コロナ影響による中国での食スタイルの変化|中国トレンド調査

コロナ影響による中国での食スタイルの変化|中国トレンド調査

中国での食スタイルは、新型コロナウイルスの影響を受けて大きく変化しました。例えば、昔では大人数で外食をする人が多かったのですが、最近では一人で食事するスタイルに変わりつつあります。本稿では、このようなコロナ後の中国人の食スタイルの変化についてみていきます。


コロナの影響によって、中国人の食スタイルが大きく変化しました。2月12日に、中国では春節(旧正月)を迎えましたが、例年とは異なる春節の食事スタイルが見られました。

中国では、大晦日にリユニオン・ディナーが開催され、家族が集まってお祝いする伝統があります。例年であれば、家で手作りの豪華料理あるいはレストランで正月料理を楽しむのが一般的ですが、今年はコロナの影響で、レトルト正月料理や出前のおせち料理が人気だったようです。

「2021年全国オンラインお正月ショッピングフェスティバル」において、レトルト正月料理は最も売れ行きが良く、また、中国国家テレビ局の報道によれば、レトルト正月料理の売上は前年同期より375.6%増加したことが分かりました。

レトルト正月料理の売上の前年同期比

このようなリユニオン・ディナーにおける変化以外にも、中国では外食するスタイルから発熱剤入りのレトルト食品に頼るスタイルへの変化、家族と楽しく食卓を囲む共食スタイルから一人で食事をする一人食のスタイルへの変化、さらに食材調達の際にスーパーや八百屋の利用から食材宅配の利用への変化などが見られます。

外食から発熱式レトルト食品へ

コロナの影響で、一時的に売れ切れ騒ぎにもなったほど、発熱式レトルト食品は一年ほど前から爆発的な人気を得ました。

淘宝(タオバオ)のデータによれば、「発熱式火鍋」や「発熱式ご飯」などの発熱式レトルト食品を生産するメーカー数は既に1000を超え、インスタント食品の七分の一を占めています。また、発熱式レトルト食品のバラエティも2020年年始より大幅に増え、「発熱式火鍋」のような定番商品以外には、「発熱式焼き魚」や「発熱式マーラータン」、「発熱式サムゲタン」などもあります。

春節期間に帰省を自粛した1億越えの人々の中には、正月料理の代わりに、リユニオン・ディナーとして発熱式レトルト食品を選択した人もいました。

1月20日に、20万人近くが中国のECサイトである「天猫(Tmall)」や「淘宝(タオバオ)」で発熱式火鍋を購入し、前年同期より10倍も人数が増えました。また、中国最大の検索エンジンである「百度」の正月用品の検索データからも、発熱式食品は特に90後(1990年代生まれの世代)に人気があることがうかがえます。

百度2021年の正月用品の検索データ

発熱式インスタント食品の市場は特にここ数年で格段に大きく成長し、今後もさらに成長する見込みです。

2018年設立のインスタント火鍋専門の食品会社である「自嗨锅」は、2020年に開催された「無辺界小売増加連盟消費者サミット」において、以下のデータを公開しました。

自嗨锅の商品は2018年に天猫(Tmall)で発売されてから第3四半期までに1億元(約16.7億円)以上を売れ、2019年の年間売上高は5億元超(約83.4億円)、さらに2020年上期の売上高は6億元(約100億円)を超えました。

全体から見ても、発熱式レトルト食品の市場規模は年々大きくなっています。2017年の市場規模は既に22.5億元(約375.2億円)に達し、2019年ともなると、その市場規模は約35億元(約583.7億円)に達しました。さらに広発証券は、発熱式インスタント食品業界の市場規模は5〜7年後に150億元(約2501.4億円)となる可能性があると予測しています。

自嗨鍋の商品

共食から一人食へ

前述のように、レトルト正月料理が今年のブームになりました。4人前や6人前以上のレトルト正月料理もある中、特に大都市に住む若者を中心に、1〜2人前のディナーセットが最もよく売れています。

実のところ、近年中国では一人食が流行りつつあります。中国の無人スマートコンビニ「便利蜂(Bianlifeng)」の責任者によると、1人前の惣菜などの商品は量の多いものより売れやすく、顧客に人気があります。そのため、「便利蜂(Bianlifeng)」では、1人前の弁当や惣菜はもちろん、ワインなどのアルコール類もミニサイズを販売するようにしています。また、中国のグルメアプリでは、「一人食」は最も投稿数の多いハッシュタグの一つです。

一人食が盛んになった理由として、まず独身者の増加が挙げられます。中華人民共和国民政部のデータによれば、2018年に中国における独身者は2.4億人もいます。さらに、そのうちの7700万人は一人暮らしをしています。
そのため、一人食の需要は一人暮らしの独身者と比例して増加しました。

また、コロナの影響も一人食ブームを推進する要因であると考えられます。コロナウイルスの感染拡大を受け、中国では長い間外出を自粛していました。従って、友人と外食する機会も減り、独身者だけでなく、一人暮らしの非独身者も一人で食事をすることが多くなりました。

スーパー・八百屋から食材宅配へ

昨年、中国ではコロナ対策として、多くの地域においてロックダウン(都市封鎖)が実施され、住民は外出を禁止されました。それを機に、一度落ち込んだ食材宅配事業が拡大され、食材宅配サービスを提供する企業も急激に増加しました。

WeChatミニプログラムのデータによれば、昨年お正月の期間に、食材宅配の利用回数は前年同期比149%増加しました。また、昨年9月のiResearchのデータによると、2020年の食材宅配市場は急成長を果たし、その市場規模は720億元(約1兆1996億円)になる見込みでした。

日本の食材宅配サービスとは異なり、中国では公式サイトではなく、WeChatのミニプログラムを利用して食材宅配サービスを提供する会社に注文し、その翌日に、商品は会社の配達員から指定された場所に届くという、中国らしい形を取っています。

また、ミニプログラムで販売されている商品の種類もとても多いです。例えば、食材宅配大手の「興盛優選」では、野菜・果物や家電などを含めた、24カテゴリーの商品を購入することができます。ニールセン社の調査によれば、このような状況の中、中国の消費者は「引きこもり」になりつつあります。89%の中国消費者は食材や日用品を購入する際に、宅配サービスを優先することを表明しました。

食材配達ミニプログラムの注文画面

まとめ

コロナの影響を受けて、中国における食スタイルは大きく変わりました。コロナ終息後に、外出・外食はまた増えると予測されていますが、発熱式インスタント食品や一人食、食材宅配サービスは、今後もある程度定着することになるでしょう。

<参考文献>
「中法双语| 新冠疫情会彻底改变人们的饮食习惯吗?」
https://www.sohu.com/a/389785613_784699
「“半成品年夜饭”也能吃出“年的味道”」
http://k.sina.com.cn/article_1914035620_7215dda401900slhv.html
「春节将近 这有一桌“外卖年夜饭”可预订」
http://k.sina.com.cn/article_213815211_m0cbe8fab020014qvu.html
「[共同关注]新年有新味:就地过年 如何过出年味? 年味新潮流:吃饱喝足的“懒人”年夜饭」
http://tv.cctv.com/2021/02/03/VIDEdcazW4LEfUtyUXBW0pui210203.shtml
「1天20万单!自热食品成最火年货?」
https://www.sohu.com/a/452518561_120904652
「自热食品加速出圈:“一人食”消费群体激增 生意火爆」
http://finance.sina.com.cn/chanjing/cyxw/2020-08-13/doc-iivhuipn8456621.shtml
「新冠疫情下“社区团购”成为居民食材采购的首选」
https://www.sohu.com/a/376278332_99890760
「社区团购大步走进百姓生活」
https://k.sina.com.cn/article_2618638282_9c153fca02000v701.html?from=news&subch=onews
「谁撑大了自热食品的百亿市场?」
https://36kr.com/p/950970052455304
「40亿自热食品市场,只因“网红”?」
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1667378712309642696&wfr=spider&for=pc
「“社区团购,我们不干了!”」
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1686203399855039878&wfr=spider&for=pc
「巨头加码、资本角逐,重燃活力的社区团购能走多远?」
http://nreone.com/html/latoutiao/2020-03-06/1691.html
「今天你“团菜”了吗? “封城”下的社区团购新零售模式」
https://iesr.jnu.edu.cn/62/59/c17210a483929/page.psp

この記事のライター

中国出身の留学生。立教大学大学院に在学中。

関連する投稿


中国都市部在住男性のカラダに関する悩みと対策法を調査 ~ 髪・頭皮・肌・オーラルケアの悩みには医食同源で対策

中国都市部在住男性のカラダに関する悩みと対策法を調査 ~ 髪・頭皮・肌・オーラルケアの悩みには医食同源で対策

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、中国都市部在住の男性600人を対象にアンケートを実施し、中国都市部の男性が抱えるカラダの悩みおよびその悩みを改善するための意識と行動を調査しました。


【急上昇サイトから探るトレンド】リニューアルした湖池屋ポテチがSNSキャンペーンで大人気に

【急上昇サイトから探るトレンド】リニューアルした湖池屋ポテチがSNSキャンペーンで大人気に

2021年2月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/dockpit/" target="_blank">Dockpit(ドックピット)</a>」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はDockpitを使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


いま、中国で「ウルトラマン」が熱い|中国トレンド調査

いま、中国で「ウルトラマン」が熱い|中国トレンド調査

2020年、中国最大のECサイト「タオバオ(淘宝網/Taobao)」の人気商品TOP10の中で、日本のアニメキャラクター「ウルトラマン」がランクインしました。また、「ウルトラマン」がタオバオで2億回を超える検索回数を獲得し、2000年代初期の「ウルトラマン」ブームが再び到来することとなりました。現在、1989年〜2019年の間で次々と誕生した「ウルトラ兄弟」が中国で幅広い年齢層から支持されています。ここでは、中国における「ウルトラマン」ブームについて考察し、ウルトラマンの海外進出の実態に迫ります。


2021年 中国の春節から見た新たな消費 ~ EC購入品|中国トレンド調査

2021年 中国の春節から見た新たな消費 ~ EC購入品|中国トレンド調査

2月は、中国で最も大切で伝統的な祝日である春節(旧正月)がありました。しかし、今年の春節は、今までとは異なる過ごし方をした人がたくさんいました。新型コロナウイルスの再拡大への警戒から政府が「居住地で春節を迎えて」と帰省自粛を呼びかけており、家族と一緒に春節を過ごすことができないため、ECを利用して実家にいる両親にプレゼントを贈る人が増えていました。また、中国人は、春節(旧正月)の長い休みに際し、何らかの手土産を持って目上の人へ挨拶に伺う「拝年」という習慣があるため、今年はインターネットを活用してこの習慣を続ける人も多くいました。ここでは、春節のECショッピングブームの中でよく買われたもの、流行ったものについて紹介したいと思います。


中国の主要越境ECサイト9選〜CtoCから共同購入まで注目プラットフォームを解説!

中国の主要越境ECサイト9選〜CtoCから共同購入まで注目プラットフォームを解説!

「618」や「W11」等のキャンペーンで大きな売り上げが報じられる中国越境EC。サイト・プラットフォームにはどのような種類があるのでしょうか。モール型、CtoC型などに越境ECを分類し、9つのプラットフォームを取り上げた上で特徴を解説します。


最新の投稿


Zoomのセキュリティ問題はどうなった?より安全に利用する方法は?

Zoomのセキュリティ問題はどうなった?より安全に利用する方法は?

現在ではWeb会議の定番ツールとなった「Zoom」ですが、普及当初はセキュリティ問題が話題となったのを覚えている方も多いでしょう。当時指摘されたセキュリティの問題と、より安心・安全にZoomを利用する方法について再確認します。


ネットの「急上昇ワード」に見る“今”のトレンドをリアルタイムに調べる方法

ネットの「急上昇ワード」に見る“今”のトレンドをリアルタイムに調べる方法

日々入れ替わるネットの「急上昇ワード」は、新たなトレンドや今何が流行っているかを表すシグナルです。Yahoo!やGoogleなど検索エンジンの「急上昇ワード」を確認する方法や、Twitterのリアルタイムトレンドの仕組みを確認しましょう。「急上昇ワード」は中長期の流行に先行して現れることがあり、マーケティング関係者であればアンテナを張っておきたい情報。本サイト「マナミナ|まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン」でも継続的に調査レポートを出しています。


マーケターはYouTubeに注目している?マーケ系主要メディアのTop5を調査【21年3月】

マーケターはYouTubeに注目している?マーケ系主要メディアのTop5を調査【21年3月】

その月のマーケター向け注目トピックを厳選してお届けする企画「マナミナ編集部が選ぶ今月のマーケティングトピック」。各メディアでは、どのような記事が閲覧数を伸ばしたのでしょうか。調査ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/dockpit/" target="_blank">Dockpit</a>」を使ってマーケター向けビジネスメディア「マーケジン」「日経クロストレンド」「DIGIDAY」の人気コンテンツを調査するとともに、マナミナ編集部の注目記事もピックアップ。それぞれのテーマを紹介しながら、人気の要因を探ります。


シニアのWeb利用と購買行動に関するセミナーレポート

シニアのWeb利用と購買行動に関するセミナーレポート

日本の65歳以上の人口は既に約3600万人、総人口の約3割を占め、「シニアマーケット」はその存在感を大きくしており、シニアマーケティングも重要な課題となってきています。しかし一方で、シニアがどのようにWebを活用しているのか、商品の購入にあたってどのような形で情報を収集しているのかといった情報は、明らかになっていません。そこで、シニアのWebでの情報収集の仕方や商品購入の仕方について調査を行い、2021年4月9日にセミナーを開催しました。※詳細なセミナー資料は無料でダウンロードできます。記事末尾のフォームよりお申し込みください。


中国都市部在住男性のカラダに関する悩みと対策法を調査 ~ 髪・頭皮・肌・オーラルケアの悩みには医食同源で対策

中国都市部在住男性のカラダに関する悩みと対策法を調査 ~ 髪・頭皮・肌・オーラルケアの悩みには医食同源で対策

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、中国都市部在住の男性600人を対象にアンケートを実施し、中国都市部の男性が抱えるカラダの悩みおよびその悩みを改善するための意識と行動を調査しました。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング