検索キーワードからニーズを把握する方法を、1年目広告プランナーの坂山華さんが学びます

検索キーワードからニーズを把握する方法を、1年目広告プランナーの坂山華さんが学びます

広告代理店の新人プランナーが競合サイト分析ツール「eMark+」を使いながら、市場・競合調査の考え方と方法を学んでいく「データマーケティング成長記」企画です。第3回目の今回は、検索キーワードを詳細に分析する方法を学びます。坂山華さんが一歩ずつ学んでいく様子を見守りましょう。


検索キーワードの分析を学びます

こんにちは。私、坂山華は広告代理店で働いている社会人1年目の広告プランナーです。プラットフォームの広告運用に携わるかたわら、ご縁があって、本メディア「マナミナ」で記事を書いています。

そんな中、株式会社ヴァリューズの星さんに、競合・市場分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使った市場分析の方法を教えてもらえることになりました。前回は特定のWebサイトを詳細に分析していく手法を、ファッションECの3サイトを例に学びました。

そして今回は検索キーワードを使ったユーザーのニーズ調査について勉強します。その模様を以下、お伝えしていきます。

検索ワード分析はコンテンツマーケティングに役立つ

坂山「前回に引き続き、今回もよろしくお願いいたします! 今回は検索キーワード分析の考え方・方法について教えていただけるということなのですが、そもそもなぜ検索キーワード分析を行うのでしょうか?」

星「今回もよろしくお願いいたします! なぜ検索キーワードを分析するかと言えば、ユーザーがどんなニーズを持ち、どんな情報を欲していたかを探る大きなヒントになるからです。」

星「ネットではユーザーが主体的に情報を検索して探しますよね。マス広告が主流の時代には情報の主体者は企業側と言われていましたが、デジタル時代になった今では、主導権を握っているのはユーザー側だと言えます。」

坂山「なるほど…。」

星「そこでマーケティングの文脈では、ユーザーの興味に基づいたコンテンツを発信し、その中で自社や自社商品のことを知ってもらう、コンテンツマーケティングの考え方が出てきました。」

坂山「コンテンツマーケティング、聞いたことあります!」

星「コンテンツマーケティングを行うためには、ユーザーの意図や背景、行動の文脈を読んで、興味を持ってもらえるようなコンテンツを作らなくてはなりません。そしてそのために、検索キーワード分析が役に立つんです。」

坂山「話がつながってきました。」

星「そこで今回は、ユーザーがどのような検索ワードを使うかを、分析ツール『eMark+』で見てみましょう。そして検索の結果どのようなコンテンツを閲覧したかをチェックすることで、ユーザーの検索意図やニーズを把握することができるはずです。」

実際に特定のキーワードをみてみる

星「では実際に分析を始めていきましょう。対象とする検索キーワードですが、今回は旅行系コンテンツの分析を例に取りましょうか。そこで、eMark+のサイトランキング機能を使い、『旅行・交通』メディアのカテゴリを選択してみます。すると、情報メディアでは4位にランキングしていた『iccoto』が最上位でした。」

eMark+のGeneral Overview機能でサイトのユーザー数ランキングを見ます

星「ではicottoのサイト内で人気のコンテンツは何でしょうか? 前回のサイト分析編でも使用した、コンテンツランキングの機能を使って見てみます。」

icottoのユーザー数によるコンテンツランキング

坂山「『神戸観光』や『名古屋王道観光』といったワードが人気コンテンツのタイトルに含まれていますね!」

星「このように、まずは気になるキーワードを競合のサイトから探してみましょう。今回だと坂山さんも言ってくれたように、『神戸観光』が人気そうですね。そこで次に、『神戸観光』というキーワードでコンテンツを作る場合はどうすればいいか、検索キーワード分析から考えていきましょう。」

坂山「はい!」

星「ではeMark+のメニューに戻り、Keyword Finder機能の『指定キーワードランキング』をクリックします。検索対象欄は『検索キーワード』を選択して、気になるキーワード『神戸 観光』を入力しましょう。複数ワードがある場合は、検索キーワード欄で『神戸』『観光』と単語を分け、結合条件を『AND検索』とします。」

指定キーワードランキングの画面

坂山「入力しました!」

星「そして、条件保存&集計開始ボタンを押すと……」

検索キーワードランキングの一覧

星「そのキーワードを含む検索キーワードランキングが表示されました。例えば『神戸 有馬温泉 観光』とか『神戸 元町 観光』などのワードで検索されているんですね。」

坂山「神戸の観光を検討している人が、有馬温泉や元町に興味を持っていそうなことが分かりますね!」

星「キーワードの組み合わせからも新しい発見があり面白いですね! では次に、右上のラジオボタン『単語分割』を押してみましょう。検索されたキーワードが分割されてランキングされます。」

キーワードの単語分割結果の一覧

星「この画面では、上位に『子連れ』が来ていますね。ニーズを把握するとき、単語ベースで結果が出てくるので分かりやすいと思います。」

坂山「神戸はおしゃれな大人の町というイメージがあり、デートでよく訪れるイメージでしたが、ファミリー層も検討してそうですね…!」

星「このように、検索されているキーワードの一覧を確認したら、次は流入ホストを見てみましょうか。右上のラジオボタンを押すと、『神戸 観光』のキーワードで検索した後に流入しているサイトのランキングを出すことができます。」

流入ホストの一覧

坂山「ユーザーが検索したあとに見るメディアが分かりますね…!」

坂山「サイトのカテゴリに注目すると、メディアが圧倒的に多いことがわかりますね。神戸の魅力的なスポットを探すために情報メディアを活用するユーザー像が浮かび上がってくると思います。」

流入LPからニーズを把握

星「では次にいよいよ、実際にどんなコンテンツが閲覧されているのかを見ていきますね。右上の『流入LP』のラジオボタンを押してみてください。」

流入LPの一覧

坂山「コンテンツ一覧が出てきました!」

星「おそらくコンテンツ企画の際にはここが一番重要になってくると思います。どんなページタイトルにすれば人々の興味を惹きつけられるのか、参考になりますよ。」

坂山「1位のコンテンツのタイトルには『【2019年】〜』という表現がありますね。確かに自分がネットで情報を探すときは、『2019年最新』など、いつの情報なのかぱっと見てわかるとクリックしてしまうなと思いました。」

星「あとは『TOP10』や『5時間で満喫』など、具体的な数字をタイトルに入れるのも良さそうですね。」

坂山「これらの上位サイトを参考にすれば、消費者のニーズを捉えたコンテンツを制作することができそうです!」

星「そうですね。さらに、どんなユーザーがコンテンツを閲覧しているのかを確かめるために、ユーザーのデモグラ属性を簡単に見ることができます。画面左上の『ユーザー属性』のところをクリックしてみましょう。」

「神戸 観光」検索者の男女比

星「これがユーザー属性の男女比のグラフです。性別のほかにも年代や地域、職業など、ユーザーを詳細に知ることができます。」

坂山「ネットで神戸観光を検索しているユーザーの男女比は同じくらいなんですね。」

星「また『月別詳細』をクリックすると、次の画面のように検索者数の月別詳細を見ることがもできます。」

「神戸 観光」の検索者数推移

坂山「ユーザー数の推移からは、7月にぐっとユーザー数が増えていて、夏休みに向けて旅行のスケジュールを立てる人が多いことを推測できますね。」

星「時期に合わせてコンテンツを作るのも重要だと思います。さて、今回はここまでです。『神戸観光』を例に取り上げましたが、他の関連するワードについても繰り返して見ていくことが重要ですね。そして閲覧されたコンテンツからユーザーのニーズを推測できれば、ヒットするコンテンツづくりへの道筋が見えてくると思います。」

坂山「とても勉強になりました! 私の業務だと、例えばSNSの広告配信のセグメント設計や、クリエイティブの言葉選びなどにも参考にできると思いました。改めて、今日はありがとうございました!」


分析概要

全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、「神戸観光」検索者のユーザー数とユーザー属性を調査しました。

※対象期間:2019年1月~2019年12月
※ユーザー数:該当サイトを訪れたUnique User数
※ユーザー数やセッション数はヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

前回の坂山華のデータマーケティング成長記はこちら

1年目の新人広告プランナー、市場・競合調査を学ぶ

https://manamina.valuesccg.com/articles/598

広告代理店の新卒プランナーが、市場分析ツール「eMark+」を使いながら、市場・競合調査の考え方と方法を学んでいく企画がスタートしました。今回は世の中のサイトのユーザー数を概観し、比較する方法を「General Overview」という機能を使って学んでいきます。

Webサイト分析ってどうやるの? 1年目の広告プランナー・坂山華がファッションECサイトを分析します

https://manamina.valuesccg.com/articles/603

広告代理店の新人プランナーが競合サイト分析ツール「eMark+」を使いながら、市場・競合調査の考え方と方法を学んでいく「データマーケティング成長記」企画です。第2回となる今回は、特定サイトを分析する際に必要な視点を学び、実際にファッションEC主要3サイトの調査を行います。坂山華さんが一歩ずつ学んでいく様子を見守りましょう。

eMark+が気になる方はこちらからどうぞ



eMark+ 無料で競合調査ができる! 無料登録はこちら


この記事のライター

広告代理店の1年目です。日々の業務内外でのキャッチアップを通じて、皆様のお役にたてればとおもっております。いつか頭の中にあるものを表現することを仕事にするため邁進中です。

関連する投稿


急上昇ワードに“梅雨明け”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/7/26~2020/8/1)

急上昇ワードに“梅雨明け”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/7/26~2020/8/1)

2020年7月26日~8月1日週の検索急上昇ワードでは、8月1日に気象庁から発表された東海と関東甲信の「梅雨明け」に注目が集まったようです。梅雨明けの発表は、いずれの地域も去年より8日遅く、待ち遠しく感じていた人も多いのではないでしょうか。全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


三越伊勢丹やメルカリからオウンドメディアの集客方法を学ぶ。ステイホーム需要をすくい取ったヒットコンテンツとは

三越伊勢丹やメルカリからオウンドメディアの集客方法を学ぶ。ステイホーム需要をすくい取ったヒットコンテンツとは

本稿では、新型コロナに大きく影響されたこの期間に、訪問者数が伸びたオウンドメディアを調査。動きが顕著だった4メディア「FOODIE(三越伊勢丹)」「メルカリマガジン(メルカリ)」「Hayakawa Books & Magazines(β)(早川書房) 」「SMART MAGAZINE(ジェイトリップ)」のヒットの背景を分析します。


急上昇ワードに“半沢直樹”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/7/19~2020/7/25)

急上昇ワードに“半沢直樹”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/7/19~2020/7/25)

2020年7月19日~7月25日週の検索急上昇ワードでは、俳優の堺雅人が主演を務め、初回、第2回と視聴率も好調なTBS日曜劇場「半沢直樹」に注目。全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


急上昇ワードに“GOTOトラベル”“ドラクエタクト”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/7/12~2020/7/18)

急上昇ワードに“GOTOトラベル”“ドラクエタクト”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/7/12~2020/7/18)

2020年7月12日~7月18日週の検索急上昇ワードでは、東京都がキャンペーンの対象から除外されることになりニュースでも多く報道された「GOTOトラベル」、7月16日にスクウェア・エニックスからリリースされた人気タイトル『ドラゴンクエスト』シリーズの最新作アプリ「ドラクエタクト」に注目。全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


コロナ影響によりBtoCリユース業界に追い風?「巣ごもり消費ならぬ『巣ごもり買取』の実態」レポート

コロナ影響によりBtoCリユース業界に追い風?「巣ごもり消費ならぬ『巣ごもり買取』の実態」レポート

新型コロナウイルスの感染拡大により自宅時間が増え、不用品の整理や処分を行う「断捨離」の動きが活発化しました。中でも自宅にいながら買い取りを依頼できる「出張買取」や「宅配買取」に人々の関心が集まっているようです。需要の高まる『巣ごもり買取』について、eMark+を用いて調査してみました。(ページ数|8p)


最新の投稿


待ちわびたライブスポーツ再開でDAZNやスポナビのMAUが急上昇…!ロイホやポケモンのアプリも【急上昇アプリ調査・20年6月】

待ちわびたライブスポーツ再開でDAZNやスポナビのMAUが急上昇…!ロイホやポケモンのアプリも【急上昇アプリ調査・20年6月】

2020年6月にアクティブユーザー数を伸ばしたアプリは? 市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなアプリを使っているのか、主にユーザー数の推移といった切り口から調べることができます。今回はeMark+を使ってアクティブユーザー数の前月比が急上昇したアプリをチェック。6月のトレンドを調査しました。


急上昇ワードに“梅雨明け”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/7/26~2020/8/1)

急上昇ワードに“梅雨明け”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/7/26~2020/8/1)

2020年7月26日~8月1日週の検索急上昇ワードでは、8月1日に気象庁から発表された東海と関東甲信の「梅雨明け」に注目が集まったようです。梅雨明けの発表は、いずれの地域も去年より8日遅く、待ち遠しく感じていた人も多いのではないでしょうか。全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


「タッチポイント」を明確にしてカスタマージャーニーマップの精度を上げる方法

「タッチポイント」を明確にしてカスタマージャーニーマップの精度を上げる方法

顧客の購買行動を「旅」にたとえるカスタマージャーニーと、それを図式化したカスタマージャーニーマップ。カスタマージャーニーでは「認知・注意」「興味・関心」などの購買ステージごとに顧客とのタッチポイント(顧客接点)と、その際の顧客の行動や感情・思考を洗い出し、そのタッチポイントにおける課題と改善施策を検討します。


マイナポイントの予約がスタート。ユーザーはどう動いている?検索ワードとアプリダウンロード数から調査

マイナポイントの予約がスタート。ユーザーはどう動いている?検索ワードとアプリダウンロード数から調査

2020年9月から「マイナポイント」が開始されます。この申し込みが7月1日始まったことで、マイナポイントの仕組みや予約・申し込みなどの情報、キャッシュレス決済業者各社への注目が高まり始めています。今回はマイナポイントを取り巻くユーザー動向を、検索キーワードやアプリダウンロードの調査データを使って分析します。


中国におけるアフターコロナのネット利用・購買行動を探る|中国市場セミナーレポート

中国におけるアフターコロナのネット利用・購買行動を探る|中国市場セミナーレポート

日本国内では、依然として感染拡大の収束が見えない新型コロナウイルス。第3波が懸念されている中国では一定の収束が見られるものの、局地的に感染が発生したケースもあるようです。生活様式の変化だけでなく、経済活動にまで甚大な影響をもたらし続けている今、中国市場でもどのような変化があったのでしょうか。今回はロックダウン前後の中国人のネット利用や購買行動などの変化に焦点を当て、株式会社ヴァリューズがアンケート調査にもとづき開催したオンラインセミナーをレポートします。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら