覇権確実?スマホゲーム『ウマ娘』は引退馬も救う?!

覇権確実?スマホゲーム『ウマ娘』は引退馬も救う?!

2021年2月24日にサービスが開始された新作スマホゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』(以下、ウマ娘)が話題を集めています。早くも2021年覇権タイトル確実と噂される「ウマ娘」の人気の実態やその理由を、ネットでの検索データをもとに徹底リサーチします。


ロケットスタート!ユーザー数は大幅な伸び

ウマ娘 プリティーダービー

『ウマ娘 プリティーダービー』は、競走馬を育成する競馬シミュレーションゲームですが、競走馬を萌え系のキャラクター「ウマ娘」が演じるというのがポイント。競走馬には、オグリキャップやメジロマックイーンなど、過去の名馬も登場。競馬好きのおじさんから、萌えアニメ好きの若者まで、幅広い層へのウケを狙っていると考えられます。

まずはそんな「ウマ娘」のアプリをダウンロードして利用したユーザー数をチェックします。
アプリユーザー数の分析には『eMark+』を使用しました。

リリース1ヶ月でユーザー数はおよそ2.5倍に

リリースした2月から1ヶ月で、ユーザー数はおよそ2.5倍に。これはなかなかのロケットスタートと言えそうです。

「ウマ娘」アプリユーザー数推移

「ウマ娘」アプリユーザー数推移

期間:2021年2月〜3月
分析ツール「eMark+」

殿堂入りの「どうぶつの森」を差す!

2〜3月のGoogle Playの同カテゴリ(シミュレーションゲーム)の利用ユーザー数ランキングをみると、不動の1位だった「どうぶつの森 ポケットキャンプ 」をリリース翌月に抜く快挙でした。

カテゴリ:ゲーム>シミュレーション 利用ユーザー数ランキング

カテゴリ:ゲーム>シミュレーション 利用ユーザー数ランキング

期間:2021年2月〜3月
分析ツール「eMark+」

「ウマ娘」にハマっているのは誰?

続いて、「ウマ娘」にハマっているユーザーの属性を見ていきましょう。分析には「Dockpit」を使用します。

検索ユーザー数急増の影にコアなファン

まず、「ウマ娘」と検索したユーザー数を分析します。同じく2021年2月にリリースされた「ブルーアーカイブ」「バーディークラッシュ:ファンタジーゴルフ」の検索ユーザー数と比較するとその差は歴然です。グラフのように2020年12月以降一気に増加しました(上グラフ)。

実は「ウマ娘」のリリースはおよそ3年前から予告されており、アプリリリース前にアニメ放映がされたり、事前予約キャンペーンが実施されるなど、じっくり時間をかけてファンの期待を集めてきました。直近2年間の検索ユーザーの動きを見ても、ユーザー数は少ないものの、検索されている期間は長く、かつ検索後の流入サイトでの平均滞在時間も長く、コアなファンに長期間支持されてきたことがわかります(下グラフ)。

「ウマ娘」「ブルーアーカイブ」「バーディークラッシュ」検索ユーザー数推移

「ウマ娘」「ブルーアーカイブ」「バーディークラッシュ」検索ユーザー数推移

期間:2019年4月〜2021年3月
デバイス:PCおよびスマホ

「ウマ娘」「ブルーアーカイブ」「バーディークラッシュ」検索ユーザーの平均滞在時間推移

「ウマ娘」「ブルーアーカイブ」「バーディークラッシュ」検索ユーザーの平均滞在時間推移

期間:2019年4月〜2021年3月
デバイス:PCおよびスマホ

「ウマ娘」検索ユーザーは男性の若年層が多く占める

続いて、「ウマ娘」検索ユーザーの属性を見ていきましょう。

性別は男性がおよそ8割を占めています。年代は20代が31.8%、30代が27.9%と、若年層が多いことがわかります。

競馬ファンの若年化はリアルな世界でも少しずつ進んでいるとみられます。リアルの競馬ファンとの相関については後半で分析していきます。

「ウマ娘」検索ユーザー属性/性別

「ウマ娘」検索ユーザー属性/性別

期間:2019年4月〜2021年3月
デバイス:PCおよびスマホ

「ウマ娘」検索ユーザー属性/年代

「ウマ娘」検索ユーザー属性/年代

期間:2019年4月〜2021年3月
デバイス:PCおよびスマホ

また、ネット利用者全体と比較して、未婚で子どもがいないユーザーが多いようです。

「ウマ娘」検索ユーザー属性/未既婚

「ウマ娘」検索ユーザー属性/未既婚

期間:2019年4月〜2021年3月
デバイス:PCおよびスマホ

「ウマ娘」検索ユーザー属性/子どもの有無

「ウマ娘」検索ユーザー属性/子どもの有無

期間:2019年4月〜2021年3月
デバイス:PCおよびスマホ

「DMM」と掛け合わせ検索

次に、「ウマ娘」を検索したユーザーが具体的に何に興味を持ったのか、掛け合わせで検索されたキーワードから分析します。

掛け合わせ検索1位は「DMM」。DMM(PC)版が配信開始されたのが2021年3月。スマホ版とのデータ連携で特典がつくなどのキャンペーンも奏功したようです。

2位は「リセマラ」。リセマラとは、リセットマラソンの略語で、主にソーシャルゲームにおいて、アプリ・ソフトのインストールとアンインストールを繰り返し行うことを言います。どうしても入手したいアイテムがある場合に行うことが多いようです。「ウマ娘」ではリセマラによって育成に必要なサポートカードを集めることができます。

続いて、「攻略」「育成」などノウハウに関する検索が続きます。

「ウマ娘」掛け合わせワードランキング

「ウマ娘」掛け合わせワードランキング

2020年4月〜2021年3月

さらに「ウマ娘」検索後の流入サイトについても分析を行いました。

流入サイトは「ウマ娘」公式サイト、「神ゲー攻略」「Game8」が多いことがわかりました。

「ウマ娘」検索後流入サイトランキング

「ウマ娘」検索後流入サイトランキング

2020年4月〜2021年3月

流入サイト2位「神ゲー攻略」

流入サイト2位「神ゲー攻略」

実際、競馬ファンの若年化は起こっているのか

ここからは、リアルな競馬ファンの動向について分析していきます。

JRA公式サイト、「競馬」検索で20代が急増

まずは日本中央競馬会(JRA)の公式サイトを訪れるユーザーについて、Dockpitを使って見ていきます。

JRAでは2017年から、20〜30代男女をターゲットにした「HOT HOLIDAYS!」というプロモーションを行ってきました。イメージキャラクターには、松坂桃李さん、柳楽優弥さん、高畑充希さん、土屋太鳳さんなどを起用し、”競馬はレジャー”を継続して発信してきました。

サイト訪問ユーザー属性の時系列変化を見ると、以下のグラフのように、直近の2021年3月に20代(グラフの青色)が急増したことがわかります。

JRA公式サイト訪問ユーザー属性/年代推移

JRA公式サイト訪問ユーザー属性/年代推移

期間:2019年4月〜2021年3月
デバイス:PCおよびスマホ

また、「競馬」というキーワードを検索するユーザーでも同じ変化が見られました。下図の通り、緩やかに増加していた20代ユーザー(グラフのピンク色)が、2021年3月に急伸、他の年代を抜いて最も高い割合を占めています。

「競馬」検索ユーザー属性/年代推移

「競馬」検索ユーザー属性/年代推移

期間:2019年4月〜2021年3月
デバイス:PCおよびスマホ

20代ユーザーの急増が「ウマ娘」と関係しているかどうかは定かではありませんが、競馬業界の若年化が起こっていると言えるでしょう。

「ウマ娘」と引退馬の関係

一方、「ウマ娘」は過去の名馬を擬人化しているのが人気の理由の一つですが、引退馬に関係するユーザーの動きにも変化があったようです。

下のグラフは、認定NPO法人「引退馬協会」の訪問ユーザー数推移です。2021年3月の1ヶ月で、ユーザー数は前月の約8.8倍に急増したことがわかりました。

認定NPO法人「引退馬協会」訪問ユーザー数推移

認定NPO法人「引退馬協会」訪問ユーザー数推移

期間:2020年4月〜2021年3月
デバイス:PCおよびスマホ

認定NPO法人「引退馬協会」公式サイト

このユーザーの流入元を分析すると、以下表の通りでした。「ウマ娘」は6位にランクインしています。

認定NPO法人「引退馬協会」流入経路ランキング

認定NPO法人「引退馬協会」流入経路ランキング

期間:2020年4月〜2021年3月
デバイス:PCおよびスマホ

「ウマ娘」と引退馬、コンテンツとして名馬を登場させる以外に、実は深い関係があります。

「ウマ娘」アニメ版の売上の一部は、引退馬支援に関わる団体に寄付をしているのです。このことは3月30日に「引退馬支援」がTwitterトレンド入りしたことで拡散され、上グラフのようなユーザー急増の引き金になったと想定されます。

まとめ

今回は、競走馬を育成する競馬シミュレーションゲーム「ウマ娘」について分析しました。

「ウマ娘」はリリース後たった1ヶ月でアプリダウンロード数がおよそ2.5倍、どうぶつの森ポケットキャンプ を抜く大快挙を達成、一気に覇権タイトルに躍り出ました。

「ウマ娘」検索ユーザー数も2020年12月以降に急増し、同時期にリリースされた同カテゴリーゲームの追随を許さず独走中。期待と人気の高さがうかがえました。

「ウマ娘」検索ユーザーは男性がおよそ8割を占めています。年代は20代が31.8%、30代が27.9%と、若年層が多いことがわかりました。

「ウマ娘」を検索する際に興味を持っていたワードはPCとスマホの連携が可能な「DMM」と、「リセマラ」でした。

「ウマ娘」検索ユーザーとJRAユーザーとの相関を見ましたが、2021年3月にはJRA公式サイト訪問者で20代の割合が伸びており、今後も気になるところです。

「引退馬」との結びつきも見られました。コンテンツとして過去の名馬を登場させていること、また、アニメ版の売り上げの一部を引退馬支援に関わる団体に寄付していることが公になったことがその理由だと思われます。

競馬をもっと若者に広めたい。
引退馬の支援の輪を広げたい。

競馬業界の狙いに「ウマ娘」がどこまで寄与していくか、今後の動きにも注目です。

分析概要

今回の分析には、マーケティング分析ツール『Dockpit』および『eMark+』を使用し、2019年4月~2021年3月におけるユーザーの行動を分析しました。

『Dockpit』は、競合サイト分析や消費者のトレンド調査にとても役立ちます。もし宜しければ、無料版もありますので、下記よりご登録ください。

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

フリーライター。大手キャリア系企業で編集の仕事に出会い、その後、3つのメディアの立ち上げなど行い、2014年にフリーランスに。医療系、就活系、教育系、結婚系のサイトで執筆中。

関連する投稿


コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

全国のコンビニ店舗数は約56,000店舗。近ごろでは駅構内や大学、病院など、公的な場所での出店も目立ち、加えて、アプリやSNSでの情報発信にも力を入れるなど、各社ともユーザ囲い込み戦略に力を入れています。そこで今回は、新しく「Dockpit」に加わったアプリ分析機能を用いて、コンビニ大手3社(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート)のアプリユーザーのペルソナを解析し、ターゲティングの特徴や違いを明らかにしていきます。


ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

食品業界のマーケターや、トレンドに敏感なマーケター層に向けて、食品のトレンドを分析します。今回のテーマは「ヤクルト1000」。とにかく様々な場所でよく耳にする「ヤクルト1000」ですが、なぜここまで流行っているのでしょうか?そこで今回は「ヤクルト1000」検索者のデータからそのブームのきっかけと理由を分析します。


急上昇ワードに「大人様ランチ」、「マイナポイント」も...「週間」検索キーワードランキング(2022/5/16~2022/5/22)

急上昇ワードに「大人様ランチ」、「マイナポイント」も...「週間」検索キーワードランキング(2022/5/16~2022/5/22)

2022年5月16日~5月22日の検索急上昇ワードでは、とんかつ専門店チェーン「かつや」が同月12日から月内限定で提供し、大好評を博している「大人様ランチ」や、来月30日より健康保険証登録がスタートする「マイナポイント第2弾」関連の検索が上位入り。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


ブラウザ拡張機能やアプリ分析など新機能が続々発表!「Dockpitユーザー会」レポート

ブラウザ拡張機能やアプリ分析など新機能が続々発表!「Dockpitユーザー会」レポート

株式会社ヴァリューズが提供するWeb行動ログ分析ツール、Dockpitの有料契約者限定で半年に1度開催される「Dockpitユーザー会」。4月18日に開催されたDockpitユーザー会では、日本ペットフード株式会社、株式会社Kaizen Platformの2社とDockpitの開発リーダーである山本、執行役員の子安を迎え、ツールの活用方法やDockpitに追加された新機能について紹介されました。マナミナ編集部もDockpitユーザー会に参加。今回は新機能、今後の開発予定についてレポートします。


急上昇ワードに「楽天モバイル」「povo2.0」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/5/9~2022/5/15)

急上昇ワードに「楽天モバイル」「povo2.0」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/5/9~2022/5/15)

2022年5月9日~5月15日の検索急上昇ワードでは、楽天が5月13日に新たな料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」を発表し、この影響で「楽天モバイル」やKDDIの「povo2.0」の検索が増加。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


最新の投稿


コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

全国のコンビニ店舗数は約56,000店舗。近ごろでは駅構内や大学、病院など、公的な場所での出店も目立ち、加えて、アプリやSNSでの情報発信にも力を入れるなど、各社ともユーザ囲い込み戦略に力を入れています。そこで今回は、新しく「Dockpit」に加わったアプリ分析機能を用いて、コンビニ大手3社(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート)のアプリユーザーのペルソナを解析し、ターゲティングの特徴や違いを明らかにしていきます。


ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

食品業界のマーケターや、トレンドに敏感なマーケター層に向けて、食品のトレンドを分析します。今回のテーマは「ヤクルト1000」。とにかく様々な場所でよく耳にする「ヤクルト1000」ですが、なぜここまで流行っているのでしょうか?そこで今回は「ヤクルト1000」検索者のデータからそのブームのきっかけと理由を分析します。


インナーブランディングの効果とは?浸透施策と実践のポイント|Part3

インナーブランディングの効果とは?浸透施策と実践のポイント|Part3

3回にわたって、株式会社ヴァリューズの新生コンサルティンググループで行われたインナーブランディング・プロジェクトの事例をご紹介。最終回となる本稿では、社内浸透施策への取組みとプロジェクト全体を振り返り、実践する際のポイントについて、プロジェクトリーダーの中尾さんに伺いました。


Game-Fiとは?4つのビジネスモデル変遷と事例から考える

Game-Fiとは?4つのビジネスモデル変遷と事例から考える

昨年末に「メタバース」という概念がMeta社のプロパガンダのおかげで一気に広がったことは記憶に新しいでしょう。そして2022年に入ってから、古参のゲーム大手によるNFT進出やブロックチェーンゲーム企業の大型調達が話題になったり、ゲーム内で歩いて仮想通貨を稼ぐ「STEPN」がネット上でバズっていたり、そしてよくメタバースとも関連する文脈で、「Game-Fi 」という概念がひそかに広がり始めたりしています。経営コンサルタントで上級VR技術者としてXR(XReality)の市場調査や新規事業創成支援等の活動を行っているパトリック・ショウさんに、Game-Fi(NFTゲーム)の市場規模や特徴、ビジネスモデルの変遷について解説いただきます。


アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

2022年4月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー