競合調査とは?比較・分析してライバルと差別化しよう

競合調査とは?比較・分析してライバルと差別化しよう

マーケティングでは競合他社との比較を行った「競合調査」を元に、市場における自社の強み・弱みや他社の戦略を把握し、対策となる差別化戦略を立てるのに活用します。 この記事では競合調査の目的と進め方、3C分析・4P分析・SWOT分析など分析の方法論などの基本をご紹介します。


競合調査の目的と効果

「競合調査」という用語自体は有名ですが、目的と効果をおさらいしましょう。

競合調査では競合との比較項目を作りデータを集め分析するステップを踏みますが、目的によって調査の範囲や分析方法が変わってきます。

競合調査の目的は、競合他社の特徴や戦略、強みと弱みを把握することで自社の差別化戦略の決定に活かすことです。

競合と同じ商品・サービスを展開していたら、価格でしか差別化できません。競合調査にもとづいて意図的に他社との差別化ポイントを作ることで、効率的なマーケティングが可能です。

競合調査でライバルに勝つ!Webサイト分析ツール10選

https://manamina.valuesccg.com/articles/94

自社サイトのSEO対策のために、競合サイトをツールで分析する手法が一般的になりつつあります。Googleの検索ロジックは複雑化しているので、今検索上位になっているサイトをベンチマークにして差分を埋めていく「競合調査」が有効になってきました。複数のツールで競合調査すれば流入キーワードや被リンク、ドメインの強さなど競合サイトのかなりのことがわかります。

競合調査と市場調査の違い

市場調査の一環で競合調査を行うこともありますが、競合調査と市場調査は別々の用語です。

市場調査では顧客の動向や市場のニーズを探るのが目的です。調査方法としてはアンケートや電話、インタビュー、行動ログ調査などが用いられます。

顧客動向に基づき既存商品の改善に活かしたり、市場のニーズにもとづいた商品・サービス開発を行うなどの活用が考えられます。

市場調査とは?主な調査法や注意点を解説!

https://manamina.valuesccg.com/articles/511

商品やサービスを販売するのに、市場需要があるのかを調べておくのは非常に重要です。消費者の動向を調査するための、市場調査が大きな鍵を握ります。この記事では、市場調査とはどのようなものなのか、また市場調査をする方法を解説していきます。

競合調査の進め方

本格的な競合調査では次のようなステップを踏みます。やみくもにデータを集めると目的がわからなくなったりしがちですので、計画的に競合調査を進めましょう。

1.比較対象となる競合の洗い出し

コカ・コーラとペプシのような直接競合している関係はもちろん、「東京〜大阪を移動する」というニーズに対しては、鉄道と飛行機のようなビジネスモデルレベルの競合を入れたほうが良い場合もあります。

2.比較項目の洗い出し

集客、商品・サービスの機能、顧客対応などのカテゴリーを分解して比較項目を抽出します。

飲食業界であれば営業時間や座席数、出稿広告媒体にブランドイメージなど。通販であればECサイトの品揃えや決済方法、デリバリーの早さや返品ポリシーなど商品・サービスによって比較項目も変わってきます。

3.データ収集

価格や数量など数字で比較できる定量的な項目と、使いやすさなど主観的で定性的な項目があります。

複数社・複数項目比較すると後で振り返りが大変ですので、データの出典を記録しておくと良いでしょう。

4.分析・検討

項目ごとに◯△☓で比較表を作る方法もありますが、3C分析・4P分析、SWOT分析のように定番のフレームワークを使えば漏れなく効率的に分析できます。分析手法については後述します。

5.報告書などのアウトプット

他部署や社内に展開する場合は適宜報告書を作成します。意思決定の参考にする資料ですので、定量的なデータが主体になっていると客観的な分析であることを担保できます。

競合調査の方法論

3C分析

3C分析」は市場を構成する3つの要素Customer・Competitor・Companyの関係性に注目するフレームワークです。

・Customer(市場・顧客)
・Competitor(競合)
・Company(自社)


顧客が自社と競合を比較する、自社が競合と差別化を図る、自社が顧客にサービスを提供する、といったアクションは相互に変化する関係性を持ちます。

3C分析の概要とフレームワークの重要性とは?目的とやり方を解説

https://manamina.valuesccg.com/articles/512

自社製品やサービスの特徴を理解し、マーケティング施策をすることで、順調な販促が可能となります。必要なマーケティング戦略を考えるのに、3C分析という方法があります。3C分析をすることで、ニーズや自社の強みを分析し、効果的な施策に活かすことができるのです。この記事では、3C分析の意味や実際の手順を解説します。

4P分析

4P分析」はどんな商品をいくらでどの市場や流通でどのように売るか、という商品・サービス提供側がアクション可能な要素に対して、自社と他社の現状や差別化要素を分析するフレームワークです。

・Product(製品)
・Price(価格)
・Place(流通)
・Promotion(プロモーション・販売促進)

4P分析とは?マーケティングミックスに活用

https://manamina.valuesccg.com/articles/623

4P分析は企業が販売戦略を決める際に使わるフレームワークでProduct(製品)、Price(価格)、Place(流通)、Promotion(販促)の頭文字を取った用語です。ニーズを満たした製品を、適切な価格で適切な流通で効率よく販促できれば、売上拡大につながります。

SWOT分析

SWOT分析(スウォット分析)」は「内部環境か外部環境か」と「事業にとってプラス要因かマイナス要因か」の2×2軸で4つに分類することで、事業を取り巻く要因を整理するフレームワークです。

・Strengths(強み)
・Weaknesses(弱み)
・Opportunities(機会)
・Threats(脅威)


SWOT分析については以下の記事でもご紹介しています。

競合調査の代表的フレームワーク3種(3C分析・4P分析・SWOT分析)

https://manamina.valuesccg.com/articles/589

市場における自社の強み・弱みや他社の戦略を把握するために行う「競合調査」。ビジネスの競合調査でよく使わているフレームワークが3C分析・4P分析・SWOT分析です。各フレームワークの概要と分析方法、使い分けをご紹介します。

まとめ

新たに市場参入する、あるいは自社商品・サービスのマーケティング戦略を立案するにあたっては、競合調査に基づき自社の強みを活かしたり差別化を強化するなど、客観的なデータに基づいた効率的な意思決定ができるようになります。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


競合調査 3C分析 4P SWOT

関連する投稿


初めてでも分かりやすい!サイト・アプリ分析ツールeMark+の使い方事例まとめ

初めてでも分かりやすい!サイト・アプリ分析ツールeMark+の使い方事例まとめ

マナミナを運営する株式会社ヴァリューズの競合サイト分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」の事例記事をまとめます。eMark+には機能がたくさんあり、利用シーンも企業や担当者によってそれぞれ違います。実際何ができるのか、どんなシーンに使えるのかを一望できるようにしました。本記事をブックマークなどしてお使いください。


今日から始める!Webサイトの競合調査とライバルの見つけ方

今日から始める!Webサイトの競合調査とライバルの見つけ方

オウンドメディアを企画したり、新たに自社サイトのSEO担当になったとき、どこから手を付けたら良いでしょう?メインの流入キーワードを見つけ、そのキーワードの競合となるWebサイトを探し、サイトの規模や更新頻度を自社サイトを比べることで、競合Webサイトに追いつくために必要なコンテンツ量や更新頻度の参考になります。


グローバル広告代理店GroupMが行う、デジタルメディアデータを活用したプロモーションプランニングの方法とは

グローバル広告代理店GroupMが行う、デジタルメディアデータを活用したプロモーションプランニングの方法とは

世界No.1の広告代理店WPPグループのメディア・エージェンシー「グループエム」。数多くのグローバル企業のコミュニケーション戦略と施策を手がける同社は、InstagramやYouTubeといった巨大プラットフォームだけでなく、月数十万UU規模のニッチメディアも含めた緻密なメディアプランニングを行っているといいます。活用しているのは国内主要サイトのユーザー数や属性の分析ができるツール「eMark+(イーマークプラス)」。これらのデジタルメディアデータを使ってどのようにプランニングを行っているのか、グループエムのマネージャー・植村輝(うえむら・ひかる)さんにマナミナ編集部が取材しました。


Webサイト分析ってどうやるの? 1年目の広告プランナー・坂山華がファッションECサイトを分析します

Webサイト分析ってどうやるの? 1年目の広告プランナー・坂山華がファッションECサイトを分析します

広告代理店の新人プランナーが競合サイト分析ツール「eMark+」を使いながら、市場・競合調査の考え方と方法を学んでいく「データマーケティング成長記」企画です。第2回となる今回は、特定サイトを分析する際に必要な視点を学び、実際にファッションEC主要3サイトの調査を行います。坂山華さんが一歩ずつ学んでいく様子を見守りましょう。


ターゲットユーザーがよくみているサイトやコンテンツがわかるTarget Focusとは?|eMark+(イーマークプラス)

ターゲットユーザーがよくみているサイトやコンテンツがわかるTarget Focusとは?|eMark+(イーマークプラス)

サイト分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」のTarget Focusを使うと、ターゲットユーザーがどんなサイトやコンテンツを見ているかチェックできるのをご存知でしょうか?自社サイトの利用ユーザーが、他にどのようなサイトに興味があるのか、商品やサービスの検討過程でどのようなサイトをよく見ているのかを知ることができます。広告出稿などでリーチしやすいメディアを把握したいという担当者の方は必見です!


最新の投稿


「医療?それとも自己処理?」 人に聞きづらい脱毛事情。女性×年代別でみる悩みの中身

「医療?それとも自己処理?」 人に聞きづらい脱毛事情。女性×年代別でみる悩みの中身

人に聞きづらい脱毛事情。露出の増える夏に向け、その関心は高まるのではないでしょうか。今回はネット上での「脱毛」に関する人々の行動を調査し、人々の悩みを明らかにしました。


コロナ影響でネットスーパー4サイトのユーザーが急上昇。1位はコストコ、楽天西友は経済圏内の回遊が強みか

コロナ影響でネットスーパー4サイトのユーザーが急上昇。1位はコストコ、楽天西友は経済圏内の回遊が強みか

新型コロナの影響で外出自粛が叫ばれ、多くの業界が打撃を受ける一方、一部のサービスは需要を伸ばしています。その一つとして今回着目したのが、ネットスーパー。感染予防のために店頭での買い物を控え、ネットスーパーの利用者が増えているのではないかと予想し、eMark+を使ってその実態を調査しました。


外出自粛で需要増のYouTube。ユーザー数を伸ばしたチャンネルは?

外出自粛で需要増のYouTube。ユーザー数を伸ばしたチャンネルは?

コロナによる外出自粛の影響を受け、需要が増加しているYouTube。ユーザー数を伸ばしたチャンネルは?ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「eMark+」を使用し、2020年3月のデータから動画共有サービス「YouTube」について調査・分析しました。


急上昇ワードに“ファクトフルネス”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/5/17~2020/5/23)

急上昇ワードに“ファクトフルネス”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/5/17~2020/5/23)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


巣ごもり消費でホットケーキミックスが爆売れ!炊飯器も大活躍?

巣ごもり消費でホットケーキミックスが爆売れ!炊飯器も大活躍?

新型コロナウイルスの影響で外出自粛が続く中、今、ホットケーキミックスや薄力粉・強力粉など小麦製品の品薄が続いています。マスクや消毒液が店頭から消えるのは理解できるにしても、なぜ、そしていつの間にホットケーキミックスが消えたの…?今回は「eMark+」を使って、”巣ごもりホットケーキミックス消費”の実態を探ります。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら