競合サイトのユーザーが丸わかり!Site Analyzerの7つの便利機能とは|eMark+(イーマークプラス)

競合サイトのユーザーが丸わかり!Site Analyzerの7つの便利機能とは|eMark+(イーマークプラス)

市場調査、競合分析が無料で始められる「eMark+(イーマークプラス)」で最もよく利用されている機能「Site Analyzer(サイトアナライザー)」はどんなことができるツール?詳しくご紹介します。


eMark+(イーマークプラス)とは

インターネット行動ログ分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」は、マナミナを運営している株式会社ヴァリューズが開発・提供している、SaaS型のサイト分析ツールです。

最大の特徴は、自社サイトのみならず、競合他社サイトを自由に設定して、比較しながらアクセス解析ができること。

調べたいサイトはURLで任意に指定できるため、気になるライバルサイトや、提案予定のクライアントの類似サイトのユーザー数などを、簡単にチェックできます。

また、eMark+はモニター登録の同意を得て調査パネルを構築しており、性別・年代・エリア・職業などのデモグラフィック属性情報を統計的に把握できることも他ツールに見られない特長です。

eMark+には無料で利用できる機能もありますので、ぜひ登録して実際に使ってみましょう。

競合サイト分析なら eMark+(イーマークプラス)

https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/

「eMark+」(イーマークプラス)は20万人規模のモニター会員の協力により、自社だけでなく競合サイトのアクセス解析もできる、株式会社ヴァリューズの行動ログ分析サービスです。

Site Analyzer(サイトアナライザー)って何ができるの?

eMark+ Site Analyzer

eMark+で最も多くのユーザーに利用されているのが、ユーザー数、ページビュー数などの基本指標から、サイト訪問者の属性、流入元、人気コンテンツもチェックできる「Site Analyzer(サイトアナライザー)」という機能です。

「Site Analyzer」には、以下7つのメニューがあります。

  1. ユーザー数推移
  2. 基本指標
  3. ユーザー属性
  4. 流入元
  5. 併用状況
  6. コンテンツランキング
  7. 一括データダウンロード

サイト分析をする際にはユーザー数やページビュー数の規模感、どんな人がそのサイトを利用しているのか、どのような集客をしているか、どんなページ(コンテンツ)がよく見られているか...などが気になりますが、このSite Analyzerを使えば、それらがものの5分で確認できてしまいます。

しかも、ユーザー数推移、基本指標、ユーザー属性はデータソースがPCの場合は、無料で利用できるメニューです。

では、ここから各メニューの活用ポイントをご紹介します。

【ユーザー数推移】サイト訪問者数の推移、前年比がわかる

ユーザー数推移は、特定サイトのユーザー数の月次推移を最大過去2年分見ることができます。例えば自社サイトと競合サイトを指定すれば、簡単に競合調査ができますし、最大5つまでサイト指定ができるので、業界内で比較をしたり、前年からの伸び率や季節変動も確認することができます。

プルダウンで「サイト」または「ホスト」を指定することができ、「サイト」はそのサイト全体、ホストの場合は最大3階層までディレクトリの指定ができます。ディレクトリ毎にジャンルが分かれているECサイト、メディアなどのサイト分析に便利です。

サイトのURLを入力し、検索ボタンを押すと、ユーザー数、ページビュー数、1人あたりページビュー数が折れ線グラフで表示されます。グラフは棒グラフで表示することもでき、画像やCSVなどでデータをダウンロードできるため、資料作成にも役立ちます。

[ユーザー数推移]のサンプル

[ユーザー数推移]のサンプル

月次の推移がグラフで表示される

【基本指標】気になるあのサイトのPV数は?新規率は?

ユーザー数やページビュー数だけでなく、セッション数、直帰率、平均滞在時間、新規ユーザー率などサイトの基本的なKPIも確認したい場合は基本指標のメニューを使います。

こちらもPCデータは無料で利用することができますが、スマートフォンデータも契約をすれば、PCとモバイルの合算の数値を確認できたり、デバイスの比率をみることができます。

[基本指標]のサンプル

[基本指標]のサンプル

セッション数や平均滞在時間などもわかる

【ユーザー属性】どんなユーザーがサイトに来ている?

サイトに訪れている人たちはどのような層なのかもSite Analyzerを使えば簡単に確認することができます。

性別、年代、地域、職業に加えて、未既婚、子供有無などもわかるので、ファミリー層をターゲットにしたサイトなど、狙いたいユーザー層がどの程度訪れているのかがわかります。

[ユーザー属性]のサンプル

[ユーザー属性]のサンプル

ユーザーのデモグラフィックがわかる

また、世帯年収、個人年収もアンケートで聴取しているので、例えばサイト訪問者における高収入の富裕層の割合なども把握できます。

ターゲットユーザー層として、年代や、男女などのデモグラを設定しているサイトも多いと思いますが、実際にサイトを訪れている人たちがターゲットユーザー層と合致しているかどうか、自社とベンチマークしている他社を見比べながら分析できるメリットがあります。

例えば、競合他社よりも若年層の獲得で負けていることがデータからわかれば、若年層向けのプロモーション強化も、説得力を持って予算化を提案することができるでしょう。

データはダウンロードもできますので、ぜひ自社のデジタルマーケティングにご活用ください。

【流入元】広告や集客手法が丸わかり!

ユーザーのボリュームやどのような人たちがサイトに訪れているかがわかったら、次は具体的な集客施策を見てみましょう。

流入元のメニューを使うと、一度に5つのサイトまで、広告や自然検索などの流入元構成流入元のサイト検索キーワード流入の多いLP(ランディングページ)などを比較することができます。

例えば広告は、下図のように予め「criteoリターゲティング広告」や「Google ディスプレイ ネットワーク」、「バリューコマース アフィリエイト」といったように広告種別も定義されているため、どの広告からどれぐらいの流入数があるのか、その広告経由の流入での直帰率、平均滞在時間までわかります。

[流入元]のサンプル

[流入元]のサンプル

集客施策の構成がわかる

流入キーワードの比較も簡単にでき、リスティング自然検索それぞれの上位流入ワードもわかります。

[流入元]の[キーワード]のサンプル

[流入元]の[キーワード]のサンプル

流入キーワードのボリュームを比較できる

競合他社が使っている広告やどのような集客施策を展開しているか、月次で競合の動きをチェックしておくことをオススメします。

【併用状況】自社と競合のカブり率はどれくらい?

自社と競合のユーザー層はどれぐらい重複しているのか気になったことはありませんか。

今までのアクセス解析ツールは自社サイトの数値しか分からなかったので、こうしたいわゆる“カブり率”は出すことができませんでしたが、Site Analyzerを使えば、任意のサイトを指定した併用状況を確認することができます。

[併用状況]のサンプル

[併用状況]のサンプル

自社と競合の併用率がわかる

最大6ヶ月間まで、自社サイトと競合サイトを両方利用している人はどれくらいいるのか、逆に、自社サイトのみ、競合サイトのみを利用している人はどれぐらいか、がすぐにグラフで表示されます。

併用率が高ければ高いほど、ユーザーは自社と競合と見比べながら比較検討していると考えられますから、競合には無い自社の強みを打ち出さなければいけないでしょう。

【コンテンツランキング】競合サイトの人気コンテンツがわかる

競合サイトではどのようなコンテンツが人を集めているのかもわかります。

コンテンツランキングは、ディレクトリやページ別に任意のサイトを指定してユーザー数が多い順にランキングを作ることができます。

属性の指定もできるので、例えば女性20代~30代がよく見ているページ、もランキング形式で確認できます。

[コンテンツランキング]のサンプル

[コンテンツランキング]のサンプル

人気ページやユーザー数が多いディレクトリがわかる

他社の人気コンテンツを参考にしながら、自社のコンテンツマーケティングに活かしていきましょう。

【一括データダウンロード】指定したサイトのデータを一括でダウンロードできる

一括データダウンロードは、文字通り、データをExcelレポート形式で一括ダウンロードできる機能です。

サイトを5つまで指定することができ、期間を選んで[ダウンロード]ボタンを押すだけで、基本指標とその推移、ユーザー属性、流入元の概要と詳細、コンテンツランキングが、Excelデータでダウンロードできます。

Excelデータは、シートに分かれていて、グラフも自動で出てくるので、提案資料などへの転載も簡単。
そのまま印刷して報告資料としても活用できます。

とても便利な機能なのでぜひ使ってみてください。

一括データダウンロードのレポート例

一括データダウンロードのレポート例

eMark+ Site Analyzerの料金プラン

eMark+ Site Analyzerは、デバイス別・年間契約で初期:10万円(税抜)~、月額:10万円(税抜)~利用できます。

PCとスマートフォンのデータを合わせてご契約いただく場合や複数メニューをご利用いただく場合にはセット割引もあります。

また、例えば広告代理店や制作会社、コンサルティング会社様向けにクライアントワークに活用いただくための利用範囲を拡大した特別プランもあります。

ぜひ以下より御見積りをお問合せください。

eMark+の資料請求・お問い合わせ

【無料版あり】お試しで使ってみよう

まずはどのようなツールなのか、少し中身を見てみたい、という方にはeMark+無料版がオススメです。お申し込みは1~2分で完了しますので、ぜひお試しください。

eMark+ 無料で競合調査ができる! 無料登録はこちら
自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


8月は“PayPay”が1位に!「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2019年7月~2019年8月)

8月は“PayPay”が1位に!「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2019年7月~2019年8月)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、男女別の「スマートフォンアプリ」インストール数ランキングを作成しました。


【2019上半期】マーケティング業界で注目を集めた“ホットトピック”は? マーケティングメディアの人気キーワードTOP50を調査

【2019上半期】マーケティング業界で注目を集めた“ホットトピック”は? マーケティングメディアの人気キーワードTOP50を調査

マーケティングメディアで2019年上半期に人気のあったコンテンツ...気になりませんか? 今回は、マーケティングメディアのコンテンツタイトルに含まれるホットトピックから、人気の高いキーワードを分析しました。


3大ECモール(Amazon/楽天市場/Yahoo!ショッピング)を競合サイト分析ツールeMark+で比較してみた

3大ECモール(Amazon/楽天市場/Yahoo!ショッピング)を競合サイト分析ツールeMark+で比較してみた

経済産業省によると、2017年のEC(BtoC)市場規模は、16 兆 5,054 億円。前年と比較すると9.1%の増加、まさに成長市場です。その市場を牽引する3大ECモールといえば、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング。今回はそれぞれのサイトの特徴について、競合サイト分析ツールeMark+を用いて比較します。


急上昇ワードに“台風”、“仮面ライダーゼロワン”など...「週間」検索キーワードランキング(2019/9/1~2019/9/7)

急上昇ワードに“台風”、“仮面ライダーゼロワン”など...「週間」検索キーワードランキング(2019/9/1~2019/9/7)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


競合分析ができるツールeMark+のTarget Focusでターゲットユーザーがどんなサイトをよく見ているかを知る方法

競合分析ができるツールeMark+のTarget Focusでターゲットユーザーがどんなサイトをよく見ているかを知る方法

市場調査や競合サイト分析ができるツール「eMark+(イーマークプラス)」のターゲットユーザー分析メニュー「Target Focus」を使うと、ターゲットユーザーがどんなサイトやコンテンツを見ているか簡単にチェックできるのをご存知でしょうか?広告出稿などで狙いたいターゲットにリーチしやすいメディアを把握したいという担当者の方、必見です。


最新の投稿


1位は“Yahoo!ファイルマネージャー”、2位は…「業界別」アプリランキング - 仕事効率化編 -

1位は“Yahoo!ファイルマネージャー”、2位は…「業界別」アプリランキング - 仕事効率化編 -

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、アプリランキングを作成しました。


8月は“PayPay”が1位に!「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2019年7月~2019年8月)

8月は“PayPay”が1位に!「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2019年7月~2019年8月)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、男女別の「スマートフォンアプリ」インストール数ランキングを作成しました。


【2019上半期】マーケティング業界で注目を集めた“ホットトピック”は? マーケティングメディアの人気キーワードTOP50を調査

【2019上半期】マーケティング業界で注目を集めた“ホットトピック”は? マーケティングメディアの人気キーワードTOP50を調査

マーケティングメディアで2019年上半期に人気のあったコンテンツ...気になりませんか? 今回は、マーケティングメディアのコンテンツタイトルに含まれるホットトピックから、人気の高いキーワードを分析しました。


日経だけでなくスポーツ、不動産系メディアも…営業職の人がよく見るサイトランキング【2019年上半期】

日経だけでなくスポーツ、不動産系メディアも…営業職の人がよく見るサイトランキング【2019年上半期】

あの職種の人たちがよく訪れるサイトはどこなのでしょうか? アンケート調査から職種が分かっている人のネット行動ログを分析することで、ある特定の職種の人がよく閲覧している特徴的なサイトを把握することができます。今回は『営業』の人たちがよく見ているサイトを調査しました。


注目のビジネスモデル「D2C」とは?海外・国内の最新事例をご紹介

注目のビジネスモデル「D2C」とは?海外・国内の最新事例をご紹介

D2Cはメーカーやブランドが店舗を介さず、自社ECサイトを通じて直販するビジネスモデル。アパレルや小売業界を中心に活用され、寝具マットレスの米国企業Casperのように未上場ながら評価額10億ドルを超えるユニコーン企業も出て、注目を集めているビジネスモデルです。


メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら