コロナ影響による中国での食スタイルの変化|中国トレンド調査

コロナ影響による中国での食スタイルの変化|中国トレンド調査

中国での食スタイルは、新型コロナウイルスの影響を受けて大きく変化しました。例えば、昔では大人数で外食をする人が多かったのですが、最近では一人で食事するスタイルに変わりつつあります。本稿では、このようなコロナ後の中国人の食スタイルの変化についてみていきます。


コロナの影響によって、中国人の食スタイルが大きく変化しました。2月12日に、中国では春節(旧正月)を迎えましたが、例年とは異なる春節の食事スタイルが見られました。

中国では、大晦日にリユニオン・ディナーが開催され、家族が集まってお祝いする伝統があります。例年であれば、家で手作りの豪華料理あるいはレストランで正月料理を楽しむのが一般的ですが、今年はコロナの影響で、レトルト正月料理や出前のおせち料理が人気だったようです。

「2021年全国オンラインお正月ショッピングフェスティバル」において、レトルト正月料理は最も売れ行きが良く、また、中国国家テレビ局の報道によれば、レトルト正月料理の売上は前年同期より375.6%増加したことが分かりました。

レトルト正月料理の売上の前年同期比

このようなリユニオン・ディナーにおける変化以外にも、中国では外食するスタイルから発熱剤入りのレトルト食品に頼るスタイルへの変化、家族と楽しく食卓を囲む共食スタイルから一人で食事をする一人食のスタイルへの変化、さらに食材調達の際にスーパーや八百屋の利用から食材宅配の利用への変化などが見られます。

外食から発熱式レトルト食品へ

コロナの影響で、一時的に売れ切れ騒ぎにもなったほど、発熱式レトルト食品は一年ほど前から爆発的な人気を得ました。

淘宝(タオバオ)のデータによれば、「発熱式火鍋」や「発熱式ご飯」などの発熱式レトルト食品を生産するメーカー数は既に1000を超え、インスタント食品の七分の一を占めています。また、発熱式レトルト食品のバラエティも2020年年始より大幅に増え、「発熱式火鍋」のような定番商品以外には、「発熱式焼き魚」や「発熱式マーラータン」、「発熱式サムゲタン」などもあります。

春節期間に帰省を自粛した1億越えの人々の中には、正月料理の代わりに、リユニオン・ディナーとして発熱式レトルト食品を選択した人もいました。

1月20日に、20万人近くが中国のECサイトである「天猫(Tmall)」や「淘宝(タオバオ)」で発熱式火鍋を購入し、前年同期より10倍も人数が増えました。また、中国最大の検索エンジンである「百度」の正月用品の検索データからも、発熱式食品は特に90後(1990年代生まれの世代)に人気があることがうかがえます。

百度2021年の正月用品の検索データ

発熱式インスタント食品の市場は特にここ数年で格段に大きく成長し、今後もさらに成長する見込みです。

2018年設立のインスタント火鍋専門の食品会社である「自嗨锅」は、2020年に開催された「無辺界小売増加連盟消費者サミット」において、以下のデータを公開しました。

自嗨锅の商品は2018年に天猫(Tmall)で発売されてから第3四半期までに1億元(約16.7億円)以上を売れ、2019年の年間売上高は5億元超(約83.4億円)、さらに2020年上期の売上高は6億元(約100億円)を超えました。

全体から見ても、発熱式レトルト食品の市場規模は年々大きくなっています。2017年の市場規模は既に22.5億元(約375.2億円)に達し、2019年ともなると、その市場規模は約35億元(約583.7億円)に達しました。さらに広発証券は、発熱式インスタント食品業界の市場規模は5〜7年後に150億元(約2501.4億円)となる可能性があると予測しています。

自嗨鍋の商品

共食から一人食へ

前述のように、レトルト正月料理が今年のブームになりました。4人前や6人前以上のレトルト正月料理もある中、特に大都市に住む若者を中心に、1〜2人前のディナーセットが最もよく売れています。

実のところ、近年中国では一人食が流行りつつあります。中国の無人スマートコンビニ「便利蜂(Bianlifeng)」の責任者によると、1人前の惣菜などの商品は量の多いものより売れやすく、顧客に人気があります。そのため、「便利蜂(Bianlifeng)」では、1人前の弁当や惣菜はもちろん、ワインなどのアルコール類もミニサイズを販売するようにしています。また、中国のグルメアプリでは、「一人食」は最も投稿数の多いハッシュタグの一つです。

一人食が盛んになった理由として、まず独身者の増加が挙げられます。中華人民共和国民政部のデータによれば、2018年に中国における独身者は2.4億人もいます。さらに、そのうちの7700万人は一人暮らしをしています。
そのため、一人食の需要は一人暮らしの独身者と比例して増加しました。

また、コロナの影響も一人食ブームを推進する要因であると考えられます。コロナウイルスの感染拡大を受け、中国では長い間外出を自粛していました。従って、友人と外食する機会も減り、独身者だけでなく、一人暮らしの非独身者も一人で食事をすることが多くなりました。

スーパー・八百屋から食材宅配へ

昨年、中国ではコロナ対策として、多くの地域においてロックダウン(都市封鎖)が実施され、住民は外出を禁止されました。それを機に、一度落ち込んだ食材宅配事業が拡大され、食材宅配サービスを提供する企業も急激に増加しました。

WeChatミニプログラムのデータによれば、昨年お正月の期間に、食材宅配の利用回数は前年同期比149%増加しました。また、昨年9月のiResearchのデータによると、2020年の食材宅配市場は急成長を果たし、その市場規模は720億元(約1兆1996億円)になる見込みでした。

日本の食材宅配サービスとは異なり、中国では公式サイトではなく、WeChatのミニプログラムを利用して食材宅配サービスを提供する会社に注文し、その翌日に、商品は会社の配達員から指定された場所に届くという、中国らしい形を取っています。

また、ミニプログラムで販売されている商品の種類もとても多いです。例えば、食材宅配大手の「興盛優選」では、野菜・果物や家電などを含めた、24カテゴリーの商品を購入することができます。ニールセン社の調査によれば、このような状況の中、中国の消費者は「引きこもり」になりつつあります。89%の中国消費者は食材や日用品を購入する際に、宅配サービスを優先することを表明しました。

食材配達ミニプログラムの注文画面

まとめ

コロナの影響を受けて、中国における食スタイルは大きく変わりました。コロナ終息後に、外出・外食はまた増えると予測されていますが、発熱式インスタント食品や一人食、食材宅配サービスは、今後もある程度定着することになるでしょう。

<参考文献>
「中法双语| 新冠疫情会彻底改变人们的饮食习惯吗?」
https://www.sohu.com/a/389785613_784699
「“半成品年夜饭”也能吃出“年的味道”」
http://k.sina.com.cn/article_1914035620_7215dda401900slhv.html
「春节将近 这有一桌“外卖年夜饭”可预订」
http://k.sina.com.cn/article_213815211_m0cbe8fab020014qvu.html
「[共同关注]新年有新味:就地过年 如何过出年味? 年味新潮流:吃饱喝足的“懒人”年夜饭」
http://tv.cctv.com/2021/02/03/VIDEdcazW4LEfUtyUXBW0pui210203.shtml
「1天20万单!自热食品成最火年货?」
https://www.sohu.com/a/452518561_120904652
「自热食品加速出圈:“一人食”消费群体激增 生意火爆」
http://finance.sina.com.cn/chanjing/cyxw/2020-08-13/doc-iivhuipn8456621.shtml
「新冠疫情下“社区团购”成为居民食材采购的首选」
https://www.sohu.com/a/376278332_99890760
「社区团购大步走进百姓生活」
https://k.sina.com.cn/article_2618638282_9c153fca02000v701.html?from=news&subch=onews
「谁撑大了自热食品的百亿市场?」
https://36kr.com/p/950970052455304
「40亿自热食品市场,只因“网红”?」
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1667378712309642696&wfr=spider&for=pc
「“社区团购,我们不干了!”」
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1686203399855039878&wfr=spider&for=pc
「巨头加码、资本角逐,重燃活力的社区团购能走多远?」
http://nreone.com/html/latoutiao/2020-03-06/1691.html
「今天你“团菜”了吗? “封城”下的社区团购新零售模式」
https://iesr.jnu.edu.cn/62/59/c17210a483929/page.psp

この記事のライター

中国出身の留学生。立教大学大学院に在学中。

関連する投稿


中国で加熱するペットブーム。注目が集まる「ペット向けスマート家電」の動向を調査

中国で加熱するペットブーム。注目が集まる「ペット向けスマート家電」の動向を調査

近年、中国ではペットブームが巻き起こっており、ペットにかける金銭を惜しまない飼い主も多いです。感染症の流行下で需要が増えたことも影響し、ペット業界の市場規模は拡大の一途を辿っています。本記事では中国のペット業界の中で、関心が高まっている「スマート家電業界」を中心にご紹介します。


中国Z世代の調味料に対する新たなニーズは?❘ 中国トレンド調査

中国Z世代の調味料に対する新たなニーズは?❘ 中国トレンド調査

消費水準が高まるにつれて、現在中国における調味料業界が全体的に好調を見せています。2021年から新型コロナウイルスの影響を受けたものの、消費者は外食を控え、自炊比率が上がっため、中国の調味料業界の発展潜在力は依然として高いと言えます。一方、近年若者たちにとって、自宅で自炊することが幸福感を高めることから、料理は人気を増してきました。本記事では、中国の調味料業界の発展過程及び中国Z世代の調味料に対するニーズを解説していきます。


「手作り」需要の高まりの中でも「調味料」を手作りしたい人が増えている?!5大人気を調査

「手作り」需要の高まりの中でも「調味料」を手作りしたい人が増えている?!5大人気を調査

食品業界のマーケターや、新しいもの好きな人、ヘルスコンシャスな人に向けて、食品のトレンドを分析します。今回のテーマは「手作り調味料」。コロナ禍でおうち時間の充実を目指す人が増え、さまざまなものを「手作り」したい需要が高まっています。今回はそんな「手作り」の中でもとくに「手作り調味料」について検索している人が多いことから、その真のニーズを行動ログデータから検証し、市場を調査します。


外資に負けない強い化粧品ブランドを作るには?海外ブランドの戦略に見る日本の課題

外資に負けない強い化粧品ブランドを作るには?海外ブランドの戦略に見る日本の課題

韓国コスメや中国メイクがトレンドになる昨今。海外勢がめきめきと認知を上げる中、日本の化粧品ブランドはどう対抗していくべきなのでしょうか。各国の戦略と日本の現状とは。シャネルパリ本社でエグゼクティブメイクアップアーティストを務め、化粧品開発からコンサルティングに至るまで、世界を股にかけて活動する東風上尚江さんにお話を伺いました。


2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

ダブルイレブン(W11)とは、毎年<b>11月11日に中国で行われている独身の日を祝うイベント</b>です。2022年のダブルイレブンでは、ECプラットフォームや店舗などの関係者が売上高を伸ばすことに力を入れていました。その中で加盟店が示す戦況報告からは、中国のマーケットで、新しい産業やブランドが急成長しているのを垣間見ることができます。 本記事では、2022年ダブルイレブンのトレンドとなった業界を中心にご紹介します。


最新の投稿


トレンドワードに「AIアバター」「ライブカメラ」など...「週間」検索キーワードランキング(2023/1/22~2023/1/28)

トレンドワードに「AIアバター」「ライブカメラ」など...「週間」検索キーワードランキング(2023/1/22~2023/1/28)

行動ログをもとに週次の検索急上昇ワードランキングを作成し、トレンドになっているワードについて取り上げます。2023年1月22日~1月28日は、カメラアプリ「SNOW」の新機能「AIアバター」や、日本列島が大寒波に見舞われる中、各地の道路状況を確認できる「ライブカメラ」といった検索が急増していました。


【2023年2月13日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2023年2月13日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


2023年、世界情勢の憂慮 〜「地政学」から見た対中関係と日本企業のこれから

2023年、世界情勢の憂慮 〜「地政学」から見た対中関係と日本企業のこれから

世界を震撼させたウクライナ侵攻や、まだ出口の見えないコロナ禍もそのままに明けた2023年。本稿では、2022年を振り返り、引き続き憂慮される国際社会の動向や、日本にとって特に注視すべき対中関係とそれらに準ずる日本企業のあり方を、大学研究者としてだけでなく、セキュリティコンサルティング会社アドバイザーとして地政学リスク分野で企業へ助言を行っている和田大樹氏が解説します。


D2Cとは?ECとの使い分け・ブランドへの意識など、消費者の利用実態を調査|ホワイトペーパー

D2Cとは?ECとの使い分け・ブランドへの意識など、消費者の利用実態を調査|ホワイトペーパー

2020年はコロナ禍における巣ごもり消費も追い風となり、物販分野のBtoC EC市場は、伸長率20%超えという大幅な拡大が見られました。そんな中、メーカーが新たに注力を始めているのがD2C。D2Cとは「Direct to Consumer」の略であり、メーカーが商品を直接消費者に販売するビジネスを指します。今回は特に化粧品・家電業界に注目し、ECと比べた際のD2Cの使われ方や使い手について、その実態を調査しました。(ページ数|29ページ)


【急上昇サイト】年末やクリスマスなど、シーズナルなコンテンツに検索が急増!|2022年12月

【急上昇サイト】年末やクリスマスなど、シーズナルなコンテンツに検索が急増!|2022年12月

2022年12月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら