通販のトレンドキーワードからヒット商品の兆しを探る。Google Pixel 4aやアディダスマスク、思考の整理学などがスコア上位に

通販のトレンドキーワードからヒット商品の兆しを探る。Google Pixel 4aやアディダスマスク、思考の整理学などがスコア上位に

2020年8月に検索回数が急上昇したキーワードをまとめ、世間の関心ごとからヒットしている・注目を浴びている商品について、最新トレンドを分析します。この夏に多数の人が関心を寄せた商品について、消費者のインサイトを探っていきましょう。


2020年8月の急上昇キーワードランキングTOP50

この夏、皆さんが関心を寄せていたトピックスは何でしょうか。本記事では、2020年8月に検索回数が急上昇した検索キーワードから、今後ヒットしそうな商品の最新トレンドを分析していきます。

市場分析ツール「Dockpit」を用い、大手ECモールなど総合通販サイトへの検索流入データを抽出し、今夏に注目を集めた商品やキーワードについて、その背景にあるユーザー像や動機について探っていきましょう。

それではまず、2020年8月に急上昇した検索キーワードのランキングTOP50を見てみます。

※Dockpitの「トレンド分析>キーワードトレンド」でサイトカテゴリを「総合 通販」に絞り、2020年8月に前月比で検索数が上昇したキーワードTop50を集計

ランキング全体を通して目立つのは「イソジン」「うがい薬」「マスク」といった、新型コロナウイルスの感染予防に関連するキーワードです。

長期化している感染拡大下において、予防に対する取り組みも多様化してきており、非常に世相を反映しているランキングとなっていると言えるでしょう。 特に、「イソジンうがい薬」は大阪府の吉村知事による発言の影響によって、関心が伸びていたようです。

また、8月末は安倍晋三 元首相の辞意が報道されたタイミングでもあり、元総理への興味関心と、辞任理由である「潰瘍性大腸炎」という病気についても検索する人が増えたようです。

その他にも、佐々木希さん・石田純一さんといったワイドショー等で報道の多かった人物も急上昇ランクの上位に食い込んでいます。サブカルチャーでは、金曜ロードSHOW!で放送された「コクリコ坂から」や、原作担当者の逮捕で話題となった漫画「アクタージュ」が上位に位置する結果となりました。

このように、世間の様々な関心ごとが検索ワードにも反映された8月でした。それでは、ランキングに登場にした急上昇キーワードについて、特に商品・製品に関する需要やそのインサイトを探ってみましょう。

8月に最も関心を集めた製品は「Google Pixel 4a」

8月に急上昇した商品キーワードの中で断トツの上昇率だったのは、Googleのスマートフォン端末である「Pixel 4a」です。Google Pixel 4aは8月20日より販売が開始されており、 昨年発売された同社の「Pixel 4」の廉価版モデルです。

2020年9月末現在も、大手ECモールである価格コムの「SIMフリーのスマートフォン 人気・注目ランキング」で1位にランクインしており人気の高さが窺えます。

Pixel 4aへ関心を寄せるユーザー像は、その掛け合わせキーワードの上位を見ることで推察することができます。以下は、 VALUES の提供する分析ツールである「Dockpit」によって、「4a」と掛け合わせて検索されているキーワードを一覧化したデータです。

8月の「4a」掛け合わせキーワード一覧(「Dockpit」画面より)

まず、GoogleやPixelといった製品名に関する単語を除くと、掛け合わせで最も多いキーワードは「5G」という語句です。これは、20年9月末には5G通信に対応した「Pixel 4a(5G)」という新モデルの発売も控えているためです。

日本国内でも今春より、新しい無線通信システムである5Gの提供が一部エリアで開始されています。システムの今後の普及に合わせ、いま5G対応の4aを買うべきか否か、とタイミングに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

続いて特徴的なのは「楽天」「楽天モバイル」という掛け合わせキーワードです。こちらは、4aと楽天の提供する格安スマホサービスとの併用について、関心が高いことを指しています。

そもそも、Pixel 4a自体が廉価版モデルとして販売されているため、ランニングコストも含めて節約を考えているユーザーが多いことの現れではないでしょうか。コロナ禍における「巣ごもり需要」の影響もあり、端末の変更と合わせて通信費の見直しを図るユーザーもいるでしょう。

新型のスマホ購入と合わせて、格安プランやキャリアへの乗り換え検討をしている層が、こういったキーワードでの検索を増加させていると思われます。

「アディダスマスク」や「ネピアマスク」等の通気性の良いマスク需要

急上昇キーワードをさらに見ていくと、「アディダスマスク」「ネピアマスク」といった特定メーカーのマスク需要が高いことも見て取れます。これら双方のマスクに特徴的なのは、スポーツメーカーである「アディダス」と衛生用紙メーカーである「ネピア」が手掛ける、"通気性の良いマスク"であるという点です。

今夏も多くの猛暑日があった中、新型コロナの影響で外出時はマスクを着用せざるを得ない状況下で、息苦しい思いをした方も多かったはず。そんな中、少しでも「呼吸がしやすい」「汗をかきにくい」ようなマスクに対する関心が高まっていたのは至極当然のように感じますね。

これら2つのキーワードの検索ユーザー層をDockpitで見てみると、単なる「マスク」というキーワードよりも、20~30代のユーザーが少なく、40~50代の年配層が多いことがわかります。

8月の「アディダスマスク」「ネピアマスク」「マスク」の検索ユーザー年齢層(「Dockpit」画面より)

年代が高くなるにつれ、夏場の熱中症などへのリスクが高まることもあってか、通気性の良いマスクを求めている方々が多いようです。

また、急上昇キーワードの中には「マスクスペーサー」というあまり聞きなれない語句も登場しています。こちらは、着用しているマスクの中に空間を作る製品で、マスクによる呼吸の息苦しさや顔の表面温度を下げるような効果があるようです。

通気性の良いマスクと同様に、猛暑の中で需要が伸びた商品だったようですね。

書籍「思考の整理学」は刊行から30年を超えるロングセラー

急上昇キーワードには外山 滋比古さん著の「思考の整理学」という書籍もランクインしています。本書籍は1983年の刊行で、累計発行部数が253万部(2020年9月現在)を超えるロングセラーです。

2020年7月末に著者である外山さんが逝去されたことをきっかけに、再度、販売が伸びている様子です。書店「honto」による週間ストア別ランキング(2020年9月13日~9月19日)においても、「経済・ビジネス書」部門にて3位に入賞となっています。

Dockpitで検索ユーザー像を見てみると、「思考の整理学」へ最も関心を寄せているのは40~50代のミドル層、続いて20代の方が多いことがわかります。

8月の「思考の整理学」の検索ユーザー年齢層(「Dockpit」画面より)

「思考の整理学」は自身の考えをまとめる「思考法」の入門書として、"東大・京大で1番読まれた本"と言われている書籍です。

刊行から30年以上を数える書籍であるため、当時、学生だった40代後半~50代の層が、リバイバル的に関心を寄せているケース・傾向もあるのかもしれません。また同時に、時を超えて現役の大学生などが属する20代のユーザーからも注目されている点から、ロングセラー足り得る魅力のある本であることが窺えます。

まとめ

2020年8月の急上昇キーワードについて、調査結果をあらためて振り返りましょう。

やはり、このコロナ禍の世相を反映した「格安のスマホ端末」や「夏マスク」といった需要が高かったことからも、新しい生活様式によって生まれる需要に寄り添う商品に注目が集まる様相であると言えるでしょう。中期的に見て、ヒット商品の背景には「感染予防」や「在宅需要」といったキーワードが動き続ける状況は続いていきそうです。

本調査が、皆さんのマーケティング業務や市場調査などに役立ちますと光栄です。

【調査概要】
・全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報にもとづき分析
・行動ログ分析対象期間:2020年8月の検索流入データ
※ボリュームはヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測
※対象デバイス:PC・スマートフォンの両デバイス

国内主要Webサイトや検索ワードの分析ができるDockpitとは?ツールを詳しく見る

競合も業界もトレンドも簡単分析!「Dockpit」(提供:株式会社ヴァリューズ)

https://www.valuesccg.com/dockpit

消費者のWeb行動ログデータをもとに、市場調査・ユーザー理解を実現します。直感的なダッシュボードで、誰でもカンタンに3C(自社・競合・市場)分析。短時間でデータドリブンなマーケティングを可能にします。(提供:株式会社ヴァリューズ)

この記事のライター

国内大手の採用メディア制作部を経てフリーライターとして独立。現在はWebマーケティング、就職・転職、エンタメ(ゲーム・アニメ・書籍)等の各種メディアにて記事制作を担当。「マナミナ」では一人でも多くの読者に楽しく読んでもらえるマーケティングコンテンツを提供していきます。

関連する投稿


Webで消費者とのコミュニケーションに成功したサイトは…?公式note活用のLINE、ギフトマーケティングも台頭【20年9月急上昇サイト】

Webで消費者とのコミュニケーションに成功したサイトは…?公式note活用のLINE、ギフトマーケティングも台頭【20年9月急上昇サイト】

2020年9月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型の市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はeMark+を使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


ライバル企業も徹底分析!誰でも手軽に始められる『Dockpit(ドックピット)』の競合分析機能まとめ

ライバル企業も徹底分析!誰でも手軽に始められる『Dockpit(ドックピット)』の競合分析機能まとめ

ヴァリューズが開発し2020年10月に正式リリースしたダッシュボード型マーケティングツール『Dockpit(ドックピット)』にはキーワード分析、競合分析、業界分析、トレンド分析の4つの機能が備わっています。今回は「競合分析」に着目し、Webサイトの競合分析の流れから活用方法まで詳しくご紹介します。


急上昇ワードに“鬼滅の刃 映画”“IPHONE12”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/10/11~2020/10/17)

急上昇ワードに“鬼滅の刃 映画”“IPHONE12”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/10/11~2020/10/17)

2020年10月11日~10月17日週の検索急上昇ワードでは、10月16日に公開され初日から観客動員数91万人と大ヒットで注目を集める「鬼滅の刃 映画」や、Appleが10月16日に予約を開始した「iPhone12」などの検索が急増。「全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


「コロナ」検索が「Amazon」「楽天」を抜く!?掛け合わせキーワードや流入先を調査

「コロナ」検索が「Amazon」「楽天」を抜く!?掛け合わせキーワードや流入先を調査

新型コロナウイルスの感染拡大からおよそ半年が経ち、自粛から自衛へと徐々に元の生活を取り戻してきました。とはいえ、直近のデータでは「コロナ」検索ユーザー数が「amazon」「楽天」を抜くなど、まさに今一番の関心事。 今回はユーザーの「コロナ」への興味関心の変化について、インターネット検索による行動パターン分析によって明らかにしていきます。 ※分析にはヴァリューズの新サービスであるDashboard型マーケティングツール『Dockpit』を使用しました。


withコロナで一次産業の救世主に!?話題沸騰中の食べチョクのユーザー像にWebサイト分析から迫る

withコロナで一次産業の救世主に!?話題沸騰中の食べチョクのユーザー像にWebサイト分析から迫る

2020年前半から世界中で感染が拡大している新型コロナウイルスの影響によって、大きな影響を受けている農業や漁業などの一次産業。その生産者達の救世主となり、サービスを急成長させている産直ECサイトの「食べチョク」。そんな急成長を見せる「食べチョク」のユーザーの特徴、サービス成長の背景をヴァリューズの新ツール「Dockpit(ドックピット)」を使用して調べていきます。


最新の投稿


「メディア戦略の骨はチャネル構成」All Aboutが他メディアとの比較分析から新規事業を立ち上げる方法とは

「メディア戦略の骨はチャネル構成」All Aboutが他メディアとの比較分析から新規事業を立ち上げる方法とは

月間2000万人以上の読者を集める国内最大規模の生活総合情報サイト「All About」を中心とし、多様なメディアを運営する株式会社オールアバウト。同社ではWeb行動ログ分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+</a>」を活用し、市場ニーズの分析や新規事業の戦略策定につなげていると言います。メディアビジネス部のジェネラルマネジャー・徳永さんに、All Aboutの戦略設計やデータ活用をお聞きしました。


Webで消費者とのコミュニケーションに成功したサイトは…?公式note活用のLINE、ギフトマーケティングも台頭【20年9月急上昇サイト】

Webで消費者とのコミュニケーションに成功したサイトは…?公式note活用のLINE、ギフトマーケティングも台頭【20年9月急上昇サイト】

2020年9月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型の市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はeMark+を使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


ライバル企業も徹底分析!誰でも手軽に始められる『Dockpit(ドックピット)』の競合分析機能まとめ

ライバル企業も徹底分析!誰でも手軽に始められる『Dockpit(ドックピット)』の競合分析機能まとめ

ヴァリューズが開発し2020年10月に正式リリースしたダッシュボード型マーケティングツール『Dockpit(ドックピット)』にはキーワード分析、競合分析、業界分析、トレンド分析の4つの機能が備わっています。今回は「競合分析」に着目し、Webサイトの競合分析の流れから活用方法まで詳しくご紹介します。


中国でもミニマリストが増加。その理由とは|中国トレンド調査

中国でもミニマリストが増加。その理由とは|中国トレンド調査

「ミニマリスト」とは最小限(ミニマル)の物で暮らす人を意味しますが、アートトレンドの一つとして、必要不可欠な要素も含め全てを剥ぎ取る「ミニマリストデザイン」と呼ばれるものが存在します。禅と簡素さに満ちた日本のデザインやホワイトインテリアが有名な北欧がその代表例として挙げられます。中国でも、日本と北欧からの影響を受け、シンプルなデザインに憧れ、「モノを手放そう」というミニマリスト志向を持つ人が増えてきています。ここでは、衣食住の観点から中国の「ミニマリスト」について考察していきたいと思います。


急上昇ワードに“鬼滅の刃 映画”“IPHONE12”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/10/11~2020/10/17)

急上昇ワードに“鬼滅の刃 映画”“IPHONE12”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/10/11~2020/10/17)

2020年10月11日~10月17日週の検索急上昇ワードでは、10月16日に公開され初日から観客動員数91万人と大ヒットで注目を集める「鬼滅の刃 映画」や、Appleが10月16日に予約を開始した「iPhone12」などの検索が急増。「全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング