HISの卒業旅行キャンペーンが面白い。サイトUU数を伸ばす取り組みを大学生の視点でまとめてみました。

HISの卒業旅行キャンペーンが面白い。サイトUU数を伸ばす取り組みを大学生の視点でまとめてみました。

大学生の卒業旅行予約が間もなくピークを迎えます。近年ネット予約が主流となり、価格競争が激化する中、従来とは異なる切り口で学生にヒットしているHISのキャンペーンを分析しました。


HISの卒業旅行キャンペーンを調べます

こんにちは、マナミナを運営している株式会社ヴァリューズのインターン生、小幡と申します。いまは大学4年生で、春からはヴァリューズに入社する予定です。

もうそろそろ卒業となる大学4年生。その多くの人たちはいま、卒業旅行の計画を練っているところではないでしょうか。かく言う私も、大学生活を締めくくる卒業旅行について友達とあれこれ考えていたところでした。

そんなとき、HISのサイトで面白いキャンペーンを見つけてしまいました。学生旅行特集ページで、HISが私たち学生のニーズにぴったり合ったキャンペーンを用意していたのです…!

そこで今回は、HISの学生旅行キャンペーンについて、サイトの推計ユーザー数なども調べながらご紹介していきます。実際どれくらいのユーザーがサイトを訪れていたのでしょうか。

キャンペーンサイトのユーザー数は?

ヴァリューズの競合サイト分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」は、Webサイトのユーザー数、デモグラ属性などをブラウザ上で簡単に調べられるツールです。早速、学生旅行キャンペーンページのユーザー数を見てみたところ、案の定大人気でした。

URL:https://www.his-j.com/gakusei/index.shtml
分析期間:2019年4月~10月
対象デバイス:PC

ユーザー数推移では、最新月(2019年10月)には、49,500UU(前月比3.6倍)のユーザー数を獲得しています。卒業旅行のピークを迎える2月、3月の1~2か月ほど前から探す人が多いことからすると、訪問ユーザー数は今後も伸びていくことが予想できます。(参考:マイナビトラベル「卒業旅行の実態調査」を発表

「出世払い」が学生に嬉しい

では、HISは実際にどんなキャンペーンを行っているのでしょうか? いくつか紹介していきます。

ともだちの輪割

まずは「ともだちの輪割」というキャンペーンから紹介します。

QRコードから取得したクーポンをSNSを通じて友達にシェアをし、予約が完了されると送信側・受信側の双方が1000円引きになるというサービス。最大15人まで割引が適用できるので、最大15000円引きになるという仕組みです。

QRコードを活用し、LINEで簡単に紹介できる仕組みが特徴。SNSを上手く活用したキャンペーンと言えます。

おねだりメーカー

次に紹介するのは「おねだりメーカー」。これは学生が家族に卒業旅行代金を援助してもらうことを手助けするサービスです。広告研究会の甲子園「Adfes」で金賞を獲得した神戸の大学生が起案しています。

なかなか言い出しにくいお願いも、LINEやメールであれば伝えられたりしますよね。おねだりメーカーでは、「誰にお願いをしたいか」「旅行に行って何をしたいか」など6つの質問に答えるだけでプレゼン資料が完成し、そのまま送ることが出来ます。

卒業旅行代は援助しても良いと考えているご両親と、「相談しにくい…」と悩んでいる学生を繋ぐサービスです。非常にユニークで、面白いなと思いました! 私もこれを使っておねだりしてみようかと思います(笑)。

出世払い

「おねだりメーカーはありだけど、それでも家族には頼みにくい…」「自分で払って旅行したい!」という学生におすすめなのが、この「出世払い」。旅行代金の支払いを最大7か月先延ばしにできるサービスです。(しかも手数料無料…!)

HISのクレジットカード「スカイウォーカーカード」に加入し、決済することで利用できます。社会人になってから支払いができるのが魅力で、昨年は約6000人以上が利用したそうです。

このサービス、学生としてはすごく嬉しいです。「大学生は時間はあるが、お金がない。社会人はお金はあるが、時間がない。」とよく言われますが、両方のいいとこ取りができるサービスだと思いました。実際に私も出世払いサービスを利用して、計画していなかったヨーロッパ旅行を予約してしまいました……。

学生のニーズにぴったりとマッチするHISのキャンペーン

就職直前の学生の大半は、残された時間に友達や恋人と思い出作りをしたいと思うのではないでしょうか。そんな学生にとって、卒業旅行は欠かせません。阪急交通社による調査によると、約8割の学生が価格の安さを重要視していることが分かっています。

観光経済新聞「【データ】『学生旅行・卒業旅行のアンケート調査』阪急交通社調べ」

従来は学割など、割引キャンペーンで価格を下げる戦略が一般的でしたが、高額な出費である卒業旅行では、根本的な解決とは言えませんでした

割引キャンペーンから一歩進めた、支払いを遅らせる「出世払い」の発想は、学生のニーズにぴったりとマッチしているといえます。社会人になりお金の余裕ができてから支払いをできるのであれば、価格の面で妥協せざるを得なかった旅行先やホテル、滞在中のアクティビティにも費用をかけられるようになります。

さらにビジネス的な観点から見ると、出世払いでは「スカイウォーカーカード」での支払いが必須条件となるため、必然的にクレジット会員も増えるという仕組みになっています。

今回はHISの取り組みを学生の目線から考えてみました。旅行のWeb予約が一般的となり、価格競争が激化する中で、「卒業旅行」のニーズを汲み取り成功した事例といえるでしょう。今後も話題になっていくのではないかなと思いました。

この記事のライター

大学でマーケティングを勉強しながら、ヴァリューズでインターンとして働いていました。2020年の春からは新卒としてヴァリューズに入社しました。

関連するキーワード


旅行 市場調査 eMark+

関連する投稿


広がるオンラインでの確定申告。新型コロナ拡大前の今年1月のユーザー数急上昇サイトを振り返る

広がるオンラインでの確定申告。新型コロナ拡大前の今年1月のユーザー数急上昇サイトを振り返る

2020年1月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? 市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+</a>(イーマークプラス)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はeMark+を使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


「レシピ」と一緒に検索されているキーワードは?ユーザーの検索動向を過去1年間で調べてみました

「レシピ」と一緒に検索されているキーワードは?ユーザーの検索動向を過去1年間で調べてみました

忙しい日々を送る中でご飯の献立を考えるのは本当に大変ですよね。そんな中でも自分や家族のために美味しい料理を作りたい、できれば時短で作りたい、旬な野菜を使った料理を作りたい、などなど作り手の気持ちは様々です。そこで、今回は「レシピ」と一緒に検索されているキーワードはどんなものが多いのか?また、どのようなコンテンツを見ているのかなど、ネット行動分析ツールの「eMark+」を使って、過去1年間を調査・分析しました。


検索キーワードから読み解く「投資」のいま。ポイント投資やNISA、iDeCoなど多様化する投資方法に若年層も注目。

検索キーワードから読み解く「投資」のいま。ポイント投資やNISA、iDeCoなど多様化する投資方法に若年層も注目。

欧米諸国に比べ、日本では資産を運用せずに貯蓄する人の割合が多いとされています。しかしながら最近では少子高齢化の進展による老後資金への不安や、恒常化する預金の低金利化などから、資産形成を目的として投資を始める人が増えてきています。今回はそんな「投資」に焦点を当て、eMark+の検索キーワード分析機能「Keyword Finder」を用いて調査を行いました。


増税を機に定着するキャッシュレス決済 実態そして普及推進のキー (2)シニアと地域差への普及

増税を機に定着するキャッシュレス決済 実態そして普及推進のキー (2)シニアと地域差への普及

第1回では、キャッシュレス決済普及に対する消費増税の確かなインパクトを、データから振り返り、通信キャリア系キャッシュレス決済サービスの集約が着実に進みつつも、ユーザーロックオンといえるほどの囲い込みには至っていない現状を確認しました。4月から通信事業へ本格参入する楽天、10月のZホールディングス(ZHD)-LINE経営統合などのイベントも控え、通信と決済、EC等のサービス連携強化による経済圏構築はこれからも続きそうです。他方、政府が掲げる「2025年までにキャッシュレス比率40%」達成のためにはどんな施策が有効でしょうか。第2回は増税を機にキャッシュレス決済を受け入れたユーザーセグメントからヒントを探ります。


増税を機に定着するキャッシュレス決済 実態そして普及推進のキー (1)データで振り返る増税とキャッシュレス

増税を機に定着するキャッシュレス決済 実態そして普及推進のキー (1)データで振り返る増税とキャッシュレス

2019年10月に消費税が10%に上がり、2020年6月末までの消費対策としてキャッシュレス・ポイント還元事業が始まりました。マナミナでは2018年12月のPayPay「100億円あげちゃうキャンペーン」からスマホ決済アプリの利用動向に注目してきましたが、増税後そして今後の利用状況やいかに。eMark+の決済アプリ利用ログから、日常消費に浸透するキャッシュレス決済の動向、そして一層の普及推進へ向けたヒントを探ってみます。


最新の投稿


広がるオンラインでの確定申告。新型コロナ拡大前の今年1月のユーザー数急上昇サイトを振り返る

広がるオンラインでの確定申告。新型コロナ拡大前の今年1月のユーザー数急上昇サイトを振り返る

2020年1月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? 市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+</a>(イーマークプラス)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はeMark+を使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


テレワーク実施企業の注目事例は?在宅勤務制度のノウハウを学ぼう

テレワーク実施企業の注目事例は?在宅勤務制度のノウハウを学ぼう

新型コロナ対策で在宅勤務でテレワークを実施している企業が増えています。テレワークの形態にも色々ありますが、いざ全面導入すると制度やツールなどさまざまな場面で課題を感じている方も多いようです。テレワーク導入に積極的だったGMOやクックパッド、サイボウズは制度面からツールまで多くのノウハウを公開していて、先行事例として参考になります。


Rの基礎知識「関数」「パッケージ」「データフレーム」とは。マーケターが1からRを勉強します【第2回】

Rの基礎知識「関数」「パッケージ」「データフレーム」とは。マーケターが1からRを勉強します【第2回】

マーケター1年目の小幡さんがRを学んでいきます。講師は株式会社ヴァリューズのデータアナリスト、輿石さん。第2回はRを使う上でおさえておきたい事前知識をつけていきます。Rでデータを扱えるようになりたいと考えている方、ぜひ小幡さんと一緒に勉強していきましょう。


音楽サブスクリプションの代名詞「音楽配信」の有力サービスを比較

音楽サブスクリプションの代名詞「音楽配信」の有力サービスを比較

定額サービスのサブスクリプション(サブスク)の代表例である、動画や音楽のデジタル配信サービス。今回は音楽サブスクを代表するSpotify・Prime Music・Apple Music・LINE MUSICの4社を比較します。


急上昇ワードに“インフォデミック”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/3/22~2020/3/28)

急上昇ワードに“インフォデミック”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/3/22~2020/3/28)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら