HISの卒業旅行キャンペーンが面白い。サイトUU数を伸ばす取り組みを大学生の視点でまとめてみました。

HISの卒業旅行キャンペーンが面白い。サイトUU数を伸ばす取り組みを大学生の視点でまとめてみました。

大学生の卒業旅行予約が間もなくピークを迎えます。近年ネット予約が主流となり、価格競争が激化する中、従来とは異なる切り口で学生にヒットしているHISのキャンペーンを分析しました。


HISの卒業旅行キャンペーンを調べます

こんにちは、マナミナを運営している株式会社ヴァリューズのインターン生、小幡と申します。いまは大学4年生で、春からはヴァリューズに入社する予定です。

もうそろそろ卒業となる大学4年生。その多くの人たちはいま、卒業旅行の計画を練っているところではないでしょうか。かく言う私も、大学生活を締めくくる卒業旅行について友達とあれこれ考えていたところでした。

そんなとき、HISのサイトで面白いキャンペーンを見つけてしまいました。学生旅行特集ページで、HISが私たち学生のニーズにぴったり合ったキャンペーンを用意していたのです…!

そこで今回は、HISの学生旅行キャンペーンについて、サイトの推計ユーザー数なども調べながらご紹介していきます。実際どれくらいのユーザーがサイトを訪れていたのでしょうか。

キャンペーンサイトのユーザー数は?

ヴァリューズの競合サイト分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」は、Webサイトのユーザー数、デモグラ属性などをブラウザ上で簡単に調べられるツールです。早速、学生旅行キャンペーンページのユーザー数を見てみたところ、案の定大人気でした。

URL:https://www.his-j.com/gakusei/index.shtml
分析期間:2019年4月~10月
対象デバイス:PC

ユーザー数推移では、最新月(2019年10月)には、49,500UU(前月比3.6倍)のユーザー数を獲得しています。卒業旅行のピークを迎える2月、3月の1~2か月ほど前から探す人が多いことからすると、訪問ユーザー数は今後も伸びていくことが予想できます。(参考:マイナビトラベル「卒業旅行の実態調査」を発表

「出世払い」が学生に嬉しい

では、HISは実際にどんなキャンペーンを行っているのでしょうか? いくつか紹介していきます。

ともだちの輪割

まずは「ともだちの輪割」というキャンペーンから紹介します。

QRコードから取得したクーポンをSNSを通じて友達にシェアをし、予約が完了されると送信側・受信側の双方が1000円引きになるというサービス。最大15人まで割引が適用できるので、最大15000円引きになるという仕組みです。

QRコードを活用し、LINEで簡単に紹介できる仕組みが特徴。SNSを上手く活用したキャンペーンと言えます。

おねだりメーカー

次に紹介するのは「おねだりメーカー」。これは学生が家族に卒業旅行代金を援助してもらうことを手助けするサービスです。広告研究会の甲子園「Adfes」で金賞を獲得した神戸の大学生が起案しています。

なかなか言い出しにくいお願いも、LINEやメールであれば伝えられたりしますよね。おねだりメーカーでは、「誰にお願いをしたいか」「旅行に行って何をしたいか」など6つの質問に答えるだけでプレゼン資料が完成し、そのまま送ることが出来ます。

卒業旅行代は援助しても良いと考えているご両親と、「相談しにくい…」と悩んでいる学生を繋ぐサービスです。非常にユニークで、面白いなと思いました! 私もこれを使っておねだりしてみようかと思います(笑)。

出世払い

「おねだりメーカーはありだけど、それでも家族には頼みにくい…」「自分で払って旅行したい!」という学生におすすめなのが、この「出世払い」。旅行代金の支払いを最大7か月先延ばしにできるサービスです。(しかも手数料無料…!)

HISのクレジットカード「スカイウォーカーカード」に加入し、決済することで利用できます。社会人になってから支払いができるのが魅力で、昨年は約6000人以上が利用したそうです。

このサービス、学生としてはすごく嬉しいです。「大学生は時間はあるが、お金がない。社会人はお金はあるが、時間がない。」とよく言われますが、両方のいいとこ取りができるサービスだと思いました。実際に私も出世払いサービスを利用して、計画していなかったヨーロッパ旅行を予約してしまいました……。

学生のニーズにぴったりとマッチするHISのキャンペーン

就職直前の学生の大半は、残された時間に友達や恋人と思い出作りをしたいと思うのではないでしょうか。そんな学生にとって、卒業旅行は欠かせません。阪急交通社による調査によると、約8割の学生が価格の安さを重要視していることが分かっています。

観光経済新聞「【データ】『学生旅行・卒業旅行のアンケート調査』阪急交通社調べ」

従来は学割など、割引キャンペーンで価格を下げる戦略が一般的でしたが、高額な出費である卒業旅行では、根本的な解決とは言えませんでした

割引キャンペーンから一歩進めた、支払いを遅らせる「出世払い」の発想は、学生のニーズにぴったりとマッチしているといえます。社会人になりお金の余裕ができてから支払いをできるのであれば、価格の面で妥協せざるを得なかった旅行先やホテル、滞在中のアクティビティにも費用をかけられるようになります。

さらにビジネス的な観点から見ると、出世払いでは「スカイウォーカーカード」での支払いが必須条件となるため、必然的にクレジット会員も増えるという仕組みになっています。

今回はHISの取り組みを学生の目線から考えてみました。旅行のWeb予約が一般的となり、価格競争が激化する中で、「卒業旅行」のニーズを汲み取り成功した事例といえるでしょう。今後も話題になっていくのではないかなと思いました。

この記事のライター

マーケティングを勉強しながら、ヴァリューズでインターンとして働いている大学4年生。来年の春からはヴァリューズに入社する予定です。

関連するキーワード


旅行 市場調査 eMark+

関連する投稿


アパレル業界のオムニチャネル戦略を探る ~人気アパレルブランドの公式アプリを調査

アパレル業界のオムニチャネル戦略を探る ~人気アパレルブランドの公式アプリを調査

スマホやタブレットで欲しい商品を検索し、その場ですぐに購入できる時代になりました。 このようなライフスタイルの変化に伴い、特にアパレル業界のオムニチャネル戦略(ネットや店舗などあらゆるチャネルで顧客との接点をもつ販売戦略のこと)が求められています。アパレル業界はトレンドの移り変わりが激しく、商品をどれだけユーザーの目に触れさせるかが命運を分けることになるからです。 今回は、アパレル業界のオムニチャネル戦略について、いくつかのブランドを例に挙げて傾向とトレンドを分析します。


急上昇ワードに“確定申告 2020”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/1/12~2020/1/18)

急上昇ワードに“確定申告 2020”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/1/12~2020/1/18)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


都市型イケアが原宿にオープン、その狙いとは?【2020年トレンド予測】

都市型イケアが原宿にオープン、その狙いとは?【2020年トレンド予測】

今年話題になりそうなトピックを調査・紹介する連載企画「2020年トレンド予測」。今回のテーマは「今春原宿にオープンする都市型イケア」です。今春オープンのIKEA原宿は日本初の都市型店舗。従来店舗との違いを考察し、トレンドを探ります。


「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2019年11月~2019年12月)

「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2019年11月~2019年12月)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、男女別の「スマートフォンアプリ」インストール数ランキングを作成しました。


PayPayフリマ、11月のMAUは300万人超え。ユーザー数急上昇アプリ調査

PayPayフリマ、11月のMAUは300万人超え。ユーザー数急上昇アプリ調査

2019年11月にアクティブユーザー数を伸ばしたアプリは? 市場分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使うと、どんな人がどんなアプリを使っているのか、主にユーザー数の推移といった切り口から調べることができます。今回はeMark+を使ってアクティブユーザー数の前月比が急上昇したアプリをチェック。11月のトレンドを調査しました。


最新の投稿


Googleマイビジネスに勝手に登録された!すぐできる対策は?

Googleマイビジネスに勝手に登録された!すぐできる対策は?

Googleマップのスポット情報が勝手に登録されていて、しかも間違っている!という例を見かけます。Googleのスポット情報は誰でも登録できるのが原因です。対策として、スポット情報を管理できる「Googleマイビジネス」にオーナー登録して正確な情報を管理する方法があります。


アパレル業界のオムニチャネル戦略を探る ~人気アパレルブランドの公式アプリを調査

アパレル業界のオムニチャネル戦略を探る ~人気アパレルブランドの公式アプリを調査

スマホやタブレットで欲しい商品を検索し、その場ですぐに購入できる時代になりました。 このようなライフスタイルの変化に伴い、特にアパレル業界のオムニチャネル戦略(ネットや店舗などあらゆるチャネルで顧客との接点をもつ販売戦略のこと)が求められています。アパレル業界はトレンドの移り変わりが激しく、商品をどれだけユーザーの目に触れさせるかが命運を分けることになるからです。 今回は、アパレル業界のオムニチャネル戦略について、いくつかのブランドを例に挙げて傾向とトレンドを分析します。


急上昇ワードに“確定申告 2020”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/1/12~2020/1/18)

急上昇ワードに“確定申告 2020”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/1/12~2020/1/18)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


「Googleマイビジネス」でオーナー確認する方法

「Googleマイビジネス」でオーナー確認する方法

「Googleマイビジネス」のスポットで自分が運営者(オーナー)であることを証明する方法を解説します。多くの場合、スポット情報自体は登録されていて、そのオーナーであることを証明するプロセスになります。


都市型イケアが原宿にオープン、その狙いとは?【2020年トレンド予測】

都市型イケアが原宿にオープン、その狙いとは?【2020年トレンド予測】

今年話題になりそうなトピックを調査・紹介する連載企画「2020年トレンド予測」。今回のテーマは「今春原宿にオープンする都市型イケア」です。今春オープンのIKEA原宿は日本初の都市型店舗。従来店舗との違いを考察し、トレンドを探ります。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら