2021年天猫(Tmall)トレンド予測    前編|中国トレンド調査

2021年天猫(Tmall)トレンド予測 前編|中国トレンド調査

アリババグループが運営する中国最大のECモール『天猫(Tmall)』の分析によると、「家」、「懶」、「猫」、「髪」、「抽(抽選)」、「粧(メイク)」、そして、「酒」、という7文字が今年の中国のトレンドになるようです。「2021年天猫(Tmall)トレンド予測」前編では、この7文字のうちの「家」、「懶」、「猫」がそれぞれ、何を意味しているのかを説明します。


先日、天猫(Tmall)は過去の新商品トレンドに基づいて、2021年に発売される新商品とユーザーの新商品における需要について予測を行いました。その結果、家、懶、猫、髪、抽(抽選)、粧(メイク)、酒、という7文字が今年の中国のトレンドになるのではないかと予測しました。

では、この7文字がそれぞれ、何を意味しているのかを説明していきましょう。

1.「家」

家は文字通り、家にまつわる商品のことを意味しています。中国ではコロナ禍の影響で、休みの時は外出を控えるだけではなく、仕事は在宅勤務の形式になり、学校もオンライン授業を行うようになりました。

そのため、家にいる時間はこれまでより大幅に長くなり、2020年に家での時間を充実させるための商品は売り上げを伸ばしました。

トレーニング

まず、トレーニングする場はフィットネスクラブから自宅に変わり、それに応じて家庭用トレーニング器具などが増加しました。

中国の大手Web通販サイト「京東商城」のデータによれば、昨年2月のローイングマシンの売り上げは134%の増加、ダンベルは60%、そして、エキスパンダーは109%の増加が見られました。

なお、縄跳びやヨガマットなどのフィットネス用具の売り上げも大幅に増加しました。また、去年9月3日に中国タオバオで発売された任天堂の「リングフィット アドベンチャー」は、発売されてから10時間以内に1万台が売り切れました。

任天堂の「リングフィット アドベンチャー」

娯楽

外出が減少したことで、外での娯楽も少なくなりましたが、その分、家での娯楽のための設備の売れ行きが良くなりました。

映画館で映画を観ることができなければ、家にプロジェクターを設置すれば良いのです。例えば、家電メーカーのJmGOの「G9」プロジェクターは、昨年の天猫(Tmall)の「独身の日セール」で1億元(約16億円)も超える売り上げを叩き出しました。また、同じ家電メーカーであるXiaomiの「Mi TV 4A」テレビは、昨年5月に出回ってから年末までに7万台以上を販売しました。

Xiaomiの「Mi TV 4A」テレビ

美容

コロナ禍でマスクを着用することが多くなったため、マスクによる肌の炎症やバリア機能の低下、ニキビなどの肌トラブルも発生しやすくなりました。また同時に、家にいる時間が増えたので、スキンケアも入念にできるようになりました。

「生意参謀」のデータによると、2020年1月から11月までの天猫(Tmall)での美顔器の売り上げは50億元(約800億円)にも達し、2019年同時期の売り上げより71.3%の増加が見られました。

天猫(Tmall)は、この家庭用用品のブームは今年も続くと考え、今年も在宅生活を充実させるための商品が続々と新たに発売されると予測しました。

2.「懶」

「懶(ラン)」は「怠ける」などの意味を持つ漢字ですが、在宅生活が続くと、家事も面倒に感じる時が多々あります。特に中国の若年層は、家事をすると幸福感が低下すると感じ、家事から解放されたい欲求が高い傾向にあります。

この面倒くさがりな性質から、おまかせ家電は数年前から流行り始め、コロナの影響でさらに勢いを増しました。特に、中国の若者にとって最も避けたいとされている家事のTOP3である皿洗い、料理、そして掃除に関するおまかせ家電は最も売れ行きが良かったようです。

皿洗い

現代社会では、皿洗いといえば食器洗い乾燥機でしょう。All View Cloud(AVC)のデータから、2020年第一四半期の食器洗い乾燥機の販売数は24.6万台で、前年同期より10.4%増加したことが分かります。

また、2020年9月に公開された慢慢買(manmanbuy)の京東商城における食器洗い乾燥機の販売台数ランキングによれば、一位の家電メーカーの華帝(VATTI)の販売数は7200台を超え、それに続く二位の美的集団の販売数は6100台を超えました。

調理

昨年2月、京東商城における電気グリル鍋の販売数は2019年2月より140%増え、加熱式お弁当箱の売り上げは480%増えました。特にタオバオでは、小熊(Bear)の加熱式弁当箱の販売数は前年同月より718%も増えました。

また、ネット経由で調理メニューを追加することができる自動調理家電も今後流行ると予測されています。例えば、今年発売の家電メーカーのティネコ(tineco)のスマート自動調理機は既に500台以上を売り上げており、天猫(Tmall)の「スマートキッチン家電ランキング」第1位を獲得しました。

掃除

掃除家電も中国の若者に大人気です。36Kr研究院のインタービューによれば、中国の若者の76%が掃除機を持っています。

天猫(Tmall)のデータによれば、ティネコ(tineco)のハンドフリーのセルフクリーニング機能付きの「IFLOOR 3」乾湿両用掃除機は2020年3月に発売された後に12万台を売り上げました。なお、テクノロジー企業のECOVACS ROBOTICSの「N8」ロボット掃除機は昨年の天猫(Tmall)の「独身の日セール」での売り上げは1億元(約16億円)を超えました。

ECOVACS ROBOTICSの「N8」ロボット掃除機

『2020年スマートホーム製品業界に関する研究およびその報告』によれば、中国ではコロナの影響で長期間の自宅待機生活が続いた後、76%のインタビュー対象者は生活の質の向上を求めており、かつ、より多くのスマートホーム製品の購入を検討していると回答しました。

また、コロナ終息後も、スマートホーム製品はますますと普及していくと予想されています。Zion Market Research (ジオンマーケットリサーチ)の分析によれば、2022年までに、中国も含めて、世界のスマートホーム市場はさらに拡大し、その規模は534.5億ドル(約5.55兆円)を超える可能性があるとされています。

3.「猫」

日本と同様、中国でも猫ブームが巻き起こっています。中国のペット関連市場規模は2019年までに2024億元(約3.24兆円)に達し、その前年比は118.5%で、依然として急速な成長を見せています。

2019年の猫の飼育頭数は前年より8.6%増え、さらに猫一頭あたりの平均消費額も前年より10.3%増えました。なお、飼育頭数においても、消費額においても、猫の対前年同期比増加率は犬より高くなっていることは注目すべき点でしょう。

また、ペットフード・ペット用品の市場規模の成長も著しいです。2019年までの中国のペットフード・ペット用品の市場規模は86.3億ドル(約9000億円)と大きく、その増加率も世界一です。

QuestMobileによって発表された『2020ペット経済洞察報告』によれば、2020年10月までに、ペットに興味・関心を示す人数は5.3億人を超えました。さらにTikTok(ティックトック)や快手(クアイショウ)のような短編動画共有アプリ、およびWeiboやREDのようなSNSアプリにおけるペットのコンテンツによって、ペット好きな人数はこれからも増加すると予想できます。

『2020中国ペット消費傾向報告』では主に猫の経済について分析されています。

猫フードと猫のおやつの市場規模は急速に拡大しており、その速度はドッグフードより遥かに速いようです。特に、若い女性ユーザーは猫フードの品質と付加機能にこだわる傾向があるため、値段が高めの高級猫フードを購入することが多いです。

また、中国の若年者はネットショッピングを好むので、ECサイトでのペット用品も全体的に売れ行きが良く、例えば、昨年11月11日に、京東商城における猫トイレの売上高は前期比232%増加で、猫缶や猫フードの売上高は前期より150%以上の増加が見られました。

TAOBAO(タオバオ)の猫関連の商品ページ

猫フードのほか、猫用品の市場も拡大していくと予想されています。

特に、中国の若者の面倒くさがりな性質から、自動猫トイレや自動給餌器などの需要が大きくなるでしょう。天猫(Tmall)は特に注目に値する2021年のペット用品の新商品として、小佩(petkit)の全自動猫トイレ、Catlinkの大容量自動給餌器とペットカメラをピックアップしました。

※2021年天猫(Tmall)トレンド予測の後編は、明日2月16日に公開予定です。

<参考文献>
「天猫小趋势,这7个字预测2021年新品趋势」
https://m.sohu.com/a/443490173_120538942/
「疫情当下,这些产品销量暴涨600%以上 」
https://www.sohu.com/a/391830570_120638937
「疫情带动小家电爆发式增长 美容仪行业发展空间巨大」
http://software.it168.com/a2021/0115/6432/000006432036.shtml
「智能家居走了20年,依然“碎片化”? 」
http://www.lubanyuan.cn/news/hangye/8968.html
「36氪研究:2019十大巢流生活用户调研报告」
http://www.199it.com/archives/887105.html
「最讨厌的九大家务排行,你最不喜欢做哪个呢?」
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1640499651906771846&wfr=spider&for=pc
「因为疫情 这些智能家电在国内火了」
https://www.huahuo.com/appliance/202002/37821.html
「电热饭盒成“网红”销量抢眼销售暴涨300%」
https://www.xinpin1688.com/article-8325-1.html
「Smart Home Market Increasing At A Good Pace To Reach USD 53.45 Billion Globally By 2022: Zion Market Research」
https://www.globenewswire.com/news-release/2019/01/22/1703206/0/en/Smart-Home-Market-Increasing-At-A-Good-Pace-To-Reach-USD-53-45-Billion-Globally-By-2022-Zion-Market-Research.html
「2020年国内洗碗机销量有望达到200万台」
https://www.ncrw.com.cn/news/caijing/54541.html
「2020年9月京东洗碗机销量排行榜」
https://zhuanlan.zhihu.com/p/269421709
「QuestMobile发布2020萌宠经济洞察报告,小象优品等电商宠物用品销量持续增长」
http://www.cet.com.cn/xwsd/2738346.shtml
「《2020中国宠物消费趋势报告》新鲜出炉,猫咪成年轻人标配!」
https://xw.qq.com/cmsid/20200104a0n5vy00
「2020萌宠经济洞察报告:萌宠群体超5.3亿,喵星人VS汪星人,谁更能带货、拉消费?」
https://www.36kr.com/p/1011404743683847
「2020年中国宠物行业发展情况分析:国内宠物行业快速发展壮大,“井喷时代”已经到来」
https://www.chyxx.com/industry/202006/876638.html

​​

メールマガジン登録

最新調査やマーケティングに役立つ
トレンド情報をお届けします

この記事のライター

中国出身の留学生。立教大学大学院に在学中。

関連する投稿


中国で加熱するペットブーム。注目が集まる「ペット向けスマート家電」の動向を調査

中国で加熱するペットブーム。注目が集まる「ペット向けスマート家電」の動向を調査

近年、中国ではペットブームが巻き起こっており、ペットにかける金銭を惜しまない飼い主も多いです。感染症の流行下で需要が増えたことも影響し、ペット業界の市場規模は拡大の一途を辿っています。本記事では中国のペット業界の中で、関心が高まっている「スマート家電業界」を中心にご紹介します。


中国Z世代の調味料に対する新たなニーズは?❘ 中国トレンド調査

中国Z世代の調味料に対する新たなニーズは?❘ 中国トレンド調査

消費水準が高まるにつれて、現在中国における調味料業界が全体的に好調を見せています。2021年から新型コロナウイルスの影響を受けたものの、消費者は外食を控え、自炊比率が上がっため、中国の調味料業界の発展潜在力は依然として高いと言えます。一方、近年若者たちにとって、自宅で自炊することが幸福感を高めることから、料理は人気を増してきました。本記事では、中国の調味料業界の発展過程及び中国Z世代の調味料に対するニーズを解説していきます。


Z世代のネットショッピングはサイトよりアプリが主流?【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のネットショッピングはサイトよりアプリが主流?【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。今回のテーマはネットショッピング。Z世代は“ECサイト”より“ECアプリ”を好むと言われますが、その実態はどうなっているのでしょうか。Z世代メンバーによるリアルな声を取り入れつつ、深掘りしていきます。


外資に負けない強い化粧品ブランドを作るには?海外ブランドの戦略に見る日本の課題

外資に負けない強い化粧品ブランドを作るには?海外ブランドの戦略に見る日本の課題

韓国コスメや中国メイクがトレンドになる昨今。海外勢がめきめきと認知を上げる中、日本の化粧品ブランドはどう対抗していくべきなのでしょうか。各国の戦略と日本の現状とは。シャネルパリ本社でエグゼクティブメイクアップアーティストを務め、化粧品開発からコンサルティングに至るまで、世界を股にかけて活動する東風上尚江さんにお話を伺いました。


2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

ダブルイレブン(W11)とは、毎年<b>11月11日に中国で行われている独身の日を祝うイベント</b>です。2022年のダブルイレブンでは、ECプラットフォームや店舗などの関係者が売上高を伸ばすことに力を入れていました。その中で加盟店が示す戦況報告からは、中国のマーケットで、新しい産業やブランドが急成長しているのを垣間見ることができます。 本記事では、2022年ダブルイレブンのトレンドとなった業界を中心にご紹介します。


最新の投稿


トレンドワードに「AIアバター」「ライブカメラ」など...「週間」検索キーワードランキング(2023/1/22~2023/1/28)

トレンドワードに「AIアバター」「ライブカメラ」など...「週間」検索キーワードランキング(2023/1/22~2023/1/28)

行動ログをもとに週次の検索急上昇ワードランキングを作成し、トレンドになっているワードについて取り上げます。2023年1月22日~1月28日は、カメラアプリ「SNOW」の新機能「AIアバター」や、日本列島が大寒波に見舞われる中、各地の道路状況を確認できる「ライブカメラ」といった検索が急増していました。


【2023年2月13日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2023年2月13日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


2023年、世界情勢の憂慮 〜「地政学」から見た対中関係と日本企業のこれから

2023年、世界情勢の憂慮 〜「地政学」から見た対中関係と日本企業のこれから

世界を震撼させたウクライナ侵攻や、まだ出口の見えないコロナ禍もそのままに明けた2023年。本稿では、2022年を振り返り、引き続き憂慮される国際社会の動向や、日本にとって特に注視すべき対中関係とそれらに準ずる日本企業のあり方を、大学研究者としてだけでなく、セキュリティコンサルティング会社アドバイザーとして地政学リスク分野で企業へ助言を行っている和田大樹氏が解説します。


D2Cとは?ECとの使い分け・ブランドへの意識など、消費者の利用実態を調査|ホワイトペーパー

D2Cとは?ECとの使い分け・ブランドへの意識など、消費者の利用実態を調査|ホワイトペーパー

2020年はコロナ禍における巣ごもり消費も追い風となり、物販分野のBtoC EC市場は、伸長率20%超えという大幅な拡大が見られました。そんな中、メーカーが新たに注力を始めているのがD2C。D2Cとは「Direct to Consumer」の略であり、メーカーが商品を直接消費者に販売するビジネスを指します。今回は特に化粧品・家電業界に注目し、ECと比べた際のD2Cの使われ方や使い手について、その実態を調査しました。(ページ数|29ページ)


【急上昇サイト】年末やクリスマスなど、シーズナルなコンテンツに検索が急増!|2022年12月

【急上昇サイト】年末やクリスマスなど、シーズナルなコンテンツに検索が急増!|2022年12月

2022年12月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら