2021年天猫(Tmall)トレンド予測   後編|中国トレンド調査

2021年天猫(Tmall)トレンド予測 後編|中国トレンド調査

アリババグループが運営する中国最大のECモール『天猫(Tmall)』の分析によると、「家」、「懶」、「猫」、「髪」、「抽(抽選)」、「粧(メイク)」、「酒」、という7文字が今年の中国のトレンドになるようです。「2021年天猫(Tmall)トレンド予測」後編では、この7文字のうちの「髪」、「抽」、「粧」、「酒」がそれぞれ、何を意味しているのかを説明します。


「2021年T-MALLトレンド予測」の前編では「家」「懶」「猫」を中心に2021年T-MALLのトレンド予測を説明しました。後編ではそれ以外の4つのキーワードを見ていきましょう。

4.「髪」

少し不思議に思われるかもしれませんが、「髪」も2021年のトレンドの一つに入っています。

近年、生活習慣の乱れやストレスなどの影響で、中国では「若ハゲ」の現象が起きており、脱毛症に困っている20代〜30代の若年層は実に36%も占めています。また、北京大学と清華大学で行われた調査によると、学生のうちの半分は一年以内に脱毛症の症状があったという結果が出ており、さらに三分の一は「そろそろハゲる」と自分で感じているようです。

それに応じて、育毛剤や植毛が注目を浴びるようになり、特に、育毛剤を最も購入している客層は20代の若者になりました。中国のSNSアプリ「RED」で、「ハゲ」を検索すれば、35万を超える記事が表示されます。

昨年、シュワルツコフ(Schwarzkopf)の育毛効果のあるシャンプー、「アンチヘアロスシャンプー」は発売当日に100万本以上を売り上げました。また、ロレアルパリのボリュームを出すための「ヒアルロン酸ウォータープラムプシャンプー」も発売当日に5.8万本を売り上げました。

薄毛で悩む女性には、育毛剤以外にも、髪型やメイクでカバーする選択肢があります。部分ウィッグに帽子付きウィッグ、生え際の薄毛を隠せるヘアラインティントにボリュームを出すためのコテの使い方、手段はとても豊富です。天猫(Tmall)で最も売れている部分ウィッグは、一週間で2.7万点を販売し、中国最大規模のソーシャルコマースプラットフォーム「RED」での薄毛を隠せる髪型に関するコンテンツは1万件を超えています。

薄毛や脱毛症は生活習慣やホルモンバランス、ストレスに大きく影響されると言われています。ストレスの多い現代社会では、これからもこの問題は続くでしょう。それに伴って、「髪」に関する商品の需要は今年も増加する見込みです。

5.「抽(抽選)」

天猫(Tmall)が発表した2021年のトレンドの一つである「抽」は、「抽選」のことを指しています。抽選と言えば、コンサートのチケットのイメージが強いかもしれませんが、最近の中国では「Blind Box(盲盒)」というものを引くのがブームになっています。

Blind Boxとは、何が当たるか分からない箱売りのフィギュアのことで、日本のガチャガチャや福袋とかなり似ています。

Blind Boxは1シリーズごとにラインアップとして12種類前後用意されている事が多く、駅構内やシッピングモールなどに設置されている専用の販売機やECサイトなどで、一箱につき39〜69元(約620〜1100円)で販売されています。

POPMARTの商品「Molly」

また、近年ではフィギュア以外に、猫用品や茶葉などのBlind Boxも出回り始め、成功を収めました。中国の「魔力猫盒(MollyBox)」というECサイトでは、コンテンツ購読者には毎月Blind Boxを一つ送るというサービスがあります。Blind Boxには猫フード、猫缶、おやつ、そしておもちゃが入っています。猫フードは飼い主が決めていますが、それ以外は獣医や栄養管理のプロによって組み合わせられ、届けられます。このサービスは人気を博し、ユーザー数は毎月30%〜35%増えています。

天猫(Tmall)の予測によれば、投資分を惜しみ、つい継続してしまうコンコルド効果を持ち、「何が当たるかな」という期待感をもたらしてくれる「Blind Box」は、今年もまだまだ流行るに違いないと考えられています。

6.「粧(メイク)」

中国2021年のトレンドの「粧」というのは「化粧品」を指しています。

コロナ禍でマスクによる肌荒れが問題に上がったと同時に、スキンケアやメイクの見直しのための時間と余裕も増えました。

淘数据(taosj)のデータによれば、2020年3月のアリババにおける化粧品の売上高は前期より58.1%増え、そのうち、基礎化粧品とメーキャップ化粧品の売上高はそれぞれ前期比66.5%と38.4%増加していることが分かりました。

特に、昨年4月発売の中国の化粧品メーカーである丸美(MARUBI)のアイクリームは昨年末までに40万以上を販売し、さらに同じ中国の化粧品メーカーのHFPの鼻パックは2月発売以来、86万点も売り上げました。

天猫(Tmall)が発表した今年のピックアップ新商品の中にも、化粧品が数多くランクインしました。例えば、基礎化粧品ではシュウウエムラの「ボタニック クレンジングオイル」やオリジンズの「プラントスクリプション パワー」、メーキャップ化粧品ではUD Nakedの「ワイルドウェスト アイシャドパレット」がピックアップされました。

シュウウエムラの「ボタニック クレンジングオイル」

日本での化粧品市場の不況とは対照的に、中国ではコロナ禍を経ても化粧品業界は相変わらず不況知らず。そしてこれからも、中国人は化粧品を求め続けるでしょう。

7.「酒」

CBNDataによれば、2019年から2020年までに、中国では少なくとも14種類のお酒を使ったお菓子が出回りました。白酒(パイチュウ)メーカーの江小白と牛乳メーカーの蒙牛乳業は共同で白酒入りアイスを開発し、シャングリ・ラ ホテル温州のアフタヌーンティーでは11種類の茅台酒入りのスイーツが提供されました。

お酒を使った飲料品も大好評で、昨年の売上高は前期比70%の増加が見られました。去年、飲料メーカーの農夫山泉は米酒(米を原料とする中国の蒸留酒)入りの炭酸水を開発。また、ティー専門店の喜茶(HEYTEA)も2019年にラム酒入りのアルコール飲料「酔酔桃桃」を発売しました。

喜茶(HEYTEA)ラム酒入りのアルコール飲料「酔酔桃桃」

お酒を使った少し不思議な商品も発売されました。

去年の中秋節に、食品メーカーの愛達楽は瀘州老窖(発酵モロコシから蒸留した中国の酒)を使った月餅を開発し好評でした。台湾菸酒(TTL) は花雕酒(糯米と麦麹を原料とする中国の料理酒)や紅標米酒入りのインスタントラーメンを2017年に発売し、台湾では1200万個を売り上げました。

また、お酒自体の人気も高いようで、スコッチ・ウイスキーの銘柄であるシーバスリーガルの13年は、昨年9月〜10月に7000本を売り上げました。

このように、お酒、特にお酒を使ったお菓子・スイーツは、これからも大人を魅了し続けるでしょう。

まとめ

コロナの影響は経済方面にも及んでいますが、悪い影響もあれば、良い影響もあります。2021年の中国では、少なくとも、家、スマートホーム、猫、髪、Blind Box、化粧品、そして、酒に関する商品の需要は伸び続けると、天猫(Tmall)は予測しました。

<参考文献>
「口罩1小时,拉垮全脸皮肤?教你4招:科学“减负”还加分」
https://mp.weixin.qq.com/s/yXG6DwzWez14PsJhtT1uhQ
「天猫用7个字预测了今年的生活新趋势,你觉得准吗?」
https://www.sohu.com/a/443178006_120877465
「猫小帮‖带你看2021年天猫的新品趋势 」
https://www.sohu.com/a/443263620_120452212
「江小白味冰淇淋、泸州老窖味月饼,现在流行零食和酒组CP」
https://www.cbndata.com/information/104973
「第一批90后已秃了:脱发真的“无药可救”?」
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1615827699865081317&wfr=spider&for=pc
「BlueMC:盲盒营销洞察报告 - Z世代的潮玩新宠 你了解吗」
https://www.docin.com/p-2305473431.html
「化妆品行业疫情后的变化与未来趋势!!!」
https://zhuanlan.zhihu.com/p/140915959

この記事のライター

中国出身の留学生。立教大学大学院に在学中。

関連する投稿


2021年中国の教育事情 ~ 学習塾への政策が強化、学校教育はどう変わる?|中国トレンド調査

2021年中国の教育事情 ~ 学習塾への政策が強化、学校教育はどう変わる?|中国トレンド調査

2021年7月24日、中国教育部(文部科学省)の公式サイトに『義務教育段階の生徒に対する宿題・校外学習の負担軽減を図るための意見』という文書が掲載され、「二重削減」政策の実施が正式に発表されました。 この方針では、学習塾産業を規制し、休日を利用して授業を開講することを禁止し、教育の公平性の維持に乗じて、学生が十分な休憩時間や運動時間を確保できるようにするだけでなく、「内巻」(Involution/「不条理な内部競争」を意味する中国のネット流行語)を防ぐという政策でもあるでしょう。 本稿では、中国における学習塾政策の動向や、教育業界に与える影響、今後の展開の3つの側面から、今回の「二重削減」政策について解説していきます。


行動ログデータから分析!ECモール「Amazon」と「楽天市場」はどのように使い分けられている?

行動ログデータから分析!ECモール「Amazon」と「楽天市場」はどのように使い分けられている?

当メディア「マナミナ」を運営する<a href="https://manamina.valuesccg.com/articles/1396" target="_blank">ヴァリューズの直近の調査</a>からもわかるように、新型コロナの影響で国内ECモールの利用者が増加しています。その中でも圧倒的なシェアを誇る「Amazon」と「楽天市場」のユーザーはどのようにサイトを利用しているのでしょうか?今回は、行動ログデータから両者のユーザー属性や集客経路、ユーザー層などについて調査・分析しました。


中国ではペットブームがさらに加速。これから流行るペット用品を予測|中国トレンド調査

中国ではペットブームがさらに加速。これから流行るペット用品を予測|中国トレンド調査

中国のペット関連市場規模は近年急成長を遂げましたが、今後もさらに成長すると予測されています。本記事では、中国で具体的にどのようなペット用品がこれから人気を集めるのかを分析し、ECサイトで販売されている手作り猫フード、オーガニックペットケア用品、自動猫トイレ等のペット家電など注目アイテムをご紹介します。


タオバオ・メーカー・フェスティバル(淘宝造物節)から見た中国の最新トレンド|中国トレンド調査

タオバオ・メーカー・フェスティバル(淘宝造物節)から見た中国の最新トレンド|中国トレンド調査

中国の大型クリエイティブイベントであるタオバオ・メーカー・フェスティバル(淘宝造物節)が先日開幕。過去1年間に急速な成長を遂げつつも、まだまだ客層が狭く、多くの人に知られていない不思議なブランド・お店が参加しました。本記事ではそれらのブランドやお店から、今後の中国市場の動向を分析・予測します。


W11(ダブルイレブン)だけじゃない!中国のECセールまとめ。日本との違いは?

W11(ダブルイレブン)だけじゃない!中国のECセールまとめ。日本との違いは?

中国のECセールと聞くと、皆さんは何を思い浮かべますか?多くの人が毎年11月11日に行われている「独身の日(シングルデー)」を祝うイベント、「W11(ダブルイレブン)」と答えるのではないかと思いますが、実は中国のECセールはW11だけではありません。今回は、1年を通して盛り上がる中国ECセールについてご紹介します。


最新の投稿


本から学ぶマーケティング戦略 〜 おすすめ書籍15選

本から学ぶマーケティング戦略 〜 おすすめ書籍15選

マナミナにてマーケティング戦略についての記事を各種紹介しています。これらの記事は実践的な内容が多いため、もう少し初歩からマーケティング戦略について学びたいというケースもあるかと思います。そこで今回は、マーケティング戦略の基本から、かなり込み入った内容までを学べる書籍を15冊紹介します。


Googleフォームでつくる「利用者アンケート」テンプレート(BtoB編)|きほんのアンケートフォーム

Googleフォームでつくる「利用者アンケート」テンプレート(BtoB編)|きほんのアンケートフォーム

リサーチャーの菅原大介さんが、ウェブ担当者が業務の中でよく使うアンケートフォーム作成のコツを解説してくれます。今回のテーマは「利用者アンケート」(BtoB編)です。フォームに入れておきたい基本項目+ビジネスをドライブする発展項目=計7つの質問を紹介します。ご自身のスキルアップ用や、社内の担当者教育用に、ぜひご活用ください。記事の最後には、エクセルのチェックリストのダウンロードリンク+Googleフォームのサンプルを含むYouTubeの解説動画へのリンクもあります。


急上昇ワードに「iPhone13」「iPad mini」など「週間」検索キーワードランキング(2021/9/13~2021/9/19)

急上昇ワードに「iPhone13」「iPad mini」など「週間」検索キーワードランキング(2021/9/13~2021/9/19)

2021年9月13日~9月19日の検索急上昇ワードでは、Appleのスペシャルオンラインイベント「California streaming.」で発表され、9月17日から販売予約の受付が始まった「iPhone13」に注目が集まり検索が急増。また同じくイベントの目玉となった新型の「iPad mini(第6世代)」も急上昇ワードにあがりました。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


Googleフォームでつくる「利用者アンケート」テンプレート(BtoC編)|きほんのアンケートフォーム

Googleフォームでつくる「利用者アンケート」テンプレート(BtoC編)|きほんのアンケートフォーム

リサーチャーの菅原大介さんが、ウェブ担当者が業務の中でよく使うアンケートフォーム作成のコツを解説してくれます。今回のテーマは「利用者アンケート」(BtoC編)です。フォームに入れておきたい基本項目+ビジネスをドライブする発展項目=計7つの質問を紹介します。ご自身のスキルアップ用や、社内の担当者教育用に、ぜひご活用ください。記事の最後には、エクセルのチェックリストのダウンロードリンク+Googleフォームのサンプルを含むYouTubeの解説動画へのリンクもあります。


コロナ禍におけるキャンプ関心層のWeb行動分析レポート

コロナ禍におけるキャンプ関心層のWeb行動分析レポート

本レポートでは、ダッシュボード型マーケティングツール『Dockpit』の活用方法について、コロナ禍で関心の高まるキャンプを例にご紹介しています。Dockpitを用いて抽出したデータから何を読み取り、どのようにメディア戦略に活かせるのか、ぜひ参考にご覧ください。(ページ数|17p)


アクセスランキング


>>総合人気ランキング

最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー