回復を見せる中国の旅行業。最新の傾向を調査

回復を見せる中国の旅行業。最新の傾向を調査

コロナ禍が収束した2023年、中国において観光業が復活を見せています。中国での国内旅行はコロナ禍前の2019年の水準近くまで回復し、海外旅行も緩やかに回復の兆しを見せています。本記事では中国の国内外旅行の現状をデータを用いて確認し、旅行業における現在のトレンドについて紹介します。


国内旅行者数は50億人を突破する見込み

コロナ禍を経た2023年、中国の旅行業は確かな復活を見せました。12月14日に国務院新聞辨公室が実施した記者会見では、統計データによると2023年の1月~9月における国内旅行者総数は36.7億人、旅行業収入は3.7兆元を記録し、それぞれ前年比75%、114%の増加率であると発表されました。

さらに中国旅游研究院が発表した《中国旅游集团化发展报告(2023)(中国旅行集団化発展報告)》によると、2023年1年間を通じての国内旅行者数は54.07億人、国内旅行業収入は5.2兆元に到達する見込みです。国内旅行者数は2019年の90%、国内旅行業収入は2019年の91%に達しており、コロナ禍前の水準に並ぶ回復が予測されています。

また、上述の《中国旅游集团化发展报告(2023)》によると、国内旅行の消費は景区(景勝地)や度假区(リゾート地)、街区、商圏の「三区一圏」に集中しています。観光客の旅行の目的や選択肢はより多様化、個性化を見せており、「旅行+○○」のスタイルが旅行業の新たな形を生み出しているのが特徴です。
また、農村への旅行も国内旅行のトレンドになっています。農村各地の特色を活かしたキャンプ地や民宿、果物狩りなど新形態のサービスが特色ある農村旅行の発展スタイルを支えています。

中国乡村旅游网(中国農村旅行ネット)という農村旅行を専門に紹介しているサイトもある

統計によると、現在中国国内の農村旅行重点村鎮は1597箇所あり、観光客の主要な目的地となっています。携程平台のデータによると、2023年の1月~9月において国内農村旅行の予約数は2019年同期比の264%に達しました。民宿の数も増えており、《携程乡村旅游振兴白皮书(2023)(携程農村旅行振興白書)》によると、2023年の携程サイトにおける農村民宿の数は過去5年間で最多となっており、33万軒に達しました。
さらに2023年の農村旅行観光客では、中国都市階級の一級や二級都市から来た2000年代以降生まれの観光客数が前年比164%と最も高い増加率を記録しました。若者の観光客はハイキングやキャンプ、農耕体験、写真撮影などの目的で農村を訪れています。

海外旅行水準は緩やかに回復

海外旅行の水準も緩やかに回復を見せています。国家民航局のデータによると、2023年上半期の国際線乗客数は2019年の23.0%まで回復し、さらに6月の国際線乗客数は2019年同期比の41.6%まで回復しました。また国家移民管理局が公開したデータによると、2023年7月1日から8月29日の出入国者数はのべ8241.3万人、1日平均のべ139.7万人と、前期比19.88%の増加を見せており、日に日に水準が回復していることが分かります。

中国旅游研究院が発表した《2023年上半年出境旅游大数据报告(2023年上半期海外旅行ビッグデータ報告)》によると、2023年上半期ではのべ4037万人の中国人観光客が海外旅行をし、うち93.93%が旅行先にアジア地域を選択しました。

中国旅游研究院《2023年上半年出境旅游大数据》のデータより、ヴァリューズが作成

旅行先として最も人気である国はタイ、次いで日本が並び、海外旅行客全体における10%以上の割合を占めました。シンガポール、韓国、ミャンマーがその下に並び、この結果からも東アジア地域及び東南アジア地域の旅行先としての人気の高さがうかがえます。

中国旅游研究院《2023年上半年出境旅游大数据》のデータより、ヴァリューズが作成

海外旅行者においては、広東省や上海、北京、江蘇省、浙江省、福建省など比較的経済が発展している地域から海外へ旅行する観光客の割合が高い結果に。中国本土からの海外旅行者数の9割を上位の10都市(広東、上海、北京、江蘇、浙江、福建、雲南、山東、四川、湖南)が占めています。中でも広東省は最も多く、67.56%を占めました。
近年における中国人観光客の海外旅行の特徴としては、以前のような大人数のツアー旅行より少人数の、またはフリープランの旅行スタイルが人気を博していることが挙げられます。その背景には消費習慣の変化や、よりプライバシーを重視するようになった価値観の変化があり、特に若者にこの傾向が強く見られます。

年末年始休みや春節休みにおける旅行業の発展予測

旅行業の発展で期待されるのが年末年始休み、及び2024年の春節休みにおける水準です。同程旅行が発表した《2024元旦假期出游预测(2024正月休み海外旅行予測)》のデータによると12月11日までの7日間における調査で年末年始休暇期間の旅行話題度指数は前年比465%増加、中国国内のホテル予約数は平日の5倍以上を記録しました。また同期間における海外旅行も話題度指数が前年比5倍以上になるなど、着実な人気の回復を見せています。

海外旅行先として、12月7日に30日間のビザ免除を検討すると発表したシンガポールが中国人観光客の注目を集めています。海外旅行は去哪儿网の指数では、ビザ免除の報道がされた当日にシンガポールの指数は前期比の4倍にも増えました。このように、中国人観光客の旅行先としてビザが免除される国々が人気を集めています。
シンガポールの他にはタイやマレーシア、ジョージア、スリランカなどが中国人観光客に対してビザ免除の措置をとっています。年末年始休み期間の旅行先として、比較的暖かい島地域への観光を望む中国人観光客が多く、タイ、マレーシア、モルディブなどの地域に注目が集まっています。同程旅行サイト上のデータによると、年末年始休み期間における中国国内の島々の話題度は前年比72%増加し、東南アジア地域の島々の話題度は前年比の3倍の増加を記録しました。

同程旅行サイトの旅行先の島々の人気を表した画像。境外(海外)ではマレーシア、タイ、モルディブが、境内(国内)では三亜(海南省)、北海(海南省)、アモイが人気である

また携程のデータによると、12月5日時点で2024年春節期間の海外旅行申込数は前年(2023年)の20倍近くに増えました。旅行先では東京やシンガポール、バンコク、プーケット、大阪、クアラルンプール、シドニー、ソウルが人気となっています。
以上のように、海外旅行も国内旅行の回復を追いかけるように確かな回復の兆しを見せていて、この傾向は2024年以降更に進んでいくことが見込まれます。

まとめ

2023年の中国の国内外旅行の状況について紹介しました。「五一假期」の際に見られた旅行業の回復の傾向は続いており、2024年にかけてさらに勢いを増していくことが分かりました。国内旅行がほぼコロナ禍前の水準に戻った反面、海外旅行の回復は緩やかではあるものの、観光ビザの免除がされている(または検討されている)アジア地域の国々を中心として個人単位での観光客の来訪が増えています。2024年の正月休み期間及び春節期間における旅行業の更なる盛り上がりが期待されそうです。

参考URL

“数”说2023中国旅游
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1785768649339744579&wfr=spider&for=pc
《中国旅游集团化发展报告2023——繁荣与重构》
https://new.qq.com/rain/a/20231216A034V600
中国旅游研究院:2023年上半年出境旅游大数据
https://www.199it.com/archives/1649086.html
出境游大团失宠,小团深度游成趋势
https://www.takefoto.cn/news/2023/12/18/10651953.shtml
元旦假期民宿预订量大增 出境游年终加速回暖
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1785349047611618835&wfr=spider&for=pc
报告:元旦假期出境游热度涨超5倍
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1785131010114133786&wfr=spider&for=pc
携程:春节出境游订单同比去年增长近20倍
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1784535272404539774&wfr=spider&for=pc

この記事のライター

早稲田大学在学中。

関連するキーワード


中国トレンド調査 中国市場

関連する投稿


未来を拓く中国食品業界。2023年の最新トレンド

未来を拓く中国食品業界。2023年の最新トレンド

中国では日々さまざまな変化が起こっており、食品業界も例外ではありません。中国は多くの消費者を抱える中、食品業界はほぼ毎年革新を遂げ、新たなトレンドを生み出しています。この記事では2023年の中国食品業界の中で、とくに注目すべきトレンドを3つ紹介します。


ダブルイレブンから見る中国の美顔器・スキンケア商品の売れ行き

ダブルイレブンから見る中国の美顔器・スキンケア商品の売れ行き

2023年10月31日の夜8時、Tmallの「ダブルイレブン」(以下、W11)セールが開始され、中でも美顔器はTmallで800%以上の成長を実現しました。また、京東商城(JD.com)やTikTokなどの電子商取引プラットフォームでも美顔器は持続的な高成長を示しています。従来の家電および美容・健康関連の業界ランキングでほとんどランクインしてこなかった美顔器ブランドが、2023年は急成長を見せています。この急激な成長の背後には、どのような理由があるのでしょうか? この記事では、2023年の中国のW11における美顔器とスキンケア商品の売れ行きトレンドについて解説します。


2023年中国トレンドワードの「ゆとり感」。人気の理由は?

2023年中国トレンドワードの「ゆとり感」。人気の理由は?

「ゆとり感(松弛感)」というキーワードが、中国でトレンドになっています。もともとは、精神や経済、時間などを表す「ゆとり感」でしたが、現在ではファッション、教育や育児、職場、家具、食品など、多岐にわたる領域に影響を及ぼしています。本記事では、この「ゆとり感」について紹介していきます。


データ分析のヴァリューズ、「日本・アメリカ・中国・東南アジアの “Z世代”の価値観&ライフスタイル調査」を公開

データ分析のヴァリューズ、「日本・アメリカ・中国・東南アジアの “Z世代”の価値観&ライフスタイル調査」を公開

ヴァリューズは、インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供しています。本稿では、日本、アメリカ、中国、タイ、ベトナム、インドネシアのZ世代を対象に実施した、インターネット利用実態や価値観・理想のライフスタイルに関する比較調査をご紹介します。<b>※抜粋版レポートは無料でダウンロード頂けます。</b>


中国市場における健康訴求お菓子の販売状況を調査

中国市場における健康訴求お菓子の販売状況を調査

中国市場では近年、健康を訴求するお菓子に注目が集まっています。特に、中国医学の医食同源に基づいたヘルシーな食材を使用する中国伝統菓子は、爆発的な人気を得ています。本レポートでは、中国の生活者が利用する主要ECの販売データをもとに、商品特徴ごとの販売実態や、生活者の購買傾向を詳しく解説します。(ページ数:39ページ)


最新の投稿


広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

株式会社リンクアンドパートナーズは、上場企業に勤めており、PR施策を行っている広報担当者・マーケ担当者を対象に、「上場企業のPR施策の実態に関する調査」を実施し、結果を公開しました。


推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

株式会社博報堂、博報堂DYグループの株式会社 SIGNING は、生活者発想で経営を考える研究開発・社会実装プロジェクト「HAKUHODO HUMANOMICS STUDIO」の活動の第二弾として「オシノミクス プロジェクト」を発足、「オシノミクス レポート」を発表しました。


サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

株式会社サイバーエージェントはインターネット広告事業において、Amazon Adsにおける運用最適化ツール「PARADE(パレード)」を開発したことを発表しました。


企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージと聞き、最初に思いつくのはロゴでしょうか、色でしょうか、それともキャラクター?昨今では、キャラクターを用いての広告戦略は企業だけでなく、地域おこしなど、あらゆるところで目にするようになりました。誰も彼もが深い意味もなく「かわいい」と愛着を感じてしまう「ゆるキャラ」や企業のイメージキャラクター。実はそこに認知心理学が深く関わっているようです。本稿では人心を捉えるために計算尽くされたキャラクターの威力について、株式会社創造開発研究所所長を務める渡部数俊氏が解説します。


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第15弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「バレンタイン」「大学受験」の2テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。 お菓子の手作り・購入のみならず、推し活やファッションにも広がるバレンタイン市場の様子や、大学受験にまつわるマーケティング・消費行動など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ