チラシのクーポン、約7割が使用経験あり!クーポンきっかけで初めて来店した方も【NEXER調査】

チラシのクーポン、約7割が使用経験あり!クーポンきっかけで初めて来店した方も【NEXER調査】

株式会社NEXERは、株式会社アドワールドと共同で「チラシについているクーポン」に関するアンケートを実施し、結果を公開しました。


約7割が「チラシに付いていたクーポンを実際に使ったことがある」

まずは、ポスティングされたチラシについているクーポンを確認したことはあるか聞いてみました。

62.9%の方が、ポスティングされたチラシについているクーポンを確認したことが「ある」と回答しています。
続いて、そのクーポンを実際に利用したことはあるか聞いてみました。

69.9%と、約7割の方が「チラシについていたクーポンを実際に使ったことがある」と回答しています。
それぞれ理由を聞いてみたので、一部を紹介します。

「チラシについていたクーポンを実際に使ったことがある」その理由は?

・たまたまついていたクーポンが、いつも行くお店のものだったから。(10代・女性)
・お得だから(10代・女性)
・日常で使うサービスで大きく割引されるのがお得だったから(20代・男性)
・いつもより安くなるから(30代・男性)
・普段行かない店だけど、クーポンを使わないとなんとなくもったいない気がして。(30代・男性)

「普段よく利用する近所の店で、クーポンもお得だったから」などの声が多く見られました。
中には「普段は行かないお店だが、クーポンを使わないともったいない気がした」という声もありました。

また、どんなクーポンを利用したかも合わせて聞いてみたので一部を紹介します。

どんなクーポンを利用した?

・ピザ(10代・女性)
・スーパーの値引き(20代・男性)
・飲食店のデリバリー(20代・女性)
・ドリンク一杯無料(30代・男性)
・数百円引きのクーポン(30代・女性)

一方で、クーポンを実際に使ったことがないと回答した方の理由も見てみましょう。

「チラシについていたクーポンを実際に使ったことがない」その理由は?

・その店に行く機会がないから。(10代・女性)
・期限が短かったり、お店が遠かったりするから(20代・女性)
・タイミングが合わない。クーポンが届いた時期にはその商品が欲しいわけではなく、欲しい時にはクーポンは届かない。(30代・男性)

「お店に行く機会がない」「タイミングが合わない」などの理由が主に挙がっていました。

クーポンを利用したお店は、28.7%がそれまでに利用したことがなかった

続いて、クーポンを利用したお店はこれまで利用したことがあったか聞いてみました。

約3割の方が、これまでそのお店を利用したことがなかったと回答しています。

それまで利用したことがなかった方に、そのお店やサービスを利用した理由を聞いてみました。

77.5%と8割近くの方が「チラシについていたクーポンがきっかけで利用した」と回答していました。

さらにクーポンを利用した結果、商品やサービスの満足度はどうだったか聞いてみました。

あわせて98.2%とほぼ全員が「満足した」と回答しています。

そう感じた理由を聞いてみたので、一部を紹介します。

クーポンを利用した結果「とても満足した」その理由は?

・いつも買ってる商品を安く買えたから(20代・男性)
・クーポン利用だからといって普段となにか商品に差があったわけでもなく、快くお得に買い物できたため。(20代・男性)
・普段は値段の高いピザがお得に食べられたから(20代・女性)
・欲しい物が安く手に入ったから(20代・男性)
・もともと買う予定のものが安く買えたから(30代・女性)

クーポンを利用した結果「やや満足した」その理由は?

・使わないよりマシだったから(20代・女性)
・20~50円程食費が削減できた(30代・男性)
・相場が分からなかったが満足はしたから(30代・女性)
・料理はもちろん、お店の内装も店員の接客も質が高かった(30代・男性)
・普段よりもお得な金額で商品が買えたから。(40代・女性)

クーポンを利用した結果「やや不満だった」その理由は?

・課金するためのサイトが多かった(50代・女性)

クーポンを利用した結果「とても不満だった」その理由は?

・焼き肉チェーン店で肉が薄かった(60代・男性)

「こういった要素があれば、実際にクーポンを利用するかもしれない」と思う要素は

最後に、「こういった要素があれば、実際にクーポンを利用するかもしれない」と思う要素はあるか聞いてみました。

63.9%の方が「こういった要素があれば、実際にクーポンを利用するかもしれない」と思う要素が「ある」と回答しています。

それはどんな要素か聞いてみたので、一部を紹介します。

こういった要素があれば、実際にクーポンを利用するかもしれない。どんな要素?

・利用条件が簡単な内容であること。(10代・女性)
・半額以下のお試し価格で好みであるものに限る(10代・男性)
・一目でお得とわかる値段。使うのが恥ずかしくない仕組みなど(20代・女性)
・特に新店舗オープン、リニューアル記念などの時にお試しクーポンとして普段発行しているクーポンより割引率高めだと、まずチラシでも目に留まるし行ってもいいかなという気持ちになる。(20代・男性)
・いくら以上の条件がないもの(30代・女性)
・飲食店ならビール1杯無料など(30代・女性)
・オンラインでも使えると便利(30代・女性)

「〇〇円以上購入のような、あまり大きな制約や縛りがない」「無料引換券や半額券」などの声が多く挙がっていました。
クーポンの使いやすさが、店舗へ足を運ぶきっかけとなりそうですね。

調査概要

調査期間:2024年4月12日 ~ 4月15日
調査機関:株式会社NEXER(自社調査)
調査対象:全国の男女
有効回答数:1020サンプル
調査方法:インターネット調査
※原則として小数点以下第2位を四捨五入し表記しているため、合計が100%にならない場合があります。

出典元:株式会社NEXER

引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001158.000044800.html

※詳細については出典元の企業にお問い合わせください。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


マーケティング

関連する投稿


電話・スマホでのコミュニケーションは通話よりもテキストを利用 テキストの良さは「後から読み返せる」「時間を気にしなくていい」【クロス・マーケティング調査】

電話・スマホでのコミュニケーションは通話よりもテキストを利用 テキストの良さは「後から読み返せる」「時間を気にしなくていい」【クロス・マーケティング調査】

株式会社クロス・マーケティングは、全国20歳~69歳の男女を対象に「電話での声と文字のやり取りに関する調査(2024年)」を実施し、結果を公開しました。


スポーツの推し活をしている人が応援するために使っている金額は年間約3万2千円【ネオマーケティング調査】

スポーツの推し活をしている人が応援するために使っている金額は年間約3万2千円【ネオマーケティング調査】

株式会社ネオマーケティングは、全国の20歳~79歳の男女を対象に「スポーツの推し活」をテーマにインターネットリサーチを実施し、結果を公開しました。


実店舗でコスメ・アパレル商品購入時に「レビューをしたい」と感じている女性は8割以上【ReviCo調査】

実店舗でコスメ・アパレル商品購入時に「レビューをしたい」と感じている女性は8割以上【ReviCo調査】

株式会社ReviCoは、会員登録をしているブランドの実店舗で、月に1回以上アパレル・コスメ商品を購入している20~40代の女性を対象に、実店舗購入時のレビューに関する意識調査を実施し、結果を公開しました。


サーチとパス・コミュニケーションズ、アイトラッキングによる屋外大型ビジョンの視認率調査結果を公開

サーチとパス・コミュニケーションズ、アイトラッキングによる屋外大型ビジョンの視認率調査結果を公開

屋外広告媒体事業を展開する有限会社サーチと株式会社パス・コミュニケーションズは、屋外大型ビジョンの視認率に関する調査を共同で実施し、結果を公開しました。


アクセス分析ツール導入後、約4割が想定よりも活用できていない 「データの活用の難しさ」「複雑な機能」がハードルに【インフォネット調査】

アクセス分析ツール導入後、約4割が想定よりも活用できていない 「データの活用の難しさ」「複雑な機能」がハードルに【インフォネット調査】

株式会社インフォネットは、サイト運営をしており、アクセス分析ツール選定に携わった経験のある、非専門人材/兼務人材を対象に、アクセス分析ツール選びに関する実態調査を実施し、結果を公開しました。


最新の投稿


電話・スマホでのコミュニケーションは通話よりもテキストを利用 テキストの良さは「後から読み返せる」「時間を気にしなくていい」【クロス・マーケティング調査】

電話・スマホでのコミュニケーションは通話よりもテキストを利用 テキストの良さは「後から読み返せる」「時間を気にしなくていい」【クロス・マーケティング調査】

株式会社クロス・マーケティングは、全国20歳~69歳の男女を対象に「電話での声と文字のやり取りに関する調査(2024年)」を実施し、結果を公開しました。


カーシェアの市場規模や利用者数を調査。主要サービスの公式サイト訪問データから考察

カーシェアの市場規模や利用者数を調査。主要サービスの公式サイト訪問データから考察

カーシェアは車を共同利用するサービスで、日本にシェアリングエコノミーの考え方が広がるとともに普及しました。今回は国内の主要な13のカーシェアサービスのWebサイトを訪問した人のデータから、カーシェア業界の市場規模やどのような層が関心があるのかを調査していきます。


スポーツの推し活をしている人が応援するために使っている金額は年間約3万2千円【ネオマーケティング調査】

スポーツの推し活をしている人が応援するために使っている金額は年間約3万2千円【ネオマーケティング調査】

株式会社ネオマーケティングは、全国の20歳~79歳の男女を対象に「スポーツの推し活」をテーマにインターネットリサーチを実施し、結果を公開しました。


実店舗でコスメ・アパレル商品購入時に「レビューをしたい」と感じている女性は8割以上【ReviCo調査】

実店舗でコスメ・アパレル商品購入時に「レビューをしたい」と感じている女性は8割以上【ReviCo調査】

株式会社ReviCoは、会員登録をしているブランドの実店舗で、月に1回以上アパレル・コスメ商品を購入している20~40代の女性を対象に、実店舗購入時のレビューに関する意識調査を実施し、結果を公開しました。


マーケティングに欠かせないファネル分析とは?種類や事例、分析に役立つツールを紹介

マーケティングに欠かせないファネル分析とは?種類や事例、分析に役立つツールを紹介

マーケティングに欠かせないファネル分析は、顧客の購買プロセスを可視化することで、自社の現状の課題を明確化するために行います。 売り上げをアップさせるためには、マーケティングファネルの概念を理解した上で、分析結果に基づいた効果的な施策を行う必要があります。 しかしながら、マーケティングファネルには種類があり、目的や課題によって利用するファネルが異なります。 そこで本記事では、マーケティングファネルの種類や事例に加え、やり方や円滑に分析できるツールについてご紹介します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ