史上最もシンプルな「618セール」?2024年中国「618セール」の変化を解説

史上最もシンプルな「618セール」?2024年中国「618セール」の変化を解説

中国のコロナ後の618として、今年の「618セール」は例年とは少し異なるようです。経済が低迷し、競争が依然として非常に激しい中、各大手ECサイトはこぞって「予約販売」を取りやめ、「史上最もシンプルな618セール」を推進しています。しかし、より理性的になった中国の消費者はどのように反応しているのでしょうか。また、中国のAIGC(人工知能生成コンテンツ)の発展はどのようにEC業界に取り入れられているのでしょうか。今回の記事では、中国における2024年の「618セール」の変化について解説します。


「618セール」とは?

「618セール」とは中国のネット企業の最大手である京東(ジンドン)が毎年6月18日に開催する中国最大のECセールのひとつです。1998年6月18日に劉強東(リウ・チャンドン)が中関村で京東公司を設立し毎年6月18日が京東の創立記念日と定められ「618セール」の発祥ともなりました。2013年からは多くの大手ECサイトもこれに倣い、「618セール」の日に多くの割引イベントを開催するようになりました。今や「618セール」は「ダブルイレブン」と並ぶもう一つの中国の全国的なオンラインショッピングセールとなっています。では今年の「618セール」は例年と比べてどのような変化があるのか見ていきます。

「予約販売」を取りやめる

最近天猫と京東が「予約販売」を取りやめることを発表しました。これにより、消費者たちは「史上最もシンプルな618セール」を迎えることになるとされています。実際には「予約販売」は中国の電子商取引のセールで長年にわたって存在していましたが、その設立の目的には事前に商品の在庫を準備し、物流の効率を高めることが含まれています。しかし消費者が購入までの待ち時間が長いため、「予約販売」は多くの苦情を引き起こしています。

より深刻な問題として、中国消费者协会が発表した2023年の全国消費者協会組織が受け付けた苦情の分析によれば、電子商取引プラットフォームの予約販売には商品の価格が保証されていない、約束された贈り物が実現されない、約束された時期に商品が発送されない、「最低価格」の宣伝が事実と異なるといった問題が存在しています。

業界関係者は10年以上にわたる電子商取引の発展により、「予約販売」がますます問題として見られており、消費者のショッピング体験を損ねるだけでなく、商家にとっても大規模なセール活動に疲れを感じさせ、現在の電子商取引のトレンドには合わないと述べています。現在の電子商取引のトレンドは消費者の実際のニーズを重視することであり、「予約販売」を取りやめることで、商家の販売プロセスと消費者の購入プロセスが大幅に簡単化され、電子商取引が便利な本質に戻ると述べています。

これにより過去と比べて今年の「618セール」はシンプルな運営となりそうです。 消費者向けに天猫は価格保証、送料保険などの一連の措置を打ち出し、消費者が簡単に購入し、安心して購入できるようにしています。 また、今年の天猫「618セール」では商家向けの参加申請プロセスも簡単化され、要件を満たす商家は直接商品の申請を行うことができます。 過去1年以上にわたり、アリババグループは多くの重大な改革を行ってきました。その中で、消費者の重要性を強調し、「消費者への回帰」がアリババの戦略的重点となっています。 これらショッピングセールのさまざまなルールの簡素化が電子商取引の一つのトレンドとなることが予想できます。

より理性的な消費者たち

電子商取引はさまざまな新しい取り組みを行い、その根本的な目的は消費者を喜ばせることが目的です。実際何十年ものショッピングセールを経て、中国の消費者はますますセールを理性的に見るようになっています。新型コロナウイルスの影響や経済の低迷に伴い、理性的な消費が中国の主要な消費トレンドとなりました。SNSでは従来の爆買経験の共有投稿よりもコストパフォーマンスの高い商品の共有が増えています。中国の消費者はもう過去とは違う嗜好を持つようになったと言えそうです。

去年から淘宝天猫は「ユーザー第一」をテーマに一連の変革を開始しました。これにはアプリのインターフェースの最適化、淘宝ウェブサイトの改版に加えて返品交換プロセスなど、消費者が関心を持つ問題を改善し、今年の「618セール」に備えています。

改版後の簡素化された淘宝ウェブサイト。

消費者により良いショッピング体験を提供するため、今年の「618セール」期間中、京東は消費者の問題に対応する基本サービスを200以上提供しました。そのうち80以上は業界で初めての試み、または独自のサービスです。また他にも京東は消費者のショッピング体験を保証しています。たとえば、「無料の返品交換」サービスではPLUS会員でも京東の一般ユーザーでも、商品のサイズや重さ、数量に関係なく、出張返品交換の送料すべてを無料としています。

過去を振り返ると、電子商取引の急速な発展期には、市場を獲得するために多くのプラットフォームがユーザー体験を無視し、消費者の権利が損なわれることがありました。しかし、競争がますます激しくなる現在において、消費者の信頼や好感を獲得することが各大手電子商取引プラットフォームの最重要課題となり、そのためユーザー体験の向上が競争の鍵となりました。過去の日本の発展過程にも似ていることが起こっていたかもしれない事象です。市場競争が激しい場合や商品の品質がほとんど変わらない場合、サービス品質の向上や消費者により良い体験を提供することが、各大手企業の競争の焦点となります。

AI技術を活用する「618セール」

AIの台頭以来、AI技術は徐々に電子商取引業界のさまざまな段階に適用されてきました。今年の「618セール」もAIを活用しています。
AI技術に関して今年の京東「618セール」では大規模モデルやAIGCなどの技術革新をビジネス全体に深く統合し、事業者がコストを大幅に削減し、効率を向上させるのを支援します。現在アリババではAI技術の開発に大きな成果を上げています。阿里雲の通義千問は淘宝や天猫の事業者や消費者に適用されています。同時にAIは「618セール」の事業者の活動にも活用されており、モデル写真の自動生成、スマートデータレポート、公式カスタマーサービスロボットなどのAIツールが商家の経営効率を向上させます。また、AIショッピングガイド、バーチャルカスタマーサポートなどのAIツールを活用することで、淘宝はユーザーにより良い消費体験を提供できます。

京東の創立者劉強東が4月16日にライブ配信しました。これはAIが生成したバーチャルデジタルヒューマンです。

全体的に言えば、AI技術は電子商取引業界に多くの変革をもたらしました。特にユーザー体験の向上、運営効率の最適化、精密なマーケティングの実現などの面で重要な役割を果たしています。将来AI技術の継続的な発展と適用により、中国の電子商取引業界はさらなる変革とイノベーションを迎え、ユーザーと事業者にとってより便利で効率的なショッピング体験をもたらすでしょう。

参考資料

https://www.stcn.com/article/detail/1199411.html
史上最简单618来了!天猫京东宣布:取消!
https://www.sohu.com/a/777194056_121948394
阿里巴巴打造史上最简单618
https://www.cbndata.com/information/292626
618拉力赛开跑,今年电商“大战”有何变化?
https://www.guancha.cn/economy/2024_04_18_731973.shtml
刘强东带火的数字人直播:能省钱,难赚钱

この記事のライター

広東省出身の中国人留学生。現在は名古屋大学でメディアを専攻している。

関連するキーワード


中国トレンド調査 中国市場

関連する投稿


勢いを見せる中国国外旅行のトレンド調査

勢いを見せる中国国外旅行のトレンド調査

新型コロナウイルス感染症の世界的な流行によって大打撃を受けた中国の国外旅行産業ですが、2023年からは徐々に回復傾向にあり、2024年現在は感染症流行前の2019年に追いつく勢いを見せています。現在中国ではどのような国外旅行トレンドが形成されているのか、その背景と共に紹介します。


What is “reverse consumption,” the new consumption trend among Gen Z in China?

What is “reverse consumption,” the new consumption trend among Gen Z in China?

At the end of 2023, “reverse consumption” became a hot topic on Chinese social media and still remains popular. In the rapidly changing Chinese society, new consumption attitudes and trends are constantly emerging. We will introduce “reverse consumption,” the most popular consumption trend among China's Gen Z.


中国Z世代の新しい消費トレンド「逆消費」とは

中国Z世代の新しい消費トレンド「逆消費」とは

2023年の年末から中国のSNSで「逆消費」というホットトピックが現れ、今日まで人気が続いています。急速に変化している中国社会では常に新しい消費観念や消費トレンドが生まれており、この記事では現在の中国のZ世代において最も流行している消費トレンドである「逆消費」について紹介します。


中国の若者に人気!生活の各分野で広がる「新中式」スタイルを調査

中国の若者に人気!生活の各分野で広がる「新中式」スタイルを調査

2023年に大流行した“新中式”。新中式とは、中国の伝統的な要素と現代的な要素を融合させたスタイルを指します。この新中式の流行は発展変化しており、小紅書が発表したデータによると、ファッションのみならず、メイク、グルメ、インテリアなどの領域にも次々と広がっています。それらに関する投稿は実に前年同期比350%以上の増加となりました。この記事ではファッション、グルメ、インテリアに焦点を当て、新中式がどのように広がっているのかを紹介します。


中国冬季の新トレンド「冰雪消費」を調査

中国冬季の新トレンド「冰雪消費」を調査

現在中国では、冬季のウィンタースポーツや雪祭り、氷祭りなどの「冰雪経済」「冰雪消費」が盛んになっています。政策の支援や商品の刷新などのプラスの影響を受け、「冰雪消費」は著しく増加しています。本記事では中国における冰雪消費の盛り上がりをデータで確認し、活発な冰雪旅行やウィンタースポーツ関連事業の具体例を紹介します。


最新の投稿


データ・ワン、実店舗購買データを元に類似顧客を推計して配信する新広告ソリューションの提供開始

データ・ワン、実店舗購買データを元に類似顧客を推計して配信する新広告ソリューションの提供開始

株式会社データ・ワンは、株式会社NTTドコモが保有するドコモ独自の顧客プロファイリングAIエンジン「docomo Sense™」を活用した広告ソリューション「co-buy® Audience Plus(コーバイ・オーディエンスプラス)」の提供を開始したことを発表しました。このソリューションにより、データ・ワンが保有する小売事業者の購買データを元に類似顧客を推計し、質の高さとリーチ量を兼ね揃えた広告配信が可能となるといいます。


スマホゲームを毎日プレイする人が約7割!全世代の女性に好かれる「ディズニーツムツム」【クロス・マーケティング調査】

スマホゲームを毎日プレイする人が約7割!全世代の女性に好かれる「ディズニーツムツム」【クロス・マーケティング調査】

株式会社クロス・マーケティングは、スマホゲームを月1回以上プレイしている全国15~69歳の男女を対象に「ゲームに関する調査(2024年)スマホゲーム編」を実施し、結果を公開しました。


日用品は同じ商品を繰り返し買う"安定派"の一人暮らし女性が約8割!一方で約3人に1人が新商品を衝動買いした経験あり【eBay Japan調査】

日用品は同じ商品を繰り返し買う"安定派"の一人暮らし女性が約8割!一方で約3人に1人が新商品を衝動買いした経験あり【eBay Japan調査】

eBay Japan合同会社は、全国の一人暮らしをしている女を対象に「日用品の買い替えに関する調査」を実施し、結果を公開しました。


レトロブームで再燃? コンデジやチェキ、写ルンですの消費者ニーズをデータで深掘り

レトロブームで再燃? コンデジやチェキ、写ルンですの消費者ニーズをデータで深掘り

「コンデジ」「チェキ」「写ルンです」。この言葉を聞いて懐かしいと思う大人は多いかもしれません。スマートフォンの普及によって、カメラを買う機会は減少傾向にありました。しかしながら、最近はZ世代の間で「レトロ」が注目を集め始め、コンデジブームがやってきました。データ分析を通してそれぞれのカメラの関心層を分析します!


デジマの課題は「ノウハウ不足」と「ツール」に集中 デジタル顧客体験の改善が明確な注力領域に【Repro調査】

デジマの課題は「ノウハウ不足」と「ツール」に集中 デジタル顧客体験の改善が明確な注力領域に【Repro調査】

Repro株式会社は、消費者向けWebサイト・サービスを保有する企業の事業・サービス責任者を対象に、「Webサイトの活用状況に関するアンケート」を実施し、結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ