もう振り回されない!Googleのアップデートに対するSEO担当者の向き合い方|「2023年11月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」

もう振り回されない!Googleのアップデートに対するSEO担当者の向き合い方|「2023年11月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」

2023年8月~10月、Googleは様々なアップデートを実施しました。その度に検索順位の変動があり、頭を抱えていたSEO担当者の方もいるのではないでしょうか。「影響を受ける度に施策を打つべきか」「施策を考える際のステップは?」など、サイト所有者が知るべきポイントを、ヴァリューズのマーケティングコンサルタントが解説します。


【解説者紹介】

サイト所有者必見!コアアップデートへの向き合い方





安部:「2023年11月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」では、コアアルゴリズムアップデートに関して、サイト所有者が知るべき重要なポイントを紹介しています。










岩間:この8月から10月にかけて、コアアップデートやヘルプフルコンテンツシステムのアップデートなど、様々なアップデートがありましたね。その度に振り回されている担当者の方もいるかもしれません。










安部:そのような方々にこそ、ぜひ今回のレポートを読んでいただきたいです。
では早速、「理解しておくべきGoogleの考え方」や「WEBサイトの担当者が持つべきスタンス」について解説していきます!




木ではなく、森を見る





安部:最初のポイントは「木ではなく、森を見る」。SEOには「ページがどれほど良くても、サイトが評価されなければ検索順位は上がらない」といった考え方があります。

もし特定のページの検索順位が下がった場合は、ページのコンテンツの質に問題がないかクエリをチェック、問題ないようであればサイト全体を見ていくといったステップを踏むようにしましょう。実際、サイト全体の課題を解決したことで検索順位が上がったケースもあります。










岩間:サイト全体を見たときに低品質なコンテンツがあった場合は、削除したりインデックスから外したりといった対応が必要になるのでしょうか。










安部:Googleは、低品質なコンテンツは削除していくべきと正式に発表しています。内容が薄かったり競合と同一の内容だったりするページは削除しましょう。その他、サイト全体の見るべきポイントとして、該当のカテゴリで専門性が高いとみなされる状況をサイト全体で作れているか、クローラーが循環しやすいリンク設計ができているか、などを見ていくとよいでしょう。




あなたのサイトが悪かったわけではない





安部:続いては「あなたのサイトが悪かったわけではない」という可能性について。アップデートによる検索順位や流入数の変動を経験すると「競合は影響を受けていないようなのに、やはりうちのサイトに問題があったのか」と考えてしまう担当者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような方にお伝えしたいのが「順位が下落するのは、必ずしもあなたのサイトやコンテンツの品質に問題があるわけではない」ということです。

Googleはアルゴリズムのアップデートによって、より良い検索結果画面を作っていこうとしています。しかしながら、そのことが必ずしも毎回正しく働くわけではありません。実際、品質の高いサイトの検索順位が下がることもあります。他にも、前回のアップデートで順位が上がったサイトを下げるといった、Googleの相対的な調整が行われることもあるんです。

また、例えば「企業側が発信する情報」と「実際にその企業のサービスを利用したユーザーの口コミ」のどちらが求められているのか、比重を変えながら検索順位の調整が実施されることもあります。

WEBサイト担当者の方が今の状況を知るためには、検索結果画面の1ページ目に表示されているサイトがどのようなものか、そして自社がそこに入り込む余地があるのかを見ることが大切です。










岩間:Google側の調整だけでなく、思いもよらない検索意図の変化も考えられますね。例えば、ある人に関するライフイベントや炎上発言が注目された場合は、ユーザーの検索意図が大きく変わり、検索順位も大幅に動くかもしれません。










安部:おっしゃる通りだと思います。このように、自社サイトの問題とは言い切れないことからも影響を受ける可能性もあるでしょう。




放置をしても改善することがある





安部:前項でお伝えしたように、Googleの調整や検索意図の変化により、検索順位が変動する場合があります。このようにサイトやコンテンツに問題がない場合は「放置をしても改善することがある」と覚えておいていただきたいです。










岩間:アップデートの影響で検索順位が下がったからといって、必ずしも何かを改善すべきというわけではない」ということでしょうか。










安部:そうですね。下落要因を分析したうえで一旦静観してみることも選択肢の1つとしてあると思います。

「ユーザーのために」という考え方を大切にしていれば、次のアップデートで改善することも起こりうるでしょう。




全てを長期的に見る必要がある





安部:最後に紹介するポイントは「全てを長期的に見る必要がある」ということです。短期で見ると、検索順位の上がったり下がったりはよくあるもの。その度に「何かしなきゃ」と動いてもうまくいかないケースがあります。実際、Googleは過去に「コアアップデートのような大規模なアルゴリズムアップデートでは、長期間にわたってサイトを評価している」と説明しています。

大切なのは長期で見るようにすること。長期で見て下落傾向にあれば、何かしら課題があることが多いので、その際は改善点を探ります。一方長期的に上昇傾向にあるならば「ユーザーのために」といった考え方を大切にしながら、短期的なトレンドに惑わされすぎず、改善点を探していきましょう。




「ユーザーのためにコンテンツを作る」基本は変わらない





岩間:ここまで話を聞いて、アップデートにより見直すべきことはありつつ、「ユーザーのためにコンテンツを作る」という基本的な方針を変える必要はないと感じました。










安部:おっしゃる通りで、きちんとユーザーのことを考えてオリジナルコンテンツを作っているのであれば、アップデートの度に大きく何かを変える必要はないと考えます。

アップデートに関する情報は、どうしても細かい部分になってしまうので、そこを過度に重視してしまうと「ユーザーのために」といったコアな部分がおろそかになってしまうことがあります。コアを大切にしつつ、直近ではどのような施策が有用かを探るために情報収集していくスタンスが大切でしょう。

また、そのような考えを個々のSEO担当者だけでなく、関係者が広く理解しておくことも重要です。例えば上司に「アップデートで順位が下がったようだけど大丈夫なの?」と言われた際に、改善に向けたポーズを見せるためだけの意味のない施策を打つこともなくなるのではないでしょうか。

今回は、サイト所有者が知っておくべきコアアップデートにまつわるポイントを紹介しました。こちらで取りあげた内容のほかにも、「2023年11月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」では重要なポイントを紹介しています。ページ下部から無料でダウンロードできますので、ぜひチェックしてみてください。

以上、11月のコンテンツマーケティング動向「SEO編」でした。次月のネタも楽しみにお待ちください。






(本調査はあくまでも傾向に注目し、今後の施策における仮説立てや優先順位の検討に有効活用するためのものであり、因果関係を示すものではないこと、また、各トピックの内容やVALUESの見解は、資料作成時のものであり、今後の情勢やアルゴリズムの変化によって変わることがある旨、ご留意ください)


本記事でご紹介した、コンテンツマーケティング最新動向レポートは下記フォームから無料でダウンロードできます。ぜひお申し込みください。

ホワイトペーパーダウンロード【無料】|コンテンツマーケティング最新動向レポート(2023年11月版)

資料のダウンロードURLを、ご入力いただいたメールアドレスに送付させていただきます。
ご登録頂いた方にはVALUESからサービスのお知らせやご案内をさせて頂く場合がございます

この記事のライター

IT企業でコンテンツマーケティングに従事した後、独立。現在はフリーランスのライターとして、ビジネスパーソンに向けた情報を発信しています。読んでよかったと思っていただける記事を届けたいです。

関連する投稿


SEO施策にAIを活用・活用予定の企業が約8割 AI活用での不安は「コンテンツの質を担保できるか」【Digital Arrow Partners調査】

SEO施策にAIを活用・活用予定の企業が約8割 AI活用での不安は「コンテンツの質を担保できるか」【Digital Arrow Partners調査】

株式会社Digital Arrow Partnersは、月のWebマーケティング予算が100万円以上の企業に勤めるマーケティング担当者を対象に、2024年のSEO動向に関する実態調査を実施し、結果を公開しました。


コンテンツマーケティング最新動向レポート(2023年12月版)|ホワイトペーパー

コンテンツマーケティング最新動向レポート(2023年12月版)|ホワイトペーパー

最新のSEO対策など、コンテンツマーケティングに関する動向を毎月まとめてご紹介。今回は、2024年のSEO動向予測や2023年のSEO重要トピックの振り返りなど、年末年始に押さえておきたい内容が満載。また、SEOのよくあるお悩みに対し、専門のコンサルタントが対策を徹底解説していきます。


SEOのよくある疑問にプロが答える!キーワード選定やリライトの基準、記事作成のコツなど|「2023年12月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」

SEOのよくある疑問にプロが答える!キーワード選定やリライトの基準、記事作成のコツなど|「2023年12月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」

SEOに取り組んでいると、各フェーズで様々な疑問が出てくるもの。中には「こんなこと、今さら聞けない…」と思っている人もいるのではないでしょうか。今回は、日々クライアントのSEOを伴走支援しているヴァリューズのマーケティングコンサルタントが、みなさんからよくいただく質問にお答えします。2023年の総仕上げとしてぜひ読んでみてくださいね。


2024年のSEOトレンド予測と、対策のためのSEOチェックリスト最新版 | ホワイトペーパー

2024年のSEOトレンド予測と、対策のためのSEOチェックリスト最新版 | ホワイトペーパー

ChatGPTなどの革新的な生成系AIの登場が相次ぎ、先が予測しづらい時代。2024年のSEOを考える上で、コンテンツマーケターが今から押さえておくべきポイントとはどのようなものなのでしょうか。日本最大級のSEO研究用データベースを保有し、Googleの考え方を熟知したヴァリューズが、新年に取るべきアクションのチェックリストを作成しました。


2024年のSEOトレンド予測【完全版】日本最大級のSEO研究用データベースから、ビックデータ分析で解き明かす | ホワイトペーパー

2024年のSEOトレンド予測【完全版】日本最大級のSEO研究用データベースから、ビックデータ分析で解き明かす | ホワイトペーパー

ChatGPTをはじめとした生成系AIの登場など、SEOを取り巻く外部環境の変化を受けて、Googleをはじめとする各種検索エンジンが様々な進化を見せています。では、2024年のSEOではどういった論点が重要になっていくのでしょうか。日本最大級のSEO研究用データベースを保有し、Googleの考え方を熟知したヴァリューズが解説していきます。今すぐ役立つトピックや施策案も満載。新年の動向を押さえたSEO対策に、ぜひご活用ください。


最新の投稿


広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

株式会社リンクアンドパートナーズは、上場企業に勤めており、PR施策を行っている広報担当者・マーケ担当者を対象に、「上場企業のPR施策の実態に関する調査」を実施し、結果を公開しました。


推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

株式会社博報堂、博報堂DYグループの株式会社 SIGNING は、生活者発想で経営を考える研究開発・社会実装プロジェクト「HAKUHODO HUMANOMICS STUDIO」の活動の第二弾として「オシノミクス プロジェクト」を発足、「オシノミクス レポート」を発表しました。


サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

株式会社サイバーエージェントはインターネット広告事業において、Amazon Adsにおける運用最適化ツール「PARADE(パレード)」を開発したことを発表しました。


企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージと聞き、最初に思いつくのはロゴでしょうか、色でしょうか、それともキャラクター?昨今では、キャラクターを用いての広告戦略は企業だけでなく、地域おこしなど、あらゆるところで目にするようになりました。誰も彼もが深い意味もなく「かわいい」と愛着を感じてしまう「ゆるキャラ」や企業のイメージキャラクター。実はそこに認知心理学が深く関わっているようです。本稿では人心を捉えるために計算尽くされたキャラクターの威力について、株式会社創造開発研究所所長を務める渡部数俊氏が解説します。


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第15弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「バレンタイン」「大学受験」の2テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。 お菓子の手作り・購入のみならず、推し活やファッションにも広がるバレンタイン市場の様子や、大学受験にまつわるマーケティング・消費行動など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ