2021年中国ゴールデンウィークから見た今年のトレンドを徹底調査!|中国トレンド調査

2021年中国ゴールデンウィークから見た今年のトレンドを徹底調査!|中国トレンド調査

2021年に入り新型コロナウイルスが依然として世界中に感染拡大している中、日本と同様に中国も大型連休がありました。今年の中国のゴールデンウィークにはどのようなトレンドがあったのでしょうか。 最新のデータ、特徴を概観した上で、キャンプブーム、航空券の「盲盒(ブラインドボックス)」の発売、国内免税店のショッピングブームという3つの側面から解説します。


2021年中国のゴールデンウィークの実態


2021年の中国のゴールデンウィークがもたらした経済的効果は、昨年より「爆発的な」伸び率を示しています。

中国文化省および観光省の統計データによると、2021年5月1日〜5日、ゴールデンウィークにおいて、中国の国内観光収入は昨年より138.1%伸び、1,132億3,000万元の結果を達成しました。また、様々な消費促進策が引き続き効果を発揮することで、消費市場は大きな回復を遂げたといえそうです。

では、2021年中国ゴールデンウィークは具体的にどのような特徴があったのかを確認していきましょう。

2021年中国のゴールデンウィークの特徴

大規模な人口移動や観光事業の回復

百度地図のビッグデータによると、今年のゴールデンウィークにおいて大規模な人口移動が再び観察されるようになりました。

ゴールデンウィーク期間中全国移動人口グラフ

データによると5月1日から爆発的な人口移動が観察されることが明らかになりました。

中でも、以前と違う、いくつかの特徴が見えてきました。国内観光事業が大きく回復し、中国華東地域のあらゆる観光地への人出が急上昇していました。そのほか、クーポンや割引など、消費刺激策によってショッピングモールの売り上げが爆発的に伸びました。加えて家族旅行、修学旅行などの増加によって、上海ディズニー・ランドなど、遊園地やテーマパークも混雑していました。

ここまで2021年中国のゴールデンウィークについて、データに基づいてその特徴を分析してきました。

続いて今年ゴールデンウィークにおいてとりわけ注目を集めてきたトレンドを3つ取り上げ、それらについて解説していきます。

2021年中国のゴールデンウィークのトレンド

続いて、中国の2021年ゴールデンウィークのトレンドを見ていきましょう。

1. グランピングブーム

出典:小红书@offweek户外
グランピングの一例

近年、様々なタイプやコンセプトを持つキャンプは、ライフスタイルの選択肢としてますます人気が高まっています。特に、施設も充実し豪華なキャンプが楽しめる「グランピング」が注目されるようになってきています。

2020年6月に「小紅書 Red」が発表した「端午」のレポートによると、ユーザーのキャンプへの意欲は、2019年に比べて3倍近く上がっているようです。中国においても「グランピング」ブームが迎えられたと言えるでしょう。

では、「グランピング」はなぜ中国においても人気を集めたのかを具体的に紹介していきましょう。

なぜ中国において「グランピング」が人気になったのか?

中国において「グランピング」が人気になった理由は、以下3つが挙げられます。

① 2020年、新型コロナ流行の影響で外出が制限されたことから、新しい旅行や遊び方を模索し始めた人が多くなり、自然や緑にふれたいという大衆の需要も増えている

② グランピング施設ではキャンプ用品や食材・食事などがあらかじめ用意されているため、キャンプビギナーでも気軽に豪華なキャンプを楽しむことができる

③ SNS映えの写真が撮れるため、「グランピング」はとりわけ若者層において流行している

現在、グランピングという市場には、大資本のプレイヤーはまだ参入しておらず、グランピングの位置づけもまだ明確ではありません。グランピングは、旅行や消費のアップグレードの一方向として、今後どのように発展していくのかについても、さらなる検討が必要といえます。

2. 航空券の「盲盒(ブラインドボックス)」の発売

あらゆるものがブラインドボックス化される時代において、OTA(オンライン・トラベル・プラットフォーム)も「ランダムブーム」に参入し、GW中に行先の分からない「航空券のブラインドボックス」を発売しました。

同城アプリによる「航空券の盲盒」キャンペーン

一見馴染みのない「航空券盲盒(ブラインドボックス)」は果たしてどのようなものなのでしょうか。その特徴は主に2つあります。

第一に「行きたくなければ全額返金」が、このイベントの最大の特徴です。
第二に「航空券の盲盒」にランダムな行き先・日付の国内片道航空券が含まれます。

消費者は、98元で「航空券盲盒」を購入することで、ランダムな行き先・日付が指定された国内片道航空券を手に入れることができます。ただし、ゲットした航空券が期待通りのものでないと思った場合は、開封後30分以内であれば購入者は全額返金を申請することができます。

なぜ中国において「航空券盲盒」が流行し始めたのか?

ではこの「航空券盲盒」はなぜ中国で流行し始めたのかについて考察していきましょう。

その原因を主に3つの側面から説明します。
➀コロナの影響で、海外にいけない人たちの旅行欲求を満たすことができる
②消費者は、目的地・出発時間の選択権の代わりに比較的に旅行コストを抑えることができる
③航空会社に関しても、あらゆるOTAプラットフォームと連携することで、経済的損失を減らしつつ「空き・予備座席」を有効に活用することが期待される

とはいえ、「航空券盲盒」のアフターサービスも問題視されています。航空券の引き渡しプロセスの複雑さや、出発時間も平日の早朝や深夜になることが多いことから、「航空券盲盒」に関して、OTAプラットフォームや航空会社のさらなる対策が必要でしょう。

3. 免税店の爆買いブーム

海口税関の統計によると、5月1日~5月5日まで海南免税店の売上総額は9億9,300万元に達し、昨年同期比248%の増加となっています。つまり中国最南端のリゾート地、海南島への旅行と免税店の利用は、徐々に国民の新しい選択肢となってきていると言えます。

海南免税店の実況

免税店のオンラインプロモーション

香港や日本、韓国に比べて、海南島の出発・到着手続きは便利にであり、また、海南の免税店は、日本の銀座と違い購入時の国籍制限がなく、パスポートだけで免税品をゲットすることができます。もはや日本や韓国に代わって、中国国内消費者のニーズに応えるような新しい商業施設となっているといえるでしょう。

加えて市街地における免税店が続々と設置されるようになっています。海南のほか、長沙、広州、福州、天津など多くの都市が最近、市内に免税店を設置することを発表しています。

なぜ中国において「免税店ショッピング」がブームになったのか?

中国国内の免税店業界が爆発的に成長したのは、主に2つの要因があると考えられます。

➀2020年新型コロナの影響で海外旅行の制限
②2020年7月1日に離島での免税政策に新たな制度が加わったことで買い物がより便利になってきた

特に後者に関しては、2020年7月、海南省は離島での免税に関する新政策を実施し、免税品の買い物枠を1人当たり年間3万元から10万元に増やし、離島での免税品の購入制限を38個から45個に増やし、1品あたり8,000元という上限を廃止しました。

ベイン・アンド・カンパニー社によると世界の旅行業界が2022年、あるいは2023年までに回復することはないだろうと予測しています。

つまり、海南の免税店業界市場にはまだ2〜3年の成長の余地があるといえるでしょう。それに対し中国中央政府や地方政府に免税品消費を介して経済回復を促すためにあらゆる施策が求められるでしょう。

まとめ

コロナの一時的な収束を受けて、2021年中国ゴールデンウィークは再び、その活気を回復させることができました。
ゴールデンウィークのトレンドには人々の新しい価値観やライフスタイルが反映されています。おそらく新型コロナ終息後、これらも市民社会に定着していくと考えられます。

グランピングブーム、航空券の「盲盒(ブラインドボックス)」、国内免税店のキャンペーンをはじめ、中国消費者の消費動向に合わせた商品戦略や広告戦略も、いかにしてそれらの新しい価値観に合わせた形で設計していくことが、政府あるいは企業にとっても今後の重要な課題になるでしょう。

【参考文献】

「五一黄金周的出行和消费密码,全藏在百度地图大数据里了」
http://app.myzaker.com/news/article.php?pk=609752188e9f091fb978d1bb&f=huangli
「图说|火热黄金周如约而至,旅游业强势升温」
https://new.qq.com/omn/20210510/20210510A057YB00.html
「2.65亿人出游,五一黄金周热门目的地出炉」
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1698612620837035011&wfr=spider&for=pc
「“史上最热五一黄金周”如约而至 旅游业升温更要升级」
http://www.chinanews.com/cj/2021/05-06/9470902.shtml
「别再说消费降级了!人人都愿意为旅游花钱,精致露营或“解锁”万亿市场」
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1697712934010638567&wfr=spider&for=pc
「途居五一持续火爆,露营让假日周边游更精彩」
http://cn.chinadaily.com.cn/a/202105/08/WS60960139a3101e7ce974e0ce.html?ivk_sa=1023197a
「グランピングって何?キャンプとの違いは?今さら聞けない基礎知識」
https://www.travel.co.jp/guide/howto/501/
「机票盲盒,没有输家的一场营销狂欢?」
https://www.thepaper.cn/newsDetail_forward_12618227
「最热五一,年轻人的机票盲盒还好吗?」
https://36kr.com/p/1206606358449537
「“五一”海南离岛免税店销售火爆 消费者理性“买买买”」
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1698814157068131470&wfr=spider&for=pc
「免税快报 | 最低5折!海南各大免税店五一优惠攻略看过来→」
http://www.hinews.cn/news/system/2021/04/30/032546994.shtml
「海南免税店太火爆!4天,破7亿元!」
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1698966668408092311&wfr=spider&for=pc

​​

メールマガジン登録

最新調査やマーケティングに役立つ
トレンド情報をお届けします

この記事のライター

慶應義塾大学在学中。

関連する投稿


中国でスキーブームの到来。スキービジネスの発展を後押し|中国トレンド調査

中国でスキーブームの到来。スキービジネスの発展を後押し|中国トレンド調査

北京冬季オリンピックの影響を受けて、中国ではスキーブームが到来しました。それに伴い、中国におけるスキー産業も急速に発展し、中国は投資や貿易の対象となりました。本記事では、中国のスキーブームの現状とスキービジネスの実態について考察します。


「スキンケア成分党」とは?中国Z世代で新型スキンケア概念が流行|中国トレンド調査

「スキンケア成分党」とは?中国Z世代で新型スキンケア概念が流行|中国トレンド調査

現代社会では、スキンケア製品に対する消費者の安全意識が高まり、製品の成分表を調べるようになり、オーガニックな食品や化粧品が注目されているようです。特に中国ではこうした現象を「スキンケア成分党」と名付けられ、流行語にもなっています。「2018 FIT Transparency Perception Assessment Survey」では、72%の消費者がブランドによる製品の成分の効果、60%以上の消費者がブランドによる成分の原産地の表記を求めているとしています。今回は、中国の「スキンケア成分党」が化粧品や美容市場に与える影響について詳しくご紹介します。


2021年中国の教育事情 ~ 学習塾への政策が強化、学校教育はどう変わる?|中国トレンド調査

2021年中国の教育事情 ~ 学習塾への政策が強化、学校教育はどう変わる?|中国トレンド調査

2021年7月24日、中国教育部(文部科学省)の公式サイトに『義務教育段階の生徒に対する宿題・校外学習の負担軽減を図るための意見』という文書が掲載され、「二重削減」政策の実施が正式に発表されました。 この方針では、学習塾産業を規制し、休日を利用して授業を開講することを禁止し、教育の公平性の維持に乗じて、学生が十分な休憩時間や運動時間を確保できるようにするだけでなく、「内巻」(Involution/「不条理な内部競争」を意味する中国のネット流行語)を防ぐという政策でもあるでしょう。 本稿では、中国における学習塾政策の動向や、教育業界に与える影響、今後の展開の3つの側面から、今回の「二重削減」政策について解説していきます。


中国ではペットブームがさらに加速。これから流行るペット用品を予測|中国トレンド調査

中国ではペットブームがさらに加速。これから流行るペット用品を予測|中国トレンド調査

中国のペット関連市場規模は近年急成長を遂げましたが、今後もさらに成長すると予測されています。本記事では、中国で具体的にどのようなペット用品がこれから人気を集めるのかを分析し、ECサイトで販売されている手作り猫フード、オーガニックペットケア用品、自動猫トイレ等のペット家電など注目アイテムをご紹介します。


コロナ禍で旅行に対する消費者意識はどう変化したのか?(東京都在住者に調査)

コロナ禍で旅行に対する消費者意識はどう変化したのか?(東京都在住者に調査)

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、外出や都道府県をまたぐ移動の自粛が続く中で、国内消費者の旅行に対するモチベーションや行き先、予算はコロナ前とどのように変化したのでしょうか。東京都に住む約4000人の20歳以上の男女にアンケート調査を行い、検索キーワードの分析と合わせて、コロナ禍で消費者が旅行に何を求めているのか、調査しました。(レポートページ数|29p)


最新の投稿


誰でも簡単に3C分析ができるツール「Dockpit」にGoogleアナリティクスとの連携機能が搭載!

誰でも簡単に3C分析ができるツール「Dockpit」にGoogleアナリティクスとの連携機能が搭載!

直感的なダッシュボードで、誰でも簡単に3C分析(自社・競合・市場)ができる「Dockpit」に、Googleアナリティクス連携機能が搭載されました。Dockpit上でスピーディーにGoogleアナリティクスのデータ分析もできます。自社Webサイトの効果検証から競合・市場の把握までをシームレスに1つのツールで確認することが可能です。


2021年版!国内企業の最新DX事例15選

2021年版!国内企業の最新DX事例15選

DXでは、単なるIT化や部分的な効率化にとどまらず、デジタル技術で新たな価値を創造していくことが求められています。大企業においても、経産省がDXを推進する企業を選定するなどしています。今回は国内でも着実に成果を上げているDXの事例を紹介します。


アンケート×Webログを用いた飲食店選びに関する調査 ~ 外食シーン・利用媒体・人の視点で分析

アンケート×Webログを用いた飲食店選びに関する調査 ~ 外食シーン・利用媒体・人の視点で分析

新型コロナウイルスの感染拡大により、大きなダメージを受けた飲食業界。外食市場規模は、2021年7月には2019年比で48.1%にまで減少したとも言われています。コロナによって外食への意識が大きく変わる中、飲食店はどのように選ばれているのでしょうか。アンケートとWeb行動ログを用いて、消費者の飲食店選びの現状について詳しく分析しました。(ページ数|30p)


成長市場のクラフトビール、大手メーカーのWeb集客戦略は?キリン「スプリングバレー」が人気か

成長市場のクラフトビール、大手メーカーのWeb集客戦略は?キリン「スプリングバレー」が人気か

マイナス基調にあるビール市場のなかで成長を続けるクラフトビール市場。近頃は大手メーカーの参入が続き、競争が激化しています。そんななかで各社はどのような戦略を取っているのか。本記事では、大手ビールメーカーのクラフトビールに加え、Amazonで人気の定番クラフトビールをピックアップ。各ブランドのWeb集客の特徴や強みを分析していきます。


不動産企業Webサイトのユーザー数ランキングを調査。集客のポイントは「自社の強みの打ち出し」

不動産企業Webサイトのユーザー数ランキングを調査。集客のポイントは「自社の強みの打ち出し」

不動産業界の企業について、各社のWebサイトの集客力をユーザー数ランキングで調査しました。上位には三井のリハウスや大和ハウス工業、三井住友トラスト不動産などがランクイン。Webでの集客に成功している不動産企業が、実施している施策も併せて分析します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング

最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー