1年目の新人広告プランナー、市場・競合調査を学ぶ

1年目の新人広告プランナー、市場・競合調査を学ぶ

広告代理店の新卒プランナーが、市場分析ツール「eMark+」を使いながら、市場・競合調査の考え方と方法を学んでいく企画がスタートしました。今回は世の中のサイトのユーザー数を概観し、比較する方法を「General Overview」という機能を使って学んでいきます。


市場調査の方法を教えてもらいに来ました

こんにちは!坂山華と申します。

私は広告代理店で働いている、社会人1年目の広告プランナーです。プラットフォームの広告運用に携わるかたわら、ご縁があって、本メディア「マナミナ」で月に1本リサーチ系の記事を書いています。

ライターを始めた理由は、スキルをつけて自分の世界を広げ、キャリアの選択肢を増やしたいと感じたからです。今かかわっている業務に直接的には関係ありませんが、マーケティングの仕事を続けていくとしたときに、必要になりそうな市場調査を学べると思ったのも理由のひとつです。

そんな中、今回株式会社ヴァリューズの星さんに、競合・市場分析ツール「eMark+」を使った市場分析の方法を教えてもらえることになりました。

実は私は、大学でマーケティングを学んでいたわけでもなく、インターンなどの経験もゼロの状態で、デジタルマーケティング業界に飛び込みました。正真正銘デジタルマーケティング初心者です。

新卒のノートをのぞいているような気分で、この記事を読んでいただけると幸いです。
これからマーケティングを学ぶみなさま、坂山と一緒にeMark+を習得していきましょう!

何のために市場分析を行うのか?

坂山「本日はお時間頂きありがとうございます。よろしくお願いいたします!」

星「よろしくお願いします!ではまず、市場・競合分析は何のために行うのかをお話ししますね」

星 妙佳(ほし・たえか)
(株)ユニクロでECサイトのプロモーションやMDを担当した後、(株)リクルートへ転職し、ECサイトの編集長、データ分析グループのマネジャーを務め、(株)ヴァリューズにて広報・データ分析・プロモーションなど幅広く担当。 2019年7月8日にリサーチとプランニングを切り口としたマーケター向け情報メディア「マナミナ」を立ち上げ、編集長を務める。

星「世の中のマーケターは自社の分析から入るのが一般的です。Google AnalyticsやAdobe Analyticsなど、自社のサイトにタグを埋め込んでアクセス解析をしていくのがデジタルマーケティングの基礎的な分析手法と言えるでしょう。しかしマーケティングをしていく上では、自社の分析だけでは足りません。出来るだけ自社を客観的に見るためには、3C分析が重要になります」

星「3C分析という大きなフレームで考えたときに、市場や顧客の分析のデータ(BtoCの場合は一般の消費者、BtoBだと顧客企業のデータ)が必要になります。これに加えて、マーケターは競合の動向やデータも知りたいと考えています。

 しかし、これは顧客のデータよりも取得が難しいのが現実です。会話ベースで情報を得ることはできても、数字で見ることはなかなかできないのではないでしょうか。そこでeMark+は、そんな顧客と市場についての分析を瞬時に行うことができるツールとして使われています」

競合サイトをざっくりと調査する

星「ではeMark+の中でも一番基本的な機能であるGeneral Overviewの使い方をお伝えしていきますね。まずこれは、ユーザー数のランキングを様々な業界別に簡単にチェックできる機能です。ユーザー数は、株式会社クレディセゾンの協力のもと、PC20万人規模、スマートフォン10万人規模のモニターパネル会員から明確な許諾を得てデータを収集し、推計したもの。ウェブサイトであれば月間ユーザー数とPV数、アプリであればMAU数とインストール数を確認できます」

ここから、実際にeMark+を触りつつ、市場分析の仕方を星さんに教わっていきました。

まず、ログインすると以下の画面が開きます。今回はGeneral Overviewの機能を使うので、左のバーのGeneral Overviewからサイトランキングまたはアプリランキングを選択。

サイトランキングを押すと、次のような画面が開きました。ここで、PCのデータ、スマートフォンのデータ、あるいは両方合わせたデータのいずれからレポートを作成するか選択します。

今回はPCでウェブサイトの月間ユーザー数とPV数を見ていくことにしました。基本的な使い方はアプリのデータを見る際も同じです。

早速「PCのデータから新規レポートを作成」をクリックすると…。

メイン画面が開きました。デフォルトではウェブサイトがユーザー数順に並んでいます。

星「このデータは毎月更新されて先月分から見ることができ、無料会員は過去1年、有料会員は過去2年分まで遡って分析することができます」

星「ここでできる分析は2つ。まずひとつは、前月比や前年同月比の比較です。例えば降順に並び替えて見てみれば、ユーザー数が急上昇しているサイトを確認できます。これをチェックすることで、トレンドや市場動向の発見ができますね

19年8月の前月比別で降順に並べ替えたランキング。1位は「D.U.O」というサイトだった

星「もうひとつは、ウェブサイトを業種別で絞ることです。『カテゴリ/サブカテゴリ』のところにある、『選択する』ボタンを押してみてください。すると、次のような画面が出てきます」

カテゴリ選択の画面が出てきました!

星「ここでカテゴリを選択すると、業種ごとのユーザー数ランキングが表示されます。これを使えば、自社と業種が近いサイトや競合サイトとの比較ができますね

特定サイトのユーザー数の推移を比較してみる

星「以上がGeneral Overviewの基本的な操作説明になります。ここからは実際に市場調査をするときに使えそうな、もう少し細かい部分の説明をしていきますね。まず、サイトは最大5件までの比較が可能です。競合分析の際は、自社のサイトとベンチマークの競合を比較するのが一般的です。例として、今回は2019年8月のユーザー数トップ3を比較していきます」

実際にやってみましょう。まず、比較したいサイトをダブルクリックすると…。

画面下部にこのようなポップアップが出現します。

また、ユーザー数推移を選択すると…。

ユーザー数のグラフが出現しました!

ページビュー数と一人当たりのページビュー数も、1度の操作でみることができました。
期間を選択できることはもちろん、グラフも折れ線・積上げ・縦棒の形式から見やすいものを選べます。

さらに、ユーザー属性をクリックすると、ユーザーの性別・年代・地域・職業・年収などのデータまでみることができるそうです。

坂山「これらの分析から見えていなかった競合がみえてくることもありそうですね!」

星「そうですね!グラフでみることで、数字ではわかりづらい変化や比較が一目でわかるでしょう」

まとめ

今回はGeneral Overviewを使って、3C分析の「Competitor」である競合サイトの調査法を学びました。

坂山が使ってみて思ったのは、何と言っても操作がとても簡単だったということです。複雑なことをしなくても欲しい情報をワンクリックで出すことができ、データ分析初心者にはとても使いやすい。データ分析についての知見がなくとも扱うことができます。

また、これはお伝えしたいと思ったことがあります。業種別のカテゴリはなんと独自に人力も駆使して分けられているそうです。確かにカテゴリ分けが適切かつ細かい。eMark+というツールへの愛情を感じました。

次回は特定サイトのより深い分析を行う考え方と方法を教えてもらう予定です。次もよろしくお願いいたします!

関連する記事

業界別のサイトランキングを無料で作成できる「General Overview」とは

https://manamina.valuesccg.com/articles/486

「eMark+(イーマークプラス)」のGeneral Overviewを使うと、サイトランキングが無料で簡単に作れます。使い方を説明していきましょう。

Webサイト分析ってどうやるの? 1年目の広告プランナー・坂山華がファッションECサイトを分析します

https://manamina.valuesccg.com/articles/603

広告代理店の新人プランナーが競合サイト分析ツール「eMark+」を使いながら、市場・競合調査の考え方と方法を学んでいく「データマーケティング成長記」企画です。第2回となる今回は、特定サイトを分析する際に必要な視点を学び、実際にファッションEC主要3サイトの調査を行います。坂山華さんが一歩ずつ学んでいく様子を見守りましょう。

この記事のライター

広告代理店の1年目です。日々の業務内外でのキャッチアップを通じて、皆様のお役にたてればとおもっております。いつか頭の中にあるものを表現することを仕事にするため邁進中です。

関連する投稿


育児系メディアの業界シェアや特徴を比較調査。あるあるマンガで読者を掴むか、検索から育児アイテムと消費者を繋ぐか

育児系メディアの業界シェアや特徴を比較調査。あるあるマンガで読者を掴むか、検索から育児アイテムと消費者を繋ぐか

昨今は父親の育休取得や新型コロナによるテレワークとの両立など育児スタイルが多様化し、育児向け商品も充実してきています。そこで本稿ではヴァリューズが提供する市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/dockpit/" target="_blank">Dockpit</a>」を使い、育児系メディア業界の勢力図やトレンドを把握。また、子育てを行う読者のニーズやインサイトについてもデータから分析します。食品系や日用品メーカー等での広告出稿先の検討やクリエイティブ立案に役立てみてはいかがでしょうか。


「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2020年9月~2020年10月)

「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2020年9月~2020年10月)

「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、2020年10月のアプリインストール数1位は、総務省が出しているマイナポイントの予約・申込を行うことができるアプリ「マイナポイント」でした。


GoToを活かした「無限くら寿司」でサイト訪問者数が爆増…!映画大ヒット中の鬼滅の刃も【20年10月急上昇サイト】

GoToを活かした「無限くら寿司」でサイト訪問者数が爆増…!映画大ヒット中の鬼滅の刃も【20年10月急上昇サイト】

2020年10月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型の市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はeMark+を使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


SmartHR、Sansan、クラウドサインの3社に学ぶCM×LPのクリエイティブ戦略とは〜BtoB SaaS企業の"withコロナ成長戦略"

SmartHR、Sansan、クラウドサインの3社に学ぶCM×LPのクリエイティブ戦略とは〜BtoB SaaS企業の"withコロナ成長戦略"

年々成長を遂げるSaaS業界において、新型コロナウイルスによる在宅勤務需要の伸びが大きく追い風となっているBtoBのSaaSサービス。今回は、BtoB SaaSの3サービスが、コロナ禍でどのようなマーケティング戦略をとっているのか、テレビCMとランディングページのクリエイティブを分析していきます。


動画配信市場を牽引する「YouTube」のユーザーってどんな人?

動画配信市場を牽引する「YouTube」のユーザーってどんな人?

年々拡大しつつある動画配信市場ですが、2024年には3,440億円(※)まで市場規模が成長すると言われています。特に2020年は新型コロナウイルスの影響で生活におけるニューノーマル化も進み、外出を控え自宅で過ごす人が増加し動画配信市場にとっては追い風となっているはずです。また、これまでは若年層を中心に人気を博していた「YouTube」も、この数年で幅広い世代にも受け入れられるようになったのではないでしょうか。今回は動画配信サービスの中でも特に利用者の多い「YouTube」について調査・分析しました。<br> <small>※一般財団法人デジタルコンテンツ協会(DCAJ)の『動画配信市場調査レポート2020』より</small>


最新の投稿


オンラインとオフラインの垣根をなくすマーケティング施策「OMO」とは?

オンラインとオフラインの垣根をなくすマーケティング施策「OMO」とは?

昨今、OMO(Online Merges with Offline)という、オンライン、オフラインの境界を意識せずに顧客の購買意欲を創出するマーケティング施策が広まっています。オンラインとオフラインの垣根をなくすOMOとは何か、解説します。


Tableauとは一体どんなツール? BI初学者がTableauを1から学びます!【第1回】

Tableauとは一体どんなツール? BI初学者がTableauを1から学びます!【第1回】

来年から株式会社ヴァリューズに入社予定の船田くんがTableauを1から学んでいきます。講師はTableauの公式パートナーである株式会社ヴァリューズで、セミナーも行っている若林さん。初回はそもそもTableauとは何か、BIツールとは何かについて学び、Tableauを実際に利用するイメージを掴みます。Tableauを使って、社内データの活用などを考えている方、ぜひ一緒に勉強していきましょう。


コロナ禍で急成長の越境ECマーケティングの成功ポイントを専門家3社が徹底解説!|セミナーレポート

コロナ禍で急成長の越境ECマーケティングの成功ポイントを専門家3社が徹底解説!|セミナーレポート

新型コロナ感染拡大によりインバウンド市場が激減した一方、越境EC市場は大きく成長。以前から寄せられていた期待が、コロナを機に一層高まりつつあります。一方、経済社会の劇的な変動に伴い消費者の価値観やニーズが変化し、越境EC市場においてもウィズコロナ戦略が求められています。ヴァリューズでは、コロナ禍で存在感を高める越境EC市場に着目し、株式会社ACD、株式会社サイバー・コミュニケーションズの2社と共にオンラインセミナー『これから始める中国・越境EC ~重要ポイントを徹底解説~』を開催。越境ECにおけるプロモーション戦略を解説しました。本稿では、そのレポートをお届けします。


急上昇ワードに“ブラックフライデー 2020”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/11/15~2020/11/21)

急上昇ワードに“ブラックフライデー 2020”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/11/15~2020/11/21)

2020年11月15日~11月21日週の検索急上昇ワードでは、「ブラックフライデー 2020」に注目。アメリカ発の商習慣である「ブラックフライデー」は11月第4金曜日で、2020年は11月27日。通販サイトや実店舗などで大幅な値引きセールが行われ、一足早くセールを開始したサイトや店舗もあることから、検索が急増したものと考えられます。「全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


今や通年の関心事に?『紫外線対策に関する調査』レポート

今や通年の関心事に?『紫外線対策に関する調査』レポート

コロナ禍で「マスク焼け」など新たな悩みも浮上し、紫外線対策やUVケアは今や通年の関心事になってきました。また、紫外線対策方法も、日焼け止めや日傘、帽子、最近では飲む日焼け止めなどもドラッグストアで見かけるようになり、多岐にわたっています。実際に、女性はどのような時に紫外線対策をするのでしょうか。今回は、全国の20歳以上の女性に紫外線対策に関するアンケートを配信し、さらにWeb行動ログデータを用いてオンラインの情報も加え、紫外線対策の意識別に詳しく分析しました。(ページ数|28p)


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング