2021年中国ゴールデンウィークから見た今年のトレンドを徹底調査!|中国トレンド調査

2021年中国ゴールデンウィークから見た今年のトレンドを徹底調査!|中国トレンド調査

2021年に入り新型コロナウイルスが依然として世界中に感染拡大している中、日本と同様に中国も大型連休がありました。今年の中国のゴールデンウィークにはどのようなトレンドがあったのでしょうか。 最新のデータ、特徴を概観した上で、キャンプブーム、航空券の「盲盒(ブラインドボックス)」の発売、国内免税店のショッピングブームという3つの側面から解説します。


2021年中国のゴールデンウィークの実態


2021年の中国のゴールデンウィークがもたらした経済的効果は、昨年より「爆発的な」伸び率を示しています。

中国文化省および観光省の統計データによると、2021年5月1日〜5日、ゴールデンウィークにおいて、中国の国内観光収入は昨年より138.1%伸び、1,132億3,000万元の結果を達成しました。また、様々な消費促進策が引き続き効果を発揮することで、消費市場は大きな回復を遂げたといえそうです。

では、2021年中国ゴールデンウィークは具体的にどのような特徴があったのかを確認していきましょう。

2021年中国のゴールデンウィークの特徴

大規模な人口移動や観光事業の回復

百度地図のビッグデータによると、今年のゴールデンウィークにおいて大規模な人口移動が再び観察されるようになりました。

ゴールデンウィーク期間中全国移動人口グラフ

データによると5月1日から爆発的な人口移動が観察されることが明らかになりました。

中でも、以前と違う、いくつかの特徴が見えてきました。国内観光事業が大きく回復し、中国華東地域のあらゆる観光地への人出が急上昇していました。そのほか、クーポンや割引など、消費刺激策によってショッピングモールの売り上げが爆発的に伸びました。加えて家族旅行、修学旅行などの増加によって、上海ディズニー・ランドなど、遊園地やテーマパークも混雑していました。

ここまで2021年中国のゴールデンウィークについて、データに基づいてその特徴を分析してきました。

続いて今年ゴールデンウィークにおいてとりわけ注目を集めてきたトレンドを3つ取り上げ、それらについて解説していきます。

2021年中国のゴールデンウィークのトレンド

続いて、中国の2021年ゴールデンウィークのトレンドを見ていきましょう。

1. グランピングブーム

出典:小红书@offweek户外
グランピングの一例

近年、様々なタイプやコンセプトを持つキャンプは、ライフスタイルの選択肢としてますます人気が高まっています。特に、施設も充実し豪華なキャンプが楽しめる「グランピング」が注目されるようになってきています。

2020年6月に「小紅書 Red」が発表した「端午」のレポートによると、ユーザーのキャンプへの意欲は、2019年に比べて3倍近く上がっているようです。中国においても「グランピング」ブームが迎えられたと言えるでしょう。

では、「グランピング」はなぜ中国においても人気を集めたのかを具体的に紹介していきましょう。

なぜ中国において「グランピング」が人気になったのか?

中国において「グランピング」が人気になった理由は、以下3つが挙げられます。

① 2020年、新型コロナ流行の影響で外出が制限されたことから、新しい旅行や遊び方を模索し始めた人が多くなり、自然や緑にふれたいという大衆の需要も増えている

② グランピング施設ではキャンプ用品や食材・食事などがあらかじめ用意されているため、キャンプビギナーでも気軽に豪華なキャンプを楽しむことができる

③ SNS映えの写真が撮れるため、「グランピング」はとりわけ若者層において流行している

現在、グランピングという市場には、大資本のプレイヤーはまだ参入しておらず、グランピングの位置づけもまだ明確ではありません。グランピングは、旅行や消費のアップグレードの一方向として、今後どのように発展していくのかについても、さらなる検討が必要といえます。

2. 航空券の「盲盒(ブラインドボックス)」の発売

あらゆるものがブラインドボックス化される時代において、OTA(オンライン・トラベル・プラットフォーム)も「ランダムブーム」に参入し、GW中に行先の分からない「航空券のブラインドボックス」を発売しました。

同城アプリによる「航空券の盲盒」キャンペーン

一見馴染みのない「航空券盲盒(ブラインドボックス)」は果たしてどのようなものなのでしょうか。その特徴は主に2つあります。

第一に「行きたくなければ全額返金」が、このイベントの最大の特徴です。
第二に「航空券の盲盒」にランダムな行き先・日付の国内片道航空券が含まれます。

消費者は、98元で「航空券盲盒」を購入することで、ランダムな行き先・日付が指定された国内片道航空券を手に入れることができます。ただし、ゲットした航空券が期待通りのものでないと思った場合は、開封後30分以内であれば購入者は全額返金を申請することができます。

なぜ中国において「航空券盲盒」が流行し始めたのか?

ではこの「航空券盲盒」はなぜ中国で流行し始めたのかについて考察していきましょう。

その原因を主に3つの側面から説明します。
➀コロナの影響で、海外にいけない人たちの旅行欲求を満たすことができる
②消費者は、目的地・出発時間の選択権の代わりに比較的に旅行コストを抑えることができる
③航空会社に関しても、あらゆるOTAプラットフォームと連携することで、経済的損失を減らしつつ「空き・予備座席」を有効に活用することが期待される

とはいえ、「航空券盲盒」のアフターサービスも問題視されています。航空券の引き渡しプロセスの複雑さや、出発時間も平日の早朝や深夜になることが多いことから、「航空券盲盒」に関して、OTAプラットフォームや航空会社のさらなる対策が必要でしょう。

3. 免税店の爆買いブーム

海口税関の統計によると、5月1日~5月5日まで海南免税店の売上総額は9億9,300万元に達し、昨年同期比248%の増加となっています。つまり中国最南端のリゾート地、海南島への旅行と免税店の利用は、徐々に国民の新しい選択肢となってきていると言えます。

海南免税店の実況

免税店のオンラインプロモーション

香港や日本、韓国に比べて、海南島の出発・到着手続きは便利にであり、また、海南の免税店は、日本の銀座と違い購入時の国籍制限がなく、パスポートだけで免税品をゲットすることができます。もはや日本や韓国に代わって、中国国内消費者のニーズに応えるような新しい商業施設となっているといえるでしょう。

加えて市街地における免税店が続々と設置されるようになっています。海南のほか、長沙、広州、福州、天津など多くの都市が最近、市内に免税店を設置することを発表しています。

なぜ中国において「免税店ショッピング」がブームになったのか?

中国国内の免税店業界が爆発的に成長したのは、主に2つの要因があると考えられます。

➀2020年新型コロナの影響で海外旅行の制限
②2020年7月1日に離島での免税政策に新たな制度が加わったことで買い物がより便利になってきた

特に後者に関しては、2020年7月、海南省は離島での免税に関する新政策を実施し、免税品の買い物枠を1人当たり年間3万元から10万元に増やし、離島での免税品の購入制限を38個から45個に増やし、1品あたり8,000元という上限を廃止しました。

ベイン・アンド・カンパニー社によると世界の旅行業界が2022年、あるいは2023年までに回復することはないだろうと予測しています。

つまり、海南の免税店業界市場にはまだ2〜3年の成長の余地があるといえるでしょう。それに対し中国中央政府や地方政府に免税品消費を介して経済回復を促すためにあらゆる施策が求められるでしょう。

まとめ

コロナの一時的な収束を受けて、2021年中国ゴールデンウィークは再び、その活気を回復させることができました。
ゴールデンウィークのトレンドには人々の新しい価値観やライフスタイルが反映されています。おそらく新型コロナ終息後、これらも市民社会に定着していくと考えられます。

グランピングブーム、航空券の「盲盒(ブラインドボックス)」、国内免税店のキャンペーンをはじめ、中国消費者の消費動向に合わせた商品戦略や広告戦略も、いかにしてそれらの新しい価値観に合わせた形で設計していくことが、政府あるいは企業にとっても今後の重要な課題になるでしょう。

【参考文献】

「五一黄金周的出行和消费密码,全藏在百度地图大数据里了」
http://app.myzaker.com/news/article.php?pk=609752188e9f091fb978d1bb&f=huangli
「图说|火热黄金周如约而至,旅游业强势升温」
https://new.qq.com/omn/20210510/20210510A057YB00.html
「2.65亿人出游,五一黄金周热门目的地出炉」
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1698612620837035011&wfr=spider&for=pc
「“史上最热五一黄金周”如约而至 旅游业升温更要升级」
http://www.chinanews.com/cj/2021/05-06/9470902.shtml
「别再说消费降级了!人人都愿意为旅游花钱,精致露营或“解锁”万亿市场」
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1697712934010638567&wfr=spider&for=pc
「途居五一持续火爆,露营让假日周边游更精彩」
http://cn.chinadaily.com.cn/a/202105/08/WS60960139a3101e7ce974e0ce.html?ivk_sa=1023197a
「グランピングって何?キャンプとの違いは?今さら聞けない基礎知識」
https://www.travel.co.jp/guide/howto/501/
「机票盲盒,没有输家的一场营销狂欢?」
https://www.thepaper.cn/newsDetail_forward_12618227
「最热五一,年轻人的机票盲盒还好吗?」
https://36kr.com/p/1206606358449537
「“五一”海南离岛免税店销售火爆 消费者理性“买买买”」
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1698814157068131470&wfr=spider&for=pc
「免税快报 | 最低5折!海南各大免税店五一优惠攻略看过来→」
http://www.hinews.cn/news/system/2021/04/30/032546994.shtml
「海南免税店太火爆!4天,破7亿元!」
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1698966668408092311&wfr=spider&for=pc

​​

メールマガジン登録

最新調査やマーケティングに役立つ
トレンド情報をお届けします

この記事のライター

慶應義塾大学在学中。

関連する投稿


成長が見込める中国の食洗機市場を展望|中国トレンド調査

成長が見込める中国の食洗機市場を展望|中国トレンド調査

昨年の中国では、大型家電の市場規模が全体的に縮小しています。特に、レンジフードやガスコンロなどのキッチン家電の売上は2019年より、かなり低下しました。しかし、そんな中で食器洗い乾燥機(食洗機)のみは依然と売上を伸ばしています。本記事では、中国の食洗機市場について解説していきます。


2022年春節 ペット経済、親孝行消費など 〜 若年層の新たな消費スタイル|中国トレンド調査

2022年春節 ペット経済、親孝行消費など 〜 若年層の新たな消費スタイル|中国トレンド調査

中国の旧暦のお正月である春節の消費トレンドを始め、冬季オリンピックに関連した氷雪経済や中国ブランドブーム、ペット消費など、現代の若年層の新しい消費スタイルをご紹介します。年越し用品の買い出し、正月料理の準備、友人や親戚への訪問などは、今でも新年の最優先事項ではあります。一方で、Y世代やZ世代が一家の主役になり始めると、年越しの遊び方も大きく変化してきました。彼らの年越し買い物リストの見どころや新しいトレンドは何でしょうか。コロナ感染症の流行によって旅行ではなく、地元などで年越しをすることになった若年層は、どのように正月祭りを上手く過ごしているのでしょうか。


2022年中国ビジネスで注目される栄養補助食品とスキンケア市場|中国トレンド調査

2022年中国ビジネスで注目される栄養補助食品とスキンケア市場|中国トレンド調査

昨年2021年、中国ではスマート製品がさらに普及され、美容医療の需要が急増しましたが、今年の中国ではどのようなビジネスがトレンドになるでしょうか。本記事では、最も成長が期待されている栄養補助食品とスキンケアの市場について分析します。


中国で「男顔経済(男性美容経済)」が急成長!市場拡大の理由を探る調査レポート

中国で「男顔経済(男性美容経済)」が急成長!市場拡大の理由を探る調査レポート

近年、中国では自分のイメージを高めるために形成された経済現象として「男顔経済(男性美容経済)」という言葉が注目されています。中国人男性の美容市場規模は急速に拡大し、約3,000億円規模の巨大市場に成長しています。今回は「男顔経済(男性美容経済)」について、成長した背景や、中国人男性の興味関心ごとについて調査しました。(ページ数|31p)


2021年観光関連サイト閲覧者数ランキング ー 都道府県別の公式観光サイトでは大阪、三重が二強

2021年観光関連サイト閲覧者数ランキング ー 都道府県別の公式観光サイトでは大阪、三重が二強

公益社団法人日本観光振興協会(本部:東京都港区、会長:山西 健一郎)と、ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)は協同で、2021年の観光関連Webサイトの年間閲覧者数を調査しました。


最新の投稿


コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

全国のコンビニ店舗数は約56,000店舗。近ごろでは駅構内や大学、病院など、公的な場所での出店も目立ち、加えて、アプリやSNSでの情報発信にも力を入れるなど、各社ともユーザ囲い込み戦略に力を入れています。そこで今回は、新しく「Dockpit」に加わったアプリ分析機能を用いて、コンビニ大手3社(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート)のアプリユーザーのペルソナを解析し、ターゲティングの特徴や違いを明らかにしていきます。


ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

食品業界のマーケターや、トレンドに敏感なマーケター層に向けて、食品のトレンドを分析します。今回のテーマは「ヤクルト1000」。とにかく様々な場所でよく耳にする「ヤクルト1000」ですが、なぜここまで流行っているのでしょうか?そこで今回は「ヤクルト1000」検索者のデータからそのブームのきっかけと理由を分析します。


インナーブランディングの効果とは?浸透施策と実践のポイント|Part3

インナーブランディングの効果とは?浸透施策と実践のポイント|Part3

3回にわたって、株式会社ヴァリューズの新生コンサルティンググループで行われたインナーブランディング・プロジェクトの事例をご紹介。最終回となる本稿では、社内浸透施策への取組みとプロジェクト全体を振り返り、実践する際のポイントについて、プロジェクトリーダーの中尾さんに伺いました。


Game-Fiとは?4つのビジネスモデル変遷と事例から考える

Game-Fiとは?4つのビジネスモデル変遷と事例から考える

昨年末に「メタバース」という概念がMeta社のプロパガンダのおかげで一気に広がったことは記憶に新しいでしょう。そして2022年に入ってから、古参のゲーム大手によるNFT進出やブロックチェーンゲーム企業の大型調達が話題になったり、ゲーム内で歩いて仮想通貨を稼ぐ「STEPN」がネット上でバズっていたり、そしてよくメタバースとも関連する文脈で、「Game-Fi 」という概念がひそかに広がり始めたりしています。経営コンサルタントで上級VR技術者としてXR(XReality)の市場調査や新規事業創成支援等の活動を行っているパトリック・ショウさんに、Game-Fi(NFTゲーム)の市場規模や特徴、ビジネスモデルの変遷について解説いただきます。


アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

2022年4月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー