新型コロナに対するAmazonプライム、Hulu、Netflixのコンテンツ無料施策でアプリユーザー数はどう変わったか

新型コロナに対するAmazonプライム、Hulu、Netflixのコンテンツ無料施策でアプリユーザー数はどう変わったか

新型コロナウイルスへの危機感に伴い、3月から学校が休校になり、生徒たちが自宅待機になりました。そんな中、コンテンツを一部無料公開などしていた動画サービス各社。実際にどのように利用されていたのか、Web行動ログによる市場分析ツール「eMark+」で調べてみました。


動画配信サービスにコンテンツ無料提供の動き

新型コロナウイルスへの危機感に伴い、3月から学校が休校になり、生徒たちが自宅待機になりました。そして4月に入り、全国に自粛要請が出されました。

そんな中、自宅待機支援として動画サービス各社はコンテンツを一部無料公開しています。そこで大手3サービスのAmazonプライムビデオ、hulu、Netflixに注目し、実際にどれくらい利用されていたのか市場分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」で調べてみました。

まずはAmazonプライム、Hulu、Netflixの3サービスが自宅待機支援のためにそれぞれどのような取り組みを行っているのか確認していきましょう。

Amazonプライム

Amazonの動画配信サービス「Amazonプライムビデオ」では、期間限定で「キッズ向けコンテンツ」を無料公開しています。2020年4月23日現在、終了時期は未定とされています。

hulu

huluは3月6日から3月31日までの間、100以上の番組を無料公開していました(参考:https://japanese.engadget.com/jp-2020-03-06-hulu-100-3-31.html)。

また、在宅支援と銘打ち、2020年4月8日からは5月10日まではより多くのコンテンツを無料配信しています。アニメ、キッズ、知育番組など学校閉鎖中の児童向けと思われるコンテンツや、一般向けの料理番組やエクササイズなど、2500以上のコンテンツが対象となっています。

Netflix

Netflixも上記2社と同様、教育系コンテンツを10点無料公開しています。しかし、自社のプラットフォームではなくYouTubeの公式チャンネル上での公開としたところが異なっています。
(参考:https://techable.jp/archives/122088

動画配信3サービスの過去2年のアプリユーザー数は

各社の自宅待機支援の取り組みを確認したところで、Amazonプライムビデオ、hulu、Netflixの3サービスのアプリユーザー数の過去2年間の推移を調べてみましょう。

過去2年間の比較の結果、3社とも2020年3月にユーザー数が最大となっています。また、3社とも2020年1月から2月にかけてはユーザー数が減少しているため、自宅待機支援の取り組みの影響があったと言えるのではないでしょうか。

また、この3サービスで比較すると、huluとNetflixのアプリユーザー数が拮抗しているのに対し、Amazonプライムビデオの利用者数が他の2サービスよりもおよそ4、5倍と、頭ひとつ抜けて多いことがわかります。

Amazonプライムは子供あり層、Huluは女性が増加

次にユーザー属性に基づいて前月(2020年2月)と比較した際の各サービスの特色を見ていきましょう。

Amazonプライムビデオ

教育コンテンツを解放したAmazonプライムビデオについて、注目すべきユーザー属性はあるか確認していきましょう。

Amazonプライムビデオのアプリユーザー数の子供の有無による推移の比較(2020年2月〜3月)
対象デバイス:PC&スマートフォン

Amazonプライムビデオの子供の有無によるユーザー数を2020年2月と3月で比較すると、子供ありのユーザー数(グラフの赤線)の方が増えていることがわかります。教育系コンテンツが解放されたことで、子供のいる家庭においてより多くユーザーが増えたと考えられるのではないでしょうか。

Amazonプライム・ビデオの独走ぶりが明らかに~急速に浸透する動画サブスクの最新事情(1) | [マナミナ]まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン

https://manamina.valuesccg.com/articles/686

音楽、自転車、車、家具やテレビにブランドバッグ、居酒屋やコーヒー、ラーメンまで、あっという間に生活へ入り込んだサブスクリプション(サブスク)モデル。なかでもサブスクの先駆者といっていい動画アプリのユーザーは、右肩上がりで増加中です。コンテンツ視聴がお茶の間のテレビからパーソナルでモバイル対応のスマホやタブレットへシフトするなか、動画サブスク市場はどう変化しているのでしょう。市場調査ツール「eMark+」のユーザーログから探ります。

hulu

次にhuluについてユーザー属性による比較をしてみましょう。

教育コンテンツにしぼって無料化に踏み切ったAmazonプライムビデオでは子供の有無が影響していましたが、huluではどうでしょうか。

2020年2月から3月にかけてのhuluのアプリユーザー数の子供の有無による推移の比較
対象デバイスはスマートフォン

上のグラフの通り、子供の有無による差は大きくないようです。huluでは教育コンテンツではなく、日本テレビ系列のドラマを無料化しています。コンテンツの性質の違いによる差と言えそうです。

一方huluにおいては、性別によってユーザー増加数に違いが表れていました。

2020年2月から3月にかけてのhuluのアプリユーザー数の性別による推移の比較
対象デバイスはスマートフォン

上のグラフのように、男性ユーザーが13万人ほどしか増えていないのに対し、女性ユーザーは42万人ほど増えています

考えられる主な原因として、
1.公開されたコンテンツが特に女性からの支持を集めた
2.家で過ごす時間の長い専業主婦の母数が多い
などが想定されます。

ただ、eMark+でさらに調べていくと、以下のグラフのように既婚か未婚かはユーザー増加数にほとんど関わりがなかったことがわかりました。したがって、専業主婦あるいは専業主夫の数はあまり重要ではないようです。

2020年2月から3月にかけてのhuluのアプリユーザー数の未既婚による推移の比較
対象デバイスはスマートフォン

最後にNetflixに関しては、特にユーザー属性による増加数の差が認められませんでした。

Netflixのユーザー増加数は他の2社と異なり、大きく跳ねあがっているわけではありません。無料でコンテンツを公開していますが、YouTubeという別のプラットフォーム上においてであり、アプリのユーザー数が通常よりも大きく増える要因はないと思われます。したがって、ユーザー属性による差も大きくは出ていないのだと言えるでしょう。

まとめ

本記事では動画配信3サービスのコンテンツ無料公開施策の効果をアプリユーザー数から検討しました。各サービスの今後の展望をまとめます。

Amazonプライムビデオは引き続き子供向けの教育コンテンツを公開しています。今月2020年4月以降もユーザー数は増えていくのではないでしょうか。

huluにおいては2020年4月8日から原則的に5月10日まで、無料公開コンテンツを拡充し、2500点以上の作品が視聴できるようになっています。これらはアニメ、教育などの子供向けのコンテンツだけでなく、料理番組やエクササイズ番組など自宅待機者の間で一般的に重宝される内容をフィーチャーした番組も含んでいます。今後はより多くのユーザーを取り込み、ユーザー数は上がっていくかもしれません。

Netflixに関しては、現状では特にユーザー数増加に直接関わる取り組みはなされていません。ただし、Youtube上に無料公開したコンテンツで質の良さをアピールすることができれば、そこから興味をもったユーザーが利用を開始するということは考え得ます。また、Netflixに限らず、今回のように社会のために奉仕する姿勢を見せることは、CSRの観点からも重要です。ユーザーの社会貢献に対する意識が向上している中、長い目で見てもユーザー数獲得に結び付くでしょう。

本記事の調査は、ヴァリューズのインターネット行動ログ分析ツール「eMark+」を用いて調査を行いましたが、2020年10月に新ツール「Dockpit(ドックピット)」がリリースされました。本記事では示さなかった各アプリの年齢・年収別といったデモグラ属性も、Dockpitに登録すれば無料で確認することができます。まだ登録されていない方は、この機会にぜひ確かめてみてはいかがでしょうか。

dockpit 無料版の登録はこちら
調査概要

ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「eMark+」を使用し、2018年4月〜2020年3月のネット行動ログデータを分析しました。
※ユーザー数はヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

関連記事

外出自粛で需要増のYouTube。ユーザー数を伸ばしたチャンネルは?

https://manamina.valuesccg.com/articles/866

コロナによる外出自粛の影響を受け、需要が増加しているYouTube。ユーザー数を伸ばしたチャンネルは?ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「eMark+」を使用し、2020年3月のデータから動画共有サービス「YouTube」について調査・分析しました。

サブスクリプションとは?ビジネスモデルや具体的なサービス事例をわかりやすく解説

https://manamina.valuesccg.com/articles/732

最近、よく耳にするようになった「サブスクリプション」方式。定期購読に代表される定額で一定期間利用できるサービスです。この記事ではサブスクリプションの定義や、具体的なサービスの事例を紹介していきます。

​​

メールマガジン登録

最新調査やマーケティングに役立つ
トレンド情報をお届けします

この記事のライター

ウィーン大学への留学を経て京都大学文学部卒業。
外資系大手ITコンサルティング会社に勤務後、フリーランスライターに転向。

関連する投稿


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「猫ミーム」は共感性がバズりの鍵?新興SNS「Bluesky」も(2024年2月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「猫ミーム」は共感性がバズりの鍵?新興SNS「Bluesky」も(2024年2月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第16弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「猫ミーム」「Bluesky」「LYPプレミアム」の3テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。Z世代のSNSの使い方、猫ミームがバズった背景、LYPプレミアムの魅力とZ世代のサブスクの使い方など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


低価格ジムとして急成長したchocoZAPを早期に検索していたアーリーアダプターの特徴とは?

低価格ジムとして急成長したchocoZAPを早期に検索していたアーリーアダプターの特徴とは?

「コンビニジム」という呼び名としても知られるchocoZAPは、RIZAPが展開する24時間経営のジムです。2022年7月にサービスを開始してから、低価格かつ全国どこでも利用できることに加え、脱毛器やエステがセルフで利用できたり、入会で便利な機器がもらえたりと、多様なサービスによって多くの人の支持を集めています。急成長を続けるchocoZAPですが、サービス開始当初にはどのような人が興味を持っていたのでしょうか。chocoZAPというワードを早期に検索していた人を対象に、ユーザー属性を調査していきます。


The number of next-gen social media “Bluesky” users is rapidly growing. Is it the newest trend among Gen Z?

The number of next-gen social media “Bluesky” users is rapidly growing. Is it the newest trend among Gen Z?

When X’s (formerly Twitter) specs changes, Bluesky was seen as a potentional alternative to X, but it struggled to gain traction. However, after removing its invite-only system on February 7, 2024, user numbers surged as anyone was now allowed to make an account. We'll examine user demographics and usage of Bluesky.


次世代SNS「Bluesky」のユーザーが急増中?Z世代の新たなトレンドになるか

次世代SNS「Bluesky」のユーザーが急増中?Z世代の新たなトレンドになるか

「Bluesky」は、X(旧Twitter)からの乗り換え候補として注目を集めたSNSです。リリース当初やXの仕様変更の際には話題になったものの、Xを代替するほどの規模にはなっていませんでした。そんな「Bluesky」ですが、2024年2月7日、ユーザー獲得のネックになっていた招待制が廃止され、誰でもアカウント登録が可能になったことで、ユーザー数が急増しています。そこで今回は、「Bluesky」の特徴や利用状況について調査し、今後の動向を占っていきます。


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第15弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「バレンタイン」「大学受験」の2テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。 お菓子の手作り・購入のみならず、推し活やファッションにも広がるバレンタイン市場の様子や、大学受験にまつわるマーケティング・消費行動など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


最新の投稿


Is the "car camping" trend over? Investigating changes in demand and user persona based on search words

Is the "car camping" trend over? Investigating changes in demand and user persona based on search words

Car camping became popular in recent years for travel and as an outdoor activity done while social distancing. After the pandemic, its popularity is said to have subsided, but how has the demand changed? We look at changes in demand based on the searches and the user persona of people searching and their interests.


博報堂DYホールディングス、メタバース生活者定点調査2023を実施

博報堂DYホールディングス、メタバース生活者定点調査2023を実施

株式会社博報堂DYホールディングスは、全国15~69歳の生活者を対象に、メタバースに関する現状の生活者意識や動向を把握することを目的とした「メタバース生活者定点調査2023」を実施し、結果を公開しました。


ログリー、成果保証型インフルエンサーマーケティング支援サービス「バズリスタ」を提供開始

ログリー、成果保証型インフルエンサーマーケティング支援サービス「バズリスタ」を提供開始

ログリー株式会社は、2024年4月8日(月)に成果保証型インフルエンサーマーケティングを支援するサービス「バズリスタ(BUZZRISTA)」を正式リリースしたことを発表しました。


AI画像生成を無料で使えるサイト5選!目的の画像を生成するコツやビジネス活用時の注意点を解説

AI画像生成を無料で使えるサイト5選!目的の画像を生成するコツやビジネス活用時の注意点を解説

2023年より注目を浴び始めた生成AI。ChatGPTやMidjourneyによる生成AI技術が話題となりました。 なかでも近年技術が飛躍的に伸びているのがAI画像生成です。AI画像生成は日常の話題になるようなバラエティに富んだ画像を作成できるだけでなく、営業資料やPR動画の素材といったビジネスの面で役に立つ生成も可能になりつつあります。 実際に営業資料や提案資料に生成AIを活用している企業もあり、AI画像生成を駆使することでノンコア業務の削減できたり、魅力的な資料を一瞬で作ることもできます。 そこで本記事では、AI画像生成を無料でつくれるサイト5選や、目的の画像を一発で抽出するコツ、利用時の注意点について解説します。


ショート動画を「ほぼ毎日見ている」割合は、若い年代ほど高い傾向【LINEリサーチ調査】

ショート動画を「ほぼ毎日見ている」割合は、若い年代ほど高い傾向【LINEリサーチ調査】

LINEリサーチは、10~60代の男女を対象に、ふだんショート動画(YouTubeのshorts(ショート)やTikTokなど、1分程度の縦型の動画)をどのくらい見ているか、見ている理由について調査を実施し、結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

ページトップへ