「除菌」ワードの検索者は何を気にしている?コロナによる衛生意識の高まりを調査

「除菌」ワードの検索者は何を気にしている?コロナによる衛生意識の高まりを調査

新型コロナウイルスの流行によって、高まる消費者の衛生意識。コロナ禍で消費者は一体どんなことを気にしているのでしょうか?本稿では、「除菌」と検索した人のデータをWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」を使って調査。きれい好きな人の実態について、掛け合わせキーワードや閲覧ページなどからインサイトを探ります。


コロナウイルスが世界中で流行し始めてから、はやくも1年が経過しました。消費者の生活や意識はコロナの流行とともに変化しています。

たとえば手洗い習慣は、新型コロナウイルスが蔓延してから、より意識的に行われるようになったのではないでしょうか。コロナウイルスによって衛生意識が高まったことで、特にきれい好きの方は、以前よりも一層除菌に対する関心が高まったと思います。

今回は、そんなきれい好きの方がどのようなことに関心があるのかを探るべく、ネット行動ログ分析ツールの「Dockpit(ドックピット)」を使って、「除菌」をキーワードに分析していきます。

コロナ禍で増える「除菌」検索数の推移

まずは、過去2年間の「除菌」検索者のユーザー数推移を見ていきます。

分析ツール:「Dockpit」、分析期間:2019年3月〜2021年2月、対象デバイス:PC、スマートフォン

グラフを見ると、コロナウイルスが日本でも流行し始めた2020年2月になってから、「除菌」の検索者数が急激に伸び、最初に緊急事態宣言が発令された2020年4月にピークに到達しています。その後は、急激な検索者数の増加は見られませんが、コロナウイルスが流行する前と比較すると、2倍程度の検索者数で推移しています。

「除菌」検索ユーザーはどんな人?

次に、「除菌」検索ユーザーの属性を見ていきましょう。

こちらは、新型コロナが蔓延した2020年3月以降の、「除菌」検索ユーザーの性別比と年齢比を示したグラフです。

分析ツール:「Dockpit」、調査期間:2020年3月~2021年2月、対象デバイス:PC、スマートフォン

性別比は男性41.9%、女性58.1%と、女性の比率が高くなっています。また、年代を見ると、特に40代・50代といった世代が、「除菌」をアクティブに検索していることが分かります。これは家庭内の感染を予防するために、主婦層の方などが積極的に「除菌」を検索した結果だと予測できます。


検索ユーザーの居住都道府県の傾向は、どのようになっているでしょうか。こちらは、都道府県ごとの検索量を色分けで表した図です。

分析ツール:「Dockpit」、調査期間:2020年3月~2021年2月、対象デバイス:PC、スマートフォン

一都三県をはじめ、北海道・愛知・大阪・兵庫・福岡といった、いずれも感染者が多いエリアで検索量が多くなっています。感染者の多い地域ほど、コロナに対する危機感を持っていると言えます。

よく検索される掛け合わせキーワードは?

続いては、「除菌」と併せて、どのようなキーワードが検索されたのかを見ていきましょう。下の表は「除菌」と掛け合わせて検索されたキーワードを、検索ユーザー数の多い順にランキングにしたものです。

分析ツール:「Dockpit」、調査期間:2020年3月~2021年2月、対象デバイス:PC、スマートフォン

「除菌」と掛け合わせて検索されたキーワードの第1位は「アルコール」でした。除菌の手段として、人々が真っ先に「アルコール」を思い浮かべていると言えます。一方、9位には「ノンアルコール」がランクイン。アルコールに対してアレルギーを持っていたりするなど、アルコールではない方法で除菌を考えている人の検索ニーズと考えられそうです。

続いて、第2位は「コロナ」です。「除菌」と「コロナ」を掛け合わせて検索する人の数は、第1位の「アルコール」に引けを取らず、第3位以降を大きく引き離す結果となっています。この結果は、コロナウイルスという新たな感染症を防止するために、多くの人が様々な生活シーンで「除菌」を心掛けている裏付けとなりそうです。

また、第3位には「スプレー」がランクインしました。「除菌」の方法として服や寝具など、お家で手軽にシュッシュして除菌できることから、スプレータイプを好んでいる人が多いのかもしれません。

さらに、第4位は「マスク」です。コロナウイルス流行当初は、使い捨てのマスクが当たり前でしたが、最近では、洗って繰り返し使えるタイプのマスクが一般的になりつつあります。そんなこともあり、繰り返し使うマスクの「除菌」方法が気になり、検索する人々が多くなっていると考えられます。

そして、第5位は「加湿器」です。一般的にウイルスは乾燥した環境で感染力が高まるとされており、コロナ対策として「加湿器」は非常に売り上げを伸ばしています。そんな中、「加湿器」の手入れを怠ると肺炎になるというニュースが話題となっており、その影響を受け「加湿器」の除菌方法を積極的に検索していると考えられます。

上記以外にも、スマホ・歯ブラシといった日常生活でよく使用するモノや、空気清浄機・UVライトといった除菌グッズのキーワードも、併せて検索されています。 また、アルコールやウェットティッシュ、除菌スプレーの商品名での掛け合わせ検索も、非常に多くされており、各商品の除菌効果を調べようとする動きと推測できます。

次は、属性別マップを見ていきます。こちらの属性別マップでは、縦軸を「年齢」、横軸を「性別」として、「除菌」とともに検索されたキーワードをマッピングしています。

分析ツール:「Dockpit」、調査期間:2020年3月~2021年2月、対象デバイス:PC、スマートフォン

まず、マップの右下にあたる若年層の女性は「赤ちゃん」や「哺乳瓶」「スポンジ」など子供に関するキーワードが多く検索されています。

最近、日本国内でも拡大し始めている変異種は感染力が強く、子供にも感染しやすいとされており、今後はさらに子供の感染予防に関わるキーワードの検索が増えるかもしれません。

また、「マイオックス」といった聞き馴染みのないキーワードが高齢の男性によって検索されていました。これはMIOX Virus Buster Water (マイオックス ウイルス バスター ウォーター)のことであり、電解水による除菌剤です。アルコールを使わないかたちの除菌方法について気にしている方も多いと考えられます。

閲覧ページの特徴は?

最後に、検索者が流入したサイトを見ていきましょう。流入サイトの上位5サイトはこちらです。

分析ツール:「Dockpit」、調査期間:2020年3月~2021年2月、対象デバイス:PC、スマートフォン

Amazonと楽天市場などへの流入が非常に多くなっています。

それでは、実際にどのようなページが閲覧されたのか確認していきましょう。下の図は流入ページをランキングにしたものです。

分析ツール:「Dockpit」、調査期間:2020年3月~2021年2月、対象デバイス:PC、スマートフォン

「除菌」・「殺菌」・「抗菌」といった言葉の違いを解説したページや、新型コロナウイルスを除菌する方法などを紹介するページの訪問者数が多くなっていました。

まとめ

本稿では、ここまで「除菌」をキーワードに、きれい好きの人の関心の行方を探ってきました。
その結果、きれい好きな人は主婦層に多く、特に日常生活でよく使うものの除菌や、除菌グッズの使用効果に強い関心を寄せていることが分かりました。

また、新型コロナウイルスによって、人々は常に目に見えない敵と戦う日々になりましたが、除菌は人々の感染予防のために非常に重要な役割を果たしています。

コロナ収束の道が未だ見えない中で、今後も「除菌」は重要なキーワードとなるでしょう。

【調査概要】
・全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報にもとづき分析
・行動ログ分析対象期間:2020年3月〜2021年2月の検索流入データ
※ボリュームはヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測
※対象デバイス:PC・スマートフォンの両デバイス

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

2021年4月ヴァリューズに新卒入社。
大学でデータ分析について学びながら、ヴァリューズでインターンとして働いていました。

関連する投稿


中国における洗濯・ボディケアのトレンドとは?「身の周り」に関する調査レポート

中国における洗濯・ボディケアのトレンドとは?「身の周り」に関する調査レポート

洗濯アイテム、お風呂用品など、消費者がどんな日用品を好んでいるのかを把握するのは、中国でのビジネスを考える上で重要です。今回は、そんな中国消費者の「身の回り」に注目し、現在のトレンドを調査しました。(ページ数|25ページ)


BTS初心者が「推し活ファン」に定着する過程を行動ログデータから調査してみた

BTS初心者が「推し活ファン」に定着する過程を行動ログデータから調査してみた

2013年にデビューし、2019年頃から2021年にかけて日本国内のみならず世界中を席巻したBTS。 では、BTSに関心を持ち始めた人はどのようにして推し活をするようなコアファンとして定着していくのか?今回は、2019年の時点でBTS初心者と思われるユーザーを検索行動から類推し、その後3年間のWeb行動分析から、ファン定着のシナリオを推察します。


2022年上半期「バズりワード」を発表!北京五輪、大人様ランチ、povo2.0などの検索数が急上昇

2022年上半期「バズりワード」を発表!北京五輪、大人様ランチ、povo2.0などの検索数が急上昇

2022年も既に半分が経過しました。上半期も色々な出来事がありましたが、どのようなコトやモノ、人などが話題になったのでしょうか。検索数が急上昇したワードを振り返り、2022年上半期のトレンドを分析しました。


【事例集】3C分析を具体的に解説!テンプレートよりも簡単なやり方

【事例集】3C分析を具体的に解説!テンプレートよりも簡単なやり方

3C分析とは、市場・顧客、自社、競合の3つの視点から対象を分析し、マーケティング戦略を考える手法の一つです。しかし、「具体的に分析をイメージできない」、「テンプレートで上手く進められない」方もいるかもしれません。 本記事では、3C分析の目的やメリット、具体的な事例集、テンプレートより簡単なやり方を解説します。とくにWebサイトの分析にお困りの方は、最後までお読みください。


【調査リリース】2022夏の旅行トレンド全国調査 ~ 夏の国内旅行予定はコロナ前水準に回復、 旅先に求めるのは“定番の観光スポット”

【調査リリース】2022夏の旅行トレンド全国調査 ~ 夏の国内旅行予定はコロナ前水準に回復、 旅先に求めるのは“定番の観光スポット”

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸、以下「ヴァリューズ」)は、国内の20歳以上の男女7,632人を対象に、今夏の旅行予定に関する消費者アンケート調査を実施しました。またヴァリューズが保有する約250万人の独自消費者パネルを活用したインターネット行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使用して、消費者の旅行動向を分析しました。


最新の投稿


コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年8月版)|ホワイトペーパー

コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年8月版)|ホワイトペーパー

国内外のSEO対策・SNSでの集客法など、コンテンツマーケティングに関する最新情報をまとめてご紹介。検索順位に影響する指標とは?TikTokの今後は?コンテンツマーケター必見のレポートを、毎月お届けします。


競合分析を効果的に活用するためのポジショニングマップの作り方

競合分析を効果的に活用するためのポジショニングマップの作り方

競合分析を経てマーケティング戦略を立案するには、自社が市場のどのポジションを狙うかが大事。「ポジショニングマップ」は、市場のどの分野で自社の競争優位を確立するか整理するのに役立つツール。今回はポジショニングマップの基本から作り方までを解説します。


中国における洗濯・ボディケアのトレンドとは?「身の周り」に関する調査レポート

中国における洗濯・ボディケアのトレンドとは?「身の周り」に関する調査レポート

洗濯アイテム、お風呂用品など、消費者がどんな日用品を好んでいるのかを把握するのは、中国でのビジネスを考える上で重要です。今回は、そんな中国消費者の「身の回り」に注目し、現在のトレンドを調査しました。(ページ数|25ページ)


実例でイメージを掴む!競合調査の事例集

実例でイメージを掴む!競合調査の事例集

競合調査の必要性やツールを使った分析の話は聞いていても、そのメリットや実際のイメージが湧かない方も多いのではないでしょうか。膨大なWeb行動ログデータ等を元に各社のユーザー属性や集客構造を把握したり、自社との差分を洗い出して改善施策に活かした例など、具体的な事例をご紹介していきます


「マスク」をめぐって ~ 少子化・行動経済学

「マスク」をめぐって ~ 少子化・行動経済学

米国の起業家でありテスラ最高経営責任者のイーロン・マスク氏の日本に対するツイートが話題になり、改めて浮き彫りになった日本の少子化問題。また、新型コロナウイルスの予防対策の1つであるマスク着用をめぐっては、世論でも様々な意見が見られます。2つの「マスク」をめぐって、広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が考察します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら