2021年天猫(Tmall)トレンド予測   後編|中国トレンド調査

2021年天猫(Tmall)トレンド予測 後編|中国トレンド調査

アリババグループが運営する中国最大のECモール『天猫(Tmall)』の分析によると、「家」、「懶」、「猫」、「髪」、「抽(抽選)」、「粧(メイク)」、「酒」、という7文字が今年の中国のトレンドになるようです。「2021年天猫(Tmall)トレンド予測」後編では、この7文字のうちの「髪」、「抽」、「粧」、「酒」がそれぞれ、何を意味しているのかを説明します。


「2021年T-MALLトレンド予測」の前編では「家」「懶」「猫」を中心に2021年T-MALLのトレンド予測を説明しました。後編ではそれ以外の4つのキーワードを見ていきましょう。

4.「髪」

少し不思議に思われるかもしれませんが、「髪」も2021年のトレンドの一つに入っています。

近年、生活習慣の乱れやストレスなどの影響で、中国では「若ハゲ」の現象が起きており、脱毛症に困っている20代〜30代の若年層は実に36%も占めています。また、北京大学と清華大学で行われた調査によると、学生のうちの半分は一年以内に脱毛症の症状があったという結果が出ており、さらに三分の一は「そろそろハゲる」と自分で感じているようです。

それに応じて、育毛剤や植毛が注目を浴びるようになり、特に、育毛剤を最も購入している客層は20代の若者になりました。中国のSNSアプリ「RED」で、「ハゲ」を検索すれば、35万を超える記事が表示されます。

昨年、シュワルツコフ(Schwarzkopf)の育毛効果のあるシャンプー、「アンチヘアロスシャンプー」は発売当日に100万本以上を売り上げました。また、ロレアルパリのボリュームを出すための「ヒアルロン酸ウォータープラムプシャンプー」も発売当日に5.8万本を売り上げました。

薄毛で悩む女性には、育毛剤以外にも、髪型やメイクでカバーする選択肢があります。部分ウィッグに帽子付きウィッグ、生え際の薄毛を隠せるヘアラインティントにボリュームを出すためのコテの使い方、手段はとても豊富です。天猫(Tmall)で最も売れている部分ウィッグは、一週間で2.7万点を販売し、中国最大規模のソーシャルコマースプラットフォーム「RED」での薄毛を隠せる髪型に関するコンテンツは1万件を超えています。

薄毛や脱毛症は生活習慣やホルモンバランス、ストレスに大きく影響されると言われています。ストレスの多い現代社会では、これからもこの問題は続くでしょう。それに伴って、「髪」に関する商品の需要は今年も増加する見込みです。

5.「抽(抽選)」

天猫(Tmall)が発表した2021年のトレンドの一つである「抽」は、「抽選」のことを指しています。抽選と言えば、コンサートのチケットのイメージが強いかもしれませんが、最近の中国では「Blind Box(盲盒)」というものを引くのがブームになっています。

Blind Boxとは、何が当たるか分からない箱売りのフィギュアのことで、日本のガチャガチャや福袋とかなり似ています。

Blind Boxは1シリーズごとにラインアップとして12種類前後用意されている事が多く、駅構内やシッピングモールなどに設置されている専用の販売機やECサイトなどで、一箱につき39〜69元(約620〜1100円)で販売されています。

POPMARTの商品「Molly」

また、近年ではフィギュア以外に、猫用品や茶葉などのBlind Boxも出回り始め、成功を収めました。中国の「魔力猫盒(MollyBox)」というECサイトでは、コンテンツ購読者には毎月Blind Boxを一つ送るというサービスがあります。Blind Boxには猫フード、猫缶、おやつ、そしておもちゃが入っています。猫フードは飼い主が決めていますが、それ以外は獣医や栄養管理のプロによって組み合わせられ、届けられます。このサービスは人気を博し、ユーザー数は毎月30%〜35%増えています。

天猫(Tmall)の予測によれば、投資分を惜しみ、つい継続してしまうコンコルド効果を持ち、「何が当たるかな」という期待感をもたらしてくれる「Blind Box」は、今年もまだまだ流行るに違いないと考えられています。

6.「粧(メイク)」

中国2021年のトレンドの「粧」というのは「化粧品」を指しています。

コロナ禍でマスクによる肌荒れが問題に上がったと同時に、スキンケアやメイクの見直しのための時間と余裕も増えました。

淘数据(taosj)のデータによれば、2020年3月のアリババにおける化粧品の売上高は前期より58.1%増え、そのうち、基礎化粧品とメーキャップ化粧品の売上高はそれぞれ前期比66.5%と38.4%増加していることが分かりました。

特に、昨年4月発売の中国の化粧品メーカーである丸美(MARUBI)のアイクリームは昨年末までに40万以上を販売し、さらに同じ中国の化粧品メーカーのHFPの鼻パックは2月発売以来、86万点も売り上げました。

天猫(Tmall)が発表した今年のピックアップ新商品の中にも、化粧品が数多くランクインしました。例えば、基礎化粧品ではシュウウエムラの「ボタニック クレンジングオイル」やオリジンズの「プラントスクリプション パワー」、メーキャップ化粧品ではUD Nakedの「ワイルドウェスト アイシャドパレット」がピックアップされました。

シュウウエムラの「ボタニック クレンジングオイル」

日本での化粧品市場の不況とは対照的に、中国ではコロナ禍を経ても化粧品業界は相変わらず不況知らず。そしてこれからも、中国人は化粧品を求め続けるでしょう。

7.「酒」

CBNDataによれば、2019年から2020年までに、中国では少なくとも14種類のお酒を使ったお菓子が出回りました。白酒(パイチュウ)メーカーの江小白と牛乳メーカーの蒙牛乳業は共同で白酒入りアイスを開発し、シャングリ・ラ ホテル温州のアフタヌーンティーでは11種類の茅台酒入りのスイーツが提供されました。

お酒を使った飲料品も大好評で、昨年の売上高は前期比70%の増加が見られました。去年、飲料メーカーの農夫山泉は米酒(米を原料とする中国の蒸留酒)入りの炭酸水を開発。また、ティー専門店の喜茶(HEYTEA)も2019年にラム酒入りのアルコール飲料「酔酔桃桃」を発売しました。

喜茶(HEYTEA)ラム酒入りのアルコール飲料「酔酔桃桃」

お酒を使った少し不思議な商品も発売されました。

去年の中秋節に、食品メーカーの愛達楽は瀘州老窖(発酵モロコシから蒸留した中国の酒)を使った月餅を開発し好評でした。台湾菸酒(TTL) は花雕酒(糯米と麦麹を原料とする中国の料理酒)や紅標米酒入りのインスタントラーメンを2017年に発売し、台湾では1200万個を売り上げました。

また、お酒自体の人気も高いようで、スコッチ・ウイスキーの銘柄であるシーバスリーガルの13年は、昨年9月〜10月に7000本を売り上げました。

このように、お酒、特にお酒を使ったお菓子・スイーツは、これからも大人を魅了し続けるでしょう。

まとめ

コロナの影響は経済方面にも及んでいますが、悪い影響もあれば、良い影響もあります。2021年の中国では、少なくとも、家、スマートホーム、猫、髪、Blind Box、化粧品、そして、酒に関する商品の需要は伸び続けると、天猫(Tmall)は予測しました。

<参考文献>
「口罩1小时,拉垮全脸皮肤?教你4招:科学“减负”还加分」
https://mp.weixin.qq.com/s/yXG6DwzWez14PsJhtT1uhQ
「天猫用7个字预测了今年的生活新趋势,你觉得准吗?」
https://www.sohu.com/a/443178006_120877465
「猫小帮‖带你看2021年天猫的新品趋势 」
https://www.sohu.com/a/443263620_120452212
「江小白味冰淇淋、泸州老窖味月饼,现在流行零食和酒组CP」
https://www.cbndata.com/information/104973
「第一批90后已秃了:脱发真的“无药可救”?」
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1615827699865081317&wfr=spider&for=pc
「BlueMC:盲盒营销洞察报告 - Z世代的潮玩新宠 你了解吗」
https://www.docin.com/p-2305473431.html
「化妆品行业疫情后的变化与未来趋势!!!」
https://zhuanlan.zhihu.com/p/140915959

この記事のライター

中国出身の留学生。立教大学大学院に在学中。

関連する投稿


未来を拓く中国食品業界。2023年の最新トレンド

未来を拓く中国食品業界。2023年の最新トレンド

中国では日々さまざまな変化が起こっており、食品業界も例外ではありません。中国は多くの消費者を抱える中、食品業界はほぼ毎年革新を遂げ、新たなトレンドを生み出しています。この記事では2023年の中国食品業界の中で、とくに注目すべきトレンドを3つ紹介します。


市場規模拡大中!日本ブランド人気は?東南アジアのEC利用実態(タイ・ベトナム・インドネシア)

市場規模拡大中!日本ブランド人気は?東南アジアのEC利用実態(タイ・ベトナム・インドネシア)

海外進出先として有望な東南アジア。特にインドネシアは人口規模が大きいこともあり、ECの市場規模も大きく、今後の拡大傾向も強いと予測されています。本レポートでは、タイ・ベトナム・インドネシアの3か国について、よく利用されているECサイトや利用重視点、利用金額や決済手段などを調査。日本商品の購入実態についてもまとめています。


Temu, the emerging Chinese e-commerce platform | Its number of users and user persona comparing with SHEIN

Temu, the emerging Chinese e-commerce platform | Its number of users and user persona comparing with SHEIN

Following the popularity of “SHEIN,” the Chinese e-commerce company “Temu” continues to grow its recognition. It began its service in Japan in July 2023, but what kind of people are Temu’s first users? We will research the actual usage surrounding the website and app while comparing it with that of SHEIN.


回復を見せる中国の旅行業。最新の傾向を調査

回復を見せる中国の旅行業。最新の傾向を調査

コロナ禍が収束した2023年、中国において観光業が復活を見せています。中国での国内旅行はコロナ禍前の2019年の水準近くまで回復し、海外旅行も緩やかに回復の兆しを見せています。本記事では中国の国内外旅行の現状をデータを用いて確認し、旅行業における現在のトレンドについて紹介します。


驚きの安さで話題の「Temu」も!節約系Webサービスを比較調査。どんな人が使っている?

驚きの安さで話題の「Temu」も!節約系Webサービスを比較調査。どんな人が使っている?

お目当てのアイテムを少しでも安く購入したい!と思った時、AmazonのようなECモールの他にフリマサイトを連想する方も多いのではないでしょうか。今回は代表的なフリマサイト「メルカリ」を軸に、類似の節約系サイトをピックアップして、ユーザー像の違いなどについて調査・分析します。


最新の投稿


広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

株式会社リンクアンドパートナーズは、上場企業に勤めており、PR施策を行っている広報担当者・マーケ担当者を対象に、「上場企業のPR施策の実態に関する調査」を実施し、結果を公開しました。


推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

株式会社博報堂、博報堂DYグループの株式会社 SIGNING は、生活者発想で経営を考える研究開発・社会実装プロジェクト「HAKUHODO HUMANOMICS STUDIO」の活動の第二弾として「オシノミクス プロジェクト」を発足、「オシノミクス レポート」を発表しました。


サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

株式会社サイバーエージェントはインターネット広告事業において、Amazon Adsにおける運用最適化ツール「PARADE(パレード)」を開発したことを発表しました。


企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージと聞き、最初に思いつくのはロゴでしょうか、色でしょうか、それともキャラクター?昨今では、キャラクターを用いての広告戦略は企業だけでなく、地域おこしなど、あらゆるところで目にするようになりました。誰も彼もが深い意味もなく「かわいい」と愛着を感じてしまう「ゆるキャラ」や企業のイメージキャラクター。実はそこに認知心理学が深く関わっているようです。本稿では人心を捉えるために計算尽くされたキャラクターの威力について、株式会社創造開発研究所所長を務める渡部数俊氏が解説します。


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第15弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「バレンタイン」「大学受験」の2テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。 お菓子の手作り・購入のみならず、推し活やファッションにも広がるバレンタイン市場の様子や、大学受験にまつわるマーケティング・消費行動など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ