今、人々の関心を集めているものとは?日々変化するトレンドを瞬時に把握できる『Dockpit(ドックピット)』のトレンド分析機能まとめ

今、人々の関心を集めているものとは?日々変化するトレンドを瞬時に把握できる『Dockpit(ドックピット)』のトレンド分析機能まとめ

ヴァリューズが開発し2020年10月に正式リリースしたダッシュボード型マーケティングツール『Dockpit(ドックピット)』にはキーワード分析、競合分析、業界分析、トレンド分析の4つの機能が備わっています。今回は「トレンド分析」に着目し、分析の流れから活用方法まで詳しくご紹介します。


トレンド分析機能とは

Dockpitのトレンド分析機能では、急上昇しているサイトやキーワードを業界ごとに分析し、さまざまな軸からトレンドを把握することができます

キーワードトレンド

「6カ月上昇」「前月比上昇」「当月ランキング」の3つの切り口から、検索上昇率の高いキーワードをランキング形式で確認することができます。

サイトトレンド

ユーザー数が急上昇しているサイトについて、キーワードトレンドと同じく「6カ月上昇」「前月比上昇」「当月ランキング」の3つで分析できます。

なお、キーワードトレンド、サイトトレンドともに、左上▼から検索条件を追加することで、ユーザー属性やカテゴリを絞った分析が可能です。

・年月
直近12カ月まで設定可能。

・セグメント
セグメント条件を追加することで、任意のユーザー属性に絞り込んだ分析が可能。
※主なセグメント項目=デバイス、性別、年代、未既婚、子供有無、居住地域、居住都道府県、世帯年収

・サイトカテゴリ
サジェストの中からカテゴリを選択し、業界ごとの分析が可能。
例)宿泊予約、育児メディア

・サイトタグ
キーワードを軸に、カテゴリを横断したり、より詳細なカテゴリでの抽出が可能。文字を入力するとサジェストが表示されます。

また、気になるキーワードやサイトを選択し、ユーザー数やセッション数の推移、ユーザー属性などを詳しく分析することもできます。

その他、集計結果を保存したり、データをダウンロードしたりと嬉しい機能も備わっています。

①保存機能
集計結果をクリップに保存可能。

②ダウンロード機能
グラフ画像の保存や、Excelでのデータ加工が可能。
資料作成の際に役立ちます。

③共有機能
共有用のURLを使用し、簡単に情報共有が可能。

トレンド分析機能の活用方法

それでは、トレンド分析機能を使って実際に最新のトレンドを探ってみましょう。

まずはキーワードトレンドについてです。
サイトカテゴリを「家電 通販」に絞り、2020年9月に前月比で急上昇しているキーワードを集計してみましょう。

1位、2位には「PS5」「プレステ5」のキーワードがランクインし、2020年11月に発売予定のPlayStation5が大きな関心を集めていることがわかりました。9月中旬頃から予約の抽選申し込みが開始されたこともあり、急上昇していると考えられます。その他4位にはワイヤレスのVR機器である「QUEST」もランクインしており、ゲーム関連用品の需要が高まっている様子がうかがえます。

さらに、「PS5」「プレステ5」の検索ユーザーについて詳しく属性を分析すると、男女比では男性の割合が高く、20代~40代がメインユーザーであることがわかりました。

続いて、サイトトレンドをみてみましょう。
サイトカテゴリを「美容 メディア」に絞り、2020年9月までの6カ月で上昇率の高いサイトを表示します。

サントリー健康情報レポートが急上昇しています。健康に気遣ったレシピやさまざまな健康コラムが掲載されており、まさに健康情報が盛りだくさんのサイトです。

ユーザー数推移をみると、2020年8月までは横這いですが、9月にかけて急増していることがわかります。

また、40代~60代の比較的高齢層のユーザーが多く、若年層のユーザーからはあまり閲覧されていないこともわかりました。

スピード勝負のトレンド把握も、Dockpitを使えば手軽に分析可能です。キーワードトレンドから消費者ニーズを把握したり、業界で伸びているサイトを見つけWebメディアとのタイアップ検討材料に活用したりと、さまざまなマーケティング活動に役立ちます。Dockpitには一部無料で使える機能もありますので、少しでも興味を持たれた方は、ぜひお気軽にご登録ください。

Dockpit 無料版の登録方法

Dockpitの無料版は、以下ボタンよりDockpitサービスサイトに進み、TOPページの「無料登録」ボタンからお手続きください。

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


2022年上半期「バズりワード」を発表!北京五輪、大人様ランチ、povo2.0などの検索数が急上昇

2022年上半期「バズりワード」を発表!北京五輪、大人様ランチ、povo2.0などの検索数が急上昇

2022年も既に半分が経過しました。上半期も色々な出来事がありましたが、どのようなコトやモノ、人などが話題になったのでしょうか。検索数が急上昇したワードを振り返り、2022年上半期のトレンドを分析しました。


【事例集】3C分析を具体的に解説!テンプレートよりも簡単なやり方

【事例集】3C分析を具体的に解説!テンプレートよりも簡単なやり方

3C分析とは、市場・顧客、自社、競合の3つの視点から対象を分析し、マーケティング戦略を考える手法の一つです。しかし、「具体的に分析をイメージできない」、「テンプレートで上手く進められない」方もいるかもしれません。 本記事では、3C分析の目的やメリット、具体的な事例集、テンプレートより簡単なやり方を解説します。とくにWebサイトの分析にお困りの方は、最後までお読みください。


【調査リリース】2022夏の旅行トレンド全国調査 ~ 夏の国内旅行予定はコロナ前水準に回復、 旅先に求めるのは“定番の観光スポット”

【調査リリース】2022夏の旅行トレンド全国調査 ~ 夏の国内旅行予定はコロナ前水準に回復、 旅先に求めるのは“定番の観光スポット”

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸、以下「ヴァリューズ」)は、国内の20歳以上の男女7,632人を対象に、今夏の旅行予定に関する消費者アンケート調査を実施しました。またヴァリューズが保有する約250万人の独自消費者パネルを活用したインターネット行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使用して、消費者の旅行動向を分析しました。


仮説のレベルを一段上げる。電通の分析ツール活用法 |「VALUES Marketing Dive」レポート

仮説のレベルを一段上げる。電通の分析ツール活用法 |「VALUES Marketing Dive」レポート

ヴァリューズは、“データを通じて顧客のことを深く考える”、“マーケティングの面白さに熱中する”という意味を込め、マーケティングイベント「VALUES Marketing Dive」を5/26に開催しました。本セミナーの全体テーマは「Update Your Marketing」。これからの時代、生活者には新たな価値観や購買行動が生まれ、マーケティング戦略や施策はさらなるアップデートが求められます。本講演では電通のプランナーをお迎えし、「仮説のレベルを一段上げる Dockpit活用法」と題して、リアルな声をふまえたツール活用法をご紹介いただきました。


The personas of convenience store users from app data

The personas of convenience store users from app data

There are approximately 56,000 convenience stores nationwide in Japan. In this report, we will analyze the personas of app users of the three major convenience stores (7-Eleven, Lawson, and FamilyMart) using the newly added app analysis function of "Dockpit."


最新の投稿


コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年8月版)|ホワイトペーパー

コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年8月版)|ホワイトペーパー

国内外のSEO対策・SNSでの集客法など、コンテンツマーケティングに関する最新情報をまとめてご紹介。検索順位に影響する指標とは?TikTokの今後は?コンテンツマーケター必見のレポートを、毎月お届けします。


競合分析を効果的に活用するためのポジショニングマップの作り方

競合分析を効果的に活用するためのポジショニングマップの作り方

競合分析を経てマーケティング戦略を立案するには、自社が市場のどのポジションを狙うかが大事。「ポジショニングマップ」は、市場のどの分野で自社の競争優位を確立するか整理するのに役立つツール。今回はポジショニングマップの基本から作り方までを解説します。


中国における洗濯・ボディケアのトレンドとは?「身の周り」に関する調査レポート

中国における洗濯・ボディケアのトレンドとは?「身の周り」に関する調査レポート

洗濯アイテム、お風呂用品など、消費者がどんな日用品を好んでいるのかを把握するのは、中国でのビジネスを考える上で重要です。今回は、そんな中国消費者の「身の回り」に注目し、現在のトレンドを調査しました。(ページ数|25ページ)


実例でイメージを掴む!競合調査の事例集

実例でイメージを掴む!競合調査の事例集

競合調査の必要性やツールを使った分析の話は聞いていても、そのメリットや実際のイメージが湧かない方も多いのではないでしょうか。膨大なWeb行動ログデータ等を元に各社のユーザー属性や集客構造を把握したり、自社との差分を洗い出して改善施策に活かした例など、具体的な事例をご紹介していきます


「マスク」をめぐって ~ 少子化・行動経済学

「マスク」をめぐって ~ 少子化・行動経済学

米国の起業家でありテスラ最高経営責任者のイーロン・マスク氏の日本に対するツイートが話題になり、改めて浮き彫りになった日本の少子化問題。また、新型コロナウイルスの予防対策の1つであるマスク着用をめぐっては、世論でも様々な意見が見られます。2つの「マスク」をめぐって、広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が考察します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら