように人と人との付き合いをしているのでしょうか。今回の記事で詳しく紹介していきます。


「搭子」とは?

「搭子」とは元々上海の方言でした。2007年に発行された「上海話大辞典」のなかで「搭子」とは「一緒にトランプをする人、連携を意味する」と説明されています。しかし昨今、中国のインターネット上で話題の「搭子」とは新しい人間関係のスタイルの一種で、「メシ搭子」「旅行搭子」「カフェ搭子」「勉強搭子」など、具体的な活動を一緒に楽しむ仲間を指しています。親密な友達関係を意味し、自身の趣味や活動を共に楽しむ意味でも使われているのです。

「2023搭子社交ミニ報告」は1,431人を対象にアンケート調査を実施しました。回答者の52.8%が「搭子」がいると答えました。「搭子」がいないと答えた31.0%の回答者のうち、半分以上の人は「搭子」が欲しいと答えています。このように「搭子」は今、若者の生活に強い存在感を示していると推測できるでしょう。

「2023搭子社交ミニレポート」をもとにヴァリューズが作成

なぜ「搭子」は流行っているか?

「2023搭子社交ミニ報告」の調査結果によるとれば、若者が「搭子」を求める主な理由は以下の通りです。

1. 共通の目的や趣味を持つ人と交流したい(62.4%)、
2. 一人でいたくない(44.9%)
3. 友情を維持するのにあまり多くの精力を費やしたくない(37.5%)

「搭子」は中国の若者の「実用主義的」な社交ニーズから生まれた可能性があります。つまり共通の目的やニーズを持つ人々と共に過ごすことで、情報を簡単に得たいというという欲求があり、お互いに助け合うことを目的としていると推測できます。同時に「搭子」同士の関係は伝統的な友情関係よりも時間や感情を多く費やす必要がなく、気楽に楽しめるという特徴があります。従来の社交とは異なり、搭子社交は自己中心的で、各自のニーズを満たし合い、時間と精力を節約できると言えます。

人民網の報道によれば、「搭子」の流行は今の若者を体現する特徴である「互いに寄り添い合うが、互いに干渉しない」という特性を反映しています。共通の趣味を持ちつつも、過度な干渉を避け、人間関係をシンプルに保ち、交際にかかるコストを削減するものです。そして、「搭子スタイル」は新しい人間関係のスタイルであり、あらゆる「〇〇搭子」へと広がっていくと言えます。

どんな「搭子」があるか?

めし搭子

味覚食費の消費レベルが似ていて、食事の時間と場所が同じである人々は「めし搭子」になれます。好みの料理が似ている人と「メシ搭子」になることで、1人での食事だと料理を1品しか注文できないというデメリットを解消し、割り勘にすることもできるため、お金を節約しながら様々な料理を楽しむことができるという利点があります。

ミルクティー搭子

同じ時間に同じ店で注文ニーズがある人々は「ミルクティー搭子」になれます。中国では、ミルクティーショップなどの飲料店が街中に点在しており、店舗は2杯目半額の販売戦略を採用しています。時には美団(中国のフードデリバリーアプリ)で注文する際、2杯以上の飲み物を注文する特典も出ており、他の人と一緒に注文すると、個人で注文するよりもお得になることがあるのです。そのため、学校のクラスメートや職場の同僚などが「ミルクティー搭子」を組み、同じ店舗でミルクティーを注文します。

飲料会社CoCoが発表した「ミルクティー友」のポスター

撮影搭子

撮影技術が優れており、撮影スタイルが似ている人々は「撮影搭子」になれます。中国のZ世代にとって、写真を撮ることは生活の一部となっています。しかし自分の親しい友達やパートナーが写真を撮ることに熱心でない可能性もあります。そのため、SNSで「撮影搭子」を探す需要が生まれました。例えば小紅書(中国版のインスタグラム)では、多くの若い女性が「撮影搭子」を探しており、昨今相手のSNSのプロフィールの写真を見て、相手の撮影技術と美的センスを判断できます。簡単に「撮影搭子」になれるのです。

留学搭子

同じ場所へ留学していて、お互いに助け合える人々は「留学搭子」になれます。初めて海外では、多くの中国留学生が生活上で他人の支援が必要な場面に出くわします。同じ留学地にいて直接会える人々が、「留学搭子」として組めるのです。彼らは留学先での情報を共有し、一緒に食事をしたり、旅行に行ったりすることもできます。例えば小紅書で「留学搭子」を探すための投稿を検索すると、日本で「留学搭子」を探すための多くの投稿が見つかります。これらの投稿にコメントを残し、お互いをフォローし、ネット上で友達になることで、自分のニーズに合う「留学搭子」を効率よく見つけられるのです。

小紅書における東京の「留学搭子」に関する投稿

その他にも、「ジム搭子」「旅行搭子」「学習搭子」といった様々な搭子が人気です。どのよう活動を共にするか、ためにどのような他人の協力が必要かによって、新しい「搭子」が生まれる可能性があります。

まとめ

「搭子」文化はZ世代の若者によって流行り、インターネット時代の新しい社交方法です。自分のニーズに合った「搭子」を精確に見つけることがこの社交方法の最大の特徴と言えます。
この社交方法の広まりは、ある一面から見れば、個人主義と孤独感が中国の若者の中で広まっていることを体現しているもしれません。彼らは伝統的な社交スタイルに疲れた一方で、孤独感に耐えるのは難しいと感じています。そのため、「搭子」は一時的な精神的な慰めとなり、以前のペット経済の流行と類似した背景を持っています。ただし搭子はペットを飼うための感情や費用をかける必要すらないのです。
しかし別の角度から見ると、人々は社交を嫌っているわけではなく、忙しい生活の中で友達を作る時間を節約するために、新しい効率的な社交方法を探し続けていると言えます。そして「搭子」はこのような社交プロセスの中で、多くの人にとって本当の「友達」を見つけるための中間段階かもしれません。いったい「搭子」文化が中国社会にマイナスの影響を及ぼすか、それともプラスの影響を及ぼすか、その展開は現時点ではまだ断言できないでしょう。

参考資料:

「メシ友の離職は失恋よりツライ」 中国の若者に流行している「搭子」とは?
http://j.people.com.cn/n3/2023/0428/c94475-20012826.html
从饭搭子到蛋搭子,年轻人为啥流行找搭子?
https://m.yicai.com/news/101734003.html

この記事のライター

広東省出身の中国人留学生。現在は名古屋大学でメディアを専攻している。

関連するキーワード


中国トレンド調査 中国市場

関連する投稿


未来を拓く中国食品業界。2023年の最新トレンド

未来を拓く中国食品業界。2023年の最新トレンド

中国では日々さまざまな変化が起こっており、食品業界も例外ではありません。中国は多くの消費者を抱える中、食品業界はほぼ毎年革新を遂げ、新たなトレンドを生み出しています。この記事では2023年の中国食品業界の中で、とくに注目すべきトレンドを3つ紹介します。


回復を見せる中国の旅行業。最新の傾向を調査

回復を見せる中国の旅行業。最新の傾向を調査

コロナ禍が収束した2023年、中国において観光業が復活を見せています。中国での国内旅行はコロナ禍前の2019年の水準近くまで回復し、海外旅行も緩やかに回復の兆しを見せています。本記事では中国の国内外旅行の現状をデータを用いて確認し、旅行業における現在のトレンドについて紹介します。


ダブルイレブンから見る中国の美顔器・スキンケア商品の売れ行き

ダブルイレブンから見る中国の美顔器・スキンケア商品の売れ行き

2023年10月31日の夜8時、Tmallの「ダブルイレブン」(以下、W11)セールが開始され、中でも美顔器はTmallで800%以上の成長を実現しました。また、京東商城(JD.com)やTikTokなどの電子商取引プラットフォームでも美顔器は持続的な高成長を示しています。従来の家電および美容・健康関連の業界ランキングでほとんどランクインしてこなかった美顔器ブランドが、2023年は急成長を見せています。この急激な成長の背後には、どのような理由があるのでしょうか? この記事では、2023年の中国のW11における美顔器とスキンケア商品の売れ行きトレンドについて解説します。


2023年中国トレンドワードの「ゆとり感」。人気の理由は?

2023年中国トレンドワードの「ゆとり感」。人気の理由は?

「ゆとり感(松弛感)」というキーワードが、中国でトレンドになっています。もともとは、精神や経済、時間などを表す「ゆとり感」でしたが、現在ではファッション、教育や育児、職場、家具、食品など、多岐にわたる領域に影響を及ぼしています。本記事では、この「ゆとり感」について紹介していきます。


データ分析のヴァリューズ、「日本・アメリカ・中国・東南アジアの “Z世代”の価値観&ライフスタイル調査」を公開

データ分析のヴァリューズ、「日本・アメリカ・中国・東南アジアの “Z世代”の価値観&ライフスタイル調査」を公開

ヴァリューズは、インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供しています。本稿では、日本、アメリカ、中国、タイ、ベトナム、インドネシアのZ世代を対象に実施した、インターネット利用実態や価値観・理想のライフスタイルに関する比較調査をご紹介します。<b>※抜粋版レポートは無料でダウンロード頂けます。</b>


最新の投稿


広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

株式会社リンクアンドパートナーズは、上場企業に勤めており、PR施策を行っている広報担当者・マーケ担当者を対象に、「上場企業のPR施策の実態に関する調査」を実施し、結果を公開しました。


推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

株式会社博報堂、博報堂DYグループの株式会社 SIGNING は、生活者発想で経営を考える研究開発・社会実装プロジェクト「HAKUHODO HUMANOMICS STUDIO」の活動の第二弾として「オシノミクス プロジェクト」を発足、「オシノミクス レポート」を発表しました。


サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

株式会社サイバーエージェントはインターネット広告事業において、Amazon Adsにおける運用最適化ツール「PARADE(パレード)」を開発したことを発表しました。


企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージと聞き、最初に思いつくのはロゴでしょうか、色でしょうか、それともキャラクター?昨今では、キャラクターを用いての広告戦略は企業だけでなく、地域おこしなど、あらゆるところで目にするようになりました。誰も彼もが深い意味もなく「かわいい」と愛着を感じてしまう「ゆるキャラ」や企業のイメージキャラクター。実はそこに認知心理学が深く関わっているようです。本稿では人心を捉えるために計算尽くされたキャラクターの威力について、株式会社創造開発研究所所長を務める渡部数俊氏が解説します。


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第15弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「バレンタイン」「大学受験」の2テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。 お菓子の手作り・購入のみならず、推し活やファッションにも広がるバレンタイン市場の様子や、大学受験にまつわるマーケティング・消費行動など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ