3C分析の概要とフレームワークの重要性とは?目的とやり方を解説

3C分析の概要とフレームワークの重要性とは?目的とやり方を解説

自社製品やサービスの特徴を理解し、マーケティング施策をすることで、順調な販促が可能となります。必要なマーケティング戦略を考えるのに、3C分析という方法があります。3C分析をすることで、ニーズや自社の強みを分析し、効果的な施策に活かすことができるのです。この記事では、3C分析の意味や実際の手順を解説します。


3C分析とは何?

Customer(市場・顧客)、Company(自社)、Competitor(競合)という3つの要素の頭文字Cを取った3C分析。マーケティングをするには、自社だけでなく、外部の環境も調査する必要があります。

様々な角度から分析を行い、改善できる策を練ることで、より良いマーケティングにつなげます。

3Cのフレームワーク

3C分析の元になるフレームワークについて解説しましょう。
それぞれの言葉の範囲は以下の通りです。

・Customer(市場・顧客)
顧客にどれほど購買意思があるのか、また能力などを分析していきます。
市場の大きさや成長性、購買に至る過程などがあります。

・Company(自社)
自社の経営状況や強みについて調べておきます。
市場が変化にするにつれて、変化に対応することや、自社の比較を行います。

・Competitor(競合)
競合他社について、また競争の状況を調べます。
自社のオリジナリティを探していくのに必要なポイントです。

3C分析が重要な理由と目的

3C分析により、3つの角度からの分析で、成功要因を発見することができます。
事業を成功させるために、大切なポイントを発見できれば、どのように販促を進めていくのか判断が容易になります。

分析をするには、数多くのデータが求められ、複雑になりがちです。
しかし分析のポイントを絞ることが可能な3C分析であれば、成功要因を発見しやすくなります。

3C分析を進める方法

どのように3C分析をしていくのか、実際の方法を見ていきましょう。

市場・顧客を分析する

最初に、対象となる市場や顧客を分析します。
自社を評価していく基準となるので、市場と顧客の分析は欠かせません。

政治や経済、社会や技術などの側面から、自社の良い機会とできるのかを判断します。
予想される今後の動向に合わせて、また変化するニーズに自社の戦略を合わせることができるのか分析します。

これらはマクロ的な要素とされており、自社ではコントロールできない分野です。
社会的な変化を分析していくのです。

別のポイントは、ミクロ分析と呼ばれています。
これは、新規参入や業界内での強さのバランス、買い手や売り手の交渉力などを分析します。

バランスを分析して、自社の周りにはどれほどの脅威となる存在がいるのかを判断し、戦略を立てていくのに活用するのです。

競合を分析する

競合の分析では、競合他社の売り上げや市場シェアなどを分析していきます。
この際に、どこが競合ブランドやメーカーになるのかを明確に判断することも大切です。

直接競合となる会社だけでなく、間接的に競合となる企業も見つける必要があるでしょう。
同じ商品やサービスではなくても、提供するものが同じ価値になると、競合になる可能性が高くなります。

競合会社を判断することができると、さらに競合の特色を分析します。
価値の提供方法やプロモーションなども分析していきましょう。

競合会社がどのような結果を出しており、結果を生み出したリソースにも注目します。
どれほどの売り上げがあるのか、また営業利益などは参考になるデータです。

他にも、広告などの必要なコストも着目します。

結果を出すための方法も、分析の材料となります。
製品を開発し、製造、物流までの流れだけでなく、マーケティングの手法も探しましょう。

競合会社が変化する市場にどのように対応しているのかを分析していくと、参考になるデータを集めることができるでしょう。

効果的に競合サイトのデータを集めるには、eMark+というツールを活用するのがおすすめです。

また、どのように効率的に競合を発見するかについては、こちらの記事もご覧ください。

業界別のサイトランキングを無料で作成できる|General Overview|eMark+ | [マナミナ]まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン

https://manamina.valuesccg.com/articles/486

「eMark+(イーマークプラス)」のGeneral Overviewを使うと、サイトランキングが無料で簡単に作れるのをご存知でしょうか?

自社を分析する

最後に自社の分析を進めます。上記の2つの分析を元にして、自社の戦略を練っていきます。

市場の変化と、それに対する競合の対応状況は、自社との良い比較材料です。着目できるのは、経営資源、市場でのシェア、販路など複数のポイントです。ここから、自社の強い部分や弱い部分を導き出していきます。

自社の特色を分析し、さらに魅力を付け加える部分を判断し、差別化を図るのです。

3C分析をする上で抑えておくべきポイント

3C分析をするには、適切な情報収集が欠かせません。
3C分析の成功の鍵を握ってもいるデータ収集。
時間をできるだけ少なくして、必要なデータを集めることが求められます。

そのための仕組みなども、3C分析をするのに大切なポイントです。

BtoBビジネスの場合には、必要なデータを集めるのも難しいこともあります。
分析に十分なデータを集める方法も、見つけ出す必要があるでしょう。

反対に、数多くのデータがある場合には、何を必要なデータとするのか、また選択しないデータの判断も大切です。
基準を作り、効率的にデータ収集をしていきましょう。

効率よくデータを集めるには、ツールを活用することも可能です。


eMark+は、すでにネットでの消費者動向や市場情報に必要なデータを収集している調査会社のツール。

必要なデータを収集し、分析するのに役立ちます。

3C分析で効果的にマーケティングしよう!

3C分析などのフレームワークを活用して、実行できる戦略を作り出すことが可能となります。
自社の強みを把握し、より顧客のニーズに合わせた商品やサービスを提供することができるでしょう。

競合市場の中で自社が生き残るために、3C分析を繰り返し、マーケティング施策を実行していきましょう。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


Webサイト分析ってどうやるの? 1年目の広告プランナー・坂山華がファッションECサイトを分析します

Webサイト分析ってどうやるの? 1年目の広告プランナー・坂山華がファッションECサイトを分析します

広告代理店の新人プランナーが競合サイト分析ツール「eMark+」を使いながら、市場・競合調査の考え方と方法を学んでいく「データマーケティング成長記」企画です。第2回となる今回は、特定サイトを分析する際に必要な視点を学び、実際にファッションEC主要3サイトの調査を行います。坂山華さんが一歩ずつ学んでいく様子を見守りましょう。


4P分析とは?マーケティングミックスに活用

4P分析とは?マーケティングミックスに活用

4P分析は企業が販売戦略を決める際に使わるフレームワークでProduct(製品)、Price(価格)、Place(流通)、Promotion(販促)の頭文字を取った用語です。ニーズを満たした製品を、適切な価格で適切な流通で効率よく販促できれば、売上拡大につながります。


基礎から学ぶ代表的なマーケティング理論(3C・4P・カスタマージャーニー・AIDMA/AISAS・パーセプションフロー)

基礎から学ぶ代表的なマーケティング理論(3C・4P・カスタマージャーニー・AIDMA/AISAS・パーセプションフロー)

マーケティングで使われる理論は略語や似た用語が多く混乱しがちです。代表的な「3C分析」「4P分析」「カスタマージャーニー」「AIDMA / AISAS」「パーセプションフロー」について用語の定義と役立つ場面について説明します。


ターゲットを絞って検索キーワードのランキングを作成できるKeyword Finderとは?|eMark+(イーマークプラス)

ターゲットを絞って検索キーワードのランキングを作成できるKeyword Finderとは?|eMark+(イーマークプラス)

「eMark+(イーマークプラス)」のKeyword Finderを使うと、性別・年代・地域などの属性や、業界にターゲットを絞って人気のキーワードを知ることができるのをご存知でしょうか?SEOやリスティングのキーワード対策に役立ちます。


競合調査の代表的フレームワーク3種(3C分析・4P分析・SWOT分析)

競合調査の代表的フレームワーク3種(3C分析・4P分析・SWOT分析)

市場における自社の強み・弱みや他社の戦略を把握するために行う「競合調査」。ビジネスの競合調査でよく使わているフレームワークが3C分析・4P分析・SWOT分析です。各フレームワークの概要と分析方法、使い分けをご紹介します。


最新の投稿


発展要因や業界モデルを解説!「中国におけるソーシャルコマース業界調査」レポート

発展要因や業界モデルを解説!「中国におけるソーシャルコマース業界調査」レポート

拡大を続ける中国のソーシャルコマース業界。その発展要因と市場動向、代表的企業や業界モデルなどを調査レポートにまとめました。(ページ数|20p)


Webサイト分析ってどうやるの? 1年目の広告プランナー・坂山華がファッションECサイトを分析します

Webサイト分析ってどうやるの? 1年目の広告プランナー・坂山華がファッションECサイトを分析します

広告代理店の新人プランナーが競合サイト分析ツール「eMark+」を使いながら、市場・競合調査の考え方と方法を学んでいく「データマーケティング成長記」企画です。第2回となる今回は、特定サイトを分析する際に必要な視点を学び、実際にファッションEC主要3サイトの調査を行います。坂山華さんが一歩ずつ学んでいく様子を見守りましょう。


「業界別」アプリランキング - パズルゲーム編 -

「業界別」アプリランキング - パズルゲーム編 -

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、アプリランキングを作成しました。


「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2019年10月~2019年11月)

「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2019年10月~2019年11月)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、男女別の「スマートフォンアプリ」インストール数ランキングを作成しました。


スター・ウォーズ 完結編『スカイウォーカーの夜明け』の最新動向を検索データから探る

スター・ウォーズ 完結編『スカイウォーカーの夜明け』の最新動向を検索データから探る

前作の『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』から2年、シリーズ第9作品目である『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の公開が2019年12月20日に迫りました。1977年公開の『新たなる希望』から40年以上に渡り愛されてきたスター・ウォーズシリーズの完結編と言われている『スカイウォーカーの夜明け』について、世の中の関心度や前作『最後のジェダイ』との比較、ファン層の属性などを、検索キーワードツールeMark+を用いて探ります。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら