「除菌」ワードの検索者は何を気にしている?コロナによる衛生意識の高まりを調査

「除菌」ワードの検索者は何を気にしている?コロナによる衛生意識の高まりを調査

新型コロナウイルスの流行によって、高まる消費者の衛生意識。コロナ禍で消費者は一体どんなことを気にしているのでしょうか?本稿では、「除菌」と検索した人のデータをWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」を使って調査。きれい好きな人の実態について、掛け合わせキーワードや閲覧ページなどからインサイトを探ります。


コロナウイルスが世界中で流行し始めてから、はやくも1年が経過しました。消費者の生活や意識はコロナの流行とともに変化しています。

たとえば手洗い習慣は、新型コロナウイルスが蔓延してから、より意識的に行われるようになったのではないでしょうか。コロナウイルスによって衛生意識が高まったことで、特にきれい好きの方は、以前よりも一層除菌に対する関心が高まったと思います。

今回は、そんなきれい好きの方がどのようなことに関心があるのかを探るべく、ネット行動ログ分析ツールの「Dockpit(ドックピット)」を使って、「除菌」をキーワードに分析していきます。

コロナ禍で増える「除菌」検索数の推移

まずは、過去2年間の「除菌」検索者のユーザー数推移を見ていきます。

分析ツール:「Dockpit」、分析期間:2019年3月〜2021年2月、対象デバイス:PC、スマートフォン

グラフを見ると、コロナウイルスが日本でも流行し始めた2020年2月になってから、「除菌」の検索者数が急激に伸び、最初に緊急事態宣言が発令された2020年4月にピークに到達しています。その後は、急激な検索者数の増加は見られませんが、コロナウイルスが流行する前と比較すると、2倍程度の検索者数で推移しています。

「除菌」検索ユーザーはどんな人?

次に、「除菌」検索ユーザーの属性を見ていきましょう。

こちらは、新型コロナが蔓延した2020年3月以降の、「除菌」検索ユーザーの性別比と年齢比を示したグラフです。

分析ツール:「Dockpit」、調査期間:2020年3月~2021年2月、対象デバイス:PC、スマートフォン

性別比は男性41.9%、女性58.1%と、女性の比率が高くなっています。また、年代を見ると、特に40代・50代といった世代が、「除菌」をアクティブに検索していることが分かります。これは家庭内の感染を予防するために、主婦層の方などが積極的に「除菌」を検索した結果だと予測できます。


検索ユーザーの居住都道府県の傾向は、どのようになっているでしょうか。こちらは、都道府県ごとの検索量を色分けで表した図です。

分析ツール:「Dockpit」、調査期間:2020年3月~2021年2月、対象デバイス:PC、スマートフォン

一都三県をはじめ、北海道・愛知・大阪・兵庫・福岡といった、いずれも感染者が多いエリアで検索量が多くなっています。感染者の多い地域ほど、コロナに対する危機感を持っていると言えます。

よく検索される掛け合わせキーワードは?

続いては、「除菌」と併せて、どのようなキーワードが検索されたのかを見ていきましょう。下の表は「除菌」と掛け合わせて検索されたキーワードを、検索ユーザー数の多い順にランキングにしたものです。

分析ツール:「Dockpit」、調査期間:2020年3月~2021年2月、対象デバイス:PC、スマートフォン

「除菌」と掛け合わせて検索されたキーワードの第1位は「アルコール」でした。除菌の手段として、人々が真っ先に「アルコール」を思い浮かべていると言えます。一方、9位には「ノンアルコール」がランクイン。アルコールに対してアレルギーを持っていたりするなど、アルコールではない方法で除菌を考えている人の検索ニーズと考えられそうです。

続いて、第2位は「コロナ」です。「除菌」と「コロナ」を掛け合わせて検索する人の数は、第1位の「アルコール」に引けを取らず、第3位以降を大きく引き離す結果となっています。この結果は、コロナウイルスという新たな感染症を防止するために、多くの人が様々な生活シーンで「除菌」を心掛けている裏付けとなりそうです。

また、第3位には「スプレー」がランクインしました。「除菌」の方法として服や寝具など、お家で手軽にシュッシュして除菌できることから、スプレータイプを好んでいる人が多いのかもしれません。

さらに、第4位は「マスク」です。コロナウイルス流行当初は、使い捨てのマスクが当たり前でしたが、最近では、洗って繰り返し使えるタイプのマスクが一般的になりつつあります。そんなこともあり、繰り返し使うマスクの「除菌」方法が気になり、検索する人々が多くなっていると考えられます。

そして、第5位は「加湿器」です。一般的にウイルスは乾燥した環境で感染力が高まるとされており、コロナ対策として「加湿器」は非常に売り上げを伸ばしています。そんな中、「加湿器」の手入れを怠ると肺炎になるというニュースが話題となっており、その影響を受け「加湿器」の除菌方法を積極的に検索していると考えられます。

上記以外にも、スマホ・歯ブラシといった日常生活でよく使用するモノや、空気清浄機・UVライトといった除菌グッズのキーワードも、併せて検索されています。 また、アルコールやウェットティッシュ、除菌スプレーの商品名での掛け合わせ検索も、非常に多くされており、各商品の除菌効果を調べようとする動きと推測できます。

次は、属性別マップを見ていきます。こちらの属性別マップでは、縦軸を「年齢」、横軸を「性別」として、「除菌」とともに検索されたキーワードをマッピングしています。

分析ツール:「Dockpit」、調査期間:2020年3月~2021年2月、対象デバイス:PC、スマートフォン

まず、マップの右下にあたる若年層の女性は「赤ちゃん」や「哺乳瓶」「スポンジ」など子供に関するキーワードが多く検索されています。

最近、日本国内でも拡大し始めている変異種は感染力が強く、子供にも感染しやすいとされており、今後はさらに子供の感染予防に関わるキーワードの検索が増えるかもしれません。

また、「マイオックス」といった聞き馴染みのないキーワードが高齢の男性によって検索されていました。これはMIOX Virus Buster Water (マイオックス ウイルス バスター ウォーター)のことであり、電解水による除菌剤です。アルコールを使わないかたちの除菌方法について気にしている方も多いと考えられます。

閲覧ページの特徴は?

最後に、検索者が流入したサイトを見ていきましょう。流入サイトの上位5サイトはこちらです。

分析ツール:「Dockpit」、調査期間:2020年3月~2021年2月、対象デバイス:PC、スマートフォン

Amazonと楽天市場などへの流入が非常に多くなっています。

それでは、実際にどのようなページが閲覧されたのか確認していきましょう。下の図は流入ページをランキングにしたものです。

分析ツール:「Dockpit」、調査期間:2020年3月~2021年2月、対象デバイス:PC、スマートフォン

「除菌」・「殺菌」・「抗菌」といった言葉の違いを解説したページや、新型コロナウイルスを除菌する方法などを紹介するページの訪問者数が多くなっていました。

まとめ

本稿では、ここまで「除菌」をキーワードに、きれい好きの人の関心の行方を探ってきました。
その結果、きれい好きな人は主婦層に多く、特に日常生活でよく使うものの除菌や、除菌グッズの使用効果に強い関心を寄せていることが分かりました。

また、新型コロナウイルスによって、人々は常に目に見えない敵と戦う日々になりましたが、除菌は人々の感染予防のために非常に重要な役割を果たしています。

コロナ収束の道が未だ見えない中で、今後も「除菌」は重要なキーワードとなるでしょう。

【調査概要】
・全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報にもとづき分析
・行動ログ分析対象期間:2020年3月〜2021年2月の検索流入データ
※ボリュームはヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測
※対象デバイス:PC・スマートフォンの両デバイス

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

2021年4月ヴァリューズに新卒入社。
大学でデータ分析について学びながら、ヴァリューズでインターンとして働いていました。

関連する投稿


FX各社サイトのアクセス数はどれくらい?トップ3のSEOを分析

FX各社サイトのアクセス数はどれくらい?トップ3のSEOを分析

Webログをもとに、FXの口座数上位3社のWebサイトの集客構造、キャンペーンやSEO施策を調査しました。検索流入に強いのは、外為どっとコム。SEO施策は、一般ワードからの流入と初心者向けコンテンツの充実化がポイントになりそうです。


タイパ家電を代表する「食洗器」と「ロボット掃除機」~ 検索データから時短家電のニーズを探る

タイパ家電を代表する「食洗器」と「ロボット掃除機」~ 検索データから時短家電のニーズを探る

タイパ(タイムパフォーマンス)の意識は日常の家事を行う中でも高まっていると考えられ、限られた時間をうまく活用するため注目を集めているのが『時短家電』です。今回は、『時短家電(タイパ家電)』の代表とも言える「食洗機」と「ロボット掃除機」について、生活者のニーズを検索データから調査しました。


2大比較サイト「mybest」「価格.com」、商材ごとの使い分けとは?

2大比較サイト「mybest」「価格.com」、商材ごとの使い分けとは?

複数の商品を比較検討する際に役立つ比較サイトですが、商材によって、比較サイト間での使い分けは起きているのでしょうか。今回はWeb行動ログデータを用いて、利用者の多い「mybest」と「価格.com」それぞれに対する生活者のニーズを徹底分析します。


From Gen Z to seniors! Commonalities and differences in how they select rental property

From Gen Z to seniors! Commonalities and differences in how they select rental property

COVID has dramatically changed how we live and work. What are people looking for in a new place when starting a “new chapter” in their life? With some Gen Z are old enough to live on their own, how has preferences for housing changed? We researched preferences by generation when it comes to rental property.


「怠け者経済」下の中国で、人気を集める日用品を調査

「怠け者経済」下の中国で、人気を集める日用品を調査

中国では多忙な日々の中、家で休める時間はますます貴重なものとなり、「怠け者経済」と呼ばれる新しい消費スタイルが流行しています。家事などにおいても、時間と労力をいかに節約するかが重要視されているのです。 マナミナでも、過去に怠け者経済下の美容や家電トレンドについて取り上げてきました。本記事では「日用品」に注目し、現代中国の「怠け者経済」が産んだ新しい日用品トレンドについて紹介します。


最新の投稿


レンタカー予約数が前年の7倍に!EV利用意向は?注目の「中国ドライブ旅行」市場を調査

レンタカー予約数が前年の7倍に!EV利用意向は?注目の「中国ドライブ旅行」市場を調査

コロナ禍の感染防止ニーズを受け、中国のドライブ旅行市場は急成長を遂げました。そのトレンドは、コロナが落ち着きつつある現在も続いているようです。今回は、今後も市場成長が期待される中国ドライブ旅行をテーマに、車選びの重視点など、生活者の実態を調査しました。


旅行業の目覚ましい復活!中国のGW「五一假期」を調査

旅行業の目覚ましい復活!中国のGW「五一假期」を調査

2023年4月29日から5月3日にかけて、中国では「五一假期」と呼ばれる連休がありました。今年の「五一假期」では、コロナ禍が収束して初の大型連休ということもあり、旅行業の著しい復活が注目されています。 本記事では「五一假期」における中国の国内、海外旅行業について紹介していきます。


競合サイト分析に使えるツール12選(無料版も!)

競合サイト分析に使えるツール12選(無料版も!)

無料から有料まで競合サイト分析に使えるツールをまとめました。SEO対策や広告出稿の方法はさまざまですが、競合するサイトをベンチマークとして、自社サイトよりも優れている点やその要因を分析することも有効です。特にSEO対策を目的とした競合分析にあたっての考え方、競合分析に使えるツールを紹介します。


「ショート動画×EC」の先陣を切る「7sGood」。アーリーアダプターのペルソナとニーズを調査

「ショート動画×EC」の先陣を切る「7sGood」。アーリーアダプターのペルソナとニーズを調査

コロナ禍でオンラインショッピングが勢いづく中、「ショート動画×EC」というコンセプトで、あるプラットフォームが新たに注目を集めていることをご存知ですか?そのサービスが、2021年にローンチしたばかりの「7sGood」。動画による商品紹介がわかりやすく、品質の透明性が高い上に、中間マージンの削減による低価格を実現しています。今回はそんな次世代ECのアプリ利用者に注目し、どんなユーザーがいち早く7sGoodを利用しているのか調査します。


ソサイエタルマーケティングとは ~ 世間と慈善とNPO

ソサイエタルマーケティングとは ~ 世間と慈善とNPO

マーケティングに携わるものとして、消費者生活の質の向上と社会全体の利益向上を目指すことは当たり前のことでしょう。しかし「利便性」だけを追い求めるマーケティングが暴走しては、真のソサイエタルマーケティングには辿り着けません。ソサイエタルマーケティングとは、ソーシャルマーケティングの発展形であり、社会との関わりを基本に置くマーケティングの概念です。自然的・生態的・社会的影響を考慮し、顧客のニーズに基づくこれからのマーケティングであるソサイエタルマーケティングを、「世間・慈善・NPO」などのキーワードを紐解いた上で、CSR活動と企業イメージの向上との関係性もふくめ、株式会社創造開発研究所所長を務める渡部数俊氏が解説します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

ページトップへ